オリンパスがカメラ部門(映像事業)をファンドに譲渡ですと!

オリンパスOM-D


オリンパスはまだまだ序の口>
何と歴史あるOM一眼レフシリーズ・ペン・ズイコー(レンズ)など知名度あるブランドを半世紀近く築き上げてきたあのオリンパスが9月を目処でしたか突如その映像部門一式を他社に譲渡分社化するという決断に至ったようです。かつてのペンタックスをも彷彿させるカメラトップメーカーの惨事に嘆きふためいた方も多いのではないでしょうか。

それでもそのペンタックスは今もブランドを維持しつつ一時のメガネ事業大手(HOYA)を経て今は奇しくも同業他社であるリコーイメージングに籍を置いている状況です。リコーといえばコンデジ最強なるGR3が有名ですが、さてそれ以外では?と頭をかしげますが、兎に角は別途他事業でなんとか繋いでいるんでしょうか。

正直言ってカメラ事業って今の時代結構お荷物ではないかと思います。何か新製品出そうものなら思いの外投資額がかさみ先日のニコンもそうでしたが、フルサイズセンサー搭載の高性能デジカメ開発をいきなり中断しています。お金は掛かるは需要も時間は無いわであたふたしている内に特に今だとソニー辺りがガンガンと先を行く始末。

電子制御の先駆者とも言われる大御所キヤノンでさえここ数年来というもの後追いを強いられ続けていると聞きます。オリンパスのカメラ事業衰退は此の期に及んでむしろ必然であり次にその後塵を拝する企業がそれなりに出てくるのはまず間違いありません。申し訳ないですがまずピンと来るのがカメラレンズ専業のニコンではと危惧します。

オリンパスとニコン共に医療系機器に強いイメージがありますがもうとっくにグローバル社会真っ只中でありお隣り中国がこの時とばかりに加われば日本メーカーなどいとも容易く市場から放り出されても何ら不思議はないです。それだけ技術は向上し彼のアメリカに倣ってか基本特許取得もお手の物、この先何が起こっても仕方ないと日本企業は腹をくくるようです。

SNSで様々にオリンパス(譲渡)関連の記事を読みましたが一様に事業再生を願うコメントが大勢を占めています。メーカー自体も「カメラ事業は継続しブランドも維持する」と言い張ってはいるもののこちら投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)に信頼を置くというのはお門違い、今のこんなコロナ禍最中にあってはここにとっても同様にお荷物でしかありません。

時期を見て遅かれ早かれ中国なりの外資に小出し二束三文で技術の丸投げを粛々と始めるのではないか、そう懸念しています。確かソニーのPCブランド『VAIO』もこのファンドで取り扱ったと記憶していますが、VAIOがあれから実績も何も事業安泰でしっかり立ち直ったとは聞いていません。そもそもここ最近製品の広告すら見た事ないですし。


ケツまくる日本企業>
ああ、シャープに東芝、パイオニアもそう。敢えて言うなら国策として各社液晶部門を束ねて立ち上げたJDI(ジャパンディスプレイinc)こちらも概ね失敗でしょう。国費もふんだんに使ってあれって私たち国民のなけなしの税金ですよ、責任者どこ逃げた!ほんと過酷な国際市場の、繰り返しますが『後塵を拝する』この日本って近い将来どうなっちゃうんでしょうか。

家電ダメ、カメラダメ、天然資源微々、自慢の自動車産業だって危うそうですし、いいとこゲームとアニメ?国際機関を担うお役所代表も多くが他国要人で占められ日本人は門前払いだと今日のニュースにもありました。ウォークマン作っていたあの時代が懐かしいです。この調子だと日本どころか世界中の政治評論家ならびに経済学者が揃って唱えて止まない『世界大恐慌論』その現実味は増します。

東京の感染者数が今日またしても50人越え〜と来れば既定路線の『再自粛要請』となる訳ですが、政治的判断からそこは官邸と小池都知事共に口を濁しています。さてこのままズルズルと一気に100人越え?それとも1000人?おいおい待ってくれよマジで。


コンセプトカーえらくエグ過ぎないか?

日産のコンセプトカーXmotion(クロスモーション)
日産のコンセプトカー:Xmotion(クロスモーション)

現在アメリカデトロイトで開催中の自動車の祭典『デトロイトショー』に注目が集まっています。皆さんの中にも大いなる車好きさんもかなり居る事でしょう。テトロイトといえばアメリカが誇る自動車産業の発祥の地でありそこから時代を経ながら歴史に名をはせる名車が数知れず登場した所謂『車の聖地』と言える場所です。

ここ最近はカーライフの思考急変から衰退が顕著の中失業者が溢れかつての繁栄は影を潜めつつありますが、疲弊に苦しむご当地有権者の多くがあのトランプ大統領を誕生させ今に至ります。半島情勢に関わる外交の混迷もそうですが、さてこの地の繁栄を取り戻せるのか彼のその営業畑の手腕が試されていると言えます。

都市の衰退はともかく何しろショー自体は大人気のようで世界中から名だたる自動車メーカー達が革新的な新技術を引っさげ今後の生き残りを賭けての競い合いに真っ向から挑んでいる事が伺えます。今年特に力を注いでいるのが言わずと知れた『自動運転技術』でしょう。人工知能(AI)を有する先進メカニズムによって近い将来人は単なる乗客となりバスやタクシーのように車が指令通り勝手に目的地を定めて所定の位置まで運んでくれる、それも安全確実に。

私が生きている間の残り20年程度でそれは完成すると思われますが、それこそ今の若年組の未来社会はどうなっているのか想像するだけで興奮してきます。流石にブレードランナーばりの空飛ぶ自動車は難しいかも知れませんが、いずれ重力を操る新次元の原理を発見する学者が現れて確立される事を思えば決してそれは映画のような夢物語ではないでしょう。

トヨタのコンセプトカーLF-1 Limitless
トヨタのコンセプトカー:レクサスLF-1 Limitless

前置きが長くなって恐縮ですが、ところで各社から電撃的に発表される今回のコンセプトカーを見て率直にどう感じますか。あくまで素人でそれほど車に詳しくない私の勝手な本音を言わせて頂くとすれば、「困ったな」の連続です。何はともあれコンセプトカーですからどんなデザインだろうが新技術だろうが構わない訳で、これが次期市販車として投入されれば販売されるその国の国民性に照らして具体的なデザインに昇華していくだろうと想像できます。

なのでこの一台を見て幻滅することもない訳ですが、ただ各社とも相当な偏りは感じました。科学の進歩に於いて着想→絵コンテ→設計→成形→試作→完成までが極めて時短で済む事から思いもよらぬ遊び心満載のコンセプトカーが今年は特に多いように感じます。

だからでしょうか、何か馴染まないのです。確かにその時々のブームとか流行り的な何かがそうさせるのでしょう。中でもLEDライトの進化は目覚ましく一つが僅か1センチ程度のライトを巧みにかつ多彩に組み合わせた異次元デザインを可能にしました。その結果もはや車のフロントマスクとは思えぬ異様とさえ感じる貌(かお)がここかしこに伺え、「もう何でもあり」的な破天荒さに相当圧倒されます。

大方これに近い形で市場に出る車もあるでしょうから私としてはやや心配な部分はあります。起動系や居住性などの中身はいいとしても外観はやはり購買意欲をそそる上での命なのでそんな『遊び過ぎ』が時代錯誤であってはいけません。エグすぎは禁物と言っておきましょうか。

それともうひとつ気になったのは展示される大ぶりな車体です。あたかも事前に言い合わせたように各社デカい車が多い事。従来であれば3ナンバークラスでV6V8にも見紛うほどに大型車が会場その中央に鎮座している事が分かります。もしもこの製品が市販(近日販売予定・販売中)される場合の価格ですが、有名ブランドからして200万円台はまずないでしょう。殆どの車が安くても400万円、高い物だと数千万円に上るであろうと普通に思えたのです。

つまりメーカーは大口顧客(富裕層狙い)が売る上での今回のひとつの方向性ではないでしょうか。「我が社はこれだけ高い先進技術を搭載しています。でもちょっとお高いですが。」と言わんばかり。いずれはその価格も下がって大衆車への搭載も視野にはあるでしょうが、どの時代でもお金持ちが最初に使ってくれない事には次が始まらないので致し方ない向きはあります。

今の日本国内に投入される多くの市販車をみても価格帯が正直高いです。ハイブリット系等のエコ車では20万円以上割高、合わせて安全装備が過剰でそれだけで更に最低でも10万円は上乗せされています。軽自動車などでも150万〜200万円クラスの高額設定が当たり前に幅を利かせていますしそこを出来るだけ安く買おうとすれば装備が赤ら様に貧弱になり結局その上のグレードか追加オプションを促される現状です。

BMWのEV車:新型i3
BMWのEV車:新型 i3

以前は180万円クラスであったマツダロードスターや各社がこぞって200万円前後に設定していたファミリーワゴンも上質こそあれ今や200万円台後半〜400万円超と破格の高額設定になってしまいました。上掲のBMWが新たに投入予定のEV車が見た目軽サイズほどでなんと580万円〜もします。材料や中身は大して違いはなくてもブランドでこんなに変わってくるのかと怒りがこみ上げます。またこれを喜んで買うユーザーがいる事にも驚きですが、まあこんなんでよくも商売が成り立つものだと感心します。

何しろ外車は当面の維持費も含め実質の倍だと思っていた方がいいでしょうね。市場を見渡せば兎に角手頃でそれなりに選びがいのある車種がなくなったなと恨み節も出ますが、高額設定の先で得た儲けは世界市場の開拓や次世代向け開発、巨大な内部保留とかに止めどなく注がれていくのでしょうしそのおこぼれが内需を満遍なく潤す事などまず敵いません。

金持ち相手もそこそこにと願いたい。


degiga


このエントリーをはてなブックマークに追加

{Adobe Stock』が正式稼動

adobe_stock広告

Photoshopの開発メーカーで名を馳せたアメリカのソフトメーカーと言えばあのアドビシステムズ社ですが、昨年の6月にマイクロストック大手のフォトリアを買収し傘下に納め大量のストック素材をかき集めてから早1年あまり、この10月にいよいよ本格始動する事がわかりました。

私の昨日始動したDVDパッケージ直販事業の超極小規模とは正反対にアドビが以前から提唱しているアドビクリエイティブクラウドを活用し巨大なネットサーバーを介しての販売を基本としている強みがあります。もちろん販売のみならず各作家からの作品募集も並行して行われ、一般のフォトエージェンシーというよりはマイクロストックシステムを導入している点も今ならではで先進的です。

プロを問わずアマチュアも参加でき、写真や動画をネットを介しての預け入れが簡単に行えるのも魅力と言えます。アドビ社の提供するソフトウェアとの連携はその商品がサブスプリクション(有料での期間貸し出し)形態に変更されてから容易になりました。

まさにストックフォトもアドビの独壇場になっていくのでしょうか。報酬単価はマイクロ同様に当然低い訳ですがそれでも業界最高値の33%と、預ける側にとってはかなり有利と言えます。さらに全世界に販売網を設けているので上手くやれば結構高収益も望めると思われます。

いい事づくめで大変結構ですが、結局既存のシェアを短期でとことん食い荒らして全体があっという間にしぼんで行く環境をただ単に整備しているに過ぎないと私自身は懸念しています。売れる人はほんの一握りで、それも本気の外国人ばかり。ほとんどの税金は外資へと逃げ、後で揉め事が起これば作家個人が知らぬ間に裁判にかけられて多額の賠償を払わされる事も。これがインターナショナル=グローバルの怖さなんですよ。

そんなご報告でした。頑張れ自分!

→関心のある方はデジカメWatchで詳細をチェック

ホンダ新型車の続けざま発表に違和感

ここ最近、消費税増税8パーセントの影響でしょうか、あらゆる業界で値上げラッシュが盛んになっています。殆どの案件で消費者への転嫁が目立ちます。いわゆるこれがそもそもの生活格差の引こがねになっていると思いますし、値が上がれば当然負担が大きくなるので大概の場合生活費にある程度ゆとりがある環境の方々に購買層はシフトしていくのだろうと考えます。

そうなれば、まずメーカーはその周辺層にターゲットを絞って商品開発をはじめる訳で、広告もより高級かつ高性能で高付加価値を謳います。勿論価格はそれまでを遥かに上回る価格帯へと移行してしまい、購買費用に余裕がない中間層以下あたりに位置する方々は、止むなくその下のランクにせざるを得ない事になります。私もその1人ですが、するとどうでしょう。

いつの間にかジャンルもさることながら選択枠も自ずと拡大していきます。まあここまではどうって事のないごく当たり前な話ではありますが、先日テレビCMを見ていてふと思った事がありました。あの自動車メーカーのホンダのコマーシャルです。ジェイドというネーミングの新車を近々発売するという予告CMです。

honda_jade

大人数が乗車可能な面長なスタイリングで、例えばトヨタのウィッシュやプリウスアルファ辺りを意識して設計した感があります。ハイブリット搭載車もラインナップされ、その直前に発売されたグレイスセダンを後ろに伸ばしたような形状でジャンルとしてはファミリーユース的な立ち位置かなと推察しています。

もう相当前から細かなマイナーチェンジを繰り返して来たあのストリームのフルモデルチェンジという事で登場したジェイドですが、最近のホンダのセールス手法に若干の違和感を感じています。確かにここしばらくはフィット3のギアチェンジのプログラムミスやタカタ製エアバックの不具合によるリコール連発で大変な目に遭っている事もあって会社としてはそのマイナス分を一気に取り戻そうという目論みなのでしょう。

その弊害でしょうか、如何せん各車両の発売タイミング時期が余りにも切迫していて、本来じっくりと車選びをして品定めしたいターゲットユーザー(ホンダ車の購入希望ユーザー)を蔑ろにしているように思えてなりません。

まずNボックスですが、カスタムの同時発売はいいとしてその後にプラスやNワン、Nワゴン、Nスラッシュ3タイプ同時発売など、ユーザーにしてみれば車種を決めたはいいがすぐその後に魅力的な車が次から次へと登場してくるので、愕然とした人も多いのではないでしょうか。下取りには余計な費用もかかりますし、その次が出るかも知れないという不安から結局躊躇し殆どの方は諦めてしまうのです。

今回のジェイドで言えばその前のグレイスを決めて納車1週間前にこの広告を見た人の中には「何?こっちの方がいいじゃん、出るならそう云ってくれよ。」となります。ディーラーも下請けですから、1台でも多くの台数を契約させて業績アップを狙いたい訳なので仮にお客がそれとなく尋ねてもごまかかすような口ぶりだったりもします。(経験者)

ネットでいち早く情報を入手出来る方はさて置き、情報に疎いやや裕福な中年(シニア層)などはそこまで徹底しているとは思えませんので営業トークに上手い具合に乗せられてしまう羽目になるのです。お客もある程度の目論みで車を見に来ているが故にショールームではそれ以外に疑問を抱かないのも事実で、営業サイドに文句をつけたい訳ではありませんが何とも歯がゆい限りです。

だったら同時に発表出来ないもんなのかと思う訳です。そうすれば購買予定のユーザーはその中から今必要な自分らにとって使い勝手のよい理想の車種を選択するだけですし勿論消化不良的な不満も一気に解消されます。他のメーカーでは価格帯や内容の近い車種をほぼ同時に出す事は稀で、軽自動車と普通乗用車であったりSUV車、ワンボックスなど組み合わせを大幅に変えてくるものです。なのでユーザーは迷う事なくお目当ての車にたどり着き易いのです。

ホンダのこの戦略が功を奏して売り上げ向上に寄与しているのかも知れず、ごく一般的な営業策の一つだとは思いますが、正直オデッセーはいつの間にか300万円クラスの高級車となり、ステップワゴンやフリードは250万円台とややお高めの値上げ基調、フィットもハイブリットとなると途端に200万円台に跳ね上がります。

フィットと言えば大衆車の代表ですが、増税8パーセントを機にじわじわと売値が上がっていく事に寂しささえ感じます。最下車種ではオプション設定も多くそれなりに組むと結構な値段になるので、仕様がなくそのちょっと上のタイプにせざるを得ない全く持って自動車とはお金を吐かせる不思議な高額商品です。

内容が逸れましたが、ユーザーサイドから言わせてもらえば、まず同じようなジャンルならば同時発表にして、違った価格帯やタイプならば短期発表でもOKでしょう。同時が無理であれば途中にジャンル外をはめ込んで、せめて半年は間を空けた方がいいのかなと思います。

