広告素材のバロメーター!デジ画の日々 これは使える!直リン画像素材 #020 『風見鶏』

これは使える!直リン画像素材 #020 『風見鶏』

逆光の風見鶏(タイトル:VISIONSより)

ドローンと聞くと、まず思い浮かべるのが政府官邸屋上に墜落させた事件、そして中学生による善光寺祭礼時での墜落事故というようにマイナスイメージを私の場合何故か強く感じてしまいます。販売力旺盛な中国の大手ドローンメーカーのDJIなどは全世界を股に掛けシェアをほぼ独占していると言っていいくらいに、少なくとも日本国内で同メーカーのドローンを利用されている方は相当な数に上ると考えられます。

利用目的の多くは商用であり、環境・学術調査、企業関連施設の俯瞰撮影、各種現場資料、防犯対策、スポーツや芸能などアクティビティーイベントの実況録画、テレビ番組、操縦技能を競ったりスピードレースであったりとドローンが主役の競技大会もこのところ世界各地で頻繁に催されていますし、また遠隔操作を自動化し、通販代理店最大手のアマゾンをはじめ配送に類する作業にこのドローンを利用しようという公共実験も盛んに行われるようになりました。

私の知り合いでもドローンでの写真や動画撮影に余念のない方がいて、その方もストックフォトを概ね頑張ってやっているようなのですが、今やドローンの虜になってしまっています。上は100万円ほどの高額機材と10万円前後の、いわゆるお手頃価格のドローンを合わせて3台ほど所有するほどのドローンマニアと化しています。

もともと野鳥が好きで、やはり100万円を優に超えるレンズに70万円近い高級デジイチを常に2セットほど持ち歩き同じような思考の方々が集まるいわゆる撮影の名所に頻繁に出かけるような方です。つまり資金をふんだんに趣味に注ぎ込めるどちらかと言えば富裕層の一人な訳です。

ドローンはそんな贅沢を嗜む方々にとって実に有意義かつ時間潰し(いや失礼)で魅力的な遊び道具であると共に時には需要の観点から請け負いの臨時収入も付いてくるのですからもはや有名プロの仲間入り、気分はきっと最高潮なんでしょう。当然似たラインに位置する同様の関係者との出会いの切っ掛けにもなるので、互いに有益な情報のやり取りであったり酒の席を設けての雑談会、時には旅行がてら現地を訪れて更に交流を深めたりと、それこそ人生はバラ色だと感じているに違いありません。

30年ほど度前だと当時エンジン付きのおもちゃの飛行機にワイヤーを張って、室伏広治選手のハンマー投げのようなポーズで操縦していた風景をよく見た思い出があります。確かUコン機という名称だったか、今でもきっと残っているのでしょう。その後電波操縦が可能になったラジコン飛行機が登場し、今や玩具販売専門店のトイザラスには僅か数千円で買える簡易ラジコン飛行機、ヘリコプター、レーシングマシーンなどが当たり前のように売り場狭しと並んでいます。

その中にもドローンはしっかりあって、小学生からほぼ成人向け仕様まで各種品揃えされている事から、もはや市民権を得たと言えます。スマホ1台で操縦や撮影が難なく可能なものも多く存在する昨今、取り分け操縦する面白さ、写真は4Kで動画は少なくともハイビジョンで収録可能とくれば写真を趣味とする者、1台くらいは手に入れたい気持ちにかられるのも無理もありません。

先出の富裕層の一人である知り合いなどはまさにそんな趣向のどストライクなユーザーなのです。当時は高卒が当たり前で、普通に試験を通れば大企業人の仲間入りが出来たそんな時代でした。大企業ゆえにその都度の社会の変化に左右される事も殆どなく順調に年功序列の道を上り詰め、それなりの優位な役職もつき退職金は数千万円はあったに違いなく、共稼ぎであれば毎日の生活にも事欠かず好きな事も満喫できた、運のいい人生を送ってこられたまさにラッキーボーイ。

年金だって二人(共稼ぎ前提)合わせれて月少なくとも30万円以上は貰える計算になります。いや、もう少し多いかも知れません。ただ、退職した後そんな裕福な暮らしも暇を持て余して半ば質素に陥りがちというのが世間一般的であり、もはや自分は社会の無用者と考えがちにもなります。

しかしながら彼は違います。定年後は現役時代に比べてより一層輝き出しているのです。若年層に引けを取らない行動力と献身的なドローンへの執着、勿論ストック稼業も含めてまるで何かの箍が一気に外れたかのように突如精力的に活動し始めたというのが私の率直な印象です。

最近何処かのウェブサイトの内容に、『もうひと花咲かせたい症候群』という専門家の記述を見つけました。概ね順風満帆な人生を送りながら、定年になってこの先々このまま終わりたくないという第二の人生に賭ける思いがふつふつと宿りとどまるところを知らず、とことん追求し続けないといられない精神状態、また何がしかのコンプレックスを抱えていて他者に対しての優位性、優越感(自慢)自己陶酔の表れであるとも。そんな方がこの『もうひと花咲かせたい症候群』になりやすい傾向という事のようです。

まるで真っ向から己の老いに立ち向かうかのように挑み続ける精神構造は、常に自分を窮屈にしているようにも見えます。『燃え尽き症候群』に陥らない事を願いたいです。さて裕福でもない私はこれからどこへ向かうのでしょうか。『もうひと花咲かせたい症候群』どころか、これまでの人生の過程でひと花も咲かせていない自分は何なのか。そして今後私は何処に向かうのか、そう『風見鶏』に聞いてみましょう。

さて今回の『これは使える!直リン画像素材』はタイトル:VISIONSより逆光にシルエットで浮かび上がる『風見鶏』の素材をピックアップしてみました。先日の参院選の結果と本日告示の東京都知事選の顔ぶれを見ていて思う事は、まさにことわざで云う『長い物には巻かれろ』がよく似合います。下々のものはその時代に選ばれし高位その権力に操られ半ば強制的に従わされる定めを追っているのです。

もう十分わかったからさ、そろそろ良い方角示してくれよ!『風見鶏』さん。

→タイトル:VISIONS のページはこちら


amanaimeges(アマナイメージズ)
aflo(アフロ)
imagenavi(イメージナビ)


ご不明な点はDEGIGA.JPサイトのCONTACT、もしくは各社販売窓口にてお尋ねください。

表示中のサンプル画像は全て著作権のある正規商品です。透かし文字消去・部分カットなど改変の有る無しに関わらず無断使用は決して行わないでください。何卒よろしくお願い申し上げます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア