広告素材のバロメーター!デジ画の日々 市場経済

久々に撮影機材の話

ソニーα9
ソニー α9:ボディのみ税別50万円前後

豊洲汚染から始まって森友と続き防衛問題やら最近では加計問題も相まって何かとバタバタする日本国内ですが、もちろん景気に沸いている訳もなくコンビニの値下げと鳴り止まぬブラック企業への悲鳴等々市場は格差を更に助長し得るますますの疲弊感に苛まれています。

私の今の仕事は100%ストックフォトな訳ですが、当然ながらそんな世の風潮をもろに浴びている一人でもあります。売値は日増しに下がっていき思うような収益が得られない現状に於いて、構想は抱えつつも次なる一手に必須な新型機材へのリニューアルなど夢のまた夢であり、まさに国会の牛歩戦術をも彷彿させる状態という感じで一向に前に進めない訳です。

富士フイルムGFX 50S
富士フイルム GFX 50S:ボディのみの実勢価格は税込80万円前後

むしろアマチュアさんの方が生業で蓄えた余禄から思いの外高級機材を手にしゴージャスな写真ライフに勤しんでいるかと思うと流石に心もとなく、「俺プロだよな」と改めて自身の立ち位置を疑いたくなる今日この頃です。

今回ご紹介する最新の高級撮影機材画像について皆さんの多くが思わず期待に胸弾ませそうなスペックや実写体験、事例等をお見せする事は上述の現状から一切出来ませんが、兎に角ムシャクシャする中で思い立ったので書きました。

まずメーカーさんに聞きたいのは、このところとかく高額機材の発売が各メーカーともに連続しているなという印象です。と言いますか、デジイチ並の性能と謳っては見た目5、6万円程度で売り出せそうなミラーレスカメラが10万円を遥かに超えてモノによっては20万円も当たり前になっています。

OLYMPUS PEN-F
オリンパス PEN-F:税込15万1,000円前後(ボディ単体)、税込20万4,000円前後(12mm F2.0レンズキット)

確かにその中の最上級機という位置付けなので、ソニーのサイバーショットも以前から10万超えは有りましたし不思議に思う方がおかしいかも知れません。ただ今のご時世に逆行しているように見えるのは私だけでしょうか。先日もソニーさんの新型デジイチα9が発表されましたが重厚感にやや欠けるコンパクトサイズにも関わらずそのお値段はボディ単体でなんと50万円と、目を疑いたくなる超高額設定です。

ほぼ同時発売の新レンズ群ラインナップを見るにつけおよそ一般人には手が届きそうもない超高額製品が大部分を占めます。惜しげも無く開発資金を投入したその結果がこの有様では如何なものかと思わざるを得ませんが、実のところこの金額設定でどれだけの需要が見込まれるのでしょうか。

どのメーカーさんも他社を圧倒したいという思惑からの『渾身の一台』に社運(ブランド力)を賭けている部分もあるのかとは思いますが、そこに潤沢な需要(マーケット)がなければ一体誰がそんな高いモノを何回購入するというのでしょうか。理解に苦しむところです。

キヤノンEOS M6
キヤノン EOS M6:ボディ単体が税別9万円前後、15-45キットが税別10万5,000円前後、18-150キットが税別14万円前後、ダブルズームキットが税別13万5,000円前後

裏を返せば謂わば苦しい台所事情の表れであり、「こうでもしなけりゃ保たないし家潰れちゃう」的な事のようにも捉えられますが実情はさて如何なんでしょうか。横浜で毎年恒例で行われる某カメラ機材ショーに異変がありました。期間中の来場者の数にはそれほど極端な減少傾向は見られないまでも、まずは来場者の顔ぶれです。多くがご年配者で溢れそこそこ若い方はイベントの関係者という雰囲気が配信される画像と動画から明らかにそう伺えました。

メーカーさんの各ブースにもそれほど活気がなく既存機の展示が目立ち、つまり注目機材の発表がどのメーカーとも極めて少なかった事が若者離れに拍車を掛けたのでしょうか。そしてそこに来て高額機材ばかりで軒を閉めれば直されです。ライカやジッツォなど予め贅沢品と思えるモノはそれなりに有って然るべきと思いますが、今年ほど新鮮さに欠ける感は否めません。

※あくまで私感ですので悪しからず。

少し逸れますが、先日の東京モーターショーでも外国車勢の出店取り止めが相次いだらしく貧相なそんな状況を鑑みれば、外見からも「奇をてらわず相変わらず惰性でやっているな」とこの世に及んでどの業界も同様にそう取れそうです。この大きな主因の根源には間違いなく『社会格差』底辺層人口の増大が関係していると言えます。

SIGMA:12-24mm F4 DG HSM | Art
シグマ 12-24mm F4 DG HSM | Art:税別22万円

気づいてはいてもどうする事も出来ず、「買える人にいい製品を高く売る」を合言葉に、より一層の上質さを誇らしさにここまで来たのでしょうからもはや市場の相当な限界はすぐそこまで来ているように感じました。お金に余裕がなければ買いたくとも買えないですし、いくらお金持ちでもムキもなく次から次へと購入し続けるには無理が出てきます。そもそも飽きちゃいます。

取り敢えずはそんな『格差社会』を何としても早急に是正しなくてはなりませんがさてどうしましょうか。私のジャンル(撮影機材・職種)で言わせて貰えば、マイクロストック(画像素材)のような抱き合わせ(サブスクリプション的)な超低額路線販売か、自動車ディーラーで最近多く見かける使用期間限定の残クレ、他格安のモニター(定期的な情報提供型)販売等が挙げられます。


ニコン:AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR
ニコン AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR:税別28万7,500円

高額品と廉価品(サービス)とのあり方を大幅に見直して購入ターゲットを分離するぐらいの施策はあっていいのかも知れません。まあかなり無理のある提案ですが、廉価品についてはつまりは新古品の連売みたいなものになるでしょうか。

何らかの方策を以って既存を打ち破る如く破天荒な脱皮でもしない限りほんと今後各業界、メーカーさんは相当苦労しそうです。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

何もかもが値上がりしてる

最近結構気になるのが物価上昇に伴う商品やサービス料の値上げです。私の好みで市場を見ているだけでもかなり多くの分野で値上げが起こっているように感じますが皆さんはどう思われますか。

まず身近なところでカメラやレンズ等の撮影機材関連の新製品なんかを見ても驚くほど高価と思われる製品が続々と発表され、発売日の確定と同時に案の定恐ろしいほどの高額設定で価格表示されています。私などにはとても手の出る代物ではなく多くの場合プロの現場と富裕層がターゲットではないかと推測できます。

まあそれでも経費と実益(あくまでプロの場合)が折り合うのであれば個人作家レベルのポケットマネーで何とかペー出来るという方も当然おられる訳ですが、当人にしてみれば前からすっと欲しいものでありそうなるともはや趣味の域なのかも知れすそれ以上は言えませんが、ある意味幸せな方たちである事は間違いないでしょう。

車も特別セレクションなどと称して、色々くっつけはっ付けした限定車が各メーカーからここしばらく軒並み出てきているようですが、もしかするとフルモデルチェンジのタイミングの意味合いで安くするのかと思いきや最後のひと稼ぎとばかりにやや高めの価格設定が目立ちます。

実は体裁よく値上げしているのではないかとも勘ぐりたくなります。今はお国からのフィードバックが乏しい時期も重なってその分を補填する形で売値に添加している可能性も考えられます。何れにしても特に嗜好品の多くにこの値上げ的な雰囲気を感じる今日この頃です。

弓矢と紅白の的

消費者の生活水準が上昇していてそこそこゆとりが出てきているならまだしもむしろ年収が下がっている国民が大半で、ろくな食にありつけないとかキツイ非正規雇いで極めて低い賃金で働かされている不運な人はまだまだごまんと居る訳で、ほんの一握りの富裕層に向けた商売はすぐに行き詰り、つまりはこんな風潮は中期的に見ても近い将来日本経済全体を急速に悪化させることは明らかです。

市場はつい2週間ほど前辺りから円高に急激に振れ出していますが、さらにデフレに向かえばこれまでのアベノミクス戦略が全て水の泡になりかねず懸念している、というよりもまず自身の今後の稼ぎが実に心配な訳です。広告素材が売れないということは広告料が減っている証拠であり、ユーザーはよりマイクロ等の安価な製品に飛びつかざるを得ずまさに元の木阿弥。

仮に高価格帯であっても高品質そして安心のストックフォトが巷に安定供給され続けて欲しいものです。

コンサルの話に「景気が悪い時期は金持ちに売れ」とよく言うようですが、庶民置き去りの質の高い特別な何かにいよいよシフトし始めたなと、新製品情報を見るにつけ世の現実を憂いてます。

携帯電話使用料を安く!政府主張

phone

前にもちょこっと携帯端末の料金について書いた事がありましたが、ここへ来ていよいよ政府がもの申す騒ぎになって参りました。私はかねてより今の携帯端末、つまりはアイフォーンを代表するパソコン型携帯電話の使用料金が高すぎるのではないかと思っています。

猫も酌しもそんな高額な使用料をいつの間にかに払わされている事に全く気づいていないというのか、それとも当たり前と思っているのか、はたまた見栄を張って無理をしているのかは人それぞれなのですが、そんな方々殆どは貴重な時間をスマホ画面にまるで生気を吸い取られているかのように無駄にしている訳で、際限なくゲームの虜となって興じるわ、SNSの相手の事が気になってはこれまた際限なく延々と文章を読み返信をし発信もし〜ので、1日の多くを携帯端末に費やしていると思われます。いやほぼ間違いありません。

インターネットの普及と科学技術の急速な進歩は確かにその人にとって貴重な情報をありとあらゆる場所から得る事を瞬時に可能にしました。もはや携帯端末は切っても切れない代物になったと言えます。ただ料金は高い。ビジネスに直結してそれ也のコストを消化出来る立場の人(企業)は良いとしても学生を含む個人が支払う金額としては結構無理があるのではないかと私は思います。

少なくとも目に見える形での利益は得られない訳で、毎日漠然と高額料金を支払わされているという印象なのです。ゲームや映画、それ以外にも重いデータをひたすら引っ張って暇つぶしに使っているとしたら、電話会社とその周辺に群がる関連企業を単に儲けさせているという事です。

企業はそれ以上に何もしてくれませんし、その利用者が今後どうなろうと知ったこっちゃ無いので時に害悪と叩かれて自制を促しても全く聞く耳は待ちません。「だったら裁判しろよ、合法だぜ。」と言わんばかりの態度が透けて見えます。世間は一体何のためにスマホが必要だったのでしょうか。そもそも電話というものは互いに連絡を取り合う装置だった筈ですが、僅か15年余りでそれが全くの別物と化しました。

「便利になったんだからいいじゃねえか。」「料金?特に困ってないし。」「スマホで電話なんてしないもんね。」と若い人からはあざ笑うようにこう言われそうですが、昭和生まれの中年オジさんが古いのか、それとも驚愕の洗脳商法なのか、自身納得は出来ません。

ここまで結構批判的に書いたところで話を変えましょう。実は私はスマホを持っていません(持ちません)。無論毎月の使用料金が高すぎるからです。端末代の分割と2〜10Gほどある通信用データ容量がセットになって月々8000円超も払わされるなんてまっぴら御免です。

だって殆どが家族と日に1〜3回程度通話するだけですから。普通に考えて月1000円は掛からないでしょう。それなのに8000円ってなに?!いやそれ以上に搾取されていると思いますよ、殆どの利用者は。それを平気で居られるのがむしろ不思議なくらいです。

そこまで払わされても情報の何たるかが大事なのか、私は間違いなく悪どい電話業界のトリックと洗脳だと思いますよ。また悪口になってしまいましたね。そんな中で今まさに、つまりは私のような超ライトユーザーにも優しい低料金体系の携帯電話が在って然るべきなんです。

掲載画像を拡大してご覧頂ければ分り易いと思いますが、ストレートタイプでコンパクト、折りたたみガラケーの半分以下の薄さ重さを確保しつつ800万画素程度のカメラ及び簡易画像修正機能、メール、3G並みのネット通信などそこそこの機能を内蔵してあれば十分重宝します。音さえ出れば精々ワンセグ試聴ですから画面なんて小ちゃくて構いません。

如何せん折り畳みは筐体が厚く重いのが難点であり、今時だとスマホ利用者の中で取り出すには若干気が引ける面は確かに有ります。しかしこのコンパクト携帯であれば堂々としていられる気がするんです。更に面白い個性的な色々なデザインや形があれば尚結構と言いたい。

問題は料金ですが、やはりここは基本料金は500円以下(無くても良い)に設定頂きかつての電話ボックス並みの市内なら3分10円程度、市街の場合は国内何処へ掛けても低い上限を設けるなど工夫して頂けると有り難い訳です。基本従量制で構わないのではないかと思います。

ここ数年の後に低所得(下流老人)世帯は確実に増えます。特に大企業は拝金主義だけに溺れずに、負担の極めて少ない通信インフラの整備と構築の根本的な基本概念を忘れないで欲しいものです。

携帯電話の利用料って

sumaho

今や猫も杓子もスマートフォンというご時世にあって、一度も見かけない日はまずありません。うちの娘も晴れて今年高校を卒業して今は専門学校に通っておりますが、彼女が日頃から持って歩くのが皆さんお馴染みのiPhoneなのですが、未だバイト探しに翻弄中であり100%親がかりの生活の中、当然ながら携帯電話(スマホ)の使用量は全額親まかせです。毎月の利用料金をチェックする事もなく飄々とパケットの大半を使い切っている始末なのです。

私たちといえば夫婦共々未だに二つ折りの携帯電話(ガラケー)をドコモでかれこれ5年以上も使い続けており、もっぱら家族間の通話と単発なメール送受信で済んでいるので正直スマホに変える必要がない状況です。特に私など現在のストックフォト稼業では殆どに於いて第三者が絡まず単独で仕事が進められる関係で、たまの知人からの電話もしくはメールを読む程度から月々の支払いが何と¥1000前後の今や究極の低出費で十分事足りています。

奥さんはそれでもこまごま使っているようで、月¥2000〜3000ほどにはなっているようですが、そんな訳で我が家は娘を除いて携帯端末に関して言えば電話会社に貢献しない残念な顧客なんでしょう。さて当の娘ですが、月のスマホのパケット容量は確か7か8GBだったでしょうか、観察していると毎日のようにスマホゲームにはまっているようで、気になるアイドル系のサイトとLINEの友達チェックが大半を占め、こちらからすればもっと為になる利用法はないものか全くもって頭が痛いところです。

そんなどうでもいい通信料になんだかんだで¥10000強を毎月請求されているのがどうも腑に落ちず、思わず書きたくなった次第です。その額は勿論私のPCにも繋がっている光通信料とプロバイダー代を合わせた合計金額な訳ですが、別途ガラケー代諸々が加算されて月額¥15000ほどを支払っている計算です。

皆さんはこの数字を見て「全然安いじゃん」とお思いの方は結構いると考えますが、それって本当に安いのでしょうか?私が思うに、世間は相当以前から携帯電話の料金の性質がよく分からぬままここまで利用し続けて来たという印象を持っています。

まだ携帯電話がない時代には当たり前のように電話ボックスが街中何処にでもありましたし、市内なら3分10円で電話が掛けられた時代が永くありました。途中デジタルの普及もあってポケベルも流行りましたがその役割は一挙に今の携帯電話に移り今日に至っています。かれこれ20数年経ち携帯電話の普及当初から比べればその利用料金は格段に下がったと言えるのですが、実体として本当に安くなったのでしょうか?

電話ボックスなら市内通話3分10円であるにも関わらず、ポケットに入れて持ち歩く携帯端末になると諸々最低でも月額¥4000以上掛かってしまいます。私のようにほとんど電話(通信全般)を利用しないものにとっては単なるぼったくりにしか映らないというのが実感です。

利益に直結するアイテムでもあるので仕事で利用している場合ならともかく、まだいっぱしに稼ぎも出来ない若者、特にうちの娘のように無職の身でありながら高額請求されるスマホの利用が活況を呈している世の中、いや売る側の姿勢に怒りさえ覚えるのです。新機種が出るたびに様々なサービスを展開しては、表向き安くなったかのように見せかけて更なるオプション料金が搾取されている事に、皆さんはもっと気づくべきかも知れません。

単なるケチなおっさんの戯言とむしろ非難される方が大半かとは思いますが、今のご自身の利用料金を客観的に改めて見た時、本当に心底そう非難できるでしょうか。自身の将来において殆ど意味をなさない通信料がまるで煙のように毎月消えていく事に疑問はないのか、今一度チェックする必要はあると思います。

中には毎月一人で¥50000〜¥60000ほども消費している話も良く聞きます。そういう利用者にとっては家族で分け合えて全部で月額¥30000はとっても安く感じるでしょうが、そこらがまさに数字のトリックと言えます。

私の考える電話代、それはまず基本料なしであり従量制にせよ通話料は極力電話ボックス並みに引き下げる事。メールやネット閲覧などデータ使用料はむしろ一般の光契約に1本化して別途プロバイダー料金以外は取らない、というぐらいが理想です。

一部を除いて現在これだけインフラが整備されている現状ですから、電話会社の料金体系の思い切った早急な見直しを是非進めて頂きたい。

でも、きっと鼻で笑っているな。

国内は低次元のしのぎ合い

2012年暮れの総選挙で
晴れて政権に帰りざいた自民党は安倍晋三首相が提唱するいわゆるアベノミクスを引っさげて国力の回復に向けたあらゆる方策を打ち出して来きました。エコポイント配布による市場の先食い、日銀による金融緩和や法制の規制緩和の不発、8%の消費税増税の害悪などその後の失速が止まりません。

当然3月現在の私たちの生活状況の改善は実感できていません。多くはそんな国民が大半かと思われます。このところの円安を受けて一部の輸出分野の大手企業が好景気に湧いている一方で、中小零細の内需企業や商材を他国から仕入れているような業種の殆どが今だ厳しいデフレ継続中なのです。

原材料の高騰や消費税増税の影響で
売り値は益々上昇していますし、近頃の広告(テレビCM他色々)を見てもいつの間にか売り手は高級思考のユーザー層にターゲットを絞った価格改定を急速に行いシフトさせています。高額商品であるほどその値上げ幅は甚大で、これはそもそも政府の画策なのか、大企業が一丸となった極端な便乗値上げともとれる惨状が見て取れます。

低所得者層は益々置き去りになっていき富裕層には更にお金が行き渡るという格差の悪循環が助長されています。今朝の読売新聞の一面に『国民の年間所得上位10%は580万円』と書かれているのを見て驚いたのは私だけではないでしょう。一見するとそれほど高額な年収とも思えない額にも関わらず、580万円以上の年収取得者が僅か10%しか居ないなどとは嘘のようで信じがたい。

それだけ国民の生活状況全体が落ち込んでいるという証であり、景気回復どころかどん底の国力と断定せざるを得ません。ネット上で、ある経済評論家は新たな復活策としてこう提言しています。

「戦後復興にともなうモノ市場経済は終わった。
もはやモノは飽和し切っていて安かろうと便利だろうと国民の殆どが既に相当数を手に入れて十分満足してしまった。小手先の商品開発では市場の活性化は望めない時代。これからは生活に癒しや安全をもたらす商材すなわち、旅行などのレジャー産業、高齢化に伴う福祉事業と先進医療体制の充実、一層の子育て支援、地域コミュニティーの拡充などお金の使途は従来型のモノ消費ではなく生活へのおもてなし産業に切り替える時。」
※自身の文体と加筆など一部変更

と言うような内容の記述がありましたが、皆さんはどう思われますか。確かに私も以前のブログでも書いています通りモノはとっくに飽和状態にあると思っていますし、今後更に価格が上昇していくとそれはあくまでカタチだけのインフレであって、もしも国民の殆どがその恩恵に預かれずこのままデフレ基調で今後も推移した場合、近い将来に於いて国内は未曾有の大混乱に陥るに違いありません。

上位10%が580万円程度
という事は200〜300万未満の厳しい生活を余儀なくされている個人(世帯)は可成りの数に上る訳で、欲しいものが殆ど買えない、行けない、楽しめない、保障されないという沸々とした怒りの中でその数千万人の極度のストレスと不満が頂点に達した時に一体何が起るのでしょうか、末恐ろしい限りです。

これまで罪を犯した輩を一括りにまとめて『一部の身勝手で我がままなろくでなし』と断罪しそれでその都度済ませてきましたが、今後生活苦を抱える層が増幅し恒常化すれば各所で凶悪犯罪が多発していくと同時に、自殺者、いじめ、精神異常者の無差別テロ、違法ドラッグの闇流通をはじめ機密漏洩や汚職、使い込みなどルール違反やモラルの低下も際限なくもたらされる事になります。

その時日本政府は、治安維持体制は、
と負を語るよりもまずは今をどうプラスに戻せるのかを私たちは真剣に議論しとにかく行動していくしか道はないと思っています。隣国との関係がぎくしゃくし、いずれ厄介な小競り合いがあるかも知れませんし、拉致被害者の解放が絡む北朝鮮への対応、集団的自衛権を旗印に自衛隊の戦闘可能な軍隊化、野蛮な過激派組織が蔓延る中東地域に於けるビジネスの停滞、TPP交渉の行方、来年秋(現在の予想は2017年4月)を予定する消費税10%再増税の懸念等々、難しい岐路に立たされる日本はこの先何処に向かうのでしょうか。

ともかくも、ストックフォト素材もっと売れて欲しいです。
プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア