広告素材のバロメーター!デジ画の日々

ストックフォトCGクリエイターのひとりごと

最近は『売れるストックフォト素材』がよく分からなくなった。

Afloトップページ

表紙で使われたぞ!>
上掲画像ですが、こちらはあの国内大手ストックフォト代理店の有名ブランド『Aflo』(アフロ)サイトのトップページで、先日イメージ画像の更新が行われその際に私のCG画像を今回チョイスして頂きました。赤枠の画像がそれです。

運がいいといいますか、あまり間を置かず年間を通して作品を納品している事の謂わば代償と言う結果なのかも知れませんが、そこはできる限り『優等生』で頑張り続ける事は重要ではないかと思っています。預け入れ点数もほぼ1万点到達という事もあるので、セレクト対象者の一人として優遇されているとすれば、それこそ誇りを感じます。

ただ残念なのはもうここ数年間売り上げが低調という事でしょうか。前々回のこのブログでも書きました通り生活が立ち行かない状況に瀕しているのは事実ですし、売れない原因も超安売り結構というような今の巷の成り行きを見れば理解もできます。が、一向にその解決策が出てこないのですねこれが。

狙いズレてないか?>
暇な空いた時間など時に各方面のストックフォト代理店サイトを覗きに行くのですが、その一つに上述のアフロさんと並んでベストスリーに入る国内ブランドに『イメージナビ』さんがあります。当ブログ閲覧者の中に私同様に預け入れしている方はいるでしょうか。

一度でもそのサイトトップページを訪れた方でしたら既にご存知と思いますが、縦スクロールして下方あたりに新たに契約した新人作家紹介パネルが確認できると思います。千差万別と言いますか、フード小物や人物、国内外風景画像等々「いかにも?」的な販売画像が見て取れます。

しかしどうでしょう。皆さんが見て、いやあくまで使う側としてみた場合率直に敢えてここで「売れそうに思えますか?」と問いたい訳です。確かにどれも個性豊かであり全体として綺麗に仕上がっているのはいいでしょう。それではさてその使い道は?なんです。どう見ても広告寄りではないような感じで、言って見れば趣味の領域の写真にしか見えない。

極彩色豊かな風景の連続にパッと見は素晴らしく感じられる訳ですが、それじゃあこれってどんな目的で利用してもらえるのか、撮影者であるご本人もその現場で本位としてそんな事を目論んで被写体にレンズを向けて狙っているのだろうか、そういう意味からすれば勘違いも甚だしいという印象しかありません。

100%売れないとは断言しませんが利用ジャンルも相当に限られる事から少なくともかなり厳しいだろうと想像します(預かり点数も極めて少ない)。このショットをものにするまでにどれだけ現場に通ったのかと思うとそのご苦労が他人事とは言え身に沁みてきます。

復活の兆しなし>
と偉そうに言ってはみるもこれって紛れもなくものの見事に私自身へのブーメランなんです。正直何が売れ筋でそのためにどう表現するべきか等々八方塞がり迷走状態であり未来を見通せない絶望感に苛まれ続けている、高く分厚い鉄の壁ならぬ非情な現実が頑然と立ちはだかったまま。まあそんな心境です。

自分ができ得る最善策の限界も知り、且つここしばらく続く好転の機運も乏しい市場動向を省みる中で、「今一度チャンスをください神様」と叫んでいる自分が虚しい。

ところで今ストックフォトで稼いでいるであろう貴方の現状はいかがですか?