でも他社だって同時期に似たような車で攻めてくる訳だから、対抗策という観点からすれば色々厳しいのかもな。

スリック三脚関連値上げの是非

昨日情報サイトを観ているとスリック、あの国内大手の三脚メーカーですが、来年1月21日付けで多くの製品を値上げするという記事が目に止まりました。中には5割近い価格改訂も或るようなのですが、流石に5割アップは如何なものでしょうか。

20年ほどの可成り前で恐縮ですが、私も当時のスリックグランドマスターシリーズをよく使わせて頂いた記憶があります。しかしながらここしばらくは外国製の有名ブランド製品ばかりに目が行ってしまうからでしょうか、スリックやベルボンといった結構定評の或る国内製品でも全くと言っていいほど購入していないのが正直なところです。

それは何故なのか?今回のスリックの値上げの原因がまさにそこに在るような気がしており、取りあえず書きたくなった訳です。今回も相変わらず勝手な解釈なので適当に聞き流して頂ければ幸いです。

記事を見てまず最初に思ったことですが、「為替の急激な変動、原材料費高騰、人件費の上昇により現状を維持するのが困難」という言い訳めいた一文です。確かに材料費や人件費は相応に掛かっていて円安の煽りだとかで原材料の輸入代金の急激な高騰は避けて通れない状況です。

人件費だっていつまでも昇給しないと実務に影響が出るやも知れませんしリストラも視野に入れているのでしょうか。何処かの企業のようにワンオペ状態の作業が常態化していれば、大きなミスや事故に繋がる事も考えられます。

なので製品の価格にマイナス分を転嫁するというのは多少は理解出来ます。経営陣はここ何ヶ月もの間、我慢に我慢を重ねていたのでしょうから丁度年明けも間近で2〜3月には大きなカメライベントも催されるこのタイミングが最良と判断しての結論だったに違いありません。(あくまで想像)

さてここからは私の勝手な推測になりますが、実のところ「製品が売れてない」が本音だと私は考えています。私自身がスリックの製品を買う気が起きないというところで言えば、まずどの製品も売れている他社製品に比べて今ひとつ魅力に欠けているという点です。

最近自由雲台を購入したのですが、勿論外国製です。というのも私の場合以前から結構ブレ写真が多発していた事から、ひとつの解決策としてしっかりした雲台に着目してみたのです。購入した製品は耐荷重30キロ、価格は15000円ほどで割安感の或るお手頃な製品だったと思いますが、これが結構活躍してくれるのです。

ブレは殆ど解らない程度まで改善され、雲台のせいだったのかと納得しました。因にこれまで使用していた雲台はベルボンのクイックシュー固定型の中型タイプでしたが、こんなに違うのかと感動すら憶えたほどです。

最初は安くてしっかりしているのであれば何でもいいやという心持ちで探してはみたものの国内産の雲台を予算内で選ぶとどれもが耐荷重の低いものばかりで、強度が増すと途端にアルカスイス並みの高額帯にまでアップしてしまう始末。デカイし重いし価格は高いしで断念せざるを得ませんでした。

それと私にとってデザインは大きいウェイトを占めます。日本製は外国ブランドに比べて余りにもお粗末なのです。基本的な強度や材質の良さには不満は無いのですが、やっぱりデザインが良くありません。自動車でも言えますが、BMWやベンツ、ポルシェなどの高級車のデザインに比べて国産車が見劣りする感じに良く似ています。

ユーザーからすれば渋さや格好良さは必須であり、フォルムの美しさの次に機能性がついてくるといった順序ではないかと思います。勿論お得感は外せませんが。

そして、ブランド名が創業以来変わらぬ会社名のままなのも頂けないと思いました。スリックやベルボン、ケンコーなどとなると余りにも地味で昭和を引きずっている感は否めません。そろそろかっこいいブランド名に改変してはどうでしょうか。トヨタ自動車で言えば『レクサス』のようなものです。

トコトン他社の売れ線も意識しながら取り組まないとこれからは更なる厳しい状況に追い込まれるのではないかと、他人とは言え同じ日本人として、いや、写真愛好家として実にもどかしくかつ心配でならない訳です。

市場に目を逸らした値上げありきではなく、まずは過剰で不利益な製品群の数を減らしながら新たなデザイニング(社風)を目指した強力なブランド戦略が今求められていると感じました。

そんなに難しい事とは思えませんけどね。


ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーエリア

最新デジタルミラーレス特集
安心のアマゾンでお気に入りをGET !