ビジネスブログの難しさ

mix


シャドーバン恐ろしや>
おととい午前中いつもの時間いつものようにインスタグラム投稿をしました。画像は電柱と空に浮かぶ雲の比較的爽やかなイメージでした。ただそこに添えるコメントは結構厳しい内容だったでしょうか、あのカリタス小の女子生徒(11)と外務省職員の男性(39)の二人が亡くなった忌まわしい川崎市無差別通り魔殺人事件についてです。

そもそも人は群れで暮らす風習(集団本能)があり昔よく言われた『村八分』という言い草がありますがつまりはソリが合わない奴は追い出すという今に例えれば『いじめ』を超えた辛辣極まりない行為で、その集落のリーダーのツルの一声を以っての排斥行為(公開リンチや処刑含む)は到底まともとは思えません。

様々意思疎通が上手くいかなければその相手を排除するというのは勿論動物の社会にも存在するくらいなのでそれこそ人間なら更にその関係性は複雑になるのでしょう。という訳で何が言いたいかですが、現代社会に今も受け継がれる人の無意識たる本能が残る即ち『村社会』集団心理によって、そこでの適応弱者が身勝手に否応なく弾かれる。絶望感たる自暴自棄から時に自死願望と絡んで人を殺める一種の快感という残虐性の表出、そんな自身の思いを簡潔に綴っていたかと思います。

実はその投稿後おおよそ『いいね』が突如激減したのです。3日ほど経ちますが本日投稿についても僅かに20いいね弱で驚きの低水準に陥ったままです。ネットでググると出て来ました『シャドーバン』なるものが。これつまりは不適切投稿に課せられるペナルティーで主にハッシュタグの記述文字及びコメント文に反応するとありました。

確かに一つは『通り魔云々』もそうですが差別とか村八分、虐待等々の言葉が頻繁に並んでいたのでインスタが誇る先進AIがそれを細かに察知して一気にバチンと遮断したと思われます。投稿の少くは現フォロワーのみ届くらしく日頃気にしてくれている一定数が20人ってなところでしょうか、相変わらず人気はないですね。


ブログでネタばらし、アホか>
今回のお題『ビジネスブログの難しさ』もそこにある種共通点を感じます。指南書なり色々チェックしていると多くは『誰に向かって書いているのか』『それがターゲットたる人の利益に繋がっているのか』この2点についての解説が多いように思います。ビジネスですからやはり商売にプラスに働かなければ意味はそれほどなく、私の場合でしたら兎に角広告に関わる制作者側に届ける事が最優先であり大概の目的はそこになります。

実際はどうかと言いますと『殆ど反応なし』これが真実です。見てくれている人たちのほぼ全員が見込客ではなく同業者(社)という事でもっぱらネタばらしのオンパレードをこれでもかと繰り返しているただの脳足りんという結果になります。特にマイクロストック関係者であれば同じネタをパクって数ヶ月後には悪びれもなく10分の1の料金設定で商品棚に並べてくるので到底太刀打ちできません。

新作の何たるかはいずれは分かるのでそこはある程度真似されても仕方ない世界なのですが、わざわざ前もって教えるバカも居ませんよね普通なら。どこのメーカーさんだって新製品が出れば当たり前に各媒体で広告宣伝を打ってきますが、それは間違いなく購入見込客に届いておりどこぞのリアル店舗もしくはネット通販で確実に(それなりに)売れます。

私のこのストックフォト稼業は現在は100%代理店頼みという事なのでそんな一般セオリーは通じません。直販ならまだしも代理店販売の商品を制作者個人が個別にいちいち宣伝する必要がそもそもないのです。これまで数年間個人的には一生懸命取り組んできたつもりですが、まっとうなインフルエンサーには結果未だ到達していないというのが現実でしょうか。


