魅力尽きない北海道

タイトル『空よ。大地と。』より抜粋


北海道に魅せられて>
現在7月も後半に入りもうとっくに梅雨明けで太陽はギンギンギラギラと思いきや、未だじっとりとその前線はしっかり日本列島に居座り続けています。毎日が断続的な雨天絡みで洗濯物が干せない状況でほぼ毎日洗濯機の乾燥機能を作動させて無駄な電気代が掛ると文句タラタラのうちのカミさん。

さて、そんな本土と比べて梅雨知らずと謳われる地域と言えば皆さんご存知の『北海道』ではないでしょうか。空気は常に乾燥していて爽快、スカッと晴れ渡る目に眩しいほどのブルースカイの毎日が想像できます。私も過去数回、一世を風靡したあの人気テレビドラマ『北の国から』で有名になった富良野やその隣り町美瑛(びえい)には必ず立ち寄っています。6〜8月ともなればまさに最盛期、緩やかな丘陵を成す広大な畑それぞれがまるで敷き詰めた絨毯のような文様を成しジャガイモの花を始め色とりどりの作物で賑わいます。

上掲画像ですが、その一角に黄色く咲き誇る菜の花の仲間キガラシです。この土地ならではの想像を絶するスケールにはただ呆然とするばかりです。この花の使われ方ですがつまりは肥料(緑肥)、次期作物の栄養となるようそのまま埋められます。この撮影から2日後でしたか同じ場所を再度訪れると何とその姿はなく全くの更地と化していました。偶然にもあの日立ち寄らなければ写せなかった奇跡のショットとも言える貴重な画像となりました。

上述の『スカッと晴れ渡る』ですが北海道と聞いて実際はそう毎日確実に晴れ間が続く訳ではありません。地域にもよりますが曇天もそれなりに多くやはり現場にサッと赴いて確認できる地元カメラマンの写真の出来ばいは違います。これまでもそんな驚きの素晴らしい作品を私たちに垣間見せてくれています。その代表が言わずもがな故前田真三氏でしょう。当時写真集も購入してその風景の素晴らしさに触れ最初に訪れたのが去る1990年だったか、これまで目にした事のない別世界の感動が今も脳裏に鮮明に焼き付いています。

弊害をもたらす観光客>
あれからおよそ30年が経ちその撮影現場は相当に様変わりしました。畑にはあちこち進入禁止の立て札が立ち並び撮影名所を拠点として監視員が常時巡回しマナー違反者への啓発活動に余念がありません。私が訪れたその最初の頃はそれほど迷惑がられておらず歩いて畑の間を通り抜けようが自動車で入ろうがお咎(とが)めなしで、むしろ「あそこからの風景がいいよそこの畦(あぜ)まっすぐ行って右」「ここ今からトラクター入るからグルッと迂回して、悪いね」こんな具合でした。

ところがここしばらくの度を超えた不届き者の進入で作物は荒らすは、勿論靴の溝に挟んで持ち込まれる他のタネによる病気被害の温床ともなりそのかつての温和ムードはサッパリ無くなっていきます。私も数年前に実際に経験していますが、ある写真グループのご年配者数人が訳あって切り倒され今は無き『哲学の木』の周辺を囲んで撮影に没頭している場面に出くわしました。

すかさず監視員が詰め寄って「そこから今すぐ道路側へ出てください。そこは私有地で進入禁止です。」そう叫ぶと「なんだよ、俺たちは観光客だぞ。あんたらの収益の手助けしてるんだ。」これです。面と向かってこれだけ大胆に屁理屈を言う人を始めて目の当たりにしました。「大体ここの車止めのタイヤをもっと分かるように道路沿いに置きなさいよ、誰だってこれじゃクルマを奥まで入れちゃうよ」と自分たちが乗り合わせた四輪駆動車が畑に半分突っ込んでいる事にも不条理な言及をし、私も近くで聞いていたので流石に気まずくなったのかその後少し撮ってからそそくさとその場を離れて行きました。

非常に残念な方々です。こういった輩が集団で絶えず畑に押し寄せるのですからたまりません。ただでさえ最近の気候は北海道でさえ不順になっています。猛暑など本土と比べてむしろ北海道の方が高い日が多いですし数年前に訪れた際はあまりの暑さに熱中症に成り掛けて即日陰に逃げ込んで自動車のエアコン全開で半日横になった日もありました。農家さんはイライラ、それだけでも作物には多大な影響が出ていると察します。

プロカメラマンこそ悔い改めよ>
このところのインバウンド効果から観光農園がその人手の多さにパンク状態だそうで特に北海道特産のラベンダーをメインにアピールする農園は大型観光バスの頻繁な乗り入れで駐車場が常に満車状態と聞きます。主にアジア圏の来訪者が多いようですが、カレンダーでもお馴染みの『四季彩の丘』だったでしょうか、今年から駐車場がアスファルトに覆われて小綺麗に整備されたようです。ただ有料となり1日¥1000と聞きました。

こうやってじわじわとその土地ならではの貴重な悠久なる風情が失われていくのですね、誠に残念です。良くも悪くもその地域を常時写し伝える側のカメラマンの存在は少なからずそこに影響を与えている事は確かです。観光パンフレットや地元ポスター、都市部で行われる撮影セミナー、観光ガイドにツアー斡旋、およそお金儲けに余念のない事業者も交わって結果環境破壊に手を染め続けているという事でしょう。食うためとはいえ私も含め罪なカメラマン(あくまでプロ)は自らを悔い戒めるべきです。

地元カメラマンに言いたい。
一つの表現としてもういい加減撮り切ったでしょうにそろそろ別の地域に身を移してみてはいかがですか。元はといえば開拓開墾の地、よそ者が今更ながら農耕を主とするこの地に永遠と拘る意味が分かりません。ビジュアルとして素晴らしい魅力を伝えれば伝えるほど益々ダメにしているとは思いませんか?

え?カメラが売れなくなる?各種関連雑誌が売れなくなる?旅行会社が儲からない?地元にお金が落ちない?税金取れない?後継ぎが出て行っちゃう?飛行機新幹線が来なくなる?JALの嵐のコマーシャル大好き。なるほど。



→DEGIGA.JPサイトでタイトル『空よ。大地よ。』をチェックする。

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『気持ちのいい丘』をチェックする。

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『夏色ガーデン』をチェックする。

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『北方浪漫』をチェックする。

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『背景アンソロジー2』をチェックする。

ストックフォトは社会景気に連動する?

タイトル:Enjoy Sky(動画素材)より


雲の撮影は『運』任せ>
上掲画像は久々の動画素材でその一部分を静止画に切り出したものです。動きとしては中央から放射状に広がり迫るイメージなのですが実はこの撮影は結構運に左右される貴重なショットで思わず自画自賛したくなるくらいに出来栄えは上々です。風の向きと雲の張り出し具合、うまい具合に画面の中央付近がスカッと抜けていることが重要で、そこにブランド名やら訴求コピーが入る訳です。

もちろん再生速度はコマ数を圧縮し実際よりも10倍ほど速めています。撮影当日の気象条件的な移動速度にもよるので速度調整は各々それぞれだと思いますが、こちらのようにフルで30秒であれば単純に5分の撮影となり編集時に速度変換するという具合です。

最近流行りなのがインターバル撮影でしょうか。シャッターが切れる間隔を1〜数十秒にあらかじめセットしておき最終的にそれら細切れカットを1ストリーミングに繋いで動画化する所謂アニメーションのセル画複写に近い作業です。ただこの方法では通常タイムレート1秒間30コマを要するムービーでは残り29コマ分が足りないため写す被写体の移動が速いデリケートなシーンではあたかもコマ落ちしたかのようなパラパラ描写になります。

最近では多くのムービー機種で繋がりがより滑らかな2倍の秒間60コマが大勢を占めており秒1コマ撮影のインターバル(タイムラプス)に比べた品質差は明らかです。私の場合は主に秒60コマ撮影後に編集で速度調整を行うようにしています。勿論花の開花であるとか数時間単位の風景の変化を狙うなど相当な長時間撮影を必要とする場合は別で一般にデジイチのムービー機能は内部の過熱抑制上最高30分が限度と聞きますのでこちらはタイムラプス撮影の選択枠しかありません。

様々使う用途に応じた適時的確な表現方法をお選びいただければと思います。今回の動画素材はタイトル『Enjoy Sky』(エンジョイスカイ)より抜粋したものですが、こちら以外にもそれなりに使えそうな雲移動素材が豊富です。是非その詳細をご確認ください。このような空背景は時代変化に関係なく比較的人気のある素材と言えますが、いざとなればどなたでも撮影できるので代理店に於けるストックの分量も桁違いです。

素材を選ぶ側にとってそこに如何に気の利くスパイスが組み込めるかで結果は変わってくるので他との差別化は重要になります。それこそ自然相手の『運』を味方につけてナンボの部分は大きいですね。


市場原理とストックフォト>
含みとして過去のブログでも結構書いたと思いますが、今後景気が上向けばストックフォトの売り上げ(回数と単価)もそれに乗じて向上していくのか、私の中でここしばらく頭を駆け巡っている懸案のひとつです。確かにある時期を境にマイクロストックビジネスという低価格販売方式が登場し従来型『高級路線』なるプロ用ビジュアル素材の価値は否応なく極端な下げに転じています。

仮に市場経済が上向いたならば賃金が上がって企業の設備投資や庶民の財布も緩んで購買力盛んにその頻度に応じた広告業界の栄華が蘇る事でしょう。零和時代に相応しい新たなジャンルの事業者がじゃんじゃん現れて活気付いたならば当然そこに必要な広告宣伝も増える訳なので主力エージェンシーに過去から大量の素材を預け入れしているような契約作家さんの売り上げは生気を取り戻すであろう?

いや、そう単純には解決しないといいますか何か違うようにも思えるのです。自身近況として最近は制作速度をアップして1タイトルを月単位で制作しているのですが、それら質向上を図ったまさに内容狙い目ど真ん中とも思える近作が一向に売れていかないという現状ジレンマがあります。売れているのは大方数年前と変わらぬ普段通りで季節や状況に応じたその順番の入れ替わりくらいでしょうか。

まず販売点数がはけない(増えない)のです。どうにも笑っちゃうほど毎月の点数が拮抗していて変化に乏しく、むしろある月ガクンと予想以上に下がる事の方が多いくらいです。一つ考えられるのが『見込み客の減少』ですが、前々回のブログ記事『ストックフォト四つ巴』現象によって購入先が極端に分散してしまった結果に起因する部分はあるでしょう。そして二つ目が『制作ジャンルの偏向』。こちらは私を含む制作者側の問題とも言えるのですが、どなたにとっても作品制作に於ける得意不得意があるので、資金的にもなんでも作れる撮れるはあり得ません。

ある作家がほぼ一つの得意とするジャンルやテーマを軸に様々手法も駆使しバンバン撮影(制作)したとしてもそこに肝心のお客さんが居なければ売れる筈がないのです。私が手がける『CG』などはその典型であり元が実写要求のユーザーにCGなど眼中にはありません。テクノロジーだネットワークだグローバルだと浮かれているのは制作する己のみ、その時々のブーム(好まれる傾向)も勘案して売り上げ低迷の根源とその現実はそこにこそあるのかも知れないのです。

今このストックフォト稼業の実働分を取り戻せるとすれば何をどうするべきでしょうか。過去の何を捨て次の何処を目指すのかが問われています。「はい、景気が良くなりました」でもその時点で以前と全く同じ考え方に囚われていたのでは『売り上げにプラスの変化』は極めて起こりづらい、つまり実質的にそういう結論に達しました。

生き残りを賭けた大一番>
既に皆さんもご存知と思われますが、日本の三大代理店の一つアフロさんで超破格の『イメージマート』なるマイクロストック販売が開始されました。以前にも別名称の似た販路は設けていたようですが、この期に及んでいよいよ本腰を入れてきた感は否めません。アマナイメージズさんも今年4月より同マイクロ系の『アマナイメージズプラス』をブランドアップしており志向はさておき老舗ブランドも例外なく『何やっても構わん、とことん売れ!』の様相に変貌しつつある事は間違いない潮流と思われます。

率直に、私の立ち位置からしてそんな安売りブランドに鞍替えしようものならまず長生きは出来ないでしょう。取材費も捻出できず毎月の生活はカツカツで言って見れば趣味に転向という余りにお粗末な末路がハッキリ想像できます。声を大にして「本当にこれでいいのか代理店!」まあ、どう叫んでみても今巷で流行りの言葉『自己責任』でお終いです。何を差し置いてもこの時代が求めるであろう斬新な方策をいち早く見つけ出す事を自らに厳しく課していく以外にはなく、上述のそれこそ呑気に『運』任せは以ての外です。


→DEGIGA.JPサイトで雲の動画素材『Enjoy Sky』をチェックする。
※トップページ中央付近の帯状バナーをクリック=スマホ対応

→初めての方へ...『直リンボタン』って知ってますか?

自然の脅威になすすべ無し

生い茂る雑草


自然災害とはまるで巨大な魔人>
今朝からこちら関東平野部に於いても梅雨前線発達の影響が出始めています。降り荒ぶ雨に時に強風も加わっていよいよ本格的な大雨への警戒が必要です。毎年の事ですがここしばらく集中豪雨が目立つようになりました。特に川幅のある主流河川沿いに住まわれる住民の危機感は徐々に最高潮となる筈ですが、自治体関係機関による早めの避難場所確保と速やかな高齢者宅対象の声かけ見回りを隅々まで滞りなく行ってもらえれる事を切に期待します。

しかし自然の脅威とは凄まじい限りです。火山噴火や大地震、伴う大津波を例えて人間など軽く丸飲みしてしまう架空の巨大魔人を想像します。今現在もヨーロッパ各地に猛威を振るい続ける40度越えの熱波ですが、比較的被害が甚大なのは地球の北半球に集中しているように思います。ざっくばらんに単に工業盛んな先進国が多いという事なのでしょうから頷けるところです。

発展を阻む事はできない>
気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の指針を遵守する形で各国が二酸化炭素排出量をできる限り削減したとしてもその範疇(はんちゅう)は至って限られおよそ今の自然破壊の速度を抑制しうるレベルに達するとは到底思えません。どうしてもそこには各国が目指す拝金主義の論理が存在し国の発展もまさにそこに依存しているからです。煙突工場の数だけ雇用があって需要と供給が担保されるのですから特に発展途上国への理解は難しいでしょう。

CO2排出量のデータではアメリカがトップを走っているようですが変わってこれから先中国がその地位を奪いそうです。このところの技術向上を機に様々な分野での需要の高まりを受け概ねフル稼働といった様相です。最近の衛星観測でシベリアから流れ込む偏西風に乗ったその二酸化炭素が中国北部でその濃度を増し朝鮮半島や我が国への影響はもちろん時に東南アジアまで南下し拡散しているといいます。

既にご存知の通り二酸化炭素の大部分は大気中に残るとされ向う数百年あまりに渡って高温を維持すると専門家は指摘します。現中国の総人口が14億人に迫る勢いについでお隣りインドも13億人超とほぼ両国は拮抗しており合わせて総数27億人中で実働する労働人口がその脅威になりつつある事は想像に難くありません。まさに地球大気全体をほどなく覆い囲み高温で満たし尽くすにはそう時間は掛からないと思われます。

同じ太陽系に浮かぶ惑星には木星や土星をはじめとするガス惑星が幾つか存在します。未だ詳細な内部構造は解き明かされていませんが少なくとも小粒ながら僅かな陸地が存在すると言われています。それが灼熱の地盤なのか絶対零度に近い氷の塊かは分かりませんが何れはこの地球も似た形に変貌していくのかも知れませんね。いや、それ以前に太陽に吸い込まれるという説のほうが有力のようですが。

人類滅亡のリアル>
見てくださいこの掲載写真を。奥に僅かながら確認できる瓦屋根を残して殆どが緑の旺盛な雑草群に覆い尽くされる光景はもはやディストピアと化しています。手前の物干し竿へはどうやってたどり着けるというのか、大方機能していないのでしょう。その家には男性2人が暮らしています。中年?お年寄り?よく分かりませんが一度別の日に散歩で通りかかった際その1人と挨拶を交わした記憶があります。この調子では室内もどうなっているのか、そもそもがゴミ屋敷主義でやる気がないんだと思います。

画面外右手に出入り口があって古い型のジムニーが2台手前の敷地内に駐車してあるのですが、あまり運転しないのか同じ雑草が車体の半分ほどをしっかり占拠している状態でした。しばらく前、ある民放バラエティー番組中で『人類が滅亡したその後の地球』と題するコーナー(YouTube公開中)がありCG合成によるその無残な姿が映し出された光景とこの上掲画像が酷似している事にふと気づきました。放送内容の大筋のシミュレーション予測は概ね間違っていなさそうです。

話は逸れますが先日3日夜9時頃、SNSのFacebookとその傘下であるInstagramで送受信障害が起こりました。今も完全な復旧には至っていないようですが、確か数ヶ月前にも似たトラブルが確認されています。その時は口々に『サイバーテロ』を疑う声が拡散したと思いますが、さて今回の原因はなんだったのでしょうか、ある拠点を成すサーバー不良が原因だとするならば、そこはもしかすると先の異常気象が引き起こしたものかも知れません。

巨大な太陽フレアも予想される中アメリカを中心とする世界気象機関が宇宙をくまなく監視している中で、事実としてもはや取り返しがつかない何かが進行中であるなら尚更です。結局人間がこれまで排出してきたCO2の影響は本来の外的要因によってもたらされた単なる一反応に過ぎず結論としては「実態はもっと深刻な状況です」と言われたなら、多分固まります。

世界の殆どの人々に知らされない不都合な真実とは何か。宇宙規模で数十年程度の誤差を語れば、かつて「地球は1999年に最期を迎える」と説いたノストラダムスの大予言は今も確実に生きていると思います。


→環境とグローバルに特化した地球素材満載のDEGIGA.JPサイトは見応え十分!


ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)
今日も今日とて散歩写真(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーエリア

最新の様々アイテム盛りだくさん
安心のアマゾンでお気に入りをGET !