広告素材のバロメーター!デジ画の日々 

お馴染みFEATUREセレクトページに『ハイテクセレクト』が追加!

ハイテクセレクト新登場!

もう久々になります。最後の更新は先月初めだったでしょうか。一ヶ月強のブランクを経て昨夕『ハイテクセレクト』がDEGIGA.JPサイトのあのFEATUREセレクトページに新たに加わりました。今の世の中デジタル革新が世界的な潮流とあって絶えずしのぎを削る多くの所謂ハイテク企業にとって製品のより効果的な宣伝戦略は欠かせません。

まず訴求の常套手段といえばイメージ戦略ではないでしょうか。イメージといえばデザイン。『如何にも』を買い手の目にしっかり焼き付ける事は相当な効果を生むに違いありません。何しろ視覚は五感の中で最も強い刺激を受けやすい部分でありそれによって人は普段以上に想像し衝動が掻き立てられる事象はこれまでの心理研究でも既に明らかな訳です。

となれば言わずと知れた商品サービスの要、それが『ビジュアル素材』となります。今の世の中はまるで未来映画を見ているような錯覚に陥るほどにバーチャルなものに溢れかえっているとは思えないでしょうか。ゲームしかり映画しかり当然その技術は各方面のコマーシャルで頻繁に活用されています。

オーバーヘッドモニター装着によるリアルな擬似体験や体感的視聴を可能にする4Dシネマ、街中ではスマホを使ってAR(拡張現実)を気軽に操る事もできます。そこに勝機を見出した企業が盛んにそんな真新しい新手の広告戦略を画策しさらにその進化はもはや尋常でないところまで来ました。

まさにハイテクの黄金時代を迎えたと言っても決して過言ではありません。そんな最中にあって欠かせないのがハイテクバックグラウンドになります。これまでも様々なその時代に即したデジタル系ビジュアル素材が登場しそれなりのハイテク(以外も含め広く)企業の多くに利用もされてきた訳ですが、うかつにも現代にマッチする素材がどれだけあるのかといえば以外にその数の少なさに驚かされます。

実際は過去の使い古しばかりの素材が目立ち「とりあえずこれでいいや」的な解釈で使われるパターンが大勢を占めていると思われるのです。やはりここは多少でも普段大手販売代理店の巨大な販売棚の裏に隠れてお目にかからない、実は結構今イケそうな素材が間違いなく存在する訳で、まさしくそこに光を当てようと思い立ったのがこの『ハイテクセレクト』企画なのです。

今年もあと一ヶ月余りで終りを告げる訳ですが、新年早々特別分厚い新聞が届く元日に載る膨大な広告を思い出してください。その多くがおよそ大企業でやたら目立つ今年の誓い的な文に新年挨拶が合わせて書き添えられています。そしてその背景に多いのがテクノロジーやグローバルそしてダイナミックな地球画像ではないかと思うのです。

エコロジー、教育福祉、物流、保険、身近な各種ハイテク機器の紹介等々ウェブを絡めて発信されるあらゆる方面にもはやハイテクバックグラウンドはどの業界分野でも当たり前に欠かす事のできない効果極まる素材であると確信しています。年が明ければ次に来るのが新年度です。そこに於いても当然ながら同様にハイテクビジュアル素材が大量に使用されてくると思われます。

企業の先進性、未来への展望、グローバル企業としての壮大なロマンを視覚的に訴えていく事は新たな道を開く企業理念そのものと理解されるのでしょう。如何に時代背景をそこに映し出せるかが今後の新たなビジュアル素材に託された使命と言えます。

ただ制作時の創作イマジネーションが何でもかんでも機械的表現に向かえばいいという訳ではありません。一見ハイテクと区別される素材であってもその業界に関係する内容を含みさえしていればそこに載せる文章如何でどうにでもなってしまう事はご承知と思いますが、視点が広がればそれだけ曖昧さが残るのもまた事実です。

その辺も今回は思いの外加味して計84点をセレクトしてみましたので合わせてご賞味頂ければと思います。以下よりリンクされて是非一度ご覧くだされば幸いです。

→DEGIDA.JPサイトにて『ハイテクセレクト』をチェックしてみる。


時代の変化でしょうかこのところ目下期待のCG素材の動きが鈍いように感じています。それが格安のマイクロストックへのユーザー流出が原因なのか、ブームとして従来の定番であるCGから敢えて実写への移行が顕著になっているのか定かではありませんが、肖像権や所有権と商標など煩わしい許諾もなくササッと使えるCG素材でもあるのでもっと存分に積極利用いただけるよう切に期待しているところです。



degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

日の目を見たいRF-EX素材の存在とその価値

amanaimages-RF-EX

従来は同業ストックフォト作家さんへのタメになる?情報なりをおおよそ勝手な思考で当ブログを綴ってきている事はご存知かと思いますが、本日はやや方向を切り替えまして直で広告宣伝をさせて頂こうという向きで書いてみました。ホンネで言わせて頂ければ「こちらの情報は是非とも素材を日頃購入されているお客様に閲覧して貰いたい」という事です。

マイクロストックを主に活動されている方もしくはその作品のみ購入されるお客様にはあまり有効ではないかも知れませんが、興味本位物は試しで結構ですのでまずは最下部リンクよりジャンプしてその詳細をお確かめ頂ければ幸いです。さて話を続けます。

RF-EXというストックフォト販売形態をご存知でしょうか。当ブログで何度か説明もしていると記憶しますが、所謂『一つの代理店が唯一一社独占で販売権利を有するロイヤリティフリービジュアル素材』の事で他社さんには存在しないオリジナリティーの高い製品をいいます。確かにそこから派生する似たような素材は他社にも存在する訳で、私自身で言えば技量もセンスもまた思い浮かぶイメージ等々どうしても似たものになりがちなのは避けて通れませんで、そういった意味から果たして完全なオリジナルと言えるかは保証出来かねます。

まあそれでもそれはそれで兎に角は構図やトーンなど他社には間違いなく存在しない素材であり一応オリジナルとしておきますが、そんなRF-EX(一社独占販売型ロイヤリティフリー製品)はもはやご存知のように販売代理店サイトの売り場の中の極めて大量な販売素材の中にことさら紛れ散っています。という事は素材購入者が各々選り分ける事は大概の場合不可能な訳でそれにも増してRF-NE(非独占素材)とRF-EXの差異をほとんど見分けられないのが現状です。

売り場ページの上部操作ボタンにはRM(貸出形態によって料金設定)タイプと上記(RF)の切り替えが目に入ります。それを操作する事である程度の選り分けは可能と言えますが、流石にRFの更なる選別ボタンは設置されていません。販売に於いては出来ればそういったサービスも欲しいところですが、今のところどの代理店にもその動きはないようです。

実は同じRFでも独占と非独占ではやはりそれなりに質が異なります。EX(独占)素材は一味も二味も違います。その代理店により即した考え方からの発想で仕上げられているせいでしょうか、設計一つとってもそこは相当に考慮されていると言っていいでしょう。少なくとも私はそうして気を使いつつ制作しています。

また、仕入れ担当者さんから直で制作案件の依頼がかかる時がままありそんな制作も出来うる限り積極的に請け負っています。一度機に大量にさばく事は困難ですが、それでもこれまで1テーマ50点程度はこなしてきました。アドバイスを受けていると言いますか、個人的に制作に行き詰って気乗りしない時期では意外な救世主ともなり有難くも感じている次第です。

これまでの長い付き合いから察しも付くのか、その都度引き継がれる担当者さんも私の過去作品にはそれなりに注力して頂いているのでしょう。そういった訳で取り敢えずそんな私のRF-EXをご精査して頂ければと急遽本ブログにしたためました。無数に散りばめられてまるで迷宮のような売り場をひとまず離れてある一作家のオリジナルをじっくりとチェックするのもまたオツなものです。

