成功者たる人は概ね頭がいいと思う

タイトル『ELEMENTS』より抜粋


証人喚問大外れ>
昨日の前理財局長(佐川氏)への喚問は誠にお粗末でした。本人が言う「訴追される云々」答弁の繰り返しに共産党の小池議員が途中呆れて質問を躊躇する場面もありましたが、午前午後と衆参各党による喚問は結果的に全くの空振りに終わったと言えます。

佐川氏にすれば何が何でもここは固守する構えであり、基本個人的な都合というよりは政府与党を守り抜く強いては国民生活への懸念の払拭もそこに投影されていたかも知れません。この一件でもしも現首相が失脚すれば国内問題もさることながら国際間での諸々取り組みがリセットされる恐れもありまた、そもそも安倍さんのような総理総裁肌としての器(際立つ人材)が今の所ほぼ皆無であることが言えます。

与党寄りのネトウヨさんのコメントを読めばまず今回の結果を受けて安堵のコメントが目立ちます。それこそ証人喚問が決まった辺りは「立証されるとこれってヤバいぞ」的なそこをひた隠しに猛反発する内容が大勢を占めていたようですが、今回のこのような答弁の推移から官邸が関わっている可能性についての疑念はむしろ高まった気もします。



成功者ってどんな人?>
さて今回のタイトルにあります「成功者は頭がいい」ですが、皆さんもそう思いませんか?上述の喚問騒ぎの当事者である佐川氏にしてもかなり長けた人であり、その時々の精密な判断で淡々と各質問者への絶妙とも言える答弁に徹しきれていた。私自身はそう感じます。

今このご時世でしっかり仕事があってより発展的な戦略とともにさらに充実した流れを掴んでいる経営者がいわゆる国を動かし時代を切り開く、大いなる一人の立役者として君臨している人は少なからず居ます。そんな人は単に学業の成績が良かったとか入った会社で運良く出世出来た、はたまた真面目にやってこれたからというだけではない筈なのです。

その場の空気をうまくつかまえつつ状況の変化に応じて幾つものシミュレーションを想定に沿って行動するなど、そこは必ず何処かにその人特有の巧みな先を読む企てが存在するものです。先に経緯体験があってそれを元にイメージを膨らませて書き留める、もしくは予め実務を想定して日頃から身近な人を使って実験もしているでしょう。

多くの書物にも触れそのノウハウの原理を学び実践に当てはめる事からその結果をつぶさに分析し、同時に世を俯瞰しリアルタイムな市場動向にも敏感に反応できる。そんな人はまさにエキスパートである訳です。例えば自分が今何でもこなすハイパープログラマーだったとして、勿論言われた事は無難にこなせる反面それではそこに新しい風を吹き込める素養はどれほど持ち合わせているかというと、そういう人材は殊の外少ないのです。

そこの新しい商品が目に入れば誰しもが「高価でもいいからこれ欲しい」と思うでしょうが、いざゼロからそんな品物を生み出せるかといえばきっと空想すら出来ない人が大部分でしょう。見れば理解できるのにその場にないと「あったらいいな」もない。実に人の脳って単純ですよね。

つまり頭のいい人はそこに機転が効く人ピンと来る人といえます。合わせてそんな品物(サービス)をどのような方法で実現させるかも分析でき、効率や当面の利益率、手間や人員その他そこに関わる案件をスピーディーかつスマートに段取れる能力を持ち合わせているに違いありません。

自分は凡人なのか>
ここでこうして知ったように偉そうに語っている私ですが、残念ながら私にはそんな優れた能力はありません。でなければこんな低迷に瀕している筈がありません。いい意味でストックフォト稼業の先行きを見通せない自分が悔しいです。毎度お馴染みの素材画像(動画)をただひたすら黙々と作り撮影する日々が続いています。

ひとえにそれでも学業は大事です。もともと優れた親の遺伝子を受け継いで低学歴もなんのそので事業を拡大して世界に名だたる人物になって行ける人はいます。しかしながら凡人でさえ難関大学に挑戦する事は其れだけで後の能力向上に間違いなく繋がり、チャンスさえ呼び込めるより奥深い判断力とそのやる気行動力が結果創造の源を生み出す原動力になる筈なのです。

ストックフォトで何とかしたいという皆さん、もっと頭を使ってください。もっと沢山売れる方法を是非編み出してください。私も頑張ります。

→DEGIGA.JPサイトで新作『ELENENTS EX PROJECT』素材をチェックする。



degiga

0 Comments

Leave a comment