Facebook広告にInstagramを紐付けしてみたら?

  • CATEGORYSNS
  • COMMENT0
fb+insta

ここ最近は何とも新作ラッシュに追われてなかなか次の作業(制作)に取り掛かれない状況が続いています。作品制作特にCGなどでは、一旦その間が空くとどうしても億劫になるきらいがあるようで(一応私の場合)、その点も怠けの一因である事は間違いありませんが、とにかくはこの新作つるべ打ちの間を利用して少しでも認知して頂くというのがこの所の仕事と言えば聞こえがいいですが。

正直別段何かが上向いたとか、商品がバンバン売れだしたなどは一切無く言ってみれば単なる暇つぶしになっているというのが正解でしょうか。現実は実に厳しいと言わざるを得ません。しかしながらこんな時でも確実に仕事をこなしてくれている大手ストックフォト販売代理店様には感謝感謝ですね。

さて、いつもながら前置きが長くなりましたがここで本題に入りたいと思います。既にご存知の方もおられるかと思いますが、Facebookを初めてから毎日の画像投稿以外宣伝という宣伝はこれまで行ってきませんでした。ストックフォトという従来のビジネスモデルが崩壊に近づく中でふと、「自分も積極的に何かしなくては共倒れになってしまう」という危機感の下とにかく今できる事は何かを探り始めました。それが昨年暮れの事です。新年明けに早速やり始めたのが私のPRサイトDEGIGA.JPの再構築の作業になります。

これまでの「こんなタイトル作りました」みたいな見せ方だけでは来訪者にどれほどのメリット(お得感)があるでしょうか。正直サイト自体にも厚みがなかったように思えました。そこで画像一つ一つに所謂『直リンボタン』を付加してはどうかと閃いた訳ですが、この作業は優に3ヶ月強を有し、またそれと並行して後追いの形で今度はYouTubeチャンネル『ストックフォト魂』を立ち上げてタイトルごとのスライドショーを計80本アップするなど大変手間の掛かる作業はのべ半年以上に及び、気づけば7月近くになっていました。

その間の作品制作は僅かに5月に数日間行った接写タイトルの『MACROIZM』のみ。その後慌てて動画ものも加えてここに来てCGタイトル3本をどうにか完成させる事が出来ました。今後は残りの2本を公開予定ですのでこちらも是非ご期待ください。...いやまたまた前置きになってしまいました。

実は先日、Facebookページ『DEGIGA.JP ON LINE』に於きまして有料の広告『宣伝』を打ってみました。高々¥2,000の少額ではありますが取り敢えず一週間(7日)で設定してみた訳ですが、その直前にFacebookさんからの自動メールで「Instagramとの連携」のお勧めがあり少しでも広範囲へのアプローチが必須だった事から、その解説に沿って早速設定し広告をスタートさせました。

以前にも何度か同様に少額で宣伝はしていたのである程度のリーチと『いいね!』そしてエンゲージメント数などの数値は把握していた訳ですが、ところが今回Instagramと連携させた事でその数値、特にリーチ数が時間を追うごとにとんでもない人数に達していきます。まだ2日目というのに既に2000リーチになろうという所まで来ています。これまでの例と比較するとおよそ5倍のペースなのです。

11/8終了、最終結果:リーチ:5188 エンゲージメント:1416
これまでのリーチ比は14倍強、エンゲージメント比:驚きの31.4倍 業種と販促次第で相当有効。

「こりゃあ最高だぜ」と喜びたい所なのですが、当のInstagram側のこれまで私をフォローされていた方の何人かがほろほろと離脱していくではありませんか。きっとしつこい広告にうんざりしてしまったと自身推察しているのですがその辺は実際の状況がこちらからは一切見えないので定かではありません。しかし少なからず影響は出ているように思えます。

元々Instagram愛好家の殆どが純粋にコミュニケーションツールとして嗜んでいるという事なので、そこに宣伝は失礼千万。嫌がられて当たり前です。やもすると「買ってやろうと思ったけとや〜めた」なんて最悪の事態が起こりうるかも知れないのです。私はSNSはほんの駆け出しで分からない点は多岐に登ります。

強迫観念と言うのでしょうか、嬉しいよりも心配の方が先に立って居ても立っても居られないというのが正直な今の心境です。有料宣伝は既に始まっているのですからしばらく様子を見る以外ない訳で、あと5.5日間の行方をデータ解析も交えながらつぶさに注視していきたいと思っています。

このブログを見てくれている方の中にももしやいらっしゃるかも知れませんが、Instagramのフォロワーの皆さん、スパム的な悪意はないのでその辺どうか大目にみてくださいね。

→Instagram:DEGIGA.IMAGES をチェックする。
※よろしければフォローをお願いいたします。

→Facebookページ:DEGIGA.JP ON LINE をチェックする。
※よろしければページへの『いいね!』及び『シェア』をお願いいたします。

0 Comments

Leave a comment