これを機に以下リンクアドレスをブックマークして頂ければ大変光栄です。まずは皆さんがよく知る国内最大手、amanaimagesさん預け入れRF-EXをご紹介いたします。ごゆっくりお楽しみくださいませ。

→アマナイメージズサイトで石関ハジメ制作のRF-EX素材をチェックしてみる。



degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

ストックフォト素材の販売価格は見直せないのか

ストックフォト素材の価格差

『インスタ映え』なんて言葉が流行って今年の流行語大賞ベスト30にノミネートされました。それだけに今の若者特に女性とSNSの関わり合いの盛んさを示していると言えるのでしょう。当ブログでもSNS関連についてここしばらく頻繁に取り上げているので既にご存知かと思いますが私も勿論それなりに若者に混じってインスタグラム投稿を楽しんでいる口の一人です。

投稿の度に『いいね』をくれる人、思わずフォロワーになってくれた人たちのほぼ全員をフォローするようにしてより広いコミュニティーを形成推進している訳ですが、とにかくその都度お礼といいますかその方たちのプロフィールページに赴いてそこで気になる画像に多い時で数点まとめて同様『いいね』を入れています。

中にはそこそこプロ級の方、いや完全プロもいるようなのですが、まず自分が『いいな』と思える画像(動画含む)のハートマークにためらう事なくチェックを入れます。何気に上から目線で審査員気分を味わっている面もあるでしょうか。そんなソーシャルメディアで最近注目を集めているのが『スナップマート』などインスタ写真を主とするストックフォト販売サイトです。

そこについては紹介も兼ねて以前に話題にした回がありますが、何と今ではInstagramに投稿された画像を商売に使おうとするストック会社の参入もさることながら大手老舗でもそんな画像を集めだし販売に繋げる動きが出てきているようです。上述の私がチェックする画像の殆どは多分ですがストックフォトで十分機能するであろうと推測できます。そのくらいいい感覚でムードを捉えているので、いや既にストックフォト販売に参加しているかも知れませんが、さて実際はどうなんでしょうか。

紙媒体が廃れたと言われて久しい訳ですが、ここに来てその販売価格は益々低料金化して来ている事は皆さんもご承知と思われます。いわゆるアナログ装置を介する印刷環境が盛んであった頃のストックフォト素材の価格はかなり高額で取引もされていた訳です。今もその価格帯に余り変動は見られませんでおおよそ¥30,000辺りが相場かと思います。

光デジタル通信の更なる進化によって2008年前後に突如登場して来たマイクロストックの台頭とその後の不景気(デフレ)と震災等々の影響が重なった事から所謂その素材そのものの持つ価値基準が一気に低下し、またそれによってある種の垣根が取り除かれ高級機を片手にプロに憧れを抱くアマチュア作家の怒涛のような参入が遂には業界に異常なほどの価格下落を招く事になりました。

代理店の中にはどこぞの寄付を募ったりアフィリエイト集客目的で画像を全て無料配布する輩も現れるなど、まともな運営など悉く不可能な状況と言っていいでしょう。これも新たな時代に即したビジネスモデルと言ってしまえばそれまでですが、大概はしばらくして消えていく運命の商法が殆どであり去ったあと残るのは惨めな残骸のみ、一旦下がった価値観が元の鞘(さや)に戻る事はありません。

そういった現状を踏まえながらもただ少し腑に落ちない面はあります。上掲画像の文章にもしたためましたが、同じ質量で仕上げられた高精度の画像があったとしてそれが使われる(買われる)媒体によっての価格差が尋常でないという事です。確かに不景気でどの企業も疲弊していた当時ならそれも仕方なかった訳ですが、最近は株価も23,000円越えと好調でGDPの直近の数値も良好、外需企業の利益率の向上や設備投資も盛ん、新卒内定率97%超というニュースが頻繁に流れる中そこに倣ってそろそろストックフォト素材も価格設定を改めてもいい時期ではないのかと思う訳です。

まずはストックフォト素材を使う企業がそこを自覚すべきと思いますが、よく聞くところにウェブ業界は恒常的に予算が少ないので安くしてくれないと困るのだそうです。本当にそうでしょうか。景気を巻き返しつつある大企業はもちろんの事繁栄の途にあって様々なECサイトがぼろ儲けしている昨今に於いて下請けの制作会社に払える予算がないなどとは到底思えません。都合いい底値条件をただ意地悪く固定しているに過ぎないであろうと想像します。

特に大企業が運営しているサイト構築にどれだけの予算が投入されているかといえばそれは上記繁栄時の紙媒体を超えるほどの予算配分に他なりません。つまりウェブ広告戦略への大掛かりな投資はもはや当たり前になったと言い切れます。広告費はそりゃあ安いに越した事はありませんが掛けるべき場所にはしっかり予算を組み入れる事が健全な方向であり紙媒体の頃は皆そうしていた筈なのです。

素材の制作者側から言わせて貰えば一つに「作るエネルギーは高くも安くも同じである」という事です。素材一つが単に業界やサイズの大小で価格差がとてつもなく拡大するというのは果たして真面といえるでしょうか。関係する全ての業界はその辺の意味のない負のしがらみを率先しいち早く取り除き健全な利用形態へと方向転換するべきと切望する次第です。

でないと優れた神業を発揮している数少ない貴重な職人が急速に減少し持て囃される人とそうでない人との格差がより進んでただ単一的な物ばかりが増え新鮮かつ幅広く個性的な素材が生まれにくくなってしまいます。制作者も一人の消費者であり生活力もそこそこ持ちうる力をふんだんに発揮して多少なりとも世の中を回している訳です。仮に私の場合を以下の例に挙げるならちょっと生意気な言い方になるかも知れませんがお許しください。

従業員が200〜300人の私のよく知る会社で上掲画像(グローバルイメージ)を作れる人物が何人いると思いますか?およそ人口50,000人の地元自治体の住民の中にこれを描ける人もしくは商売にしている人は何人いると思いますか?あくまでこれまで携わった私の経験値ですが、前者は0人、後者でも私を入れてたったの3人です。そのくらいに貴重な存在なんです。

普通に風景を写したり知人のかわい子ちゃんを撮って預ければそれでもそこそこ稼げる人はいると思いますがそんな方の多くはマイクロストックに預けてしまっています。もしも大手老舗ストックであればほぼ却下される画像であってもマイクロならばそれなりの数で預かってくれます。代理店にしてみればその人の作品が売れようが売れまいがどうなろうが全体のパイが大きければそれ良しでいいも悪いも社会貢献の礎とは裏腹に会社(経営者)が儲ける事が善であり全てなのです。

最低最悪のギャランティーで優れた作家が育つ訳がありません。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

地球46億歳、今の人類実は第4世代?

地球をつまむ

上掲画像:『運命に弄ばれる地球』

先日、iTunesに組み込まれインターネットラジオ的な存在で広く知られるあのPodcastを久々に利用してみました。動画バージョンもある昨今ですが基本一般の音声配信番組で色々と探っている時、何やら『人類滅亡』なるタイトルを見つけました。

二人組によるやり取りのそのDJぶりに惹かれついつい聞き入っていると「俺たち人類って実は4世代目にあたるかも知れんと」という流れに。地球が誕生して46億年経ちましたが、人類といえる種が発生したのは高々1万年ちょいな訳でその起源まで遡るとしても『猿人』の痕跡が600万年以降でそれなりに人(ホモサピエンス)へと進化を遂げたのが150万年辺りだそうです。

そこから更に進化して様々な形で種が分散し片や滅び、言語表現を成し遂げた最強人の継承過程からようやく今の原型までたどり着くのが5万年前。完全な二足歩行とともに脳が肥大化し知能が発達した最終形が1万年前であり、その辺りが多くの専門学者の定説となっているようです。しかしここに来て意を唱える学者が現れました。

実は現在のこの我々人類は唯一無二の存在ではないかも知れないという上記の説です。現代技術の粋を結集し奥深くの地層を科学的方法で改めて調査した結果、ある周期的な間隔を置いて幾つかの極めて薄い層を形成するガラス質らしい物質が存在している事を突き止めたというのです。これは一体何を意味するかと言いますと、ズバリ『核爆発』です。

当時空気中に蔓延していた核物質が長い年月を経て地中に染み込んでその後の地殻変動の過程で幾度もの圧縮を経て科学反応し特殊なガラス質に変化したというものです。層の数ははっきり語られていませんがDJの話の内容から過去の遥か昔に3回ほどそのような状態が確認されたのでしょうか。となるとその『核爆発』の痕跡は過去世代の人類が起こした大規模な核戦争という想像もできます。

その都度地球上の全ての生態系が一旦滅亡し途方もない年月が流れて再び復活する、それを過去3回繰り返したという事なのか。

今まさに北朝鮮が核の脅威を振りかざしアメリカを含む近隣諸国、いや全世界を脅かしています。追い詰められれば常軌を逸し突如核ボタンのスイッチを押すかも知れない気分屋正恩氏の登場はかつてないほどに人類存続の最大の危機と言えるでしょう。現に100を超える北の同盟国に加えことさら親密とされるイランのような宗教国を介して不本意にも拡散しその核技術は元よりミサイルそのものが野蛮な指導者にふんだんに行き渡れば「アメリカを潰せ!十字軍を殲滅しろ!キリストはいない」とばかりに狂乱し核を後ろ盾にした前代未聞の大逆襲劇が始まる事もあり得ます。

そうなれば世は再び戦乱に突入し最終兵器である核攻撃がそれこそ日常茶飯事で行なわれれば大気は瞬く間に汚染され運良く爆弾の直撃を間逃れて僅かに生き残った人々が避難する地域など遂には一切無くなるのです。そして徐々に死滅して結果人類滅亡というシナリオに繋がっていくのですが、そのガラス質の地層がまさに現状の事の成り行きとその顛末を暗示(負のメッセージ)しているように思えてならないのです。


時代は繰り返すとよく言いますが、確かに地球年46億から人類劇6百万年を単純に差し引いた場合45億9千4百万年という途方もない時間が間違いなく残る訳で、過去にその6百万年ごとの人類誕生と後の大いなる進化と発展が何度も繰り返されて来たという一見架空とも思われる都市伝説的で強引な仮説でも、あながち全て嘘っぱちとは言い切れない節もあり迫り来る不吉な何かを感じます。

実際に地下に穴を掘って地層探検に行く事は今の掘削技術では到底叶いませんが、目に見えないが故に興味はむしろあの広大な宇宙に匹敵するほど湧いてきます。神秘的な地球の未知の地層に秘められた新たな歴史の発見が近い将来驚きを持って紐解かれる事を切に待ちたいとことさらワクワクさせる、そんなPodcast番組でした。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

Facebookの孤独

Facebookこりごり

今の気分を画像(上掲)にしてみました。

これまでもSNSの闇について色々言われている訳ですが、私も実際にその闇に嫌気が指してきています。ソーシャルネットワーク最強とも謳われて久しいあのFacebookがそれです。登録を済ませスタートしてからかれこれ2年近く経ったでしょうか、現在は通常アカウントページと並行してその後始めたPR用(Facebookページ)の『DEGIGA.JP ON LINE』の二つの管理者をしています。

後者の仕事側ページは発信がそのまま営業ツールとして割り切っている関係でしょうかユーザー反応の少なさはあらかじめ予測していましたし、特に直接販売する商品がある訳でもないので時に『ストックフォト素材の新作報告』やらそれと絡めた世の中のあれこれを勝手気ままに発信するというやり方はここに来て認知度もそこそこようやく地に足が付いてきた感はあります。ということから気にかかる面はそれほどないのですが、こと元祖アカウントページにおいては全くそれが真逆なのにはどうにも我慢がなりません。

