FB再デビューのその近況 - SNS

FB再デビューのその近況

  • CATEGORYSNS
  • COMMENT0
フェイスブックデビューから早2ヶ月が経とうとしています。まず最初の1週間は友達作りに翻弄し、毎日1点の作品投稿を心がけ、途中取材の関係で家を開けていた5日間以外ほぼ同じ時刻に作品をアップし続けて来ました。

作品はこれまでストックフォト用に制作及び撮影した作品で、勿論心ない人が複製して無断使用する事も考えられるのでプライベートフォト以外の全ての画像には透かし文字を挿入。直近で気になる話題や元気が出る暖かなメッセージなどの文章とともに、ポスター感覚で画像内にキャッチコピーめいた言葉もひと言入れています。

画像投稿ですが既に50点は超えたと思いますが、上部に入る文章との整合性から気の利いた画像を選び出すのが毎回苦労するところです。では皆さん(友達)の反応はどうでしょうか。『いいね!』はその日の内容によってまちまちで、多い日は20いいね!を超える場合があれば2〜4いいね!程度に留まる日もあり、とにかくタイムラインを開くタイミングや時期は人によって様々なのでうまく目に止まればボタンを押してくれているのかと思われます。

6月12日現在の友達数がその後の申請希望者も含めるとどうにか219人になりましたが、『いいね!』ボタンを押してくれる方はおおよそ決まっていてそれ以外の方々からは殆ど頂けていない状態です。今回は写真家さんというほぼ同業者から友達申請を試みた訳ですが、私の存在と言いますか投稿画像と言いますか、余り関心を示さない多くの写真家がこれだけ居る事にむしろ驚かされました。

時に政府に対する国民としての不満をぶつけるような投稿文、女性に受けそうなホットな気遣いなど、その時々で幅広い内容をバリエーション豊富に披露している割には皆さんの反応が徐々に向上して来たとは言い難い状況です。私自身もタイムラインの各人それぞれの投稿に対して、『いいね!』と並行しながらコメントを結構書き入れる方だと思っていて、投稿者本人も含め他者とのいい繋がりは生まれているなという実感はあります。このSNSはシステム的に、コメントやいいね!が増えると自然と目に触れる回数も促進されるようです。

それなのに『いいね!』数は何故増えていかないのでしょうか。

まず考えられるのが有名無名の差です。片や雑誌やテレビでもお馴染みの有名写真家で、こちらは完全無名のローカル作家。この差は考えるまでもなく歴然です。有名人は「時間が無いので今日はコンビニ弁当。」の投稿でも直ぐさま50いいね!が入ってきます。コメントも多く、「今日も頑張ってください」とか「今朝の先生良いお顔。」等々がずらっと列挙されます。

私の場合は残念ながらコメントを頂くのは本当に稀で、余程の知り合いでも『いいね!』止まり。画像の内容にもよりますがコメントのその数は限りなく0という有り様で今ひとつ盛り上がりに欠けるというのが今の心境なのです。やはりエリートは違うなと思い知らされています。

もうひとつは仕事がらみのお付き合いが永い方同士や学生から続く古くからのリアルな友人関係など日頃から直接様々に接触されている場合では投稿文面についても同様に言葉が弾んでいます。身内しか解らない最近の話題が飛び交っているのですが、私など言ってみれば蚊帳の外です。下手にその輪に加わろうものなら、「誰?」って感じじゃないでしょうか。

関係者同士の会話に水をささないよう気を使う場面は多々あります。私は知りませんが、まさにコメントしようしている相手はもしかすると知る人ぞ知るその分野の大物かも知れないのです。しかしながらそんな方々であっても時に自らの思いの丈を気軽に語ってみればすかさず快い返答が返って来る事もある訳で、そこら辺がフェイスブックのある意味凄いところなのです。

デビュー僅か2ヶ月ですが、言わば雲の上の人と思われる方々と会話する場面はしょっ中起こっています。何しろ失礼がないようその都度緊張はしますが。

多少慣れてきたんだと思いますが、のめり込むと仕事そっちのけで2時間以上を費やしてしまう事が多くなりました。ここしばらくはCG制作をメインで進めているのですが、4月上旬に作業を開始して2ヶ月以上過ぎて未だ予定の半分程度しか完了していない始末。実は今回500点近くの物量で攻めようという考えだったので、予定(5月末完成)は大幅に遅れていると言わざるを得ません。

このブログでこれまでも何度も書きましたが、私の場合テーマを決めたらまず簡単な絵コンテを描きます。制作過程の中でその絵コンテから再びインスピレーションを貰いつつ幾つかのバリエーションを組み立てるといった具合で進行します。ひとつのカテゴリーの中で絶えずモチベーションを保つというのは私にとって非常に重要なのですが、最近はフェイスブックの存在から気がそぞろになり思うように事が運ばない問題も抱えている今日この頃です。

このブログだって、書いている場合か!

0 Comments

Leave a comment