ほんと日本やばい>
話は逸れますが、ほんとここ最近は富にユーザーが減っているなと感じていて、思い込みとして『更に安い他社に流れているとか単にユーザーが自身の作風に飽きて別物に切り替えた』ではなく、この現象から日本市場全体のデフレの極限状態を示している気もします。このところの企業の倒産件数しかりネットニュースには日ごと業界広く大手企業の変革の動き等々が異常なほどに数多く記事として踊っていると思います。

政府が示す景気動向の各指標についても彼の専門家に言わせれば『危機的状況』とどなたも声をそろえてそう唱えています。超高齢化と少子化に伴う極度の人材不足にあえぐ日本、税収を10%の消費税に託すなんて愚の骨頂と文句を言っていれば解決する問題でもありません。下から順番にじわじわと弱者排斥が度を超えて進むにつれてその都度事切れた新たな殺人ゾンビが生まれ出るこのご時世が末恐ろしいです。

言わずもがな、とどの詰まり売れないじゃなくて買う人がいないが正解でしょう。いくら上手い企画でユーザーの心を掴まえても所詮使うところが次々と潰れていれば必然的にそうなります。今までそこの専門家だった人が他で役立つスキルや取り柄がなければただの人。工場だったら低賃金良しの外人で十分事足りますし仮に年齢がいってて経験なくただ頭で理解して果たしてまともな再就職口があるのか相当厳しい筈で、私などインスタのシャドーバンも重なってテンション下がりっぱなしです。

タガが外れたこの日本の中でさてと、今後このブログで何を書けばいいのでしょうかね。
※Feel on business(ビジネスを感じて)

→新作『MIX』は最先端テクノロジーのその先を指し示すひとつの私の答え。(別ページへジャンプ)

公式ブログ『デジ画の日々』のページデザインを変更しました。

ブログデザイン変更


前回デザイン変更してもうかれこれ一年以上になりますが、2018年も始まった事なのでいっその事イメージをガラッと変えてみようかと考えました。既にお越しいただいて突然の様変わりに「あれ?」と驚かれた方がいらっしゃるかと思いますが間違いなく『デジ画の日々』ですのでご安心ください。今『ガラッと』と言いましたがご覧の通りぱっと見はそれほど変わったようには感じさせないように心がけています。

それでは実際に何が変わったかと申しますとひとつの大きな点は最上部ヘッダー部の画像が消えたところでしょうか。実は変更時のテンプレートを色々とカスタマイズしていてどうにもこうにも画像貼り付けが出来ないのでした。つまりは元々画像を貼り付けるようには設計されていなかったという事ですね。

多くのプロ関係者で言えば勿論オフィシャルブログには完全オリジナルデザインを求めると思いますししっかり業者さんに依頼して大方強力で定番なワードプレス利用での構築なんでしょう。まあ現状わたくしの立場上そこまでこだわる理由も無いので、どこかに気の利いたテンプレートは無いかとその辺の出待ちという感じでいました。

最近になって丁度年明けのタイミングにそれなりに使えそうなタイプを見つけたので使ってみたという程度でしょうか(無料)。前回デザインの悪い面が結構な部分改善されている点が決め手となりました。以下に解説いたします。

まず上掲画像の赤枠丸1をこ覧ください。HOME、INDEXそして虫眼鏡があります。HOMEはブログ最新記事に戻るボタン、INDEXはこれまで書いた記事全てがすだれ状に出てくるボタンになります。虫眼鏡は何か気になるキーワードを基に過去ページが呼び出されるという仕組みらしいです。便利ですが殆ど使う機会はないかも知れませんが。

そして丸2ですが、このオウンドメディア(ブログ)と同時進行して更新もそれなりに頻繁なSNSページにジャンプするボタンになります。当SNS特にfacebookページとTwitterは新たに更新されたこちらのブログ記事を巡る形で広報している場合が多いので先に更新済み最新ブログを読まれた方についてはわざわざそちらに飛ぶ必要はないと思いますが、状況でたまに別途更新もあるのでフォローなど頂ければ幸いです。

