前回の続きになります

昨日も書きましたが、暇を見て他のストックフォト関連のブログページにお邪魔したりしています。「今月の売り上げ報告」を書き綴っている方もそうですが、高額をたたき出している一部の方以外は殆どが匿名で顔写真などは勿論ありません。

風景画像やカワイこちゃんキャラ、ペット写真なんかを表示しておられます。今更で恐縮ですが、だからこそ色々書けるんだなと改めて思いました。私のようにある程度さらけ出していては、とても本音(=いい難いこと)は書けませんからね。

ツイッターなんかでも仕事内容を明かして本名でツイートしている方は多くがその方面の専門家であって、誰もが知っている有名人なんです。なのでフォロワー数も数万〜数十万は間違いなくあります。このぐらい関心を持ってもらえるような人たちは、世の中での影響力も絶大でしょうから、チョコっと面白い事を仕掛ければそれなりの市場原理が働いてきます。

何とも羨ましい限りです。とは言っても反面、一旦羽目を外せば身の上の炎上は免れない訳で己の発言や行動には責任も伴います。

今日の結論:
そんな訳で、SNSに関わる全員が自らを限りなくオープンにしていけるような世の中であって欲しいし、そもそも技術的な環境整備が構築されるのであれば、より豊かで柔軟なコミュニケーションが可能になるんでしょうね。

遠隔操作もない、誹謗中傷もない、スパムもマルウェアもない、企業や国家間のスパイ行動もサイバーテロなんかも起こらない平和なネット社会になっていく・・・・


「悔しいけど、無理だな」


0 Comments

Leave a comment