始まって僅か2年足らずで音を揚げるのもなんですが、こちらの基本アカウントページの更新はしばらくお休みしようと決めました。結局こういったソーシャルメディアはある程度の取り巻きがいないと大して楽しくないという事が分かりました。基本、グループ間交流が主であり運用側が担うアプリの構造はもちろん頻繁なシステム変更の流れからもコミュニケーションツールとしての機能強化を重点的に絶えず行い運営されています。

もともと友人や仕事仲間など多くの関係者との連絡網が確立されて初めて運用の意味がそこにある訳なので、私のように他者とのお付き合いを殆どしていないような個人ではその芳醇な機能が全く享受されない訳です。私が『友達』として関連づける人たちの大部分は写真活動を主に行っているプロやハイアマチュアそして写真学校関連の先生や学生なので、互いは写真芸術を通じて普段から面と向かって交流盛んな方々と思われます。

投稿される画像とそこに記されるコメントを拝見する限り私など無関係者は蚊帳の外であり、そもそも話しかける間柄にありません。仮にコメントしたとしても『いいね!』以外返事はまずないのです。お恥ずかしながら私の投稿画像には良くて10いいね!大方2〜3いいね!程度が殆どの状態です。他の人を見ればどうでもいい画に50、100、300いいね!だったりで有名人ならそりゃあ当たり前と言えばそれまでですが、所詮顔の広い方同士の近況報告ツールと解釈すればそうであって、私の立場からはなんとも歯がゆいコミュニティーと云うしかありません。

それでも幾人かそれなりに古い友人も混ざっていて写真を投稿すると度々『いいね!』を頂いています。しかしながら肝心のリアル交流はゼロ、たまに会って話そうという声かけはなく、互いに「取り敢えず元気なんだな」の確認のみといったところでしょうか。ただ私ほど外部と遮断している環境も珍しく、利用中のこのネット環境以外外部と連絡を取り合う機会は皆無と言っていいでしょう。

ストックフォト窓口担当の方もしくは不意にかかってくる電話として別に暮らす両親や親戚、要らない怪しい売り込みの営業電話、あと車のディーラーに保険の担当員さんくらいでしょうか。それとそうそう家族の誰か。最近のストックフォトの預け入れなどはアップローダーで自動搬入が当たり前なのでそれこそメールのやり取りさえ急減していて、何ともやるせない状況になっています。

ここまで書くと「おいおい頭大丈夫?」と言われそうですがそれでもまだ医者にかかるほどの鬱ではなさそうです。今回はちょっと暗い内容になりましたが、似たようなケースで「もうSNSはやめた」という方は少なくないと思われます。ネットにコメントされるSNSへの文句で兎に角多いのが、「うざい」です。

それは確かに感じます。自分の自慢事をなんでわざわざ人に発信しないと居られないのか理解できません。同じ身分でそこそこ話を共有できる仲ならまだしも実際はだだ漏れ?写真関係だとやれ高級カメラ買ったレンズ買った、仲間と旨いもの食った酒飲んだが頻繁に出てきますしスポンサー絡みで選ばれし人の個展開催や写真集の出版報告も結構あります。それこそ「あんたらどんだけ稼いでんだよこのご時世に毎日やたら優雅だな」と思わず喧嘩ごしのコメントをしたくなる場面もありました。

まあ実力半分でもタイミング良く運良くそれなりに成功した人たちだと思うので関係者も膨大であり毎日人に会うその人にとっては別に当たり前の行為であって聞けば「なんで?」と返されるでしょう。つまりは同じサークルコミュニティーに入っている全ては私自身の問題なんです。自分がイジイジと勝手に気に障っているだけなのですから、ならそんな投稿フィードを見なければいいだけの事。

そんなこんなでおっさんおばさん方溢れるリア充だらけのFacebookから画像投稿が主で若者中心のInstagramに鞍替えしたなんて話はここ最近よく聞きます。がしかし今やそんなインスタでもリア充人増幅中とか、やれやれ。まずは仕事優先、そこは割り切ってSNSで世相を知り情報を仕入れて次代の変化を少しでも先取りしなくちゃね。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア