ちょっと珍しいクイックシューアダプターがこれ

スモールリグ

風変わりクイックシュー『SmallRig』>
今日も今日とて相変わらずのちょっと気になる撮影アイテムをご紹介したいと思います。今回は三脚の雲台にカメラ等を取り付ける際に比較的重宝するクイックシューになります。

クイックシューと聞けば大概の方が想像するに横から八の字プレートを抜き差しする形状をイメージするでしょうか。脇には締め付けるダイヤルがあってという感じです。ところが今回のやつはそんなダイヤルの代わりにレバー、上部から差し込むパターンを採用しているところに面白さがあります。

大きさも直径4センチ弱厚みは従来のそれとそれほど変わらず結構な薄さを維持しているそれなりにコンパクトで軽量、筐体はオールアルミ製で質感も上々といった味わいを持つ逸品です。上掲画像がそれですが、パッケージは長辺6センチ、サイコロ状の小さな箱で中身はビニールパック、本体のみ収納されており取り出すと上面プレートと受け側ステイが既に組まれた状態でした。開封後それを引き離した画像とその裏面がご覧いただけると思います。

意外なのは上面プレートを着脱する際にステイ部分を抑えて上面を掴んでまず先に反時計回りに回転させる動作が必要な事です。赤丸で表示した所謂くぼみと突起部は互いを噛み合わせて横ズレを防止します。再度ドッキングする際はまず上部プレートを溝に差し込んで外す時とは逆方向に90度ほど回転させ『カチッ』という音を確認後サイドレバーを内側に押して締め付ける、そんな構造です。

敢えて回転させるのはプレート下部にある爪をステイに噛ませて着脱時にすっぽ抜け落下の事故防止とは思いますがやや二度手間感は否めません。他のメーカーさんでこれに似たタイプのクイックアダプターも散見されますがそちらは正方形で結構な厚みがあり両サイドのボタンを同時押しして取り外す方式になっています。固定後うっかりボタンに手が触れて外れないようにとロックレバーも装備されていました。

まあそれでも撮影に気を取られてそのロックレバーのかけ忘れはちょくちょくありそうですし用心が緩んで片手操作で誤っての落下事故の確率はゼロではないでしょう。そう言った意味からも当クイックシューアダプターはまま画期的と判断、ネジ径も一般使いの1/4インチだったので購入を決めました。価格はAmazonで¥2,199税・送料込みであり他の商品と比較しても安価な部類だと思います。

いつものようにPC環境では当ブログ画面右手スポンサーエリア上部、スマホ閲覧(degiga-blog.jp/index.html)ではスクロール最下部にそれぞれ掲載されています。ご興味がございましたら是非ググってみてください。

商品詳細(そのまま転載):
SmallRig 汎用クイックリリースアダプター ジンバル用 三脚用 BSS2714


功を奏した発想の転換>
そしてもう一つ、以前のブログに一脚にジンバルを取り付けて撮影するための様々解説する回(→こちら参照)があった訳ですが、その時点ではスマホ給電用バッテリーを1メートルのライトニングケーブルを繋いで胸ポケットに収納すると書きました。しかし実際はそのケーブルが鬱陶しくたまらず、何か別の手はないかと思案した結果一脚そのものに取り付ける方法がベストという結論に。早速その取り付け具を探すも撮影関連では適当なアイテムは見つかりません。

検索キーワードに『包む』『固定』と改めて入れると以外にも運動時によく見かけるサポーターが表示され、膝、足首、手首、腰(腰痛)、ひじ等々、特に手首用は親指を巻き込むタイプのほか手首のみ固定するものもあり「これだ!」と即座に気づきました。ただ残念なのが値段です。何故かこの商品群は大方送料別で売値の倍近く取られるのです。

手首用サポーター利用

バッテリーを巻く程度で1,000円オーバーはちょっとと諦め近所のドラッグストアに出向けば同じ商品が¥700で販売されていました。上部画像が実際にそんなお手頃サポーターを巻きつけた状態になります。まずまずの固定感があり十分イケそうです。さあ、これで新撮影方式の機材の準備は万端になりあとは撮影に勤しむだけです。

テーマ・狙い・目的はまだはっきりしていませんが取り敢えず練習も兼ねて色々撮っていく予定ですのでそんな次作品に何卒ご期待ください。本日はこの辺で失礼いたします。


このポーチ画期的!& Bluetoothで音楽視聴

コンデジポーチ


最強コンデジポーチをゲット!>
前回の自前サイトトップページへのカテゴリー追加に続きまして今回は当ブログカテゴリーに『お役立ちアイテム』という項目を追加しました。過去の僅か数回あまりですがAmazonでちょこちょこと変な道具を買い込んだりして紹介する機会が多い事から、やはり分かり易いようきちんと差別化した方が閲覧者にとっても都合いいと判断。

混同して紛らわしさもあるので都度の作品紹介と同時掲載を避けることも検討しています。と言う訳で本日は撮影アイテムと、これは全く別ジャンルなのですが音楽視聴の面白い使って便利な裏ワザ的機材を入手したのでそちらと合わせて2点ご紹介したいと思います。

まず初めが上掲タイトル画像の所謂カメラポーチになります。先日まで使用していたコンデジケースですがそちらは腰(ズボンのウェストベルト通しにフック)で引っ掛けるタイプで以前からももに当たって鬱陶しく感じており勿論総重量が400グラムを超える訳なので歩いているうちにズボンが徐々に下がってしまうのも困りものでした。更に今時であれば薄着になり服がベルトの位置で捲り上がるとなれば決して見栄えのいいものではないでしょう。

そこでいつものようにアマゾンで探ってみたのですがそんな都合のいい商品はなかなか見つからず日を置いて何度となくチェックする日々が続いたある日、これをやっと見つけました。サイト表示される濃度はやや明るめでしたが届いてみると意外にダークで色もグレーなので変にコントラストが浮かずどんな格好でも相性は良さそうです。

今使用しているコンデジのCanonG5Xマーク2がぴったり収まる優れもので実はこの実機に合うケースが基本無いというのが現状ながら敢えて当機周辺を意識して作られていた事が寧ろ驚きでありメーカー(中国製)さんには感謝しかありません。価格は¥1,700税・送料込みで見た目としてはやや高値感はありますが肌触り質感は申し分なく枠はそれなりに頑丈で耐久性は十分かと思われます。

ところでこのケース(ポーチ)の何が優れているかと申しますと一緒に写っているショルダーベルトでしょうか。貧弱にも見えますがたすき掛けすると使い勝手良く私は右利きですが左肩よりは右掛けの方が取り出し収納はやり易かったです。同画像右下が実際に身に付けた状態、これでフラフラ街中散策していると想像してください。

商品詳細(そのまま転載):
小型 カメラケース カメラポーチ Sony ZV-1 RX100 VII VI VA V IV III II Ricoh GR III II Olympus TG-6 TG-5 TG-4 TG-3 TG-2 TG-1 Canon G7X III II G5XII SX720 Panasonic TS30 Fujifilm XF10 適用 登山ボタン付き

→Instagramにほぼ毎日投稿中の散歩写真をチェックする

動いてはケースが体の前部分に来るので手が当たる心配もなくつまりはストレスフリーという訳です。コンデジ愛好家の方でしたらほどほど買いのアイテムに違いありません。是非オススメいたします。


意外と知らないレア機材を発見>
さてお次ですが、こちらは撮影やらストックフォトとは全く関係のない商品と言っていいでしょう。何やらレベルボリュームが3個並んで右側にデジタル表示部と下にUSBコネクタ、SDカードスロットが見えます。左上部にはオーディオ特有のボタンがあり何がしかの音源を再生する機材と分かります。周辺にはリモコン、DC変換器他と取り敢えずコンセントに差して利用します。


スマホBluetoothアンプ
商品詳細(そのまま転載):
DeGaoge アンプ Bluetooth5.0 パワーアンプ増幅器 HI-FI 高低音 ステレオ オーディオアンプ ベース


実はこれスマホからソースをBluetooth送信して別途スピーカーから音を出させる装置なのです。裏側にはスピーカー接続端子があり脇にRCA(Line入力)端子も装備されいたせり尽くせり、正面側(AUX)にUSBメモリを差し込むだけでMP3音源などスキップ操作軽快に難なく再生してくれます。
※本体サイズは横幅125ミリの極小

ただ一つ残念なのが内蔵するFMチューナーが海外仕様のため国内の規定のチャンネルが存在せず砂嵐ノイズ、何処なのか一局のみ雑音の中僅かに聞こえる程度でした。まあしかし初めからFMは無視していたので問題はありません。という訳で一番の入手目的はスマホとの連携です。

機械側は現在最新のBluetooth5.0であり私のスマホ(iPhone6s)がバージョン4.2なので互換性があります。遅延もなく音質が低下する事もなく今のところ正常に作動しています。そしてその音源ですが私が主に利用しているのがYouTubeで、就寝直前にまずスマホ側のタイマーを45分にセット、そのあとYouTubeでお気に入りのジャズバラードを流すという下りです。スピーカーへの出力が最大50ワットなので小さく鳴らす分には全く問題はありません。

当ブログでもう相当前になりますがご存知の方はおられるでしょうか。スピーカーを天井に2本設置する過程の記事を書いた回があります。カテゴリー『プライベート』中の次のページ内にありますのでご興味がありましたらご覧になってください。つまり仰向けの状態で真上(正面になる)から音が降って来る感覚と言いますか、まさに音に包まれる快感がたまりません。手に入れて良かったです。

トレブル(高音域)とベース(低音域)の調整が可能なのも嬉しい限りです。夜は近所迷惑にもなりますのでベースオンを弱めに設定ししっとりムードで聞いています。ところで値段ですがこれまた激安の¥2,999(同上)と¥5,000にもならないほど低価格で販売されていました。他メーカーで似たものが結構あるのですが音質調整付属でこの価格は流石に無かったです。

ここで一つ注意です。同じ中国製とはいえAmazonの規定で商品表示の先頭には必ずブランド名を期するルールになっていると聞きました。これを無視して感情を揺さぶる性能やらうたい文句がある商品は、大概が怪しい業者らしいです。確かに同製品で価格が更に安くなっているものも散見されます。すかさず納期を確認すると長期3週間〜1ヶ月後。時に箱破損(故障)やら中身が微妙に違っていたり(中古回路寄せ集め)するそうで注意見極めが必要です。私のこちらに関してはポーチ含め注文から2日で到着しています。

そんな訳で今回が何かためになりましたら『いいね』してください。→いつも通りAmazonスポンサー上部に掲載しております。宜しければチェックしては如何でしょうか。


ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)
今日も今日とて散歩写真(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

08 | 2021/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーエリア

最新の様々アイテム盛りだくさん
安心のアマゾンでお気に入りをGET !