これにて最終章?心象風景の集大成が間も無く公開!

心情予告1


心象風景の決定版『心情』>
皆さん覚えておられますか、傍らのちょっとした何気ない風情を捉えて2回に渡って発表された素材タイトルです。その第一弾が一昨年公開の『道草』全4部作、そして去年は『面影』全3部作というラインナップでした。が、今回いよいよその最終章とも言える第三弾を急ピッチで現在準備中です。

上掲画像が予告編そのワンシーンになります。なにぶん素人で生意気にも悪ノリで575の川柳に認(したた)めました。ところでタイトル名は?そう、左端の文字『心情』何を隠そうこちらが次回作のメインタイトルになります。以前別の機会だったでしょうかこちらのブログで勝手に『心情写真家』宣言をした回があったのですが、所謂在りそうで無い写真家ジャンルといいますか、もしかして心象写真家という肩書きを謳って活動されている方がいるでしょうか。

それもあまり耳にした事はありませんが、まあ個々人好きに名乗っていれば別に他に迷惑がかかる訳でもないですし、それはいいとしまして巷での多くが撮影会や何方かの写真展会場等で結構見かけるのが名刺配り(交換)をしているカメラマンさんです。過去に私も様々な方から名刺を頂いた経験があります。多くは『フォトグラファー』と英語表記、『風景写真家』『鉄道写真家』などアマチュア作家さんに比較的目立っていたように記憶しています。


法人化してこそ本物のプロ>
プロの作家さんになると肩書きをあえて書か無い人が大半でしたが、『〜写真事務所・代表 誰それ』的な感じでしょうか。『〜オフィス』『〜スタジオ』ここら辺がベターで、勿論しっかり登記して法人化されています。「やはり本格プロは違うな」と羨む事然り、いつかは私もれっきとした屋号(看板)が欲しいと日々奮闘してきた訳ですが、兎に角先立つものもなく今だと一千万円?用立てる必要があるらしいです。なのでいきなり株式会社でのスタートなので6〜7人だったか役員も必要になってくるかと思うのですが、正直そんな人一人も居ないです。

形だけ一時身内や親戚友人を立てるというやり方もあるようですが、本当はまずいんですよねそれって。それと毎年更新があってその都度10万円程度かかると聞きます。それなりに安定して稼げないとまっとうな法人経営は難しいと思われます。それと会計(経理)などは専門会社に委託も結構手数料持っていかれるので出来れば『会計ソフト』を使いこなして自ら申告処理された方がよろしいかと、あれ?何の話だったか。


互いの人生が共鳴し合う素材>
話題を戻しまして、次回作『心情』は基本これまでの2タイトル同様に情感漂う心象イメージになります。日々暮らしの中でほぼ一年あまり周辺をうろつきつつまた遠方に出かけた際にそこで捉えた傍(かたわら)の素朴な出会いを私なりの視点で捉えた作品であり、お馴染みDEGIGA.JPサイトにて既に過去作品についてはご覧頂いた方もいらっしゃるでしょうか、殊の外感情を揺さぶる表現を試みておりますが、やはりこのタイトル『心情』が示します新作はそこをより鮮明にしている点が特徴と言えます。

心象→一方的な作者からのメッセージ、それに対して心情→見て感じて共感し合う、が重要なコンセプトになっています。『季節感の情景』に留まらない意味深い心情を以ってそれぞれの過去の記憶を呼び覚ます切っ掛けになれば幸いです。準備を迅速に行い出来る限り早めの公開を予定しており、合わせて予告編はあまり間をおかずここ『デジ画の日々』ブログにて頻繁にご紹介してまいりますのでよろしくお願い申し上げます。

それでは次回予告を是非お楽しみに。

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『道草・ダークネスウォールへの誘い』をチェックしてみる。

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『道草・モノクロームイリュージョン』をチェックしてみる。

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『道草・彷徨える路傍』をチェックしてみる。

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『道草・彩り添えて麗しきかな』をチェックしてみる。

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『面影・KAKERA』をチェックしてみる。

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『面影・追憶の果て』をチェックしてみる。

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『面影・生きてこそ』をチェックしてみる。


POWER OF EARTH『グローバル化がもたらす変革』

powerofearth


いざなぎ景気ってなによ!>
2018年も師走という年の暮れを迎え残すは僅か半月余りとなりました。ここ数日朝方など結構冷え込む陽気も相まってあれだけ猛威を振るった温暖化騒ぎはどこ吹く風といった感じもしますが、しかしながら気候変動は私たちが知らぬ間にすぐ足元でじわじわと進行しその本性を表しつつあると言えます。さて来年は広い意味で天災かそれとも人災か一体何が起こるのでしょうかトラウマのごとく不安は募ります。

ここしばらく続いている不景気市場の動向ですが、先日政府筋から思わぬ発表がありました。何を隠そうこの日本が再び『いざなぎ景気』圏に突入したというのです。私自身正直耳を疑いたくなる報道であり「どこが?」と返したくなります。

つまりは株価が上がってGDPが1パーセント越え、失業率も低下し雇用水準も好調で合わせて企業の設備投資促進の動きも活発化しているというのが主な査定基準らしいのです。ただ疑問なのは巷が示す現状は未だ鈍いという事です。一部の大手上場企業を除いて大いなる昇給の兆しは見受けられず且つリストラなどの人員整理はしきりに繰り返されており隠れブラックを筆頭に非正規や派遣枠は相変わらず拡大の一途を辿っていると聞きます。


グローバル経済の波紋>
そこに来て先般の『入管法』成立が重なって間をおかず来年度から早速施行される見通しなので今後外国人労働者の急増から果たしてこれが仕事現場にどんな影響を及ぼすのか日本の未来を多くの国民が不安視していると思われます。これ即ちインターネット網の情報の渦が巻き起こす急速な『グローバル化』がもたらした不幸といっても過言ではありません。

まず過剰な移民流入のその余波はヨーロッパからアメリカへと伝播し、復興冷めやらぬこの日本にも勿論押し寄せて来ました。低賃金労働者の確保はこの不景気に行き詰まりの危機にあえぐ特に零中小企業にとって最後の砦(とりで)であり命綱ともいえるでしょうか。一旦そこに定着すると後戻りはできません。

過酷な仕事に於いてもしっかり働いてくれる外国人に依存するのはむしろ必然となり得ました。労働条件に難色を示すようなわがままな日本人の働き口はより狭まっていくという事になります。かつてのような大企業を中核として網の目を巡らす事業形成的な市場経済システムはもはや時代遅れなのでしょうか?終身雇用制度が揺らぐ中、事業展開の人選を即戦力とばかりに人材育成が疎かでこの先を担う筈の健全な後継者枯渇も危惧されています。

常に潤っているのは上手い仕組み(仕掛け)を編み出した富裕層経営者周辺のみで、お金はその中だけで永遠に回り続ける構図に他なりません。ネットのコメント欄にはそれでも低階層を小馬鹿にする輩も多く居て、それではそんな低階層国民の仕事が低賃金を良しとする外国人に尽く奪われたら今言う勝ち組さんがこれまで通り変わらず裕福で居られるとでも思っているのでしょうか。全体のバランスが保たれて初めて『勝ち組』が温存されるのだと今一度思い巡らすべきです。


猫も杓子もサブスクリプション>
話は変わりますが、ここ最近よく耳にする言葉で『サブスクリプション販売』という商法があるのですがご存知でしょうか。一言で言えば『レンタル』販売の事で、ある一定の期間なり量なりを月々予め決められた料金設定でその商品やサービスの利用権が許諾されるというやり方です。あくまで借りる前提なので概ね私物化出来ない仕組みでしょうか。

先日もあるラーメン店でこのサブスクリプションが導入されたようで1ヶ月¥8,000台だったかと思いますがその店のメニューが別途条件付きながらほぼ食べ放題になるそうです。そしてインターネット販売のECサイトに於いては自動車の購入予約やポルシェ、フェラーリなどの超高級車までもがそれなりの料金で容易にレンタル出来るともありました。

