広告素材のバロメーター!デジ画の日々 ストックフォト2016年・私の印象

ストックフォト2016年・私の印象

タイトル『暮らしの情景 IV・東北秋冷』より雨日シーン

本日より今年最後の月、12月が始まりました。さて皆さんにとって今年2016年はどのような年であったでしょうか。仕事も稼ぎもバンバン来て最高だったと言える人もいるのかな?でも大半の世間では一向に回復しない懐具合に日々悩まされた一年かも知れませんね。まあそれは残念ながら来年に引き継がれていく訳で、今のところいい気配は伺えません、少なくとも私には。

しかし今年は世間様々に大小問わず多くを失った年というのが私が思うイメージです。ベッキーの不倫問題から始まり、高畑裕太の半ば強姦行為での失脚、ASUKAの大麻使用容疑による再逮捕、何しろ芸能関係が異常なほどに世間を賑わせています。アメリカの次期大統領選挙ではあの大富豪のトランプ氏がまさかの当選を果たしいきなりのTPP拒否。世界貿易の要であるアメリカの離脱が今後の景気にどんな影響を及ぼすのか懸念されているところでもあります。

韓国では民間人と大統領パク氏との癒着を切っ掛けに大バッシング中であり弾劾決議が迫ります。欧州は移民受け入れに難色を示すイギリスのEU離脱が国民投票で可決され、これまでの資本主義の根幹を揺さぶるかのようなまさに今、世界中は急速なその流動的な負の動きを見せています。

「保育園落ちた」のブログは有名になりましたが、日本政府が掲げる実質2%物価上昇も目論みは見事に外れ現時点でおおよそ1%、それも大企業を中心とする富裕層の間でお金が行き来するのみで下には殆んど降りて来こない状況が続きます。民間企業の多くが再び内部留保の動きを見せ始める中、政府からの援助は極めて限定的であり広く行き渡っているとは到底思えません。育児支援、教育の推進、各種福祉事業は今後益々その勢いを失っていくのでしょうか。

フランス、ベルギーの大規模テロ、トルコの軍事クーデター、北朝鮮の繰り返されるミサイル発射、自然災害では熊本地震が地元経済に大きな打撃を与え今も復興途上とか。また関東では台風の影響で川の土手が氾濫して広大な地域が甚大な浸水、失ったものは計り知れません。

舛添氏は不正支出疑惑で辞任に追い込まれ晴れて都知事になった小池氏の前には豊洲盛り土問題やオリンピック会場再審議の嵐が立ちはだかる等々細かく言ったら切りがないほどです。ただひとつ救われるとすればあの夏のリオ五輪での日本選手の活躍ぶりでしょう。それ以外で民間にとって実直に嬉しいニュースはさほど聞けていない気がしています。




さて私の今年のストックフォトの成績を振り返るとすればズバリ、『最悪』の一語に尽きます。前回のブログにも書きましたが今年はことさら超低空飛行といったところです。出力をほんの僅か下げただけで即失速して墜落しかねない状況です。実際の原因は定かではありませんが、少なくともまずは活用媒体の急変貌とそれに拍車をかける景気の更なる低迷停滞でしょう。ユーザーはより低価格帯商品に流れ遂に固定化してしまったと言えます。

加えて国内大手代理店への海外勢作品群の大流入も影響しているように見えます。今年に入って一気にその占有率が高まったため国内勢、特に個人作家のそれは売り場の隅に短期で追いやられている状況が伺えます。よってユーザーの目に入りにくくなり売れるものも売れないという悪循環に陥っていると私は見ます。もちろん私の作品も同様で、月々の数が思うようにはけず作っても作っても日の目を見ない日々がここ数年続いています。

私の場合で言えば、年初よりDEGIGA.JPプライベートサイトを更にビジネス寄りへと再編集する強化策を行ってきた訳ですが、これが結局は裏目に出ていたのではないかという懸念も払拭できません。ユーザーからすれば余計なお世話であり半ば「うざいじじい」というレッテルを自ら世間にわざわざ知らしめていたかも知れないのです。

となれば代理店で購入の際にふと私の名前を見つけるや「別のにしよう」となっていたのならもう取り返しはつきません。有名タレントのようにファンが軒並み増えるその正反対という事であれば本末転倒もいいところです。確かにブログ下部の『いいね!』『シェア』『拍手』『コメント』と最近追加しました『はてブ』ボタンを見る限り、既に開始から丸2年にもなろうという中で毎回の反応は皆無にも等しく、一応はそれなりに閲覧はされているのですが、残念ながらその大部分が目的のユーザー(見込み客)ではなくストックフォトの同業者ではないかとさえ思えてきます。

時間を惜しんで見に来てくれる事はもちろん感謝なのですが、実売に発展しないのであればやっている意味がどれほどなのか。上述の通りもしもこのような状況が売上の急降下に繋がっているならば極めて問題な訳で、ここまで温めてきたPRサイトならびに当ブログ、登録公開中のSNS系関連全てを即刻閉鎖しなければならいのかと思うと流石にゾッと...。

まあそうでない事を祈るしかないと思っています。

ここまで相当マイナーな事を書き綴っていますが、フリーランスっていう商売はいらん心配だらけで正直疲れます。サラリーマンのような会社の後ろ盾は一切ありませんから何か事が起これば自分で何とか解決しなければこの先生きていけません。時代が変われば新たな方策を考えそこに切り替えていく訳ですが、その結果が判明するまでには更に時間がかかり資金力の枯渇など失敗すれば廃業リスクも大いに伴います。

不安定な今時のストックフォトは即刻趣味か小遣い稼ぎ程度に留めておいた方が賢明かとつくづくそうアドバイスしたい気分です。ちゃんと固定給をもらって60歳まで勤め上げて退職金と率のいい厚生年金でのんびり余生を過ごす事の『当たり前』に今更ながら憧れを感じる今日この頃です。そう、上の雨の写真ピッタリでしょう。

関連タイトル→既存型ストックフォトの厳しい現状とその打開策について

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『暮らしの情景 IV・東北秋冷』をチェックする。

表示中のサンプル画像は全て著作権のある正規商品です。透かし文字消去・部分カットなど改変の有る無しに関わらず無断使用は決して行わないでください。何卒よろしくお願い申し上げます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア