ストックフォト活用にCG素材はいかがでしょうか『NETWORK MIND』

networkmind


世界が目指すは『完全自動化』>
今年2回目のブログ投稿になります。今日15日が一応の正月終い日に当たるでしょうか。旧暦で云えばまだちょっと先になりますが、この火曜日を以って広く一般に仕事現場も通常業務に戻る訳なので気分一新で「さあ今年も相変わらずひと稼ぎだ」といった気概にはなっているでしょうか。

そんな折、このところ業界分野に関わらず多くの企業では今や最先端技術の導入が急がれているようでまことテクノロジー業界は活況さながらといった感は否めません。一言で言うならば『全自動化への加速』。少子高齢化に伴う今後の人手不足を補いつつ絶えず高騰を続ける人件費に代わる経費節減目標も相まってその流れは益々推進されているように見えます。

そんなど真ん中にある関連企業が開発を進める最新機器及びそこに使われる優れたパーツ類などかつてのメイドインジャパンの復活を彷彿させる勢いを今まさに感じざるを得ません。ここしばらく伝統ある企業群の幾つかが近隣諸国に半ば売り飛ばされている現状から日本人ならではの貴重なアイデンティティーが日ごと失われていく事に懸念は増しますが、やはりここらで一丁巻き返しとばかりに一旗上げて貰うとすれば、そこは丁寧な仕上げで他国に成し得ない高精度を誇る製品開発、いわば『ものづくり日本』の繁栄でしか返り咲きは成し得ないと思っています。

デジタル革命と聞けばもうとっくの昔に思えるほど怒涛の進化を遂げあの台頭する中国を見るに途上国や新興国とて現先進国を凌ぐまでの技術躍進が顕著です。その進捗を悠長に眺めている暇はもはやありません。かつての活気ある日本を是非再び取り戻して欲しいです。という訳で、そんな最先端技術を謳う製品開発にはもっぱらそれに見合ったイメージ戦略は欠かせません。BtoB、BtoCに至る全ての広報活動いわゆる広告素材としての役割は重責と考えますに、今回敢えてこちらのビジュアル素材をご提案させて頂きました。


テーマは『5G』>
CG画像素材、タイトル名『NETWORK MIND』(ネットワークマインド)をご紹介いたします。当製品は今後更に重要視される遅延をほぼ感じない超高速(現在のおよそ100倍速)通信を可能にする5Gネットワーク網に相応しい必要不可欠なバックグラウンドとして可視化させる活気的なイメージ素材です。

都市基盤を高速で結ぶデータのやり取り、日本を基軸として広がるグローバルネットワーク網、眩いほどの光線移動イメージ、新製品公開時には欠かせない高度な機能を明示する異空間的背景など企業ごとその時々の様々なニーズに的確にお答えできる素材であると確信しています。この機会に是非一度私のPRサイト『DEGIGA.JP』(デジガドットジェーピー)にて直接ご確認頂ければと思います。

その際、もしも理想的なお好みの素材にたどり着きましたらそこに表示されます640ピクセルサンプル画像下部の代理店名アイコンをクリックされますと主要な販売代理店へと一気にジャンプし即その個別製品ページにて購入も可能です。多大な労力また時間の手間も省けて大変重宝します。合わせてご活用ください。

ご不明な点は『ご利用は初めてですか?』バナーより当サイト詳細をご確認いただけます。(スマホ対応)


職人を育ててこそのストックフォト業界>
何度も言うようで恐縮ですが、最近のストックフォト稼業に於いてはなかなか難しい面があります。ご存知の通り当然今のご時世ですと同業の方の多くが「これ一本で食える」と言えば嘘になるでしょうか。各販売代理店と契約中の殆どの作家さん(カメラマン)は紛れもなく副業ポジションと思われます。月の売り上げが数万円程度ではとてもやっていけません。

ストックフォト素材が軽んじられた原因として突如出現した格安を謳うマイクロストックや広告掲載が主体の無料配布サイトの影響はかなりの負のウエイトを占めると思いますが、とりわけ満を持しての法人企業勢の参入は大きいと言えます。大がかりな空撮、海外取材、料理関係、ファッション、モデル撮影など一個人ではそんな質の高い予算は掛けられませんし一時の寡占ならまだしも勢力図としてほぼ企業規模の独壇場となります。

先日テレビを観ておりましたら『傘職人』が紹介されていてその方は一人黙々と傘を組み立てていました。それこそいいご年配の方で後継者は居ないようですが、これを私に例えれば勿論後継者はいませんし私が終われば事業もそこで終焉を迎えます。でもこれはこれで生活が何とかなってその人に備わった得意な手仕事がそこまで継続できるのであればこの職人さん同様に十分満足と思えるのです。

もう相当以前からより画期的な合理化が叫ばれてきました。安い人件費と大量生産大量消費が庶民に低価格路線で大きな需要をもたらした事は大変喜ばしい訳ですが、結果モノを粗末に扱うとか環境を破壊するとか問題は今も山積しています。そこに来て自動車の排気ガス、製造時に排出される膨大な炭素物質等に起因する気候変動とくれば自らの命を危うくさせ兼ねない現状さえ伺えます。文化もへったくれもなくただ漠然とお金が動く、それだけでいいんでしょうか。

イギリスロンドンに店を構える有名人御用達?の靴屋さんやテーラーなどはお客さんが海外から飛行機代を叩いて行き来するほど絶えず注文が殺到する店もあると聞きますが、歌手タレントの堺正章さんも先日テレビでどこの国だったか「注文した靴を受け取りに行った」そんな事をおっしゃっていたでしょうか。旅番組から察するにヨーロッパ各地では今も伝統技術が個人レベル(小規模店単位)かつ地元密着型でしっかり息づいており誇りと伝統そして何より自信に満ちてそこに半生変わらず従事される方々は実に幸せな人生だなとつくづく感じた次第です。

当ストックフォト稼業も一個人作家がそういったある種の類稀なる優れた技術と感性そして格式を以ってより永く素材制作が続けられる社会の有りようを切に願うばかりです。

→DEGIGA.JPサイトにてCGタイトル『NETWORK MIND』画像素材をチェックしてみる。

→DEGIGA.JPサイトにて様々なジャンル(テーマ)作品を検索してみる。

0 Comments

Leave a comment