ようやく『緊急事態宣言』発令の公算

#デガセレ『希望セレクト』より


緊急事態宣言が出たら?>
明日7日(火)、いよいよ政府による『緊急事態宣言』が発令されるそうです。本日6日(月)休み明けという事からその発令準備を各々世間一般に広く促すきらいもあるでしょうか、ただこれが感染拡大のどれだけの抑止力に繋がるかは未知数であり今般強制力はありません。あくまで国民の自覚次第と言えます。

私としては素人なりに取り敢えず真っ先にやるべきは大掛かりにでも人の不用意な行動を止める事です。そのためには不要不急のショッピング、会社通勤通学、各種イベント開催これらに総じて急ブレーキを掛けさせる鉄道やバスなど公共交通機関の全面運休でしょう。(政府案の5割減便はかえって大混雑)単に『自粛』の要請継続では何も変わりません。特にブラックやアンダーグラウンド的企業などはその指示要請に全く従わない恐れがあります。
※通勤ありきならいっそ常駐という手もあります。外部との接触も極力防げて一石二鳥、さながら戦時の前線基地と思えば理解も進みます。

基本は感染をほぼ確実に止める事が目的なので臨時でも一時的な強い取り決めを世間に示し時を置かず出来るだけ早い実施をお願いする次第です。合わせて最低限の休業補償をそこに盛り込む事で思いの外抵抗は少ないと思われます。ここ僅か数日でその感染者数が急増している訳で一刻の猶予もありませんが希望はまだ残っています。

そんな『希望』ですが、この度早速ですが当DEGIGA.JPサイトに於きましてあの『セレクトシリーズ』に新たな仲間が増えました。タイトル『希望セレクト』がそれです。やはり人は皆常に希望を胸に毎日を過ごしています。勉学でも仕事にしても懸命に違いありません。新型ウイルスの日本上陸が発覚して既に3ヶ月以上が経った訳ですが経済活動を重んじた一時の政府の不手際により今や他国同様の『感染爆発に伴う医療崩壊』の危機を招いています。

国民の要らぬ不幸は増すばかり、コロナ死をはじめ関連自殺や早期倒産が相次ぐ中、今月が運命を分ける最後の砦(とりで)になるのでしょう。残された一途の『希望』はまだあります。諦めてヤケにならずあくまで冷静に推移を見守りつつ適切と思われる情報を基にその都度臨機応変に行動し出来る限り自らが感染しないように徹底して心がける事が大切です。


こんな時だから『希望セレクト』>
先の『緊急事態宣言』後それでも職種によってはリモート業務導入も事業継続止む無しという会社は当然存在します。そこで行われる各種広報活動などこの最新セレクトタイトル『希望セレクト』が関係者各位に於いて何らかのお役に立てれば幸いです。寄り道なく素早い購入が可能な代理店直行の『直リンボタン』も装備していますので必要に応じてご利用いただきますようお願いいたします。

まずは要チェック!以下より詳細をご確認ください。
→DEGIGA.JPサイト『Q&A』ページにて『直リンボタン』とは?を確認する。

→DEGIGA.JPサイト『希望せれくと』作品計220点をチェックする。


『#デガセレ』に改名!>
上掲画像でご覧の通り画像上部CI表示横の『#デガセレ』ですが、これまでの表記『フィーチャーセレクトページ(FEATURE SELECT PAGE)』の項目名を変更しました。先頭の#(ハッシュ)マークは検索の有効性を意味するものではありませんが、カタカナの『デガセレ』とセットにする事でより記憶に残り易いのかなと思って敢えて付けました。そんな『デガセレ』こちらは『デジガ』と『セレクト』の文字を合わせた短縮語です。目印として認知してもらえれば有り難いです。

こんな厄介な時期ですが今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

もっとも国(政府)がケチケチしないでしっかり生活補償をしてくれさえすれば精神的にも多少は落ち着けるんですが、何はともあれ給付金度合いを世帯数に合わせた一律配布への変更が望まれます。私の場合は一応フリーランス(個人事業者)という位置づけになると思うのでどうでしょうか、流石に住民税非課税対象ではないのでそんな給付は無理としても個人事業者向け100万円が出ればかなり助かります。本当今でさえ売り上げどん底でありコロナのマイナス影響が今後ドバッと襲ってくる事は大方避けられません。

昨年度分も含め毎年きちんと青色申告しているので確認すれば『悲惨な事業者』として認められると思いますが、書類が届くのか?あくまで自己申請なのか?何れにしても支給されるものはしっかり受け取りたいです。


0 Comments

Leave a comment