映画やドラマ、音楽配信、アプリに関わる多くの業態でそれは可能でリアルとバーチャルの境なくまさに商売の標準になりつつあります。私の今生業にするストックフォトはその先駆けに位置しているでしょうか、重いビジュアルデータが素早くネット転送できるようになりそれまで当たり前であった紙媒体としてのカタログはいつの間にかサイト表示に切り替わり、納品も全て半自動化され人の手を介在しないAI(人工知能に任せた)構造に限りなく近づいてきました。

残念なのはこのストックフォトではその簡易さゆえの価格破壊も同時進行しユーザーのより安い商品への拡散が起こります。上記サブスクリプション販売はその過程で必然として発生したと言えるでしょうか。まとめ買いがお得という謳い文句からアマチュアカメラマンの参戦をも許す羽目となり常軌を逸した超低価格販売合戦が今現在も止まるところを知らず大いに展開中です。

他の業態はよく分かりませんが、私同様に突如泣きをみるポジションへと否応なしに追い込まれた人が結構居るのではないかと想像します。まさにこれが世界を震撼させた『グローバル革命』なのです。変革は絶えずハイスピードを保ち一個人事業者を排除やむなしの非情な市場構造はもはや尋常でない有様です。

『POWER OF EARTH』がもたらした急速且つ流動的なこの市場原理に極めて小さな個人としてさて今後どう対峙していくべきなのか、我々の答えを探す時間はそれほど残っていません。




アフロサイト必見『CGで描かれた地球』特集>
本日、あの国内大手フォトエージェンシーのアフロさんのサイトを覗いておりましたら、『イラスト・ベクターのみ』項目に新たに『地球』コーナーが設けられておりました。そのサムネイルバナーの画像に運良く私の素材が使用されています。そしてこちらは最新納品日順と思われますが、その先に進みますと前半に私の新作素材でありますタイトル『NETWORK MIND』に含まれる『地球』パターンがババッと大量に表示されていました。これは大変有り難くまこと感謝しかありません。

という訳で今回は『地球』素材を上掲してみました。年末から新年、そして4月の新年度に備え、ダイナミックな地球素材は如何でしょうか。デジタルが巻き起こす壮大な変革のドラマのど真ん中にグローバルというキーワードは外せません。地球イメージはその最たる最強アイテムと考えられますのでこのタイミングで何卒積極的なご活用をお願い申し上げます。

→アフロサイトの新設『CGで描かれた地球』項目をチェックしてみる。

→DEGIGA.JPサイト内のセレクトページ『地球RM』をチェックしてみる。
※こちら『地球RM』セレクト作品は全てRM(ライツマネージド)販売形態なのでオリジナリティが際立ち使用時の他社バッティング回避にも有効です。

本日、新緑画像素材の最新作『うららか』が公開!

新作『うららか』



名付けて『うららか』>
関係者各位の皆さんお待たせいたしました。無理やりこの日まで強引に引っ張った新作予告を経まして遂に本日待望の大公開のタイトル『うららか』をご紹介いたします。『うららか』と聞けば自然と春を醸すあのほのかなムードが漂うでしょうか、その言葉から当然のようにそう思えるかと存じますがこのタイトル名に辿り着くには試行錯誤がありました。

『新緑〜』『春の〜』とか、『みどり〜』云々など何処でも見掛けるオーソドックスなものばかりが頭をかすめ中々ピタッとハマるイメージが湧いてきませんでした。不思議なもので今回とは全く関係ない別の記事を読んでいた時に偶然そこに綴られていたのがこの『うららか』だったとはまあ奇跡と言えばそうなります。「嗚呼なるほどね」そんな気分だったでしょうか。

とにかくはタイトル名も決まってホッとした訳ですが、前回の予告で少し書いた中で代理店にストックされる新緑素材といえば『多くが似たようなイメージが大半』的な指摘から、さてそれでは今回の自らの捉え方はどうだろうかと改めて振り返ってみて、一通りざっと見て残念ながらそんなに他との大きな違いは感じ得ないというのが率直な感想です。

春の日差し、緑の葉、見上げる木々、青葉の輝き、俯瞰風景、流し撮り、池のほとり、休日のひととき、接写からロングに至るそれなりの捉え方はこれまでも多くのカメラマンによって撮影されていますし、むしろその強豪にはこれでもかというテクニックと意表をつくドラマッチックな場面描写などその素晴らしい表現力は多岐に渡るはずです。

私の場合今回は地元周辺を行き来しながら身近で素朴なありふれた被写体が多く、内外合わせた有名観光地や謂わば秘境地帯の一般に馴染みの少ない絶景がある訳でもありません。最近ならきっとドローンを駆使した空撮のあれこれが人気と思われますが、それもありません。当新作をチェックされて「この程度か」とおおよそヒントになる要素は薄いと言われればその通りです。


テーマは『暮らしの中の素朴な風光』>
しかしどうでしょう、実のところ『素材として重要なのは何か』そこが一番の肝でありそこには背景画としての使命とともに人の暮らし(風情)穏やかな癒しの空間であり追求の本質の相違拘りは常に各個別にあって当然です。しかしストックフォト素材が相当数で飽和する最中だからこその今まさに見失っている部分が何処か、何が足りないのか、ユーザーの求める真の価値とは何か、価格差だけで解決できない、より重要なメリットを提示できるか否か、今一度そこに寄り添いつつ集中しファインダーを覗いたのがまさしく今回新作の『うららか』なのです。

如何にもが全面のこれまでの平面的な新緑イメージをよそにあたかも丸く包み込むような緑の抱擁感を各カットともにふんだんに表現しています。思い出としての季節の記憶をもまた呼び覚ましてくれるでしょうか。つまりそこにこそ写真の力を注ぎ入れて初めて素直な肌触りが伝わって来るのではないかと考えます。当新作『うららか』では新緑に混じって桜がほのかに咲いて、さらに池の鯉や水面の光、祭りの余韻、典型としての人物等々、そこから紐解けるであろう季節の風光をじっくりゆっくり嗜んでいただければ有り難いです。

→DEGIGA.JPサイトで新緑画像素材『うららか』をチェックしてみる。


来月公開!新作予告最終弾『緑がモワモワ』編

新緑シリーズ新作の予告編最終弾

ボケ具合が凄まじい>
今回が次期新作『新緑』画像素材の予告編最終回となります。こちらの画像は「何?これってどうやって撮ったの?」と聞きたくなるほどに異様なソフトフォーカス感が溢れています。実は相当以前に試しに購入していた特殊なソフトフォーカスレンズを使用して捉えたものなのですが、最近はこのようなレンズは発売されているのでしょうか、あまり聞きませんね。

確かニコン(ニッコールレンズ)単焦点タイプの中望遠レンズにそんな機構が組み込まれていて、絞りリングの調整次第でボケ具合や質をコントロールできる当時は画期的ともいえ一時は注目もされたようですが、その後製造は終了しました。価格もそれなりに張ったと思いましたがその辺がネックだったのでしょうか。

私の購入したレンズはそれほど高価なものではありませんで、今も変わらず新聞広告でよく見かける通販レンズに近いと思います。やはり当時は各カメラ雑誌でも大きく取り上げられてまた思いの外格安とあって購入者も多かったのではないでしょうか。レンズマウントは注文時に販売窓口に伝えてはじめからネジ止め固定で配送される仕組みでした。

このレンズめちゃくちゃ>
その名を『キヨハラ』レンズと言います。焦点距離は2種類選べたでしょうか、価格は当時3万円しなかったと記憶します。今も防湿庫に大事に保管されているというマニアさんもおられると思いますが、たまに外の空気を吸わせて上げては如何でしょうか。

こちら上掲画像はおよそ1メートルの距離から撮影しています。勿論当レンズはマニュアルフォーカスでピント合わせはファインダーで確認、ただ残念なのがヘリコイドに記される距離目盛がかなりいい加減らしくファインダー内の合致画面と比べて焦点の距離によっては数メートルものズレが確認できます。距離メモリを信じて予めピント位置を固定で狙うには不向きと言えます。

更に問題なのはファインダー直視によるそんなピント合致位置でもピンボケが起こるという事です。とても厄介な癖の塊レンズで取り回しにはそれなりの工夫が伴いますのでそこは覚悟が必要です。私の場合は試写を繰り返しヘリコイド(ピント合わせをする鏡胴部)に別途印を付けてそこを基準に、やや運も含めて構図決定以外ノーファインダーの目測で撮影距離を定めています。面白いものでその状況でファインダー視はピンボケでも写ったデータはジャストピントなのがほんと不思議に感じます。


遊びごごろが蘇る逸品>
そしてもう一点がボケ具合の調整です。どのレンズも絞りを開けて開放値に近づければピントの合う範囲が徐々に狭まりそれなりに背景のボケ度も強調されます。アウトフォーカス即ち味わい深いなんとも言えぬその場のニュアンスが生まれるそこにこそ本来写真が持つ楽しさがあるのかも知れませんが、この当レンズ使用時仮に絞り開放で撮影したならボケが凄すぎて訳が分からないまでの描写に陥ってしまいます。被写体のコントラストある無しにも関連して見え方が極端に変化し過ぎるのでこの点でも構図に工夫や注意が必要になるかと思います。

撮影表現は無限ですので是非このようなレンズを積極的に使用して一般の思考を超える独特な写真にチャレンジするのもオススメです。ヤフオクとかアマゾン等ネット通販でチェックしてみれば程度はともあれ、もしかするとどこかの誰かが捨て値で販売している可能性があります。

という訳で今回は次期新作紹介と合わせて不思議なソフトフォーカス『キヨハラ』レンズをご紹介いたしました。さていよいよですが来月3日(月)、『新緑イメージ』の新作素材を公開させていただく予定です。お楽しみに!

個性的な作品が豊富に揃うDEGIGA.JPサイトを覗いてみてください。(直リンボタンで速攻購入)


来月公開!新作予告第四弾『菜の花』編

次期新作の予告編第四弾


まさかの菜の花?>
上掲画像を見てお分かりかと思いますが、確か今回の新作テーマは『新緑』と以前より盛んにお伝えしていた訳なので「あれ菜の花?」と疑問を持たれた事でしょう。ただあくまでもという前置きで恐縮ですが、皆さんもご存知の通りやはり『新緑』の頃の時期は其れ相応に春の息吹を様々味わえるタイミングでもあります。

勿論地域や山の懐など幾分早春の気配が残る場所ではこの新緑の鮮やかさと同時に『梅』『桜』がしぶとく咲いているというのはあるでしょう。次期新作にはそんな季節の微妙な変化移り変わりを示すカットも多く含んでいます。つまりは春から初夏へと日ごと賑わいを増しつつある緑の情景イメージと言えばより分かり易いかも知れません。

そんな意味合いから今回の『菜の花』などはまさに春の定番に相応しい被写体の一つです。そここことふらふらロケハンを繰り返し移動している中で時にこの絵のような場面に遭遇する事が結構あります。畑に広大に植わる菜の花の絨毯もいいですが、土手の遊歩道沿いを左右取り囲むように咲く菜の花も素朴且つメルヘンチックでそれはそれで格別です。他のカットではそんな遥か遠方にカーブして伸びる遊歩道と菜の花との組み合わせバリエーションが数点ありますので、公開後はそちらもぜひご覧いただければと思います。

今日は月末押し迫る26日という事で予告編シリーズもいよいよ佳境を迎えました。多分次回あたりが予告編の最終回になると思いますが、より質の高い画像をご紹介できれば幸いです。乞うご期待!

個性的な作品が豊富に揃うDEGIGA.JPサイトを覗いてみてください。(直リンボタンで速攻購入)


ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)
今日も今日とて散歩写真(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーエリア

最新の様々アイテム盛りだくさん
安心のアマゾンでお気に入りをGET !