MacPro(Late 2013)の8年越しグレードアップ計画

macpro2013

MacPro2006の時代>
本日は家業のストックフォトから少し外れて久々に、現在もそれなりに作品制作に欠かせない手持ちパソコンについてご報告したいと思います。これまであまり機材について多くは語ってきませんでしたが、皆さんにとってはストックフォトなんちゃらよりもマニアックなこちらの話題の方がウケがいいまた何かと為になるかも知れません。

古くは過去2012年まで使用していたのが今や国宝級?とも言えるべき中古(ぶる)となる2006年型(v1.1)メモリ13ギガバイトのMacPro(2×2.66GHz-Dual-Core Intel Xeon:内蔵1TバイトHDD)をおよそ6年ほど使っていたでしょうか。当時唯一装填可能なNVIDIAグラフィックカード(Quadro FX4500)をアメリカから直輸入して使っていました。翻訳ソフトでたどたどしいやり取りを行うも意外と通じるものです。確か¥90000円弱だったと記憶します。支払いは今も変わらず世界共通のあのPayPalを介して行いましたが意外と簡単スムーズでした。

※現行MacPro2013(4Core-8threads)のそれでも10分の1程度の速度です。

購入から2007−2012年タイプと所謂シルバーマックは進化を遂げましたがそんなある日突如アップルコンピュータが新構造の2013年バージョンを発表すると、最早居ても立っても居られず即注文したのが今回まだ現役のMacPro2013(3.7GHz 4Core-8threads Intel Xeon E5)です。さてまず悩んだのが初期構成ですが、もちろん最大実装機は予算足りず却下として、それでも処理能力の低い最安モデルそのまんまは避けたいとは思っていました。

1620cpu分解してボード上に現れた現行CPU(E5-1620 v2)


予約当初疑問点など電話で直接メーカーに問い合わせると画像動画制作であればグラボは最上位のAMDデュアルD700がオススメと聞き結局プラス¥10万ほどだったかと思いますがメモリーも最低ラインの16ギガバイト積んだものを購入。まあ取り敢えずこれまでそれなりの作業大半は何とかこなしてきました。

ここ数日ふとした事から偶然youtubeでWindows系自作PCのオタクチャンネルをついつい見入っていて何だか自分もそれなりのアップグレード的な何かが出来ないかと思い始めたのが運の尽き、すかさずアマゾンを開くなりまたMacいじりのサイトを眺める中で兎に角はメモリーを増やすべきと決断。探せばお目当の4枚セットを発見し早速注文を入れました。

メモリーについては後日本体への換装完了の折に改めてお話ししようと思いますのでこちら詳細はまた次回という事にしておきますが、実は並行してやたら気になったのがCPUに関する内容で、掲載画像でもお分かりのようにこのCPU一つ交換すれば現行スペックのおよそ3倍超高性能化できるらしい事が分かりました。


超お買い得CPUを発見>
ただどこを見てもそんな気の利いた商品は見当たりません。その後口であるモンスターマシンのMacPro2019年型が既に登場していたので無理もありませんが、であるならヤフオクやメルカリならどうかと思い確認すると「ありました(2.7 GHz 12-Core Intel Xeon E5-2697 V2)」それも出品数も多く驚くほど安く販売されています。もしも純正品新品であれば¥20万は下りません。プレミアムもあるのかどこぞのサイトでは3200ドル(¥35万ほど)とあります、ヒェー。

※ここで一応お断りしておきますが安いと言うのは全て中古品を指します。


2697cpu開封直後のCPU(E5-2697 V2:サーバー仕様)

そういう意味ではやはり発売後8年も経つと安い出物ってあるものです。所詮中古であるならダメ元そこは割り切って私が調べた商品は平均1万円台になります。特に注意すべきは接点部分の傷や腐食で、ほんのちょっとの不具合で起動しないと何処のサイトでも喚起しています。メルカリでは既にお目当てが売り切れだったため速攻ヤフオクを覗くと『現在¥9000』なる程度の良さげなブツを発見。早速¥9250を付けて入札(最低が250円単位のよう)』を入れましたがしかし締め切り時刻30秒前でどなたかが¥9500をつけてそのまま落札したようでほんと取り逃がして残念でした。

しかし後で同製品を確認すると最終的に¥10500となっており更にあの残り30秒間で熾烈なバトルが展開されたのでしょう、食いつくエネルギーがスゴ過ぎます。と言う訳で当該ページから離れると別商品に『サーバー用』と言うものを見つけました。調べるとサーバー向けはより安定して精度が高いとあります。制約(互換性)もままあるにせよ私の今のマシンに利用可能のようなのでこちらを手に入れる事に決めました。

grease&newcpuCPU接点側と上面塗布用グリス(アイネックス ナノダイヤモンドグリス JP-DX1/熱伝導率 : 16W/m・K)

出品者は直に仕入れる業者さんのようなのでその辺の安心感?が決め手でしたし『即決¥16800』も背中を押しました。先の¥10500と比べてその差僅かでより安定性良好となれば当然です。ドライバーなど専用工具一式とCPUを冷やす対高熱重視の塗布グリス(ダイヤモンドグリス)を用意し遂に交換のその日が来ました。CPUが届いたのが決済後なんと翌24日で到着は驚くほど早かったです。


無事に交換完了>
業者さんは親切で分解手順なりが分かる動画(YouTube)アドレスをヤフオクフォームに上げてくれたのでミスもなく入れ替えは無事完了しました。とは言うもののさて、きちんと立ち上がって『このMacについて』にそれが表示されているのか直前まで不安でしたが、しっかり表示が以下の通り変わっており、どうにか完遂です。

ダイアログ表示赤枠内がCPU交換後の最新の状態を表しています。


その後何度となく電源を落として入れるを必要に応じて繰り返すも本日この時点で不具合は発生していません。届いたCPUは至って美品で新品と見紛うほどで驚きましたがそこはサーバー仕様であり専門の業者扱いならではの徳を得た部分でもあります。試験的に重たい3Dソフトデータを一つレンダリングしてみましたがやはりかなり速いです。体感的に3倍はありますしエフェクトを敢えて強めにかけてもその速度が衰える感は微塵もありませんでした。

現在積まれるメモリーは4GB×4枚計16GBという現状からそこはCPU交換以上に重要と思っていて今はその商品の到着が楽しみでなりません。アメリカ直(発送済み)らしく予定では来月の4月5日(Amazon)とあります。今回のこのブログ記事が参考になれば幸いです。何かご質問がありましたら気軽にコメントしてください、お待ちしております。

因みに、私のYouTubeチャンネル『ストックフォト魂』で動画配信も考えたのですが、この程度で編集もめんどいですしそもそもパソコンオタク(専科)でもないので今回は却下しました。


恒例の新作予告第1弾『これってなあに?』

新作予告1


『?』が意味するもの>
前回このブログで遅れに遅れておりました『フリーダムシリーズ第4作』の正式公開を行ったばかりで誠に恐縮ですが、早くも更に次作品が既に完成しておりまして本日早速その予告第1弾をご披露したいと思います。タイトル画像がそれですが真ん中に黄色くクエッションマークが記述されて妙に感じられたかも知れません。

勿論一つの解読のヒントとして文字を加えた訳ですがここから何が思い浮かぶでしょうか。そして次回作品の狙いその目的は果たして、ぜひ想像を巡らしてください。画像を見ていただくと分かるように薄暗い異空間に白い煙のようなものが両端から中央に向かって地面を這うように漂い出ており、バックに光芒冴えるハローも伺えます。

そこがまるで宇宙のどこか惑星の地表?ここでも正に『はてな』ならぬ意表を突く不思議さです。そこでヒントを一つ、それは『natural(ナチュラル)』。制作における重要なキーワードまたテーマともなっています。兎に角も新作予告第2弾をお楽しみに。

最新作公開の前回ブログをまだご覧になっていないという方はこちらからリンクできます。よろしければ何卒一読をお願いいたします。
→『FREEDOMsession 346-487』本日大公開そして今日は3.11』はこちら



残る3都県、明日宣言解除>
さて、いよいよ明日日曜日(3月21日)を以っておよそ二ヶ月半続いた残る3都県の自粛要請が解除されます。されどもうとっくにそんな自粛は何処へやらで巷の多くが数週間前から感染騒ぎ以前の賑わいと化していて概ね一ヶ月を掛けて下がった感染者数もここに来て300人前後で下げ止まりを呈している状況です。政官一致のそれを踏まえつつも敢えて宣言を解除するというのはどう考えても腑に落ちません。

確かに各県ともに病床数には余裕が出てきたと言いますし一部の病院では別途隔離(治療)病棟を設ける動きも盛んのようで、それは大変喜ばしくもありますがそれでも今後リバウンドが顕著となればその余裕も一気に逼迫へと変わる訳なので依然予断を許さない状況に変わりはないと感じます。

ある著名な経済学者の研究予測だと来たるゴールデンウィークには最悪東京都だけで感染者が1300人に増幅する恐れを指摘しており、素人ながら私個人として考えるにこの計算は相当甘い数字と思っています。フランスでしたか既存ワクチンがほぼ効かない強毒な新たな変異株も登場したと聞きますし、現時点で既に国内に持ち込まれていたなら下手をすると感染者数がその10倍という数字も確率としてあり得るのではないでしょうか。


政権の所業あらわ>
まあ何と言っても国民が最早お国の感染防御指針を守らない人々で溢れているとなればこれ以上の何の手も打てませんし一種『諦め』にも近い今回の解除も頷けます。かつて西村経済再生相の仰ったそれこそ『神のみぞ知る』としか言えません。昨日、東京を拠点に運営する飲食店チェーン中堅会社のグローバルダイニングが東京都を相手取り裁判を起こすらしいです。まるで悪人の如く半強制的に下された『時短命令』に対するあまりの非合法さに呆れたのがその切っ掛け。

それが時短拒否の他の飲食店にも適応ならまだしもほぼ一社狙い撃ちとは怒りたくもなりますが、都度いくら店側が注意を払っていたとしても常に密になり易い店内はウイルスをお客が持ち込む(クラスター)拠点となる訳でのち一週間後に症状が現れても一体いつどこで罹患したかは判明し辛い、なので現訴訟も疑問視される一律時短補償はどうあれ「観察したいから時短してくれ」と頼んでいる行政側の勝訴やや有利と見ます。

もっと悪く解釈すれば命令の出どころ発端はそもそも国の機関(政府)であり都はその法令に則って実行したに過ぎません。訴えるのであれば国ではないかと思うのですが如何でしょうか。多分ですが官邸の考えとしては他企業共に苦しいのは同じ、店を閉めるなりリストラするなりの思い切った経営判断で対処をすべきとそう言いたいところもあると思います。政府が事実その考え方だとしたら自助真っしぐらでかなり怖いですが。

桜前線到来で行楽シーズン真っ盛りとなれば移動抑止のもう歯止めが効かなくなります。この流れでGW突入で上述の10倍東京13000人が越境制限なし崩しを生み全国揃って一気に感染拡大へと至ればそれは完全絶望的な後戻り出来ない途方もない数字となり果てて経済も何もかもが崩壊してしまうでしょうから、立憲民主党の枝野代表が警鐘を鳴らす通り「総辞職では到底済まされない未曾有の事態」が現実となります。

原発の爆発で関係先当事者(政治家も)があれよあれよと言う間に国外退去で全員逃げてしまいその間も対処なくじわじわと汚染が急拡大した挙句に関東広域がもぬけの殻で専ら東京は超巨大なゴーストシティに早変わり、そんな悲惨な光景を想像してみてください。批判は様々あれどあの当時政権が経済界との癒着少ない民主党でほんと良かったと心からそう思っています。

宣言解除?GoTo再促進?オリパラ開催?株価堅調?脱炭素社会?自民党なに言ってんだか意味不明。今後一年先、日本滅亡そうならない事を切に祈りたいです。


『FREEDOMsession 346-487』本日大公開そして今日は3.11

新作『FREEDOMsession 346-487』正式公開


最新ビジュアル素材が遂に公開!>
お待たせいたしました。本日晴れてストックフォトビジュアル新素材『FREEDOMsession 346-487』を正式公開いたしました。詳細は以下リンクをクリックにてご確認ください。

→『FREEDOMsession 346-487』はこちら

今回は当フリーダムシリーズ第4弾となり前作を上回るよりパワーアップが作品の随所に図られています。まず注目がこちらメインとなりますCG素材でしょうか。以前にも増してバックグラウンドならではの使い良さは群を抜いており収録内全ての画像へのコピー乗せが大変し易いのが特徴です。

サンプル640ピクセル画像をデスクトップにコピーして実際に文字を重ねてみる事をオススメいたします。以前のこのブログ(→こちら)でもその予告編に同様のご説明は既に行なっておりますが、レイアウトにほぼ制限なく広い範囲での文字配置が可能なのでその編集時のストレス低減に繋がるは抜群かと思われます。

今やトレンドの中心でもありますコロナウイルス関連イメージは勿論の事そこに関係するデスクワークシーンなどシリーズ第3弾に次いでそのバリエーションが追加された事で選択幅が増えきめ細かな利便性はより高まったと言えるかも知れません。

また、内容に含まれます実写画像につきましても比較的画面の余白スペースに配慮しつつ都度撮影しておりましてCG素材同様にできる限りコピー乗せをし易く構成したつもりです。合わせてご確認いただければ幸いです。ぜひこの機会に精査いただければと思います。

残念ながら一部販売代理店でのサイト掲載が未だ行われていない状況から公開をしばらく先延ばしにしておりましたが、ただ作品納品日から数えておよそ2ヶ月以上が経ち実のところ敢えて強行公開に踏み切った次第です。という訳でサンプル画像下部にあります購入ページへの直リンボタンが一社未設定のままである事をお許しください。後に代理店サイトで掲載された時点で速やかに付加させていただきます。

最近はどの代理店でも当たり前にネット経由(アップロード形式)の納品ではあるものの直近確認したところ当作に関し私の勘違い(ファイル形式が非対応)で情報シートとの紐付け作業を酷く手間取らせてしまったようです。

兎に角は1日も早いサイトアップを待つ以外にありません。掲載されればされただけ様々な方面の顧客へのアプローチとなる訳ですので、こんなご時世でもありますし少ないチャンスをより的確にものに出来てそれが実績へと繋がるとなれば何しろそこは同業の皆さんも必至でしょうから、ちょっとしたミスがまさかの大きな損害にもなり得ます。気を引き締めないといけませんね、全くもって。


あれから10年しかし油断禁物>
さて、本日はあの震災からちょうど10年が経ち辛い午後2時46分を以って全国各地で慰霊祭が執り行われました。鎮魂の想い深く今日ほど静まった日はないかとも思えます。昨年来のコロナ禍冷めあらず感染リスクを推しての各会場の緊張度は依然変わっていない筈です。何かと高齢者の参列も多くまたいつリバウンドがあるかも知れず、主催関係者に於きましては何卒万全を期していただければと思います。

先月2月中旬に豪州ニュージーランド沖でマグニチュード7クラスの巨大地震が3度続けざまに発生したといい、これまでの事例からその数日から1ヶ月後の決まって我が国でもそれなりに大きな揺れを観測していると聞きます。3.11の1ヶ月前にも同様の現象がありここ数年で似たケースが頻発であれば、可能性として迂闊にしては居られません。

私などは用心のためその翌日に早速(といっても今更?)近くのホームセンターで転倒防止用タックシールを購入、テレビやPCモニターの下部に接着し準備を整えました。各種棚(ラック類含む)も既に設置する天井から押す方式の器具が今もがっちり固定されているかを点検した際なんと一箇所だけ緩んでおりほんと確認して良かったです。

お風呂の残り湯はその都度流さず残すのもいいそうです。長時間の停電で水の汲み上げができずトイレが流せなくなる恐れを回避する追い水という奥の手となり何かと重宝するそうですしまた床の拭き掃除にも無駄なく使えて便利です。夜の停電は何かと薄気味悪いもので卓上LEDランタンやスマホのバッテリー切れ(通信拠点のパンクや破損)など携帯ラジオは必須です。それこそ各種乾電池の買い置き必須ですね。