これは使える!直リン画像素材 #050『日本の行方』

タイトル:Autumn Days(オータムデイズ)より抜粋


今更比較しても答えの出ない異常気象>
このところ日本全国30度越えの夏日が続いていますが、体調の方はいかがでしょうか。先日もある中学校の体育の時間に熱中症を訴える生徒が続出し救急車で搬送される騒ぎがありました。かろうじて命に別条はないようで安心しましたが、この調子で高温多湿が続けばその極端な温度変化に耐えられず極めてそんな遺憾な症状に見舞われてもおかしくありません。

しかしこれは日本のみならず地球全土で言える事で確かに異常な気候変動はこのところ所構わず頻発しています。ニュースで段取り通り繰り返し例える『昨年に比べて』とか『例年に比べて』を当たり前のようによく耳にします。もうそんな言い方はやめて欲しいと内心思っていて、それじゃあ来年はどのくらい差が出てくるんですか?、だったら?と返したくなる。

高地極地のかなりの地域で氷河の後退は継続的に起こっているし昨年は南極大陸の一部にもひび割れが発生しています。連続する巨大台風の発生で日本を始め東南アジアやアメリカフロリダ周辺など甚大な被害によって多くの人命と経済活動が失われる中、もはや『例年と比べて云々』などそれほど意味をなさない気がします。まずこの期に及んであまりにも呑気な表現にしか聞こえない訳です。

今後ますますその自然の脅威は猛威を振るいその壮大な大気現象及び地殻変動は地球サイズから見て微生物程度(いや、もっと小さい)でしかない極小の人類などいずれ一飲みにしてしまう事でしょう。そんな危機感が絶えず頭をよぎっている今日この頃、さて今度は何が襲ってくるのか用心は欠かせません。

最終局面の米朝協議>
さて昨日ですが、あの世紀の米朝首脳会談が予定される最中突如かのトランプアメリカ大統領が金正恩北朝鮮労働党委員長に首脳会談中止を告げる新書を送った事から関係国の間で動揺と懸念が渦巻いています。しかしその僅か9時間後に金氏の委任を受けスポークスマンを務める金桂冠(キム・ケグァン)第1外務次官が慌ててこれまでの過剰な反発を撤回するかのような発言とともに首脳会談の準備継続を懇願したのです。まさに北朝鮮としてはかつてない異例の談話であり、これまた各国を驚かせています。

流石にこれ以上抵抗し続ければ早期のアメリカによる軍事介入もあり得る訳なのでその熱を冷まそうとしている向きが伺えます。ただその後一部の北朝鮮専門家の談話も続きそこには多少の反発も見られる事から今後の進展に於いては相変わらず気をもむ事でしょう。

トップ会談でアメリカが強行する『完全なる不可逆的な核廃棄』ここは譲れないとして果たして金氏がすんなり応じてくれるのか、それとも『あくまで段階的』を主張するのかなど兎に角予断を許さずです。上述の気象異常と絡めればそれが自然界の摂理か互いのわがままが引き起こす最悪な人的被害によってもたらされるのかに関わらず直近として押し迫る脅威に違いありません。

仮に交渉の破断からアメリカの軍事作戦が始まれば周辺国への負の影響は避けられない訳なので、その都度の気分で単純に「やちゃちまえ」と囃し立てれば済む話ではありません。言った本人もいつ何処で悲惨な戦火の犠牲になるとも限らないのですから。

お金を生まない日本の未来>
そしてもう一つ、これが今後我が国の最大の懸案になるだろうと思われる事に『人口低下による経済活動の衰退と限界に近い社会保障制度』が挙げられます。もはや都市部一極集中の波を抑制する手立ては限られるようで、人口密度や各種インフラ整備、就業場所、賃金等々とりわけ体力の無い地方地域との格差は年々拡大の一途を辿っておりその限界は8年〜17年後に訪れると言われています。

若者の多くが大都市圏おおよそ東京大阪に集中すると思われますが、それ以外のまさに空白地帯のコミュニティーは鳴りを潜め移動手段さえも限られてきます。税収枯渇の懸念から自治体の消滅や統合も考えられ何か事が起こっても対処が遅れたりする場面は頻繁に起こりそうです。そもそも大手スーパーの出店が居住地域から遠距離の場合、免許返納後の高齢者の移動はまず無理でそれこそ集落丸ごと廃墟化する恐れも出てきます。もちろん病気一つできません。

ある政治家が言うに「子供を3人以上産んで育てれば全てが解決する」など妄想も甚だしい訳で、何不自由のない都市部居住で潤沢に資産を確保でき悠々自適に暮らせているその人には地方のその悲惨さは到底理解し得無いのでしょうね。卵が先かニワトリが先か論になるとすれば義務教育の拠点もそうです。

子供がいなければ学校は作れませんし先に作っても人が住まなければ仕事になりません。まあ現実はこんなもんです。人口はみるみる減少し都市部はその反動で人口飽和に陥ります。元々密集してスペースの殆どない東京では大挙押し寄せる都民全てに短時間で順次対応するのは困難で怒涛の混乱が頻発、税額はうなぎのぼりで就業先如何の所得の低さから支払いが滞れば年金の支給も将来どうなる事やら。勿論追い詰められた輩(外国人就労者含む)の犯罪も増加するであろうと予測されます。

実はこれ、AI(人工知能)が膨大なデータを解析してはじき出した『日本の行方』シミュレーションだそうです。



今時期ストックフォトサイトを伺うと『紅葉』をメインに秋バージョンが徐々に顔を出し始めています。そんな事から今回の『これは使える!〜』は真っ赤に燃えるもみじ葉に覆われた木々イメージをご紹介しました。ご興味がありましたら以下リンクよりご確認いただければと思います。

→DEGIGA.JPサイトにてタイトル:Autumn Days(オータムデイズ)をチェックしてみる。


CG画像素材の最新作『craftone』が実に愉快だ!

craftone

craftoneが新登場!>
お待たせいたしました。いよいよCG画像素材新作の登場です。前回のこのブログでもご紹介しておりますが、タイトルはアルファベット小文字の『craftone』(クラフトーン)になります。3DCG生成時に敢えてそれぞれ独自のテクスチャは無視し表面をエンボス調に加工。あたかも石膏か白い紙を形取って仕上げられたかのような趣を醸しています。

背景色も淡いブルーの単色にしつらえて画面全体にフラット感を与えていますので、画面空白部分の延長によって柔軟なレイアウト変更が可能となり、また重ねるコピーの色調や配置に苦慮する事なく直感的に対応できるかと思います。更に言わせていただけば、キャラクターのサイズを画面いっぱいに表現した事で各々の表情や仕草から活用の方向性が明確になると共に仮にサイト上の小見出し利用時など小さな画面に於いてもその意図するところの視認のしやすさはあるかと思います。

当タイトル『craftone』の収録点数はバリエーションを含め全部で200点になります。その時点でおよそ考えついたイメージシーン(シチュエーション)をふんだんに取り入れている事も特徴と言えるでしょうか。ライフスタイルではまず男女のウォーキングから始まって家族の語らい、コミュニケーション、その他生活感の多くをご覧いただけると思います。

物語るキャラクターの仕草>
ビジネスシーンでは男女ビジネスキーマンたちの仕事上の日常風景からグローバル感をはじめ各分野を象徴するキーワード群を広く確認できるかと思いますが、広告素材として定番であるポジティブ表現にとどまらず現実社会の困惑に直面する苦悩を表す場面などマイナー路線も合わせてより幅広い視点を以って制作いたしました。

ここ最近は特異な商品やサービスを宣伝するネット広告や各方面の専門家が執筆する指南ページがかなり見受けられるようになりましたが、特にスマホ使用時のその絶えず流れてくる内容をスワイプする中で端的に目に留まらせて中身を開かせるには一応のコンセプト画像がその重要な役目を果たすであろうと思う訳です。

そんな思惑をイメージして作られましたこちら『craftone』(クラフトーン)はかつてない画期的な画像素材として貢献してくれる筈と思っています。このタイミングで是非ご精査いただきますようお願い申し上げます。

狙うはビジュアルインパクト>
当新作の一つ前にすでに販売中のCG作品に『ILLUSTONE』(イラストーン)がありますがご存知でしょうか。読んで字のごとくこちらはイラストタッチをコンセプトに作られています。今回公開の『craftone』の姉妹版といえる訳で、どちらもフィギュアキャラクターで構成されるが故にその奇抜な各々の仕草が売りになっています。

原色バリバリの『ILLUSTONE』、そしてサラッと背景に溶け込む『craftone』、皆さんはどちらがお好みですか?いや、「どっちも要らん!」といわれたらさてどうしましょ。

→DEGIGA.JPサイトでCG画像素材の最新作『craftone』をチェックしてみる。

→DEGIGA.JPサイトでCG画像素材の姉妹版『ILLUSTONE』をチェックしてみる。

※販売代理店でありますアマナイメージズさんでは上記2作品が現在審査中のため『直リンボタン』が未設定となっています。何卒ご了承ください。


自身のこれまでのストックフォト戦略を振り返る

craftoneより
現在未公開のCG素材新作『craftone』より抜粋 ※近日公開予定


この先どうなるやら>
なんか久々な投稿になりました。最後の投稿が今月頭の5月1日で、本日までかれこれ2週間が経ってしまいました。何せゴールデンウィークのしょっぱなという事もあったせいか『新緑』の追い込み撮影やらでちょこちょこと出ずっぱりになり、四月から東京での就業がスタートした子供の引越し作業も重なってブログを書く気力がなくなっていたのがまず一つ。そもそも書くネタが乏しかったという理由もあります。

本日のネタがどれだけのものかと言えばそう大した事はなく、ただ単に自伝の一端を書き込んでいるに過ぎず所謂『中間報告?』的な内容になります。そのような訳で皆さんの現状とやや重ねながらお読みいただければ幸いです。

正直毎月の売上は散々な状態で推移しています。昨年せめて年収プラス100万円は取り戻したいと書き込んだ記憶がありますが、とんでもない事に更に情勢は悪化の一途を辿っていると自らを断罪せざるを言えません。線グラフで例えれば月々が小波の繰り返しでこの5ヶ月その波は徐々に下方へと凪を目指してまっしぐらという具合でしょうか。

このままいけば近く年内にも完全なアウトであろうと予測も出来ますが、そろそろ他の就職先を探しておかないと毎月の生活費つまりは、何と言っても食費、家のローンに光熱費、税金や保険、自動車2台の維持費など諸々毎月襲ってくる支払いの捻出が困難になり生活が困窮しそうです。それでもどうにかそれなりに踏ん張っている月もありますが、まるで天秤に乗って不安定にフラフラしているかのように再就職への判断が揺らいでどうすべきか気持ちばかりが急(せ)いている感じです。

弱いものは淘汰される>
私のように撮影からCG等々概ねイメージものを多く制作する身としては、同様に似たような方向性の作品作りにせいを出すマイクロストック勢の存在は大きいと言わざるを得ません。片や安売り25円〜を売りにされては私のような高級路線派には到底敵う訳もなく、特に外国勢の皆さんはテクニックもハイレベルであり特殊技法にも相当長けていらっしゃる訳で、墨っぽい多少のトーンの違和感など気にも留めない世代が今や広告制作の現場を仕切っている現状からすれば、あと考えるのは経費のみ。

如何に安く広告を回せるか、今やマーケティングの華とも言えるネット集客についても勿論強豪ひしめくクライアント争奪戦絡みの企画や予算に翻弄され、そんな過酷なせめぎあいの中で絶えず喘いでいる立場はお察ししますが、ストックフォトのより低価格路線への移行はここにきて尋常でないハイペースになって来たとまさに実感しています。

