期間限定!これは使える無料画像プレゼントキャンペーンVol.002が本日スタート! - 無料プレゼント企画2017

期間限定!これは使える無料画像プレゼントキャンペーンVol.002が本日スタート!

プレゼント企画第二弾告知

お待たせいたしました。あの大変お得なキャンペーン『プレミアム企画☆完全無料画像プレゼント』の第二弾(VOL.002)が本日開始いたしました。兎に角はDEGIGA.JPサイトへジャンプして頂きゲットしては如何でしょうか。

勿論期間限定ですので入手はお早めにお願いいたします。
プレゼント期間:9月11日(月)〜9月17日(日)PM6:00まで

→TOPICS

今回のテーマは『木陰』です。画像上部の黒く潰れた葉の陰がなんとも不可解な情景を醸し出しています。外側の風景があたかもバーチャルのように映る不思議な視覚感が魅力な逸品です。



しかしここに来てアメリカの先制攻撃思考は鳴りを潜め、やや北朝鮮のペースに丸め込まれているような気さえします。確かにもしもアメリカが不用意に先制攻撃に入れば北の猛反撃は避けられず、いくらアメリカが現時点で把握する多くのミサイル基地や核施設拠点を破壊できてもそれはもしかすると殆どが敵を欺くためのレプリカかも知れないのです。

少なくともそれなりの数で別の場所に本物を隠し持っているに違いなく、それが一斉に火を吹くとなれば韓国ソウルや日本のアメリカ軍駐屯地、その近隣地域は相当な痛手を負うと思われ今の体制では迎撃の半分以上が的を外す可能性を私は懸念していて、もしも北が窮地に追い込まれれば間違いなく核を撃ってきます。

韓国は元より日本の経済の中枢でもある各地の大都市がたとえ一発でも核の被害に合えばひとたまりもありません。核被弾に詳しいある外国の専門家が言うに「復興までには数十年かかる」と。広島長崎に投下されたエネルギー当時の少なくとも10倍以上、実験を繰り返す北によって水爆の威力がさらに増すならば日本の半分ぐらいは簡単に吹き飛んでしまうかも知れません。

そうなればまさに日本沈没であり、都市圏に居住していなくともその命の保証はほぼないと思った方が妥当です。死ぬにしても爆発直下で一瞬で灰になるならまだマシ、これが中途半端な被曝であれば絶えず苦しみ抜いて息絶える羽目になる訳で、誰しもそうはなりたくないでしょう。

そのような最悪で悪夢のような惨状シナリオを鑑みれば当然アメリカがどっと攻め入ることはまず不可能であり、中露の北への加担でさらに情勢が悪化長期化し火に油を注ぐ状態になるだけなので、安易なイケイケ感情論ではどうしようもないと思います。日本政府はまずアメリカへの馴れ合いから一歩引く形でむしろ仲介役として中露への働きかけも含めて北朝鮮の暴走を何としても食い止める以外ないと考えます。

そのためにはまず初めにアメリカ側が冷静になり強行姿勢で対向かうのではなく現在の監視行動や威嚇演習を直ちに中止して朝鮮半島から一時的でも身を引いて相手のその後の出方を伺うことも大切でしょうし、それを機に水面下の交渉からの更なる停戦協定の締結とその後の平和条約への道筋が組み立て易くなるのだろうと想像できます。

漫画のヒーロー物みたいに相手を殺してやっつけて勝利することはアメリカにとっては至って容易い事ですが、あまりに犠牲が多すぎるこの北東アジアの独特で複雑な地政学的リスクをリセットして歴史を遡れるはずもない訳で、アメリカ式といいますか、世界基準の一辺倒な考え方理論ではどうにもならないその地域ならではの方策をもっと積極的に活用出来ないものかが今問われているのでしょう。

されどアメリカの事なので韓国軍の一部をそそのかして北領地内に国境付近から一発入れさせて事を水掛け論で有耶無耶にした後、それに反発した正恩氏が軍に韓国領内への砲撃指示を命令させるという流れはあり得ます。そうなれば次第に偶発的有事はエスカレートし民間人も含め戦死者も続出したとなれば、まさにアメリカの思う壺です。

韓国と日本がどうなろうとも表向きの大義名分を得たアメリカは救済を名目に勝手にやりたい放題の派手な戦争をおっ始めるだろうと思いますが如何ですか?聞くところに西洋人のルーツとも言えるアーリア人は昔から野蛮で有名だっとそうです。

最後に:
ただ協定とは裏腹に北は援助と称してこれまで以上に他国へのゆすり集りを繰り返し益々核開発にのめり込んで時に脅しを掛けながら軍備増強を図ります。巨額な外貨獲得を目論んでお構い無しに核輸出に手を染め、そんな中で中東地域のアメリカ陣営を敵対視するイランやその他多くのテロ組織に核技術が満遍なく行き渡った挙句に遅かれ早かれ大規模戦乱(War3)が起こって世界は滅亡へと進むのでしょう。今はそれが阻止できるか否かの瀬戸際であり西側諸国の最大のジレンマなんです。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 Comments

Leave a comment