それと何と言っても飲料水の備蓄は欠かせません。直接飲むにせよ料理に必要な水、となれば卓上コンロ(ボンベ数個)の用意もしておくべきでしょう。最悪避難の際に備えてエネルギー補給用に菓子類(缶詰などの保存食)もあっていいかも知れません。昨日のネット記事でも地震学者で東大名誉教授が先1ヶ月は警戒するべきと警鐘を鳴らしていましたし、それこそ命にも直結する災害であればその言葉を安易に受け取らず聞き流さず今出来る事を少なからず済ませておくべきと思います。

前回の福島沖マグニチュード6強では運悪くタンスの下敷きで亡くなった方がいたそうですし一部大規模道路陥没もあったでしょうか、高速道路の走行中に限らずハンドルが取られ始めたら即路肩に移動停車しハザードランプを点滅、これ常識ですがいざという時とっさに判断できそうですか?専ら事前の心得は重要です。

不吉なのはニュージーランド沖で3回続いた揺れです。海の波もそうですが押し寄せる度にその振幅が大きくなるなら地震にも同じ理屈が言えます。日本の奥深くマントル域の滑り込みにも波が波を呼んで多大な振動が予測される訳で、起こればただ事では済まないと想像します。ただでさえ福島沖の岩盤は他に比べ滑りやすいらしく一旦動き出すとその反動は甚大を極めるに違いありません。

今話題の東南海トラフ地域のプレートももしかすると現状ギリギリ耐えている状態かも知れずひとたびタガが外れたなら凄まじい地殻の動きは想像を絶する事でしょう。これまでに『北朝鮮問題』『日本経済危機』『コロナ感染』等々このブログでどれだけの回数無責任に世間を煽ってきたかは知りませんが、それでもしつこく訴えて書いてより早く伝えたい感じて欲しいその一心(良心)である事をご理解ください。


極論として利益得るのがビジネスの本質だけど

修理中


極めて由々しき事態>
本日掲示するタイトル画像はまだ作品としてまとめてはいないものの時期新作として加わる予定です。どこぞの住宅街一角でふと見かけた珍しい光景についシャッターレリーズした一枚なのですが、この家の誰なのか関連会社にお勤めと思われるかなりの整備技術をお持ちのように感じました。何せ車輪周りがバラバラに出来るのですからそれ相応の専用工具もしっかり駆使されている筈です。

車種は?さて何でしょうか。パッと見日産のしばらく前のセドリックか姉妹車グロリア辺りかトヨタクラウンでしょうか。当時黒ボディといえば高級車の証であったように記憶します。よく見るとテールランプも全て取り外されていますね。ところでこの車ですが、当然出たばかりのお値段は安くなかった訳で300万円以上はしていたに違いありません。今だと仮に同じクラスならば大方600から800万円越え当たり前ではないでしょうか。

いつからこんなに高額になったのかと疑問にも思えるのですが本日はそんなどうでもいい思い込みならぬ私の感じたなりを綴ってみたいと思います。皆さんの多くはそんな高級車の価格を一目してきっとこう言うでしょう。「車が高くなったんじゃなくて単に給料が上がらないだけ」「スタグフレーション(物価だけ上昇)の表れ」だと。

確かにそうは思うのですが実態として果たしてそれだけでしょうか。インターネットがここまで普及する遥か以前から世界貿易は活況を呈し80年代など今の日本の状況からは想像もつかないほど日本初や世界標準など他国を席巻する大好景気に沸いた時期がありました。日本国民の多くが大枚をはたいて更に大金を稼ぎその恩恵に興じたそんな夢のような時代だったでしょうか。

現中国に倣えばひとえに『為替(円)相場』の格段の差が桁違いの巨額の富を生み出したとも言えるのですがアメリカのレーガン大統領の頃そこに関税引き上げによる鉄壁な輸入規制が敷かれた途端、まるで空気が抜けるゴム風船の如くその市場規模は一気に衰退しデフレを助長、以後30年余り経ち今の惨状に至っているという訳です。

その間、より高速なインターネット回線が普及し関連するネットサービスが怒涛の如く現れた末に所謂今や頂点を極めたとも言えるIT企業『ガーファム』の一団によって権利の争奪がなされた結果最早日本の技術は過去の産物と化し成す術なくものの見事に打ちのめされた形です。となれば勿論ながら過去の栄光またそんな好景気を取り戻せる筈もなく、ご存知のような国全体として低賃金雇用政策に舵を切らざるを得ないのが実情かと思います。

そうと決まればこのグローバル社会に於いて小さい内需に拘らず儲けの大きい外需に頼るが得策となり必然として商品の販売は主に海外市場へと移行、その拡大が待った無しとなれば自然と価格帯は先進国共通の世界基準となります。ましてやそんな道理で国内販売すれば見て驚くような高額設定当たり前であって下々国民の稼げる額が据え置きのまま商品価格だけが上昇していくだけの実に憂う状況に直面している、ここは上述『スタグフレーション』の言葉通りで間違いありません。


終わりの始まりか>
ビジネスとは利益を出してナンボでありメーカーの売りたい価格と顧客が買いたい(買える)と思う値段とのせめぎ合いは常に付きまといます。たとえ生産コスト僅か1万円のものを思い切って100万円で市場投入したとしても疑いなく喜んで買う人が大勢いれば単純に商売成立となり利益99%確保でウハウハ、今思えばきっと大半が中流層国民ばかりのバブル期ならそんな売り方が普通に出来たかも知れません。

問題はここに来ていよいよ皆が買えなくなって来ているという現実です。たとえ頑張って安く抑えて作って売ろうとしても顧客の財力が乏しくなって需要が見込めない、ならそこは諦めてもっと高級に仕上げて価格を引き上げお金持ちに売ろうとなります。見てください周辺の車事情を。あれだけ「軽なんか乗ってたらいい笑い者」と感じていた層がこぞって軽に乗っているではありませんか。

軽自動車が好きなのではなくその上のクラスが高額すぎて買えないというのが実態だと思います。車体価格200万円クラスがさあ買う段になって何だかんだと300万円を軽く超えてしまうはザラで、生活によほど余裕がない限り理想の車を手に入れるのは至難となりました。

そこで売り手が苦肉の策で始めたのが残クレ(3年貸し出し)また最近ではサブスク(トヨタのkinto他)やカーシェアリングなど手軽な所有サポートが軒並み出現しています。幾ら何でも富裕層もそう年がら年中高級車の買え替えは出来ませんからやはりそこは中低所得者も対象にした隙間狙いもあって当然でしょう。先日、ドイツトップブランドのBMWの日本法人が傘下各ディーラーに台数目標を強引に設定したパワハラが発覚、後に是正されましたがこう言った隠れ事例はサプライヤーも含め現在も広く横行していると思われます。

そうは言っても生き残るのは実に至難です。何としても自社製品を買ってもらわないと勤め先が困窮し自らのリストラ後の倒産にも及びます。当面続くコロナ禍にあって関係当事者の皆さんは相当焦っているに違いありませんが、最近のテレビCM一つ見てもそのかつて無いほどの必死感がより以上に伝わってきます。超人気タレント全面推しで商品名を連呼するとかより詳しい利点解説の付加、感情移入させるドラマ仕立ての感動CMなど「この商品に社運がかかっている」とも言える妙にエネルギーこもる演出目白押しの印象を受けます。一見ゆるゆるCMのように見えて中身は何でもあり先食い良しの相当ガチ、改めてぜひ検証してみてください。

タイトルの『極論として利益得るのがビジネスの本質だけど』まさに弱肉強食リアルサバイバルがここに来て目下減少の一途を辿る少ないマーケット独占残り僅かな椅子取りゲームに向けてより大胆な攻防が展開されているとなればです、確か4年後の2025年を機に「日本は大恐慌に突入する」と名のある多くの経済学者が揃って似た警鐘を鳴らす通り、まさに前哨戦なるその『終わりの始まり』が如実に表出し始めたとしか思えません。



→風変わりが色々揃うストックフォト素材満載のDEGIGA.JPサイトはこちら

ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)
今日も今日とて散歩写真(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーエリア

最新の様々アイテム盛りだくさん
安心のアマゾンでお気に入りをGET !