その後に求められるストックフォト素材とは?

amanaimages:RF独占(10327000403)

昨日来日したトランプ大統領夫妻ですが、娘のイバンカさんも含めこの緊張度が高まる朝鮮半島のすぐ脇の日本に現在滞在しています。少し前のベトナム戦争で言えばあの戦争映画『地獄の黙示録』の最前線に赴いているのと同等かも知れず防衛の要である自衛隊や都心を中心に日本警察の最高レベルでの警戒が続いているのでしょう。

確か京都で『爆破予告』を流した愚か者がいたようで総勢一万人に影響が出たと報じていましたが、ただもしもこの犯人が実際に爆発を起こそうとするならば「爆弾を積んだトラックがその通りを通過します」とか「爆弾を巻いた少女が何々商店街をうろつきます」とわざわざ事前に報告する筈もありません。中東の多くの爆弾テロを鑑みてそれは予想外の場所で突然起こるものです。

ある程度は政治的側面からトランプ氏来日に反感を持つ輩ではないかと推測出来ますが、かこつけた愉快犯の可能性も考えられます。いずれにしても本人に関わる何らかの世相に対する反発が招いている事が伺えます。さて今後歴訪する韓中そしてロシア(APEC会議)でトランプ氏は各国上層部に有事に向けてどんな説得を試みるのか、いよいよ戦争危機は最高潮に達したと言えるかも知れません。

amanaimages:RF独占 (10327000403



ところでそんな半島情勢の中、我が国はいわゆる蚊帳の外です。もしも有事勃発であれば燃料補給やその後方支援、ミサイル防衛、難民対策に徹する以外にないのが実情です。アメリカの驚異的な先制によって北の反撃もままならず相当に運良く思いの外呆気なく終わって正恩氏はロシアへと早期亡命もしくは戦死、司令塔を失った祖国はもぬけの殻と化し米中露による核廃棄も睨んだ再統治会議がその後頻繁に行われるのでしょうから立場上権限の弱い日本や韓国はその推移をしばらく見守るしかないと思われます。

そんな中にあっては内外需ともに経済活動は混乱を来たす事からこの私が生業とするストックフォト稼業にもその余波は避けられません。ただでさえ低迷している現状がさらに悪化する事は確かでしょう。となれば当然ながら今から何か別の方策を練っておく必要性が出てきます。

これまでの広告画像(動画)素材といえばもっぱらハッピーで前向き、優雅なひとときを演出する素材が当たり前にほとんどだった筈です。しかし社会構造のさらなる下降と低迷はそんな浮かれたムードを許す筈もなく、まるで風評の如く極めて現実的な思考が世間一般に広く拡散するだろうと思われます。

今は相当な格差社会と聞きますが、かろうじて災難を逃れたお金持ちがもしもそのゆとりをひけらかそうとすればたちまちの内に非難が各地域で高まり紛争国のようなデモや暴動、略奪が横行するやも知れませんしかつて叫ばれた『贅沢は敵』という流れは日増しに強くなっていくであろうと私は一抹の不安を感じています。戦争とは一口に言ってもその戦後処理に手間が掛かるのです。

それではそん中のストックフォトの存在感とは果たして如何なるものなのでしょうか。そもそも企業にとってどんな広告が理想なのか、その辺を読み解く以外にありません。まずあの東日本大震災と原発事故後のテレビCMや当時の放送番組を思い出してください。

当時、『何しろ国民を元気付けよう』を主とする広告が結構頻繁にあった気がします。新製品やサービスがどうしてもこの場に及んでなお金儲けとして映り余りに露骨で、企業側の配慮からやや訴求効果を削いだ感はあったように感じます。それとACのコマーシャルも目立ちました。一時期企業の広告枠が相当に空いたため急遽差し込まれた部分です。

それだけ広告量が減っていた訳で、ストックフォトの使途の限界をも暗示していたように思います。あれから7年経ちストックフォトは現にこの有様です。戦争が起こればそこは似たケースで再び覚悟しなければならないのでしょう。さてそれでは今のこの時点で何を準備するのがベストなのか、その人なりの感性や捉え方はあるでしょうが実は簡単です。

感受性に訴える『暖かい』『優しい』『頼もしい』『力強い』『希望』『前向き』『右肩上がり』などポジティブイメージ、その真逆に辛さを受け入れるキーワードとして『寂しい』『独り(ひとつ)』『悲しい』『不安』『低迷』『絶望』などが挙げられます。もしもあなたが『花』の写真が好きであれば、漠然とただ綺麗に捉えるのではなく人の感情を映したような思い切った表現を試みる事です。

ファインダーを覗くとついつい目の前の物質的な形や色彩にあんに捉われ過ぎてしまう傾向の人は多いと思いますが、そこを「どう当事者に伝わる感情表現ができるか」に気持ちを切り替えて引いて眺める事でまた違った新鮮なニュアンスを捕まえられるかも知れませんし、それが結果的によく売れる素材に成り得るのです。

有事はもうそこまで来ています。作品の預け入れ先の選別もさる事ながら自身の生き残りのために一枚でも多くの適時適切な素材を制作しておこうではありませんか。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

RM(ライツマネージド)素材は復活するか

amanaimagesのRM素材_00330000871A


久しくRM(ライツマネージド=本質貸し出し)素材について語っていないように感じます。今や画像(動画)素材の殆どが広告のネット配信が著しい中、もはやその使い捨て当然を建前にどれもがピンキリ価格で販売されている情けない状況といえるでしょう。

大手企業でさえ入れ替えが頻繁なリスティング広告を中核とするネット配信であれば、その都度なるべくならローコストに抑えたいが心情な訳なので画像素材などある程度目的に即していればマイクロストックもしくは格安なサブスクリプション購入(数量と期間がセットのまとめ買い)が順当と言えます。

上掲画像:amanaimages預け入れRM素材(00330000871A

それではかつて普通に繁栄していた上述のRM製品は今どうなっているのでしょうか。実際のところ私のこれまでの販促データでしかお応えは出来ませんが、ここ数年は兎に角毎月の売り上げの中のほんの数点という有様です。それでも全く売れていないという訳でもなく微々たる数字とはいえ取り敢えず利用される方は今もいらっしゃるという事です。

世間一般では印刷媒体が急減しているもののそれでも大手書店の棚に溢れる書籍等々の出版物の膨大な量からして、そこはまだまだ利用されていて当然ですし表紙への活用であればなるべく広く出回りずらい絵柄を選択したい筈なので、必然的にある作家から直接拝借するもしくは所謂RM素材に行き着くのだろうと推測もできます。

RM素材の場合は勿論金額もそこそこよく私について言えば用途やサイズ・貸出期間によって一点が数万円から時に数十万円に達したりもしてそのお陰で悪い月の底上げに繋がったなどこれまで何度となく助けられています。最近も今年に入って一度だけ10数万円で売れた月がありました。こんな話をすると底値販売を主とするマイクロストック会社お抱えの作家さんの耳には疑わしく聞こえるかも知れませんが神に誓って本当です。

以前もこのブログで書きましたが、「超低価格ギャランティのマイクロなんかやめて大手老舗ストック会社と契約チャレンジしてみたら」を事あるごとに言っていた記憶があります。私が時々チェックする有名どころのマイクロ会社サイト上に並べられる写真素材に関して言えばそのセンスや技術はここ数年プロアマ関係なくかなり拮抗しているなと感じています。

私から言わせればその力量があって実にもったいない訳です。聞くところに「売れない売れない」と嘆く人も多いようで、それはそんな販売代理店側の販促システムに問題があるから売れないのです。簡単に言えば「そのものズバリ、お金まわりの悪いケチな分野に売っている」という事です。

確かに力不足で売れない人もいるでしょう。それがテーマのズレかそれとも捉え方なのか、はたまた安易なスマホ撮影が原因なのかは知りませんが『売れない』にはそれなりの立派な理由が存在します。少なくとも力があってそこそこ広告素材の何たるかを理解している人で同様に『売れていない』とすればやはり代理店とその販路に問題があると思われるのです。

同じ数量が売れてその差が歴然と違っているのもまた事実です。仮に10点売れたとしましょう。マイクロでは高々一点¥2000が精々で大半は先の『まとめ買いコース』で一点¥100前後になると思われますので、全体でいいとこ¥2〜3000も行けば御の字なのでは?片や老舗大手代理店経由だと最低でも一点が¥2500〜5000ほどになり単品売りの通常価格なら売り切り御免のロイヤリティフリー素材でさえ¥7000〜10000強の値が普通につきます。

であれば掛ける10倍ですから少なく見積もったとしても最低¥50000以上は間違いなく確保できるでしょう。売り上げダウンで日頃嘆いている身とはいえ、ただこれでは当たり前ですが正直家族持ちの私は生活していけません。なので毎月何点販売されて最低どの程度の報酬を頂けているかは察しがつくと思います。当然プロで食っていくという事は商売の何処を追求していくかに掛かってくる訳で、もしかすると私なんぞよりバッチリ稼げる人が未だマイクロでピーピーしていると思うと実に残念でなりません。

ここで今タイトルのRMの話題に戻りますが、それでもそこはやはりRM販売レベルの素材が求められます。預け入れ窓口のセレクト担当者さんは高学歴であり都内中心部でお給料を頂けるほどに高度で専門の知識を持ち合わせ極めてその感覚に優れており広告の現場を経験上相当に熟知しています。時代の変化でしょうか、私などもここしばらくはその厳しい審査を悉く体感していて仕入れ素材を300点としていいとこ2割の60点弱、酷い時は10点行かないなどという事も頻繁に起こっています。

相当に壁は高いと思いますが、預かってくれさえすれば望みは高まります。そして次の関門がその預かり総数です。私は現在、概ね国内大手3社に預け入れしていますが、多く預かってくれているところでおよそ12000点、ご存知のあのセレクトに厳しいアマナさんでも動画も合わせれば6000点ほどにはなるでしょうか。

上手いこと攻めている作家さんであれば3〜50000点超在庫されている人もいると思われますので、こんなご時世でもそこそこ潤っていて何ともやるせませんが、目指すはあくまで売れそうな素材を最低でも10000点というところでしょうか。また話題が逸れましたが、まさにRM素材とは『売れそうな』が最重要キーワードになります。どの業界分野がどれほど予算を立ててそんな効果的な素材を探しているのか、想像してみてください。

今後間違いなく流行りそうなサービスや商品、常にアンテナを張って世の潮流をすかさずキャッチする事で時に数十万円で取引される素材作りに繋がるのです。何を写し作りどう形にしていくのか、RMの大いなる復権の可能性をこれからも前向きに掘り下げつつ皆で追求し真のプロフェッショナルクリエーターの道を是非掴み取ってください。



degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

CG地球素材『EARTH UP』契約代理店で全て出揃いました。

タイトル『EARTH UP』3社出揃う


以前公開いたしましたCG素材のタイトル『EARTH UP』につきまして、遅ればせながら昨日に最後の代理店さんのサイト売り場に当作品群がラインナップされ、遂に全ての契約代理店にて正式公開された形となりました。ここでは具体的な代理店名は明かせませんが、毎回ですが兎に角サイトアップが遅い。他社さんに比べてまず優に2ヶ月以上はかかっているように思われます。

しかしながらそのセレクト数はまあままあ納得のいく量であり、正直あのアマナさんの厳しいセレクト結果に比べればまさに天国と言えます。実のところより多く売上に結びついてなんぼという結果が全ての世界なので多く預かってくれたから良かったとは勿論早々に言えるものではありません。少しでも多くより短期で動いてくれる事を切に期待したいところです。

こちらのタイトル『EARTH UP』はアップ作業の速かった代理店さんでは既に若干ではありますが数点の動きが確認されています。やはり何と言っても地球ものは人気があるみたいです。世界中がしのぎを削るグローバルイケイケのこのご時世であれば広告素材はもっぱらそんな栄えあるグローバルビジネスをイメージ化した画(え)になり易いのも頷けます。

地球イメージというのはいわば普遍的でCG製品の中でも強い素材の内に入るのではないでしょうか、多分。ただライバル(同業者以外含む)がこのところ多くなってきているのも事実です。「俺もあれと同じに作ってみようか」「ストックフォトで見かけたあの地球だけど、作るのおたくの事務所で頼むわ」「マイクロ預けだと1点が¥500的な、やってみっか」等々、そんな方々がかなりの精度でほぼ同じイメージに仕上げてくる事から商売敵(がたき)というよりは私にとっては余計な困った輩さんに他なりません。

人のものを見ればそりゃあ、あとはその人なりのテクニックがあれば十分でありバリーション等も加えれば相当な数をこなすのもそれほど苦ではないでしょう。言って見ればそれもこれも金儲けの一環、生き残るための一手段となれば残念ながらそれがプロ社会の掟であり現実逆らったところでどうする事もできません。

相当前に一度このブログでも書いたかも知れませんが、過去の苦い経験をお話しさせていただきます。ある朝犬を連れての散歩の途中近所のショッピングモール(商業施設の集まり)のまだ扉の閉まる静かな外通路沿いを行くと何らかの大型ポスター1枚が目に飛び込んできました。それは数機のセスナがのれんを引っ張って飛行する画面いっぱいに描かれた画(え)でした。

のれんにはイベント内容や日取り等の情報が書き加えられているのですが、そんな事よりもまず気になったのが「あれ、これって俺の作ったやつに似てるな」です。帰宅したのち早速自身のストックフォト素材に目を通すや、それが信じられないほど酷似しており驚愕しました。飛行機の数と配置、アングルからのれんの形状まで自身の画像をトレースしたとしか思えないものだったのです。

専門業者とあってセスナの描き込み(この場合は3Dモデリングとテクスチャ)は流石にリアルで実写さながらの出来栄えで、その当時は『所詮勝ち目なしか』と、うな垂れるのみで預け入れする代理店さんへは通報せず、またポスターの出どころ(イベント企業)にも内容一連のクレームさえ入れず、今となってはほんと悔やまれる素人対応でした。

今は分かりませんが聞くところに、デザイン事務所ないしはそこに関わるクリエイティブの請負業社など多くがストックフォト素材を下見して小画像をダウンロード後それを下地に作り変えるなど当時は至って当たり前に行われていたようです。実に嘆かわしい限りですがそれが現実なんでしょう。

我々のような個人作家の環境といえば今やデフレ脱却は夢と消えそうです。時代がどう変わろうとも仕事自体が売れてなんぼなのでそれ以上の生活保障はまったく期待できない訳なので概ね支払いの単位となる毎月が常に綱渡りでありギャラの報告確認はここに来てもはや恐怖以外の何物でもありません。

今回晴れて大手3社の代理店売り場に当作品群が出揃った事からより効果的に作用してくれる事を祈るのみとまあ、毎回同じ事ばかりほざいている私の人生はさて今後どうなるのでしょうか。また今シーズンも寒い冬がやってきそうなそんな気分でいます。

→使えるか否かはともあれ、CG地球素材の『EARTH UP』見てやってくださいませ。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

本日より販売開始!新作『面影』全三部作が完成しました。

面影シリーズ三部作

お持たせしました。先月末に予告しておりました新作ですが、この度、本日、DEGIGA.JPサイトを更新し正式公開いたしました。メインタイトルは『面影(おもかげ)』で更にサブタイトルとして三部門を設定。各テーマによって様々な雰囲気を味わって頂けるのではないでしょうか。

全体のムードでは昨年同時期に発表しました前作の『道草』の所謂続編の形をとっておりまして、素朴な路傍のスナップが主体となる構成です。ただ以前の全体的にダークな要素は控えめに今回は比較的カラッとした風合いものが多く見られるかと思います。おおよそ丸一年を通して捉えられたそれぞれのカットからは季節の移ろいや撮影された時間帯、そして現場の状況など詳細に伺え知れる面もひとつの面白さかと思います。

私が考える心象風景とは一口で言うと『心の絵』です。前回にもお話ししていましたが自らを『心情写真家』と位置付けており、一方的な主張で見るものに訴えかけるのではなくあくまでその画の中で他者との心情が共有できる作風を目指して参りました。つまり今新作三部作がその一つの答えと言っていいと思います。

一般にストックフォト素材検索の殆どに言える事ですが、まず何と言っても目的画像への辿り易さだと思っています。各販売代理店のそれぞれの項目やカテゴリー分けを拝見する限りではこのような『心象風景』というそこに付随するジャンルはどこを探っても全く存在しません。あくまで目的に絡んだ対象を言葉として羅列するのみです。聞こえが単純なのでクリックのし易さからすれば大変結構な訳ですが、そんな中に抽象的な表現項目など設けてもいいのではないかという点然り、余りにオーソダックス過ぎる区分けなどこれまでのルート検索方法には多少げんなりもしています。

発見を発端に生まれる新たなイマジネーションの創出に広がりを持たせ、そこへ的確に促していく代理店としての使命としてそこはやはり意外性のあるルートへの誘(いざな)いを意図的に仕向ける以外あり得ません。私のようなスタイルの作家さんも少なからず居てもちろん似た方向性の作品を預け入れしているに違いありません。また特異なテーマ課題から探す側のお客さんの立場にしても目的如何によっては検索キーワードに迷う場面もそれなりに起こっているのではないでしょうか。

もしもこの文をお読み頂いた代理店関係者がいらしたならば是非新カテゴリー分けとして更なるひと工夫をお願い出来ればと期待いたします。前置きが少し長くなりましたが、それでは早速以下のリンクより新作『面影』シリーズ全三部作をまずはご覧ください。

→DEGIGA.JPサイトトピックスページにて『面影』三部作をチェックしてみる。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

※今新作『道草』シリーズDVDメディア販売は終了しました。
※今新作『面影』シリーズは現在DVD販売はしておりません。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

ただいま新作公開の準備中!

omokage_ティザー

昨年登場のあの『道草』シリーズ全4部作から丸一年。新作として独特のタッチを引っさげて再びこの場所に帰って参りました。前作シリーズを彷彿させるその心象風景の数々に更なるイマジネーションは高鳴ります。画像が醸し出す唯一無二のその静寂の先に覗く答えをご自身の感覚で是非探し当ててみてください。

公開は10月初旬を予定しております。乞うご期待!



degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)
今日も今日とて散歩写真(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

09 | 2021/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

スポンサーエリア

最新の様々アイテム盛りだくさん
安心のアマゾンでお気に入りをGET !