ただInstagramに関しては若干違っていて、これまで制作してきましたストックフォト画像をメインに最近撮影されたプライベート写真等も含めその都度私の思いの丈を込めた『一言』を添えた投稿を1点ずつほぼ毎日行っています。写真の勉強とまでは言えるものでもありませんが、それなりに工夫の種にはなるだろうと思いますのでよろしければ是非こちらもフォローしてもらえると嬉しいです。

最後の丸3になりますが、何しろ文章が読み易くなりました。柔らかでしなやかな細ゴシック体の文字組みと文字間行間が何とも気持ちいいです。フォトンサイズも心持ち(1ポイント程度)大きくなった印象です。横幅についても前回デザインの1.5倍は広がったでしょうか。それこそ目の送りに無理がなく穏やかになった気がします。また背景色は薄いクリーム色という事で全体的に暖かく実に目に優しいです。何しろせっかく書いた文章ですので最後まで読んでもらえる環境作りは重要でしょう。

※スマホ・タブレット対応となっていますが、配列が縦一列(1カラム)構成に変わります。その際右横に半透明ボタンが出てきますので色々操作してみてください。

特徴的な上部画像がなくなった面は非常に残念ですが、でも基本ブログは「これくらいがいいのかな」とすっきりと気持ちを入れ替えて、当デザインをしばらく利用していこうと思っています。

新装開店!広告素材のバロメーター『デジ画の日々』を今後ともよろしくお願い申し上げます。


degiga


このエントリーをはてなブックマークに追加

本日、独自ドメインを取得しました

newdomain

当ブログ「デジ画の日々』もこれまで数々の内容で思いつくまま気の向くままというスタイルで、その時々の出来事などに照らしながら思いの丈を書き綴り早いものでかれこれ2年が経ちました。ブログを始めようと決意した当初まずは無料というワードについつい惹かれてこちらのFC2の会員になった訳ですが、FC2は比較的会員数も多くお勧め等の書き込みも多く散見する中で、もちろん情報もその切っ掛けのひとつだったと思われます。

なにぶんにも無料でブログを開設できるのですからそれに越したことはないという理由が元にあるので、有料サービスへの移行はこれまでの2年間というもの流石に考えもしませんでした。しかし最近ユーチューブのあるビジネスチャンネルを観ていた中に独自ドメインの有効性について語っている方がいて、ブログについてもやはりドメインは意識するべきと考え始めました。

動画に本人自ら登場してくるとその熱っぽさがこちらに伝わり思わず聞き入ってしまうと同時にまさに勉強になりました。そんな事から「よし独自ドメインを取得しよう!」という気分に突如変わったという訳です。実際には独自ドメインだからといって売り上げが倍増するだの人が大勢集まり出すだのという事はまずありません。

とにかくは「信用」です。きちんとお金を払ってこのブログは運営されているという事がしっかり伝わる訳ですし、中には「あそこのブログ会社かよ、嫌だな〜」などと思う方も少なからず居るだろうと思います。そんなブログ内容とは関係もない無意味な抵抗感をも取り払う事が出来るのもまさに独自ドメイン導入の利点ではないでしょうか。

例えばSEO対策を独自とそうでないサイトで比べた場合、前者の方が特にグーグルの検索エンジン(ボット)に引っかかり易いとも言っていたような。

また綴りがシンプルになる事からより分かり易く記憶にも残るであろうと思いますし、当時ほぼ同時に開設した自らのPRサイト「DEGIGA・JP」のJPと連動出来た事は非常にラッキーでした。誰が見ても同じ人物が運営しているという事が明確に認知されます。

私自身は企業運営をしている訳ではないのでそこまでこだわる事もないのかなとは思ったのですが、前々回も書きましたユーチューバーデビュー構想も一応視野に入れている事からも、何はともあれ独自ドメイン取得は外せないまずは準備しておく基本線だろうと考えています。

上部アドレス表示エリアを見ていただければお分かりの通り『degigaーblog・jp』と変わりました。今後はこちらのアドレスで運営させていただきますので、今後とも応援のほどよろしくお願い申し上げます。

本日は独自ドメイン変更のお知らせでした。

因みに料金ですが、まずFC2Pro有料会員に変更¥300/月+『・JP』ドメイン料¥2780/年(・JP取得キャンペーンにより1年間無料)まあまあ安いんじゃないでしょうか。

Vol.010 気まぐれコラム更新!

昨日久々にブログを書きましたが、それとは別枠で、みなさんの中には既にご存知の方もおられるかと思いますが、自らのこれまで制作及び撮影してきたストックフォト作品のほぼ全てを公開しているプライベートサイト『DEGIGA・JP』があります。

その項目の一つの『コラムページ』に不定期ではありますが気が向くとそちらにも思いの丈をぶちまけております。数えて遂に二桁Vol・10に突入したわけですが、ここ最近は『過去と未来を結ぶもの』をテーマにこちらも佳境の第4弾に入りました。

このシリーズは単に私のこれまで生きてきた人生の中の思い出を語っているだけのですが、現在の自分が形成されていく過程では事の節々にその一端を再確認出来る部分もあり、思いの外読み応えはあると思います。

一般的な理想とする人生というと一つにはまず幼稚園(保育園ではない)から地元の小中学校、場合によっては名のある私立なんていうのもありますがとにかく高校は一流大学の進学に適したそれなりの名門になるのでしょう。己が目指すビジネス成功への期待を抱きつつそこで多くを学びいよいよ就職する訳ですが、勿論誰もが周知の一流企業であることは間違いありません。

医者や教育者、法学の道に進む人も合わせてそんな全ての人たちに言えることは『人生を豊かに過ごしたい』という目的があるという事です。まずは学力がものを言う時期があり社会に出ればその応用力や機転の良し悪しが次の自身の出世街道を左右していきます。

とにかく健康に留意しながら一歩また一歩と極楽という境地へ階段を上っていくのです。アップルコンピュータの創業者で最高経営責任者であったスティーブジョブズ氏は若くして癌に犯され残念ながら亡くなってしまいましたが、その彼が最後に残した言葉の一節にこんな一言があります。「手術室に入る時その病人は、読みかけの本がある事にふと気づく。『人生を健康で送る本』」

あまり頑張り過ぎれば己の身体の異変にも無頓着になりがちです。既に50の半ばを過ぎ、私自身いい教訓にしていきたいものです。さて、私の場合は上述の優雅なレールとは全く逆説的な人生を今日まで送ってきた訳ですが、とりあえず後悔はありませんしむしろ破天荒なめちゃくちゃ感が幾たびかの奇跡さえ生み出しており、それもまた楽し、とポジティブに今は捉えています。

皆さんそれぞれのこれまでの人生と重ねながらお読みいただければ幸いです。さらにその中に僅かでも未来に向けてのヒントがあれば嬉しいです。
※未読であればバックナンバーからお読み頂くとより理解し易いかと思います。

2015.11.15 up 気まぐれコラム vol.010『過去と未来を結ぶもの_エピソード4』


不運にも野蛮で無慈悲な武装組織の魔の手にかかり亡くなられたフランスパリでの多くの犠牲者に深い哀悼の意を捧げます。ご冥福をお祈り申し上げます。

ブログランキングボタンを付けたぞ!

今朝早くに大手ブログランキングサイトを廻ってボタンを付けてみました。「ボタン1個しかないようだけど?」とお思いでしょうが、なんとこのボタン一つで一括リンクしてくれるんです。

ご存知の方も居て既に活用されているかも知れませんが、所定のHTMLに記述を加えるだけで非常に簡単です。初心者の私でも出来たくらいですから。「そんなの初耳」という方は是非お試しあれ。

収集先はこちら→http://www.shinny.biz/

現在のところカウンターの数字は雀の涙ほどで寂しい限りですが、このボタンの設置によって少しは認知度アップが期待出来るのではないかとにわかニンマリしている自分が嫌だ。


ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

スポンサーエリア

最新の様々アイテム盛りだくさん
安心のアマゾンでお気に入りをGET !