完成!実写素材の最新作『哀愁・そこはかとなし』本日公開

20221215_哀愁

哀愁感こそ心情の大道>
前回の予告編一発目(第一報)とした訳ですがその次に控えておりました二報の前に現在お世話になっています全てのストックフォト代理店の店頭にて当タイトルの販売が開始されてしまいましたので、もう年末も差し迫る中ずるずる引っ張っていてもしょうがないという事からいきなりで恐縮ながら新作を正式公開させていただきました。



タイトル名は『哀愁・そこはかとなし』としましたが如何でしょうか、かれこれとこれまでにも一つ大きな括りのシリーズ化と言いますか漢字二文字にサブタイトルを加えた作品は相当前から結構続いていて最初一発目2016年の『道草』を皮切りに2017年10月の『面影』と続き2018年同月には『心情』を発表、これで一旦区切りをつけるつもりがその後もスナップ撮影が溜まりに溜まった事からシリーズ第4段となる2019年同月の『永遠』に至ります。

それ以降についても同系列のスナップ撮影いわゆる心象風景の撮り溜めに余念はなく翌2020年同月に『借景・まほろば無双』を発表、2021年7月には『心象風景日々淡々』同年11月が『空に呼ぶ』、更に同年暮れのおよそ大作ともなった『みちのべ』4部作が登場しました。もういい加減スナップ写真も終焉と思いつつ踏ん切りがつかず、そんな矢先の本年2022年5月には突如『MOMENT・折々の景色』をまとめ上げる事となります。ここまで来るとその勢いは最早止めようがない状況と言えるかも知れません。

20221215_哀愁2
痕跡を刻み続けた7年間>
そして当シリーズ第8段ともなろう最新作、冒頭にご紹介しました『哀愁・そこはかとなし』が続く事になった訳です。過去作合わせればタイトル中のそのカット数は良いも悪いも数千点に達している筈で、実際にどれだけの数で販売に繋がっているかは細かに知るよしもありません。2015年の撮影開始からこれまでの7年という歳月にその凄まじさと終わらないしつこさもそうですが、とにかく膨大なスナップ写真を記録してきたのは自分にとっての偉業であり「よく頑張ったお疲れ様」と言いたいです。

皆さんがカメラを持ってたまの休みに何処かに出掛けて素晴らしい景観なり時に決定的瞬間すらモノにしていたりもするでしょう。反面私の撮影スタイルは専ら家の近場を繰り返しぶらついての気になる素朴な傍らの風景が大部分を占めます。他者からすれば多分パッと見どうでもいいつまらない光景に映る事が多いとは思いますが、振り返って再度じっくりご覧いただければ、確かにそこには別のそれでも何か広告的な?且つ等身大の距離感が何とも心地よく感じられる筈です。

ジャンルを問わず思わずコピーを差し込んでみたくなる『空間の妙』然り、現場が常に不確かな存在であるが故に何とでも料理し易いカットの羅列に違いありません。時の変化は終わりなく先へと進んで決して後戻りは許さず儚くも絶えず目の前を通り過ぎていく運命にあります。翌日には消え去るであろう変化に満ちた時の流れに身を任せ、その時々を画像として定着させることの意味を探し求めて、この先も相変わらずその終着点を見据えながらカメラ片手に彷徨い続けるつもりています。

昨日14日は既に投稿予約を入れておりました『自転車カスタマイズ』ネタについてご披露しています。こちらも併せて是非ご覧ください。





コメント

非公開コメント

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ


◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)
散歩写真(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
contact@degiga.jp

スポンサーエリア

最新の様々アイテム盛りだくさん
安心のアマゾンでお気に入りをGET !