オリンパスがカメラ部門(映像事業)をファンドに譲渡ですと!

オリンパスOM-D


オリンパスはまだまだ序の口>
何と歴史あるOM一眼レフシリーズ・ペン・ズイコー(レンズ)など知名度あるブランドを半世紀近く築き上げてきたあのオリンパスが9月を目処でしたか突如その映像部門一式を他社に譲渡分社化するという決断に至ったようです。かつてのペンタックスをも彷彿させるカメラトップメーカーの惨事に嘆きふためいた方も多いのではないでしょうか。

それでもそのペンタックスは今もブランドを維持しつつ一時のメガネ事業大手(HOYA)を経て今は奇しくも同業他社であるリコーイメージングに籍を置いている状況です。リコーといえばコンデジ最強なるGR3が有名ですが、さてそれ以外では?と頭をかしげますが、兎に角は別途他事業でなんとか繋いでいるんでしょうか。

正直言ってカメラ事業って今の時代結構お荷物ではないかと思います。何か新製品出そうものなら思いの外投資額がかさみ先日のニコンもそうでしたが、フルサイズセンサー搭載の高性能デジカメ開発をいきなり中断しています。お金は掛かるは需要も時間は無いわであたふたしている内に特に今だとソニー辺りがガンガンと先を行く始末。

電子制御の先駆者とも言われる大御所キヤノンでさえここ数年来というもの後追いを強いられ続けていると聞きます。オリンパスのカメラ事業衰退は此の期に及んでむしろ必然であり次にその後塵を拝する企業がそれなりに出てくるのはまず間違いありません。申し訳ないですがまずピンと来るのがカメラレンズ専業のニコンではと危惧します。

オリンパスとニコン共に医療系機器に強いイメージがありますがもうとっくにグローバル社会真っ只中でありお隣り中国がこの時とばかりに加われば日本メーカーなどいとも容易く市場から放り出されても何ら不思議はないです。それだけ技術は向上し彼のアメリカに倣ってか基本特許取得もお手の物、この先何が起こっても仕方ないと日本企業は腹をくくるようです。

SNSで様々にオリンパス(譲渡)関連の記事を読みましたが一様に事業再生を願うコメントが大勢を占めています。メーカー自体も「カメラ事業は継続しブランドも維持する」と言い張ってはいるもののこちら投資ファンドの日本産業パートナーズ(JIP)に信頼を置くというのはお門違い、今のこんなコロナ禍最中にあってはここにとっても同様にお荷物でしかありません。

時期を見て遅かれ早かれ中国なりの外資に小出し二束三文で技術の丸投げを粛々と始めるのではないか、そう懸念しています。確かソニーのPCブランド『VAIO』もこのファンドで取り扱ったと記憶していますが、VAIOがあれから実績も何も事業安泰でしっかり立ち直ったとは聞いていません。そもそもここ最近製品の広告すら見た事ないですし。


ケツまくる日本企業>
ああ、シャープに東芝、パイオニアもそう。敢えて言うなら国策として各社液晶部門を束ねて立ち上げたJDI(ジャパンディスプレイinc)こちらも概ね失敗でしょう。国費もふんだんに使ってあれって私たち国民のなけなしの税金ですよ、責任者どこ逃げた!ほんと過酷な国際市場の、繰り返しますが『後塵を拝する』この日本って近い将来どうなっちゃうんでしょうか。

家電ダメ、カメラダメ、天然資源微々、自慢の自動車産業だって危うそうですし、いいとこゲームとアニメ?国際機関を担うお役所代表も多くが他国要人で占められ日本人は門前払いだと今日のニュースにもありました。ウォークマン作っていたあの時代が懐かしいです。この調子だと日本どころか世界中の政治評論家ならびに経済学者が揃って唱えて止まない『世界大恐慌論』その現実味は増します。

東京の感染者数が今日またしても50人越え〜と来れば既定路線の『再自粛要請』となる訳ですが、政治的判断からそこは官邸と小池都知事共に口を濁しています。さてこのままズルズルと一気に100人越え?それとも1000人?おいおい待ってくれよマジで。


amanaimegesPLUS という新戦略から1年

揺らめきギャラリー・みなも(予告)


