¥500均一直販サービス『今日のオススメ』はこれ!

free500-IF-HY2425


学業も就活もてんてこ舞い>
コロナの蔓延は未だ収まらず3月から数えて7月も押し迫まりあれよあれよという間に8月を迎えようとしています。学生さんの多く、特に小中高生などは3ヶ月という長期にわたる自宅待機を余儀なくされて身も心もヘトヘト状態でありそこにようやく訪れた登校授業とはいうもののそんな遅れを取り戻そうと図らずも夏休みが短縮され今も休み返上で猛勉強を強いられています。

エアコンが設備されている教室はそれでもかなり限られると聞きますので連日に及ぶ高湿度の中果たしてそんな授業環境で知識が身につくものなのか可哀想でなりません。来年の高校大学受験において学力の格差が問題視されており、そこに関わる今年の学生はほんとついてないです。何とか追いついて遅れを取り戻せればと念願する次第です。

合わせて就活の面々も大あらわです。今回のコロナ騒ぎで極端に業績を落とした企業では業界に関わらず新卒採用を取りやめるところが出始めているといいます。中小企業に止まらずそれは名の知れた大企業でも同様で、大方アパレル飲食および観光業界関連により多く見受けられます。市場経済とは企業間ごと少なからずなにがしかの商品が絡んでいる訳なので一見畑違いのようでも納め先がたまたま観光地界隈であったり、流通にしろ販路先の注文が減れば勿論その分収益は落ちます。

これが貿易に関わればその輸出入量は莫大でありヨーロッパはじめ中南米のコロナ被害の現状を鑑みれば互いのモノの出入りに与える影響は甚大であるに違いありません。来年の新人就職組の前途が危ぶまれます。ただそれでもそこをなんとか潜り抜けて新たなビジネスチャンスをものにしなくてはならず、守り一辺倒では未来は開けないでしょう。こんな時だからこその新ジャンル開拓が求められると同時にむしろチャレンジのしがいがあるというもの。


思い出される隆盛期>
稀に時代が大きく変わる変革の瞬間に立ち会っているとも言えなくもありません。まあかっこいいことを並べてみたものの私自身はどうかと聞かれれば、求められる社会の担い手としては既に還暦過ぎて蚊帳の外なんでしょうから今できることを淡々とやり続けるしかないという心境です。唯一の私のスキルはこれまで仕上げたビジュアル素材何分にもそれでしか社会に貢献できる手立てはありません。

時の蓄積が織りなすより幅広く使える製品の創出が結果としてどんな時代にも適応当たり前が初めて世間から認められる条件でありそこから都度見合った報酬を享受できる。私が生き抜くための掟(おきて)は誠厳しい限りです。遡ればおよそ5年前になりますが、売り上げの隆盛期が2015年から16年中頃だったと記憶しますが、その時期を境にじわじわとその収益は低下の一途を辿って今に至ります。


¥500って安過ぎ?>
コロナの蔓延はそれこそ息の根をとめる一撃と言っていいかも知れません。今回の一種無茶振り¥500均一直販の試みは最後の一手とも解釈できます。しかしながら当サービスを開始直後ふと思ったのですが、これって余りに安過ぎるのではないかです。マイクロストック販売に於いてもフルサイズ素材を¥500にはとても出来ないはずで一般に¥5000が相場であり仮にまとめ売りサブスク販売であっても単品換算で精々¥2000が最安限界なんだと思うのです。

つまりとことん安ければいいかと言うと、「待てよ。こんなに割安だとむしろ仕事を請け負った側がクライアントに報告しに難くないか?」です。最初の見積もり30万円で請負った仕事に使ったビジュアルが¥500では到底辻褄が合わない、後になって「それならその分引いてくれよ」と言われかねない訳です。まさにそこは迂闊でした。

まずはご安心ください。今更どうしようもなく急な変更も難しいので取り敢えずこのまま突っ走りますが、まあそうは言ってもある分野また業界と使い道によってはきっと需要はそこそこあるでしょうし、個人ユーザーも躊躇なく購入出来る価格¥500(税込)に眠れる新たな市場を期待して止みません。

希望のビジュアルIDをメモしましたら『連絡』フォームよりお気軽にご注文ください。お待ちしております。

→¥500均一直販の『購入手順』詳細はこちらブログ記事

→DEGIGA.JPサイトの¥500均一ショップページはこちら



オススメ!清々しい丘イメージ>
さて本日ご紹介しますピックアップ素材は『北海道・夏の丘』です。以前北海道富良野地域を散策して偶然見つけたある牧場の一角を捉えた作品になります。何しろ丘陵はどこまでも続いており果てしなく車を走らせたその行き止まりでそれは奇跡の出会いでした。空には程よい雲が浮かび小さく立ち並ぶ数本のポプラ?、こんな超絶な風景はそうそうありません。多分ですが、名所巡りに躍起なカメラマンの殆どはこの場所はご存知ないと思われます。

敷地を写しているとはいえ撮影は市道からであり特に所有者を特定する不都合な目印また辺りを見回して『撮影禁止』札も一切なく地主からとやかく言われるような画像ではないと思います。それでは何故こちらのビジュアルが3社ある販売代理店全てのセレクトから外れたのかと言いますと別途2〜3点似たショットを既に預かったからです。実際そちらで売れたかどうかは記憶にありませんが見ては結構使えそうな質の高いシチュエーションには間違いありません。ぜひお勧めいたします。

■ご注文後即日DLお渡し、お支払いは一週間以内最寄りのコンビニATM、簡単でしょ。




0 Comments

Leave a comment