これが『淘汰』という奴なんでしょう。その時代の変化に対応順応できないものは間引かれるという自然の摂理、そんな憂き目を今まざまざと目の当たりにしているといえるでしょうか。不幸なことに私の場合はかれこれストックフォト分野を専業で、それ以外のスキルやどこかで通用しそうな資格など現時点で全く持ち合わせていません。

残された再就職の道>
若ければまだしも既に60歳近い訳で一般にミドルというよりも準シニアと呼ばれても仕方ない年齢になっていますので、基本再就職となれば今の内容に近い仕事などある訳がありません。以前のこのブログに書きましたが、プログラマー、ホームページ制作と管理、CAD設計制作、動画編集等々あまりにも高度な要求ばかりであり、それも能力的に30代が限界です。伸び代が希薄で育てがいのない高齢者では即断却下になる確率は例え同じスキルがあったとしてもそこは厳しい世界です。

それでは地元のカメラマン業はどうか。各種スナップ写真の請負、スタジオ補助要員、画像編集オペレーター、写真店窓口業務、まだあるでしょうか?いずれにしても却下でしょう。実は一度だけそんな求人を見つけて試しに応募してみましたが、いつまでたっても無しのつぶて。こちらから電話するも「伝えておきます」でそれっきりでした。

地元にしてももはやその手の老人は相手にしていないのです。私自身がついに『漂流』『難民』確かによく聞く言葉通りの不幸のどツボにはまってしまった訳です。もしも今若くハツラツと将来の夢を語り「よし俺も一端のフリーランスになってバンバン稼いでやる!」と息巻く方がいるならば忠告しておきます。

「時代は必ず変わる。別のスキルも身につけよ」。

ネットで見るとおおよそ40歳過ぎると企業にとってはお荷物になるようで再就職は困難を極めます。今より昇給する可能性はよっぽどの実績者か引き抜きでもない限りまず稀でしょうし、ブラック企業もその辺にあぶれた人材を常に狙っています。人生を変える転職、私もかれこれどれほど転職を繰り返してきたでしょうか。

DEGIGA.JPサイトの『コラム』欄には私の半生が『過去と未来を結ぶもの・エピソード』として数回に分けて綴られていますのでよかったら読んでみてください。

ほんと久々の執筆にも関わらずかなり暗い内容になってしまいました。ただまだまだ諦めていませんよ!実に格好悪い結末ですが、たとえ地元小規模ライン工場で働く事になろうとも土日作家(カメラマン)としてストックフォト素材の制作は続けるつもりですので今後ともよろしくお願い申し上げます。



startupバナーボタン

スマホで快適!フォトギャラリーページに一発リンク>
サイトデザインを再び更新しました。上部のダークグレーバナー三つある下に一本細長いバナーボタンを追加しました。以前ご報告しております『DEGIGA STARTUPページ』へのエントランスボタンになります。これまで新着トピックス項目以外ではその存在を確認出来ない状態でしたので急遽追加したという訳です。

スマホ閲覧できる事で場所を選ばず気になれば何時でもどこでもチェックできる素材のフォトギャラリーです。是非とも積極的なご利用をお願い申し上げます。最後の最後は残された精神力の強さでこの現況を克服し必ずや乗り切ってみせます。


DEGIGA.JPトップページの『直リンお試し』に花火動画登場!

直リンお試し(花火動画)

花火動画にチェンジ!>
本日お昼過ぎとやや遅いサイト更新となりましたが、DEGIGA.JPサイトのトップページ『直リンお試し』部分に季節の折と言いますか『花火動画』をアップしてみました。既にご存知と思われますが、ビジュアル横の直リンボタン(代理店名)を押しますと寄り道する事なく預け入れ先当該詳細ページに一気にジャンプするという優れものです。

こちらのボタンを押したら即料金が請求される詐欺的行為ではありませんのでご安心ください。皆さんが通常素材検索して辿り着く購入前段階のページが単に開くだけ、間違いなくジャンプしている事をご確認頂くそれのみです。未だ実際に代理店サイトを訪れたご経験のない方などにはきっと新鮮に映るかも知れません。一度覗いてみるのも一考かと存じますので是非『お試し』下さい。

新たな花火表現>
さて今回更新しました動画ですが、見ての通り『花火』です。ただ一見すると普段皆さんも撮影されているようなごく有り触れた動画に見えると思います。しかしそれなりによくよく観察してみれば何かおかしい点に気付かれる筈です。同じ位置からの撮影であれば不可能な極端に大きめの花火が随所に登場してきます。

破裂からその光が消えるまでの持続感にもどことなく違和感があります。実はこれ、『合成』なのです。背景が真っ暗であるため比較的光同士を重ね易く、有りそうで無い撮れそうで撮れない『花火動画』は作れないかという視点で半ばルール違反的な花火素材を制作したという訳です。

取材は全部で3箇所。概ね個別に(単発=シンプル)に捉えて素材化した動画を切り貼りする形で編集を進めていきました。ある現場ではやや横風があった事もあり他の二つとの整合性には苦労させられましたが、それなりに製品化できたように感じています。

当動画のタイトルを『Fire Fower』(ファイヤーフラワー=炎の花)とするほどにどのストリームもけたたましく連発しダイナミック溢れる画面を構成しています。花火の組み合わせによってそれぞれに『個性』を醸していますので、時に激しくまた穏やかにと利用目的に即した『花火素材』がお選び頂けます。

花火動画の新境地>
今回のこの試みの大きな目的は別にあります。それは『花火=夏』ではなく広い意味でもっと別口の素材として使用してもらえないかというテーマでした。活用の可能性がある分野(方向)を以下に記しましたのでご参照ください。

1.スーパーマーケットその他リアル店舗でのバーゲンセール告知広告のバックとして
『ドカーンと弾ける、ドドーンと大放出、お買い得バンバンバーン、』的なデジタルサイネージ設置

2.同TV(ネット)コマーシャルや番組冒頭シーンでの活用

3.特撮演出時の爆発素材の重ね加工用として


大きくはこんなところでしょうか。一般に定番なしっとりと味わう夏の風物詩たる花火というよりはまさに『爆発』が売りと言った方が明確かも知れません。どんな目的を以って使うかは各々現場のそれ如何予算如何に掛かってくると思われますが、意外な思いもよらぬ演出効果をもたらしてくれるに違いありません。

一発勝負は困難>
多くの代理店で見かける花火素材(動画)は下から上がって中央付近で順番に破裂している実に単調なパターンが大半を占めます。現実として打ち上げ方式がそうなっているので仕方ありませんし仮にスターマインのような連続ものを捉えようとすれば自ずと露出オーバーにもなりかねず、会場の撮影ポジションやアングル・事前のレンズ画角設定並びに連発する花火同士の重なる頻度(色合いによるアンダーオーバーの露出比)等々相当な運が出来栄えを左右します。

『後から加工』とはよくやったものだと我ながら感心しています。ここで謂わば痛恨の種明かしをしてしまった訳ですが、これから各地域いよいよ花火の季節がやってきます。プロアマ問わず、この事をヒントに是非チャレンジしてみてはどうでしょうか。確かに撮影していると緊張感も相まって結構骨が折れますしそれこそ純粋に花火が楽しめないというのがネックです。またその後の動画編集も膨大なストリームを所々切り出す手間はハンパありません。

風景撮影もそうですが「花火は花火らしさが一番」と豪語される方はこんなやり方には反発されるでしょうね。

→DEGIGA.JPサイトで『直リンお試し』(花火動画)をチェックしてみる。

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『Fire Flower』をチェックしてみる。
※サンプルの再生は3秒間です。実際の再生タイムは小サムネイル下部にてご確認ください。
※タイトル『Fire Flower』はアマナイメージズ(代理店)1社独占RFとなります。

degiga