道草シリーズ全四部作、今日は『モノクロームイリュージョン』 - ストックフォト2016

道草シリーズ全四部作、今日は『モノクロームイリュージョン』

DVD『道草・モノクロームイリュージョン』紹介
右上の"4K"マークは最大画像サイズを表しています。(他に2K・1Kサイズをご用意)


久々に道草シリーズDVDパッケージ商品の個別アナウンスをさせていただきます。前回は『ダークネスウォールへの誘い』という事で、所謂シンプルなバックグラウンド使用に適した素材タイトルのご紹介でした。

今回はストックフォト素材としては意外に少なく、あまり出回っていないタイプ『モノクロ(白黒写真)』のタイトルになります。総合フォトエージェンシーの各社サイトを巡ってみると、外人さんの預け入れされているものの中には結構モノクローム仕立ての作品(素材)は多い印象を受けるのですが、それに引き換え日本人作家にはあまりモノクロ画像を預け入れする方がいないなと感じました。

何故なんでしょうか。購入ユーザーさんが使用時に新聞や雑誌等の媒体に合わせてモノクロ化できてしまうという観点は想像できるのですが、それでも初めからモノクロ表現で写し止めたムードを生かして利用したものと比べれば魅せ方の印象が相当かけ離れている気はします。

カラー画像をモノクロにする理由は単にカラー印刷でないからであって、セレクト時にそれを先読みでモノクロにした場合のトーンの出方がまず重要視されます。赤は黒になり、黄色は殆ど白くなってしまうのでその辺にこだわりはあるでしょう。文字乗せの際の背景としてクライアントの求めるイメージになっているかが決め手になる訳です。

しかしながらテーマに合った素材を探す上で初めからモノクロ表現された作品では、まず何と言ってもそれ自体が醸すムードが重要になります。書籍の表紙利用ではとにかく中身の内容とマッチしていなければいけません。そして独特なフォントとの相乗効果も考慮に入れて初めて選ばれるものと思われます。

この『道草・モノクロームイリュージョン』はまさにそんな目的に合致する極めて稀で貴重な、そして斬新とも言えるモノクロ画像素材ではないかと自信を持ってご提供できる逸品です。「論より証拠」とよく言いますが、以下のアドレスにてご覧いただければ幸いです。

→DEGIGA.JPサイトのDVD直販ページ『道草・モノクロームイリュージョン』をチェックする。

→DEGIGA.JP DVD DIRECTにて商品のサイズ及び価格帯をチェックする。(購入手続き出来ます)

banner-02

0 Comments

Leave a comment