ストックフォト2014・自身を総括

多分今回が本年最後の投稿になると思います。

さて今回のお題『ストックフォト2014・自身を総括』ですが、今年は何時になく忙しいと言いますか慌ただしかったと言いますか、作っては預け撮っては預けの連続でした。

まず1〜2月がCG制作、3〜4月が春イメージの風景撮影、6〜7月がちょっと遠出の東北と北海道の取材、9〜10月が今年二度目のCG制作で更に10月下旬には10日間ほど掛けての紅葉撮影と結構あちらこちらと走り回っていました。そしてこの12月は目下来年に向けてのCG制作奮闘真っただ中という状況です。

以前のこのブログでもお話ししたかと思いますが、私は制作開始段階で大まかなテーマを決める傾向が有ります。その上で取材するので比較的狙いを絞って撮影出来るのが利点です。期間が限られる制約では無駄が省けて大変効率的です。当然ながらそれ也のタイトルも付けます。

代理店(フォトエージェンシー)に預ける際などタイトルの欄等に必ず「今回はどのようなイメージを投稿してきたのか」を受け取る担当者が事前にある程度理解し易いようにするのが目的ですが同時に、自らが一冊の写真集を作ったかのような気分が味わえるというのもあります。

今年は概ね12タイトルぐらいは制作したと思いますが、だから売り上げが順調だったかというとその努力頑張りとは裏腹にまるっきし駄目な年でした。ここ4年の統計を視る限り最低でした。このままの状態が続けば将来が危ぶまれるほどです。

ただ、この商売は数ヶ月ないしは1〜2年経った頃に当時の作品が動き始めるなどはざらなので、即潰れてしまうという事は有りません。今年生まれた可愛い我が子たちが来年再来年と少なからず活躍してくれる事を期待しています。

話しは変わりますが、皆さんも他の作家さんが制作した作品はそれなりに気になるところでしょう。私も代理店の売り場に並んだ画像や動画素材は頻繁にチェックしていますが、「上手く作ったな」「格好いいな」「いいセンスしてるよな」「こんなのが売れるんだよな」「こいつは駄目だな」みたいな事をぼそぼそ呟きながら眺めています。

確かに真似はいけませんが、エッセンスだけは出来る限り吸収しようと毎回努力しては制作に望むのですが、実際作業してみると上手くいきません。そのエッセンスを生み出す能力が自分の中に元々無いのだろうと思います。出来上がったものが余りにもへなちょこなのには我ながら驚きます。

ぶっちゃけ『売れる要素』が目の前にあるにも関わらずそれがどうしても取り込めないという忌々しさに失望した年でもありました。今年の低迷の原因はそこら辺がボーダーラインだったかも知れません。

専門教育を受けてからこの商売に入った訳ではないので基本部分でのデザインセンスが弱いんでしょうね。巷をこまめに観察するとか色々資料を取り寄せるなどしてスキルアップしていかねばという心持ちです。

アマナさんなんかで言えば今や2500万点以上の膨大なストックが保有され、尚かつカメラマン(CG作家含む)はそれに比例するかのようにこれまた膨大に存在しているその最前線で如何に市場を読むのか。まさに自分との戦いである過酷な人生ゲームは来年も続きます。

何時だって順調な右肩上がりがいいですよね。


コメント

非公開コメント

ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)
今日も今日とて散歩写真(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーエリア

最新の様々アイテム盛りだくさん
安心のアマゾンでお気に入りをGET !