ストックフォト列伝!効く埋め込み検索キーワードとは?

検索フォームイメージ

素材とキーワードは一心同体>

大それたタイトルを付けたものだと我ながら恥ずかしい面はありますが、本音で言えば自身もこの『効く検索キーワード』たる極意を持ち合わせている訳ではなく、その都度試行錯誤の末おおよそ在り来たりに近い埋め込みが多いとは思います。ところで皆さんが日頃ストックフォト画像(動画)の納品の際、そこに埋め込むキーワードにはどんな工夫をされているでしょうか。

もっぱらマイクロをやられている方の多くは写真専科の方だと思いますが、風景や小物撮影(テーブルフォト)、知り合いに頼んでのモデル撮影もあるでしょうし中には独特な作風でむしろアートに近い作品制作などかも知れません。風景でいえばそれこそ色々あって旅の途中で捉えたものに絶景あり道すがら見つけた草花、朝夕のドラマチックな陰影、都市空間、季節の催事(花火・お祭り各種イベント)、街角スナップなんかも比較的気軽に撮りやすい被写体です。

ただそうなると預け入れるライバルもそれなりに出てくる訳で預け入れる作品は相当に重複すると考えられるので、ここで所謂上述の『効くキーワード』の埋め込みは他者に勝つ最重要項目になると思われます。もちろん作品(素材)の出来不出来もヒットを左右する訳で一概にキーワードさえよければいいとは言いませんのでその辺はあしからず。


当てにならないキーワード補助機能>

さてそんな『効くキーワード』の埋め込みですが、一般に投稿型ストックフォト(マイクロ系)に多く採用されているのが予めプログラムされたシステムによって登録中の画像からその趣旨に関係するであろう言葉が自動選択される補助機能は大方代理店さんの大半が運用されていると思います。ですので後は納品者側が不必要な的外れのみ文言を取り除けば納品の手間は相当に短縮されるのでしょう。いやそれでも巷では再記入の手間など無駄な時間をなお要するという苦情はチラホラ散見されます。

私も時たまそんな自動キーワード補助機能がメインの代理店サイトをチェックして見て回ったりもするのですが、正直めちゃくちゃだなと感じます。漢字にするべきところが全てひらがなであったり検索側のお客さんが「この言葉ではまず検索は掛けんだろう」的な単語や文言が8割がた存在し、とてもその自動補助機能が有効に働いているとは到底思えない訳です。驚く事にあるサイトで文字群の右下の『もっと見る』をクリックすると更に数百語余りが溢れんばかりにこれでもかとすだれ状に出てきました。

そのどれもが同様に訳のわからない言葉ばかりで「いい加減勘弁してよ」と言いたくなります。このどこかの言葉に引っかかってヒットするのか、はなはだ疑問にも感じ事知れず虚しさが込み上げました。


最強キーワードはトレンドにあり>

前置きがまたまた長くなりましたが、要はお客さんが好んで入れてくれそうな言葉を適時的確に数も厳選した上で埋め込むのが理想というのが私の考えです。いいとこ20キーワード程度を埋め込めば十分ではないでしょうか。実際に有名どころの国内大手老舗代理店サイトを確認すれば載せている数はどこもそんな程度ですし、いくら大量につけても適当なところで間引かれてしまいます。

それでは早速作品それぞれに合ったまさに『適時的確』とは何かについてお話しいたします。私が多く納品するCG素材を例に挙げると解り易いと思いますが、仮に地球上にネットワークの線が入り組む形で無数に取り巻いている画像だとしましょう。まず一般につける言葉は以下の通りです。

地球、ネットワーク、データ送信、高速、コミュニケーション、インターネット、グローバル、日本(主役の地域)、テクノロジー、全9項目この辺りが妥当ではあります。しかしこれでは他の作家さんもほとんど同じ文言の可能性がありますので、実はこの先が重要なのです。今元気で宣伝盛んな業界やその関連業態はどこか、更に具体的に何を司る会社が注目されているか、たとえここしばらくネットに押されて元気がない書籍業界でもいいでしょう。それでも一部こだわりの雑誌等々で元気がある部門は確実に存在しています。

その内部のどの部分でそんな『グローバルイメージ』が頻繁に活用されているのか、ヒントはもっとそんな深層部に隠れています。そこの『担当部署が検索しようする言葉は一体何か』の『文言』探しが勝敗を分けると言えるのです。探す側も他社を横目にターゲットの視線を奪う一味違う有効なアイテム探しに翻弄している事は間違いありませんし、売り込みのプレゼン現場や大手企業が定期的に発行する社内報にしてもそうです。

その時々で特に回転の速いWeb系では当然ですがとにかく欲しい素材は頻繁に変わりますので、求めるキーワードは絶えず流動的であるとも言えるのです。という訳で先の『地球がらみのネットワーク』イメージに当てはめるならばプラスこうなります。

スマートシティー、ネットスーパー(ネットショッピング=ECサイト)、宅配、東南アジア、セキュリティ(監視)、新エネルギー、自動運転、ドローン、5G、ビットコイン(仮想通貨=電子マネー)、スマホ、貿易(貿易戦争)、流通、運輸、金融、インバウンド、電子書籍、IoT、IT、AI、人工知能、パスワード、半導体、SNS、ブロックチェーン、ベンチャー企業、イノベーション、未来、シェアリング、協業、連携、ビジネスモデル、情報システム、スピード、フィンテック、繋がる、ビッグデータ、クラウド、接続、通信、スマートメーター、海外勤務、世界経済、マーケット、インフラ、フリーミアム

等々思いの外書き出しましたが如何でしょうか。多少無理があるものも散見されますし、代理店側でカットされる事も承知で当てはめた面もあります。上記の各々文言(キーワード)からはつまり今がトレンドと思われる事柄が意外に重要であるのがお分かりいただけたかと思います。お客さんはその分野に適した目的としてより効果的で必要な素材探しをしている訳なので、言葉が専門的であればあるほど預ける側に取っても合わせてライバルさんが居ないに越した事はなく無論有利に働く筈です。

検索するお客さんがもしも『クラウド関係者』『情報システム』『仮想通貨関連』『携帯電話会社』はたまた電気屋さんかも知れないのですから、そこに近いキーワードをそれなりに打ち込む確率は大いに考えられるのです。言ってみれば特殊なキーワード群でもありますし、打ち込んで出てきた点数が数点で僅かだったとしてもそこに私のそんな『グローバル地球』が目の前に現れたならば思わず合点がいって「これでいいや」となる事だって、決して単に滑稽な話と言い切れるものではありません。

目から鱗とは行かないまでも皆さんの何らかのヒントにはなったでしょうか。ここで言う『皆さん』ですが、預ける作家側の視点とそれを探すお客さん側の視点どちらにとっても最良の巡り合いに通じるより強力なキーワードを是非見つけ出していただければと思います。本日はこの辺で。

→上掲画像にある『デジガ,CG,素材』検索でヒットするページはこちら


実写素材最新作『つくばの梅』本日公開!

新作タイトル:つくばの梅

梅の名所『筑波山梅林公園』を活写
このところ猛暑あり台風ありの連続でほとほと気力も失せがちですが、多くは明日からでしょうかお盆休みに入ります。高速道の長い渋滞を抜けて帰省する家族、もちろんUターン時にもそんな大混雑を覚悟しなければなりません。休みは大方16日まで辺りで賞味五日間はわざわざ疲れるためにあるような気もしてなりませんが皆さんの境遇はさて如何に。くれぐれも事故に巻き揉まれない運転を心がけて短い夏休みとは言えいい思い出を作ってください。

ところで前回、本日10日をメドに新作を発表する趣旨の予告もしておりました。という事でお約束通り毎度僭越ながら早速公開させていただきます。タイトルは『つくばの梅』になります。前回『梅』の写真とだけお伝えしていた訳ですが、「プレーンな奴と違うようだな?」的な面でご興味もひとしおであったかと思われます。つまりは撮影地域を筑波山絡みにこだわってみるという思考の元仕上げた作品という事になります。

普段『梅』写真は早春の代名詞であり主に前年の暮れ頃からおおよそお正月関連でよく見かける広告素材ではないでしょうか。ご贈答品や新年のお祝いごと、花のない厳冬期に春の息吹を嗅ぐわす効果的な格好のアイテムと言っていいと思います。がしかし今回の新作は一味違います。

むしろその素材全般からは毒々しさ不気味ささえ感じられ決して品のいい素材とは言い難い訳ですが、筑波山の中腹斜面に広大に咲き誇る他に類を見ない独特とも言えるその梅の老木に事さら妙な存在感の強さを見出せるのがこの『つくばの梅』の最大の魅力と言えそうです。

冬ともなればそれこそ標高800メートルの中腹であり寒暖差は尋常ではない筈で各々奇妙にゆがんだ幹が辿ってきた幾度ものそんな季節の移ろいを如実に物語っています。一種常識的な広告素材の枠からはみ出た形とも言えますが、むしろ個性豊かな表情が見せる意外性の面白さから素材利用の上で思いの外新境地へのアプローチが伺えるまさにビジュアル度の高い『ニッチ』な作品群と言えるかも知れません。

観光名所として冠した筑波山梅林公園という限定される地域ゆえに『観光ガイド』としての素養も加味した作りを予め意識していたのでその辺も概ね有りそうで無いビジュアル素材になっているのかなと今後の展開に自身期待しているところでもあります。是非一度以下リンクよりその全貌をご確認いただければと思います。

『筑波山』について解説
筑波山は日本の関東地方東部、茨城県つくば市北端にある標高877mの山。筑波山神社の境内地で西側の男体山と東側の女体山からなる。雅称(がしょう)は紫峰(しほう)。筑波嶺(つくばね)とも言い、茨城県のシンボルの一つとされる。
富士山と対比して「西に富士、東に筑波」と称される。茨城県の県西地方からの眺めが美しいとされる。全域が水郷筑波国定公園に指定された保護エリアであり、中腹から山頂付近は特別保護地区(自然公園法)に指定され筑波山神社境内地であり、古くから樹木および木竹以外の植物の損傷・植栽、動植物の捕獲・採取等が禁止され神域として保全されており火器の無許可使用、リード無しのペット散歩等の行為も禁止されている。万葉集にも詠まれ、日本百名山、日本百景の一つとされる。百名山では最も標高が低く、開聞岳(標高924m)とともに1000m未満の山。独立峰にみえるが、実際には八溝山地最南端の筑波山塊に位置する。火山と誤解されることもあるが、実際には火山ではなく、隆起した深成岩(花崗岩)が風雨で削られて形成されたとされる。なお、山頂部分は斑れい岩からなる。高さは長らく三角点の標高である876 mとされていたが、1999年に最高点の877 mに変更された。
筑波山は石岡市および桜川市にもまたがる。男体山・女体山山頂には筑波山神社の本殿があり、山腹には拝殿がある。『常陸国風土記』には筑波山の神が登場する。筑波山神社拝殿には坂東三十三箇所25番札所の筑波山大御堂(中禅寺)が隣接する。筑波山は、ガマの油売りの口上などでも知られる。山中には巨石、奇石、名石が数多く散在し、それぞれに名前がつけられ、多くの伝説を生み、それらに対する信仰が今日でも受け継がれ、山そのものが「神域」として崇められている(県指定遺跡)。開山以来、「結界」が張られており、荒れた時代もあったが、現在でも「霊山」であり山の万物が「神体」とされている。「夜間は男体・女体の神々が御幸ヶ原に出現する」ため「二人の遊楽を妨げてはならず入山しない」とする文化がある。
筑波山には山頂付近までケーブルカーおよびロープウェイがかかっており、これらを利用して登ることができるほか、いくつかのルートで登山道が整備されているので、麓から歩いて登頂することもできる。このほか、オリエンテーリングのパーマネントコースも整備されている。
中腹(標高250m付近)につくば市営の梅林(筑波山梅林)がある。白梅、紅梅などの約30種、1,000本程の梅が約4.5haの園内に植えられており、「木道」や「あずまや」が整備されている。早咲きのものは1月下旬から見頃となり、最盛期には筑波石の巨岩と満開の梅とが独特の風景をなす。また、好天時には富士山や東京の高層ビルを臨める。
毎年2月中旬から3月中旬に開催の「筑波山梅まつり」では、ガマの油売り口上、甘酒・梅茶のサービス、茶会などが催される。

ウィキペディアより引用)

→DEGIGA.JPサイトにて新作タイトル『つくばの梅』をチェックしてみる。


ストックフォト素材 “最新作予告”第二弾

新作予告2

前回予告から早一週間が経ちました。現在のところ預け入れした代理店の全てで当新作が公開されている状況にはなく、さてこちらの目論見通りに事が運ぶかは未だ定かではありませんが、もしも今月10日を過ぎても進展しない場合は勿体ぶっていつまでも引っ張れないので一応の正式公開に踏み切ろうと思っています。

正確な公開日はその時点で決めるつもりですが兎に角は新作予告第二弾としまして今新作(実写)素材の内容を一部ご説明いたします。正直それほど奥の深いものではありませんので拍子抜けぜず以下ご拝読ください。

撮影時期は早春です。となると答へは自ずと出てきますが、題材は皆さんも比較的被写体にしているあれ、『梅』です。実に恐縮ですがこの時点で色々とバレバレになり面白みが無くなるので当作品タイトルはその公開と同時に発表させてください。さて、それでは今回の『梅』素材は皆さんの多くが考える従来のタイプとどう違うのか、相当気になるところではないでしょうか。

直近の当ブログ内で「もっと売れるテーマに集中せよ」的なお節介アドバイスなどお話したばかりで改めて言い換えるのもはばかりますが、加えて「視点を変えれば使い道も変わる増える」となります。一概に各自がこれまで唯一取り組んできた定番的素材テーマを丸ごと捨ててまで狙いを変えていくにも実際無理が出てきます。

一年を通して常に巡ってくる好機はそう多くない訳なのでその時期ならではの旬をある程度の物量で押さえておく事は決して無駄と安易に切り捨てられないでしょう。となれば売れる売れないを度外視してもそれこそ毎年同様のやり方見方で狙うばかりでは能がありません。そこはやはり思い切った視点の切り替えが必要となります。

その分野の業界が、またそこに関わる関係者の目に留めさせる新鮮な狙い目を考え追加していく事こそ更なる隙間(ニッチ)を極める(満たす)と言えそうです。そこで今回はそんな『梅』テーマを私なりにどうアレンジしたのか。上掲画像からは殆ど理解できないと思いますが、是非皆さんもその画を起点に大いに想像を巡らしてみてください。

私の話す趣旨が素材の利用者サイド並びに同分野を志すフォトクリエーター面々に少なからず伝われば幸いです。それでは次回の正式公開を是非ともお楽しみに!

※画像中のコピーはどちらも作品タイトル名ではありません。



ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)
今日も今日とて散歩写真(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

スポンサーエリア

最新の様々アイテム盛りだくさん
安心のアマゾンでお気に入りをGET !