為になるシェア第三弾。『写真家が教える、ポートフォリオのつくり方 鵜川真由子』

©UgawaMayumi_Images

皆さんの本業は勿論分かりませんが、仮にプロの請け負い写真家(カメラマン)業を営んでおられる、ないしは目指して専門学校等に通われているなどの場合にまず名刺代わりの筆頭に挙げられるのが、これまでの活動内容や経緯経歴、作風といった自身の魅せどころをアピールするポートフォリオです。

簡易写真集とも言えますが、その攻め方にも色々とノウハウが詰まっているようで、文章は写真家の鵜川真由美さんへのインタビュー形式で構成されています。

「私は他の作家さんとここが違います。〜ダラダラ」と慣れない辿々しい発言に代わってそのものズバリで相手にインパクトを如何に与えられるかはその出来具合で左右されます。ちっとネットでそんな為になりそうな記事を見つけたので、自分に関係有る無しに関わらず多少の知見の習得と武器ともなり今後役立つ場面もあるかと思うので是非一読してみては如何でしょうか。

以下をクリックすると直接当該ページにリンクします。

写真家が教える、ポートフォリオのつくり方 鵜川真由子

カメラ初心者にうってつけ!為になるシェア第二弾

前回は『肖像権』の為になるサイトをご紹介した訳ですが、今回はシェア第二弾としまして、写真撮影(作品作り)のまさに基本中の基本を伝授してくれるサイトをご紹介させていただきました。これから本格的に写真に取り組みたいと思っている初心者さんは勿論ですが、既に『極めた』という貴方、そう貴殿です。

物は試しと思って是非一度覗いてみてはいかがでしょうか。実は私も改めて勉強させていただきました、本当です。


今回のシェアはこちら→カメラ初心者が知っておきたい、デジタル一眼レフカメラの基本が学べるサイト22選


しかし不思議なんですが、過去のブログでもお話しした事であのフェイスブックに毎日欠かさず、昨年暮れ(12月22日からだったか)1280ピクセル大の画像を今もアップし続けています。朝愛犬との散歩途中で見つけた気になる被写体を撮影して概ね『今日の発見』と表題つきで投稿して毎回1点ずつではありますが、早160点を超えたところです。

昨日投稿した作品が以下の画像になります。

雨上がり
※FB投稿時は純粋に写真のみ(名前なし)

気が向くと時々やるのですが、この画像には表題に加えて『雨止んで空青く。』という一文を書き添えてみました。先月突如発生した熊本地震で苦しんでいる地元の方々もそうですが、色々と悩みを抱えて辛い日々の中明るい未来を信じ懸命に今を生き頑張っておられる方など、そんな境遇に少しでもより添えればとの思いからの写真と言葉だったのですが、どうも現在のフェイスブック友達(承認済み)の多くにうまく伝わらなかったみたいで、いつもの常連さん数人の『いいね!』だけでした。

日頃の投稿写真に入る『いいね!』の数と同じかそれ以下だったのでとても残念な気持ちになりました。もしもこれがある写真クラブの例会時もしくは地方で催されるコンテスト向けのエントリー作品であれば、経験上上位に食い込んでもおかしくはないと思っています。

フェイスブックを始めて以前から気になっている事に、ことごとくある特定の方を崇拝しているかのような『いいね!』やコメントが実に多いという事です。『今日は疲れました帰って寝ます。』みたいな状況報告にも関わらず100いいね!が来ていたり、やたらと『先生』を連呼していたりもしていますが、そういう方々は作品の閲覧というよりもつまりは有名人とのやり取りが光栄であり楽しい訳です。

タイミング的にたまたま私の投稿画像を見ていない方も多くいらっしゃるのかとは思いますが、殆どの場合『存じ上げない方に対しては無関心』というのが正解なんでしょう。敢えてここで見て通り過ぎた方に言いたい。「作者云々はどうあれ、写真が好きなのであればせめてそこに込めた思いだけはすくい取ってくださいませ。」と。

『いいね!』の数がまとまる事でリンクがリンクを呼びながら伝わるべき人・場所に届く可能性もあるのでしょうに。

肖像権についての記事をシェアしました

素材の無断使用例

『肖像権』について為になるサイト(ページ)を見つけましたのでシェアさせて頂きました。以下のリンク先に詳しく書かれていますので是非ご一読ください。

シェアはこちら→「肖像権」とは何だか知っていますか?


ストックフォトというとざっくり言って権利商売な訳です。結構いろんな意味で被写体も含め様々な権利が絡んでいる事はご存知かと思います。撮影者並びにイラストなどの制作者ですが、そのストックフォト素材を生み出した側が持つ著作権というものがまず存在しいかなる事案であってもついて回ります。

第三者が当該制作者に断りもなく勝手に使用したり販売する事は当然ながら法律違反となります。制作者や関係代理店が訴えれば即裁判になり正当な理由がない場合はそれ相当の賠償金が請求され、裁判費用のほとんどを敗者側が自腹で払う事になります。ほんのちょっと自身のサイトに貼ったというだけでも罪は思いの外重いと覚悟しておきましょう。

作品を生み出す際の撮影者(イラスト制作者)も同様で、もしも被写体(制作対象)の著作権、肖像権、意匠権、プライバシーを損なうような行為があった場合などは当然当事者サイドから訴えられるので、特にネットがはびこる今般は相当な警戒を持って制作(取材)に当たる必要があります。

よく話題に上るのが、マイクロストックで扱っている作品の一部にトラブルが発生する問題です。最近は審査もこれまでの老舗代理店と同様に厳しくなっている事から後で問題を起こすような事も減っては来ているようですが、それでも作品を預け入れしている人の大半がアマチュアカメラマンで、使う側もそうですが少なからず権利に対して無頓着という危険を常にはらんでいるのは事実です。

それなりの企業があまりマイクロストック製品を購入しない理由はそこにあります。しかしながら今のような厳しい経営環境の中、経費節減を迫られれば少しでも安価な商材を選択せざるを得ず一部の企業では大手でもマイクロストック一本に絞っているところも散見されるようになりました。

また、マイクロといってもそれなりに高品質素材をラインナップに加えて老舗エージェンシーとそれほど価格が乖離していない価格帯も出始めたようなので、いずれは作品の水準が全体的に上がって下々の安かろう悪かろう素材は自然と淘汰されていくのだろうとも推測されます。

いよいよ最長10日間余りのゴールデンウィークがスタートした訳ですが、より多額の副収入をゲット!とばかりにカメラ片手にストックフォト素材を求めて各地に出かける機会も多いかと思いますが、是非その辺の最低限のマナーとルールを念頭に取材活動を心がけてください。

ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)
今日も今日とて散歩写真(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

スポンサーエリア

最新の様々アイテム盛りだくさん
安心のアマゾンでお気に入りをGET !