コロナという障壁あれど>
どこの業界もここしばらくコロナ禍冷めあらずであり事が緊迫し始めた3月から早およそ3ヶ月が経とうとしています。多くの大企業を中心に既に当たり前とも言われる『テレワーク』が推奨される中にあって、むしろ仕事がはかどったとされる向きもそこここで聞きますが、それでも業務内容によってひとつの効率化を担うにはやや心もとなさも手伝ってか至ってスムーズとは言えない現状も多方面で見受けられるようです。

ストックフォト代理店の事務方作業に於いてもそれは例外ではありません。半自宅待機も相まって従来型の意思疎通が行き届かず各所でうっかりミスは絶えず付きまといます。当然タイミング等によって突如配置転換が言い渡されるなど後任への受け渡しが不十分であれば一部穴が開く事もしばしば起こり得ます。

先日もある代理店さんで私の新作が殊の外処理に時間が掛かっていたので確認するとそのページでの編集作業は全て完了なるメッセージが記され作品は何処かへと行方知れず状態になっていました。販売サイト上に未だ掲載はされておらず実に困ったものです。その空白の時間だけ売り上げはゼロになる訳なので、これって損失分補填も請求可能な賠償案件にも匹敵すると思っていますが、そこはしっかり契約時の約款にもあるように案の定作家側が弱い立場にならざるを得ない記述になっています。

私もそこまで強く批判はしませんが、仮に訴えた(訴訟ではありません)にしても逆に反感を抱かせる事となり今後のお付き合いにも亀裂が生じる訳で気持ちを鬼にしてグッと我慢の子で耐えるしかありません。という訳で今回はそんな保留状態である作品(動画)素材をご紹介したいと思います。問い合わせは済ませてあるのできっとこれを機に速やかなサイト掲載に繋がってくれると期待しています。


揺らめきギャラリー(動画)シリーズ第4弾>
実は遅まきながら『新緑』動画になります。数キロ離れた自然公園に足繁く通って捉えた全90クリップを有するタイトル『揺らめきギャラリー・新緑』がそれです。既にご紹介もしております静止画タイトルの『FREEDOMsession_001-105』こちらに含まれる新緑素材を動画化したイメージと思っていただければ幸いです。多くは抽象的かつ印象的な新緑の空気が漂っていて味わい深い内容と言えるでしょうか。

今回のブログはあくまで新作の予告編であり、また細かな準備が不十分なので正式公開は後ほどという事で今しばらくお待ちください。ただこちら上掲画像でもお分かりのように雨降りシーンも幾分か混ざっています。しっとり感(潤い瑞々しさ)を謳うような目的に是非ご活用いただければと思います。

何しろ新緑イメージは静止画動画に関わらず一年を通じて比較的利用頻度の高いテーマです。もはや季節外れとがっかりする事はなく適材適所で必要に応じてお客様のお目に叶う事を願って止みません。何卒よろしくお願い申し上げます。


あれから1年の大失敗>
さて今回のブログタイトル『amanaimegesPLUS という新戦略から1年』ですが、このブログをお読みの幾人かで同様の境地に苛まれておられる契約作家さんは少なくない筈です。昨年の6月に届いた『RMを全てRF』に変更するという半ば強引とも言えるお達しから早くも1年が過ぎようとしています。さて結果どう推移したかと言いますと、これはあくまで私に限ってで恐縮ですが、正直言いまして収益は昨年6月を境とする以前と比べておよそ半分以下これが現実と成り果てています。

直後の通知では按分の変更と銘打って作家側3割から一律4割と改定されるもその後月を追うごとに一時の安堵はそれこそ微塵に崩れ去りました。直後いきなりの値引き合戦に打って出たのです。作家救済と信じた10%割り増し分に何の意味もなくむしろその報酬額は悉くマイナスに転じていく始末。

変更後の年収額は言うも虚しく激減、これが紛れもない事実です。さて皆さんの現状は如何なるものでしょうか。「私はプラスです」「当変更は結果良かったと思います」なんて悠々言える人は果たして何人居るのか、いや人っ子一人居る訳がないと強く言いたいです。まさにこの試みは大失敗。国内大手他社さんは未だRM販売を残しつつ営業を継続しており、先月でしたかそちらで一点が10万円強というRM素材の有難い売り上げが実際に発生しています。

アマナさんではもう一切そんな大それた売り上げが期待できなくなったのでそれこそ元の鞘(さや)に戻ることは金輪際あり得ません。まあしかし数年をかけて蓄えたある程度の物量で作品群がプールされている事から限りなくゼロになる事は無くそこだけは1本の蜘蛛の糸状態なりに幾分救われる面はあるでしょうか。やはり最後は何はともあれ『数の原理』が大切なんですね。沢山創る撮るを経て生まれる可能性は此の期に及んでなお身を助けています。

社内のどなたの発案だったかは知れませんが一種それは思い込み早とちりの胆略的かつ暴走に違いありません。マイクロストックの現状だけを見てそこに敵うべきと行き当りばったりの狭い見地を以って当時の強い立場の利害関係を軸に一気に押し切った、そう想像もできます。多分ですがその事で以降の業績は目下下降の一途を辿っているのではないか、そう感じざるを得ません。


頭を冷やして再出発すべし>
今からでも遅くないのでRM販売を広く再考しつつ高額案件に結びつける対策をいち早く再構築すべきと念願します。今や印刷物が売れないご時世であり訳の分からないお金持ちの芸術家を暗に紹介する『IMA』など要らないでしょうに。そこに掛ける余計で膨大な予算があるなら目の前で喘ぐ契約作家陣にその資金をふんだんに還元すべきです。いみじくもコンテンツ素材提供事業がメインステージであり赤字必死の意地でやっているのかと半ば疑いたくなるほどあまりに寄り道しすぎます。

いっそ思い切った断捨離も含め今一度現契約作家陣の一人一人に対して真摯なまなざしを向けると共に、まさに何処かの企業が言っていたスローガン『選択と集中』それに勝るものはありません、ぜひ即実行へと移していただきたいです。今思えばせめて『地球イメージ』はRM製品として残して欲しかったです。過去どれだけ実績を積んだ素材かは精査で紐解けば一目瞭然。勿体ない話というよりも全部捨て去ってはっきり言ってバカですよね。

専ら自分の首を絞めておきながらそのしわ寄せを作家たちに丸投げ委ねて他人事とは最大手としてほんと情けない限りです。こんな事書くと干されてしまうかも知れませんがあくまで代理店と作家は常に一心同体(戦略共同体)であって欲しいという確固たる願いがその裏に込められている事はご理解ください。ホールディングスとは名ばかりで投資家の顔色を伺うだけの株なんかは非公開にしてもっと現場から広く意見や提案立案を吸い上げながら好きなようにやりたいように展開するだけなんです。過酷なコロナ禍にあってこそのその実力たる勢いを再び、アマナという比類なき圧倒的な存在感(潜在的知名度)を以ってすれば必ずや光明は射します。

大手が動けば自ずとその市場は動きだす。


インスタブログから緊急転載!朝鮮戦争危機

freedomsessionより


第2次朝鮮戦争いきなり?>
新型コロナ禍冷めあらず、突如勃発した北朝鮮による暴挙が今世界を震撼せています。南北の今後の成り行きに視線が集まる中本日は前例にならって再びですがインスタグラムに先ほど記述しました内容記事をこちらデジ画の日々NEXTに転載しましたので是非ともお読みいただければと思います。

事態の進展如何によってはこの件に関して持続的に書き綴る予定でいます。以前のブログで比較的注目された(現在もアクセス盛ん)が『北朝鮮の核ミサイル』についての記事でした。ご興味がございましたらこちらも比較的参考になるかも知れませんのでご確認いただければ幸いです。

もしも北朝鮮から核ミサイルが飛んできたら


転載はここから

degiga.images 突如韓国に対して反旗を翻した北朝鮮がケソン工業団地連絡所を爆破、直後続いて非武装地帯への進軍を指示し軍事訓練の計画もあるといいます。この一応の最高指揮官が実権を握る金正恩の実妹『与正(ヨジョン)』氏とありますが、依然重病説が囁かれる最高指導者の消息もままならない中にあって実情としては半ば軍上層部タカ派のクーデターにも近い暴走なのかも知れません。

これまでも何度となく行ってきた脱北者団体のビラ配りのこれを機にここまで常軌を逸するとはあまりに不可解です。報道を目にするに殆どの軍事専門家曰く「コロナ禍が理由で物資供給(裏取引)を渋る韓国への恐喝そして米国に対する威嚇、国民へのアピールと自国兵士のクーデター抑止である」と、何せ国連決議を無視して繰り返すミサイル試射による制裁継続で北の経済は疲弊の一途でありそこにコロナの蔓延と来ればもはや瀕死状態。

アメリカ指導のもとかつて国際社会から隔絶された日本が戦争に打って出た状況に酷似する面が今の北朝鮮にもかなり見受けられます。まずそれは何と言っても喫緊の食糧難です。中朝国境も感染拡大を嫌って互いが閉鎖に至っており物資の流通が物の見事に滞っていますし海上に於ける瀬どりも我が国を含む西側の監視の目から非常にやりづらい筈です。食料不足はそのまま軍の士気を乱し堪忍袋の尾が切れて反乱を企てる(実行する)兵士も出てきます。

米の備蓄も厳しいとされる今に至ってはいよいよ一か八かの大博打に出た可能性は否定できません。私の想像ですが、当の正恩氏はうつ病を患っている気がします。このところの様々な国際問題に絡んで米国トランプ大統領との恫喝騒ぎ、2回に及ぶ米朝会談の失敗で窮地継続、そこにコロナの猛威が重なればあの異常なまでの肥満体です病気にもなります。

さてもしもこの予測が的中したならこの先何が起こるのでしょうか。兎に角は韓国の首都ソウルは非常に危険なので非常事態の発令と共に民衆が脱兎の如く地方に分散、その行き先に過去の実例から当然隣国日本も入ります。仮に韓国が臨戦態勢に入ればアメリカ軍も条約に基づいてそこに加勢する訳で片や中国とロシアも同様に北朝鮮側に立つ事となります。

事態は一気に一触即発と化し大規模な第三次世界大戦への懸念も視野にしばらく緊張が続くと私は見ています。どの国も核という最終兵器をそれなりの数保有している訳で最悪攻撃ともなれば米軍基地を多く持つ我が国への被害は広島長崎を超える相当なものになるでしょう。北朝鮮の真の狙いは未だ定かではありませんがもしやヤケクソの『玉砕』に至ったのか、何とも腑に落ちないところは残ります。

転載はここまで


如何でしたか。いくら当事国でなくとも日本にとって最悪の事態は非常にあり得る訳ですが今回もこれまで通りの単なる挑発『戦争やるやる詐欺』で終わってほしいものです。がしかし国内各都市圏であったり特にアメリカ軍駐屯地域や自衛隊基地周辺にお住いでしたら多少の備え気構え覚悟は必要かも知れません。いざとなったら速やかに避難なりその場からの脱出など一通りの準備が無難です。関連ニュースは絶えず注視してください。


→DEGIGA.JPサイトで新作『FREEDOMsession 001-105』をチェックする。

→DEGIGA.JPサイトで新作『FREEDOMsession 001-105』スペシャルサイトをチェックする。(スマホ対応)


本日登場!その名は『FREEDOMsession』自由がままに

freedom登場


希望の未来を形に>
大変お待たせいたしました。初の試みCGと実写のコラボレーション『FREEDOMsession 001-105』が本日、正式公開されました。前回前々回ブログ記事で画像を添えての予告から既にお分かりかと思いますが、今新作は所謂お馴染みの静止画CG素材に、季節柄『新緑イメージ』をミックスさせたほぼ半々の計105点構成となります。

CG部分の狙いはズバリ『希望の未来』です。別途既にアーカイブされる過去素材から集めたフィーチャーセレクト(デガセレ)ページに近作としまして『希望せれくと』をご用意させて頂くもやはり今のこのコロナ禍の現状を憂うに更なる希望感を強く訴求する作品は出来ないかを模索する中で謂わば追加の意味合いから敢えて新作として半ば意表も突きつつよりストレート且つインパクトある絵柄がご用意できた次第です。

後半の新緑編ではそこにテーマとして『希望の光』は重要であり新緑ならではの透明感溢れる瑞々しさは勿論の事、春の日差しをまるで光のシャワーの如く満遍なく画面全体に散りばめ、そんな春ど真ん中の情景を包み込む生き生きとしたシズル感をしっかり表現できたと思います。新緑画像といえば年間を通してとかく頻繁に使用頻度の高い素材かとも思っています。

鮮烈なグリーンバックとして業態を問わず様々な場面でご利用頂けるでしょうか。


特に今回意識して制作に取り組んだ画像がCG編トップに据えた『仮想都市空間』になります。朝日が強烈に差し込む臨場感はまさにCG表現ならではのダイナミズムを醸します。数ヶ月間という長きに渡って発令され続けた自粛要請もつい先日晴れて条件付きで解除された訳ですが、6月一日の本日をもっていよいよ完全解除ステップ2へのロードマップが示されました。国民一丸となった節制の結果が功を奏し常に懸念される命の危険もやや峠を過ぎ広くビジネスの再開も各所で盛んにその準備に追われているという状況でしょうか。以前のような完全な形を取り戻すにはまだしばらく時間は掛かるとは言え、強固な感染抑止の心がけと並んで一早い市場回復を願うばかりです。

そんな生気がみなぎる栄えある都市像を視覚化したのが即ち『仮想都市空間』その劇的な夜明けシーンに他なりません。


続いて次に登場するのが『レインボーイメージ』です。未来への栄えある架け橋的存在がこのレインボーであり『希望』というキーワードにはまず欠かせない素材アイテムの筆頭に当たるのではないでしょうか。余白部分をなるべく広くとりコピースペースに余裕を持たせた結果、合わせて上下左右に於けるレイアウトアレンジに伴う思い切ったトリミングなどにも柔軟に対応するかと存じます。


身も心もフリーダム>
今FREEDOMシリーズですが、こちら第1発目という105点を皮切りに今後更にその数字(作品点数)は増えて参ります。面白いものでタイトルが示す所謂『自由がままに』がいい意味で思いもよらないイマジネーションを授けてくれた事は今回チャレンジしてみて予想外な驚きがもたらされたという事です。私の場合、普段は制作前に必ず絵コンテをこしらえてある種その方向に沿った狭い領域が旨で進める流れが大概なので幾分か寄り道等自由度が限られるきらいが多々ありました。テーマ及び規定数量の終了まで突っ走る制約ありきという条件は殊の外苦痛の連続なのです。

その厄介な歯止めを取っ払って得たものはまこと計り知れず「次はあれで行こう!」と頭の中のスイッチが躊躇いなくガチンと切り替えられるそんな感覚と言えます。自分の中の奇想天外な想像力とその可能性を存分に形にできる喜びは表現者にとってむしろ必須条件であるべきで、完成度はさる事ながら主にクライアントの厳しい制約のもと恒常的に受注を請け負う業者さんには到底味わえないストックフォト冥利に尽きる稀な境地かも知れません。しかしながら売れてなんぼの世界がつまりはストックフォトの過酷な世界であり、いくら自由度が上がったとてお客様がそっぽを向けばそれまでです。

まあそれでも過去の私の少ない経験からは時に設計図のないそんな破天荒作品が化ける事が実は幾度かありました。そう考えると突如浮かんで湧き立つイマジネーション力が如何に重要かが頷けます。要望に十分値するであろう価値観創出はこんな市場環境の厳しい時期故に慎ましくもそこに秘めた独特な魅力が発揮される筈、そう信じています。各方面のクライアント様、次期制作案件の一つの利用素材としてピックアップ頂ける事を切にお願いする次第です。


以下のリンクより自身運営のDEGIGA.JPサイトにて各作品群の詳細をくまなくチェックできます。また、サンプル画像より国内主要販売代理店(amanaimages・amanaimeges-Plus・aflo・imagenavi)の個別販売ページへの直リンも可能ですので購入も至ってスムーズで迷う事はありません。よろしければ是非ご利用ください。
※各タイトル中の640ピクセルサンプル画像(動画)下部に設置されます代理店名ボタンが『直リンボタン』になります。


今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

→DEGIGA.JPサイトにて新作『FREEDOMsession 001-105』をチェックする。

→『FREEDOMsession 001-105』スペシャルサイト閲覧はこちらから(スマホ対応)

→直リンボタンとは(Q&Aページ)

ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)
今日も今日とて散歩写真(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーエリア

最新の様々アイテム盛りだくさん
安心のアマゾンでお気に入りをGET !