より深刻度を増す我が人類の運命は如何に③ 揺らめきギャラリー『みなも』正式公開!

揺らめきギャラリー・みなも 正式公開


来た〜!揺らめき第5章>
数えて一昨年の秋から撮影をスタートしました所謂『揺らめき』シリーズですが、今回がその最終章の第5弾となります。紅葉、梅、桜、新緑、そして『みなも』と続けざまに手持ちムービーという同手法を懲りもせず繰り返してきました。うまい落とし所があったかはさておきまして兎に角はあっという間に駆け抜けた総じて丸一年半、一応の達成感が心地いいです。

総クリップ数:144点 フルHD1920*1080ピクセル スローモーション

これまでの全体を通じて言えることは『スロー表現』に徹したところです。手持ちとなれば画面にどうしても要らぬガタつきがつきものですが、それをスローモーションに変換することである程度揺れが穏やかに抑えられ、一種落ち着いたアナログ感と共にノスタルジックな印象さえ漂ってきます。また逆光で起こるハローの眩(まばゆ)さはその緩やかな動きからどこか各クリップごと物語性すら伺わせ、洒落たBGMを加えるならよりその場のニュアンス乗じて見る者を別世界へと誘(いざな)うかのようです。

揺らぎといえばやはり『みなも』は外せません。水面の動きは千差万別であり同じ動きは一つと無く常に一期一会を演出してくれます。僅かな時間であってもその繰り返しをただじっと眺めているだけで何時しか心は自然とそのウェーブの狭間へと吸い込まれ、あたかも浮いているかの如く不意に無重力感覚にさえ襲われます。実に不思議ですね。

ロケはまずさざ波寄せる海から始まりその後視点は逆光眩しい湖へと向かいます。そしてまた緑に囲まれた池畔を巡ればそこに映る緑の草木に初夏の雲、時に鳥が佇みトンボが行き交う、のどかな中に生命の息吹も感じられると思います。風情漂う水辺をゆっくり移動する遠く人の姿についてはスローモーションならではの印象的な情景描写が際立ち実に清々しいです。

→DEGIGA.JPサイト(動画カテゴリー)で『揺らめきギャラリー・みなも』をチェックする。

→YouTubeチャンネル『ストックフォト魂』にてデモリールを公開中!

→DEGIGA.JPサイト表紙が本日更新されました。


力量と差別化人間力で生き抜く>
この一連の『揺らめきシリーズ全5タイトル』をさて、どのようなシチュエーションに活用されるでしょうか。まずは何と言ってもこれから訪れる『紅葉シーズン』ですが、あれからおよそ2年振りと言われればそれまでですが、しかし殆どのビジュアル素材は撮影から数年経っている場合は多く、その撮影地が思いの外変化しないのであれば別段違和感はありません。私一人とっても代理店に預け入れて仮に20年経ったそんな素材が今に至っても普通に売れている事実があり、ストックフォトという商売は新旧にあまり関係しません。必要に応じてユーザーが欲するシーンに的確に答えてナンボの世界なのです。

途中からデジタル素材化したことでアナログ劣化がなくなり常に高品質を保つものとなりました。ただ有り難い反面誰でも手軽に修正ないしは量産できることから必然と売値が下がって無論ライバルも増え極端な売上の低下を招いている現在においては多大なデメリットも少なくありません。そこの最後の砦(とりで)即ち『差別化』で乗り切ることが最良であるに越したことはないですが、同時に力量(付加価値=人間力)または可能な限り制作カテゴリー数(得意分野)を増やす以外ないと考えます。

今自分に出来ることは今後差別化できる新たな強みを発揮できる分野はあるか、ここしばらく蔓延る厄介な新型コロナウイルスの状況は当ストックフォト業界にも暗い影を落としています。今後も倒産する企業が徐々に増えると言われる中で、その生き残った少ない市場(マーケットユーザー)により多くお目にとまるための施策は重要です。ビジュアル制作者一個人として何ができるのか模索は更に過酷さを増していきます。


GDP-27.8%楽観と悲観>
先日日本の今年度4−6月期のGDPが年率計算でなんとマイナス27.8%で戦後最悪の下落幅を示しました。つまりは一年間の国民総生産の4分の1が失われたことを意味します。年収400万円が昇給どころか300万円まで下がったと同じです。ただでさえ非正規やパート社員は多く、運良く派遣切りに会わずともただでさえ毎月ギリギリでやりくりしている人にとってはその困窮度合いの高まりは避けられないでしょう。

政府の試算によると次期第2四半期(7−9月期)はそこから16%ほどは戻すとしているようですがその予想はかなり甘い気がします。依然特効薬はなくウイルスの拡散が若者からいよいよ中高年層に移り始めている訳で既に家族内感染も各地で散見されます。司令塔となる各企業のベテラン勢が軒並み罹患すれば事業そのものがうまく進まない訳なのでほどなく事業縮小なりリストラなり、また倒産廃業のリスクも合わせてそう簡単に払拭はできないでしょう。

専門家に言わせるとその景気浮揚の是非がおよそ2ヶ月後の10月とあり余談は許しません。ウイズコロナが功を奏して想像以上の回復に繋がれば別ですが、かつての金融危機(リーマンショック)とは専ら質が違うのが玉に瑕で当時経済に及ぼす負の影響は比較的小さく済みました。今の日経平均が23000円以上をつけている現状を鑑みるに多くのお金は投資に使われ言わば貯金に回っているようなもの、今後も市場に還元されることはなく如何に実態と乖離しているかがそこに読み取れます。

いくら強いとされるIT企業が潤ったとしてもそれだけで市場が全て回る訳ではありません。自身日本のピンチはまだ当分続くと見ています。となれば広告市場への影響は今後も更に凄まじさを増すでしょうしそこにぶら下がるビジュアル素材の売れる売れないはより明確になっていきます。私のようにほぼ100%代理店頼みであれば尚更でその代理店の知名度実績の優劣に関わるは必然であり、どの代理店が結果より多くのユーザーをものにし生き残ったかで勝敗は喫します。

斜に構えて先のマイナス27.8%を敢えて言い換えれば無駄な供給過多が需要(客数)を3割近く上回ったという対比でもあり逆説的な見方として同業他社を3割減らすべしの理屈になります。もしも全四半期で改善虚しく通期マイナスなら、悍(おぞ)ましいですが国内の全事業社数763万に対して倒産190万社(中小零細が内90%)全労働人口6000万に対して失業者1500万人となり最終的には最悪ここまで行き着くかと、いやはや何とも。


より深刻度を増す我が人類の運命は如何に② 近々公開!最新動画素材名付けて『みなも』

みなも予告


今度は水面(みなも)>
久々に新作のお知らせになります。前回の動画素材『揺らめきギャラリー・新緑』に続く同じく実写動画となります。『みなも』というキャッチフレーズからも容易に想像できますが、所謂水辺の風景といえば聞こえはいいでしょうか。主に揺らぐ水面をモチーフかつ心象的に捉えたバックグラウンドとしての仕様を目指しました。

とは言うものの内容はざっくばらんで海に湖池畔そして公園の貯水池など場所は様々、揺れ動く水面の妙は勿論そこに集う人々とその情景に加え鳥や昆虫など小動物の営みの一端を覗くシーンが数多く描写されており全体としては自然と目を惹く魅力溢れる作りとなっています。

今や恒例ともなりましたデモリールも同時公開いたしますので先ずはそちらをご覧いただければと思います。正式公開はお盆明け来週早々を予定しておりますので何卒ご期待ください。次回当ブログを以っての詳細に代えさせていただきます。



数字の勘違い>
ところでこのお盆休みは如何お過ごしだったでしょうか。コロナ禍冷めあらずむしろ感染の拡大はもはや都市部を離れ遠く地方の遠隔地にまでその勢力はより拡大しつつ未だ衰える気配はありません。少ないとはいえ中高年世代の感染者がじわじわ増えており中等症や重傷者も沿ってその数が上昇中と聞きます。

そこに厄介に加わるのが目下灼熱地獄さながらに浴びせまくる連日の猛暑で本日16日13時現在地域によっては何と40度越えが出始めたらしいです。熱中症で担ぎ込まれる患者多数で医療現場は大あらわ、症状がコロナ感染時に近い事から気が抜けません。それこそどこかの政治家のように呑気に夏休みなどあり得ない更に度を増す忙しさは続いていきます。

よくコロナ感染者数を別の何か事象に例えて暗に比較する人がいます。インフルエンザの僅かコンマ数%なのだからそれほど恐れる事はないしそもそもただの風邪であるとか、交通事故の死傷者や餅が喉に詰まって死ぬ人の数、がん疾患の死亡率、年間自殺者などの多さを様々引き合いに出しており、そう訴える人の大半は概ね『経済回せ』の論理が意識として優先されるようです。

確かに経済が破綻しては元も子もなく最悪は日本経済の崩壊にまで至る訳で、当然そう叫びたいその人は将来への懸念も重なって自分ごととして受け止めているに違いありません。職を失えばまともに生活が維持できなくなるのですからそこは言いたくもなります。だからその生贄(いけにえ)として他人の命を捧げていいという権利は誰にもありません。

自分が罹患したら平気で「助けてくれ」とでも言うのでしょうか?無関係な別の案件の数値を掲げるというのはナンセンスであり比較する方がどうかしています。それはそれこれはこれであって例えコロナ患者の死者数が極端に少ないとしても究極死ぬ人は出ます。そこに注力して思考を広げてもらいたい訳です。

経済を止めれば自殺者急増でコロナ死を上回るはそれはそうでしょうが今後増えるであろう自殺者については重点対処策として分けて議論すべきではないかと考えます。精神的に追い詰められれば誰でも凹みます。そこにセーフティネット網活用がうまく機能さえすれば不幸は一応に防げる筈です。コロナ感染を野放しする事は単に社会の不幸を果てなく増幅に繋げるだけだと広く世間を諭したいです。


拝金主義の末路>
交通事故死にも言えますがこれだけ科学が進歩しているにも関わらず未だ自動ブレーキシステムが法令化されていません。何故か、つまりはそれが拝金主義の妨げになるからです。人を助けるのではなく国の健全?な運営が一番であり全ての面に於いてお金を回し続ける事が常に善とされ幾らかの犠牲には目を瞑るという思想哲学なんでしょう。

事故が起これば新車が売れる医療費摂れて葬式出れば葬儀屋が儲かる、そこに絡んだ税金が自らの利益となり安泰、これが全ての答えです。公共事業でも不動産でも額が増せば増すほどウハウハという仕組みなのです。今の政府に於いては殊更その節が余りに露骨に見え隠れしてなりません。その家の後継ぎなら散財し尽くす三代目に符合する政権世代というべきで長年に渡って積み上げた財産はアッという間にすっからかん、財務大臣の麻生太郎氏が提唱して止まない無謀な財政健全化策がどれほど国民を苦しめてきたか、コロナ禍のそれ以前昨年10月に強行した増税10%で市場はもうとっくに事切れていました。

巷にそれこそ健全なる市場を形成させることなく常に自らの懐具合や国際的見栄を張りつつ丸で下級国民はそのための操り人形然り生産性を欠く奴隷扱い(しかばね)そのものと化しています。最近よく思う事に『商品の値上がり』がありますが、あれって実態は値上がったのではなく物価上昇の国際基準に照らせば至って当たり前の価格帯であり、つまり日本だけが貧乏になった証。

日本のバブル期に海外に出かけた際、欧州やアメリカの先進国でさえどの店の商品も日本の半値か3分の2程度だった記憶があります。あれから悪夢の30年が過ぎてみて今はその真逆になっていると遂に肌身で感じるようになりました。高々180万円クラスの車が250〜300万円と目立ちますし軽自動車が上位フル装備で200万円とは驚きです。

アップルコンピュータが出した最新のMac Proが最低65万円からとか、ちょっといいデジタル一眼カメラがボディのみ50万円とか、訳が分からなくなりました。昔の追いつかない技術を軍需品並みに引き上げた商品と思えば理解もできますが、まさに極端な格差の表出、国内このご時世でそこまで釣り上げなくてもいいじゃないかとほんと悔しいですし富めるそんなご身分になれない自身を半ば残念に思います。

相変わらずいつものように相当話が逸れましたが、結論として『拝金主義』が最終的には世界を滅ぼすと言いたいのです。政治家に官僚更に大企業経営者と代々の成金その貴族意識ならぬインテリ層が結局その既得権益を以って全てを牛耳れば際限なく社会は荒んでいく事になります。今年11月とも囁かれる次期解散総選挙で貴方は自民党に投票しますかそれとも立憲民主党以下野党陣営に投じますか、これは未来を分ける最後の審判です。



より深刻度を増す我が人類の運命は如何に① ¥500均一直販、今回は『地球素材』

free500-AFX-HN0064


経済の先行き不安高まる>
我が国に於いてもその危機感は月を追うごと徐々に高まっています。検査数が増えれば自ずと陽性者は増えるのでこの数字だけを見て恐怖心を抱く人は多いと思います。どこもそうですが身近に陽性者が出るとおよそ途端に噂が広がって半ば村八分的差別を受けるという報告が結構な数に及んでいると聞きます。中にはその地域を捨て他県に移転するいった事例まで出てきました。誠に残酷な話です。

世間がウイズコロナに心身ともに慣れっこになるまでにはまだ相当な時間を要すると思われますがただそれ以前にもっと深刻な事態に身を削る事になります。何かと言いますと紛れもない生活苦です。取り敢えず今はその影響は微々だとしても企業というものは共に連結しあって成り立っており請け負い下請けの立場上実質発注主また大手元請けあっての物種であり上が疲弊すればそのしわ寄せはそのまま下々に伝播する訳です。

世界各地の名のある超巨大企業の業績が軒並みマイナスを計上、多くで想像を絶する大赤字に転落し愕然と肩を落とす無残な数字が踊っている始末です。先日はバージン航空が倒産、衣料品大手のワールドは一挙5ブランドを廃止しています。自動車メーカーの日産三菱連合は赤字額合わせて5000億円余りに達しました。本日決算のトヨタのこれまた概ね赤字とはいえその額がどれほどかまさに固唾を呑んで見守っている状況です。

天下のトヨタが没落すればこれまで大株主として市場介入してきた日銀の努力も水の泡となりその数字如何によっては平均株価を一気に押し下げる可能性も出てきました。4月でしたか確かアメリカ株と連動して一時16000円台まで下落したと思いますがそれこそ今回は流石にただでは済まないと思っています。少し話が逸れましたが何しろ実態経済を支えているのは紛れもない国民一人一人の努力と貢献であり金融業界ではありません。

もしも今後変わりなく感染者が爆増し続ければ多くの企業の人員確保が覚束(おぼつか)なくなり事業縮小に連れ厳しい資金繰りなりが必ず襲ってきます。このところ同じ屋根の下に暮らす家庭内クラスターが日増しに増えている事からも危機感は募ります。これが大規模化すると生産物流販売網更には輸送大動脈の鉄道空路も様々極端な人手不足に陥って機能しなくなります。時を同じくして院内感染が各所で頻発、既に病床はパンク状態であり自宅で治療待ちの重症患者がバタバタと亡くなる悲しい光景が目に浮かびます。

かなりの罹患率に達すればいずれこの私も遅かれ早かれコロナ感染してしまうでしょうし歳も歳なので生還できるかどうか。WHOの発表では「ワクチンは特効薬にならない」らしくそこは人にもよるのでしょう。大阪府知事が突如うがい薬が効くと言い出しましたがアレってまだ治験的検証がされていないので果たして効き目は?と懐疑的になるとはいえ反面既に店頭からうがい薬が怒涛の如く姿を消しているそうです。マスク騒ぎもそうでしたが藁にもすがる思いとはこういう事なんですね。


株価と実体経済の乖離顕著>
安倍政権は国難極まりつつあるこの事態に至ってもなお何を考えているのでしょうか。普通に考えれば『GoTo』は即取りやめて『帰省禁止』とはっきり言うべきです。丁度お盆に当たる訳ですからいっそ前倒しで緊急事態宣言を発令して8月末まで強力な規制を掛けていいタイミングと思うのですが目下のところその腹積もりは一切なさそうです。3月〜7月までの失業者が計4万件超、あれからもう一ヶ月経っているので軽く5、6万人(隠れ失業含む)それ以上は行っていると思われます。

専門家が示す今後の企業倒産件数予想ですが少なく見積もっても全体の7、7%27万件250万人が失職すると警鐘を鳴らしています。この惨状を以ってしても株価が2万円代ならそれこそ我が国はどうかしてます。ある日を切っ掛けに突如外資は流れ国内の資産家も海外に資金を移して即刻国外退去、円を売って金(きん)に換えたりアメリカドル及びユーロ換金とくればいよいよハイパーインフレ所謂デフォルトに一気に突き進む事になり、まさしく日本壊滅です。

時の政治家一団も我先に海外逃亡するんじゃないでしょうか。さて残された国民の運命は如何に、マインドを尽くコントロールしてしまう新型コロナウイルスってほんと罪です。皮肉にも中共の世界征服ここに完結す?


ちょこっと¥500画像の宣伝>
本題後回しで恐縮ですが、今回ご紹介する¥500均一直販ビジュアルは上掲の『地球素材』になります。このパターンのタテ位置タイプは預かったのですが何故か専らプレーンなこちらが落選、余黒も十分あって文字乗せには打って付けと言えますが何なんでしょうか。見ては日本が中央に配置されており程よいネットワーク構成も有り難い逸品です。何しろ長辺が4800ピクセルあるので印刷用途は勿論4K放映用ビジュアルとしても大変重宝すると思います。

→詳しくはこちらをチェック!

よくやった!水中撮影実写素材が¥500ポッキリ

free500-IF-HH0891


水中撮影に挑戦>
今日ご紹介するのは例によってあの¥500均一直販サービス商品ですが、前回に続いて実写素材になります。今度の素材はあれ?「これって水中?」、そうなんです水中撮影にチャレンジした時のものになります。カメラをウォータープルーフパックに詰めて決死の覚悟で撮影した中の一枚となるでしょうか。

一つ間違えばカメラ水没でおじゃんともなり得るわけでなかなか勇気のいる決死の素材制作と言っていいでしょう。かれこれ数年前になりますが今住む茨城県から遥々およそ市道で3時間程かけ栃木県の山間部『奥日光』まで遠征し捉えてきました。確か6月上旬だったと記憶しますが何しろ標高2000M近い上の方はまだ半分冬景色で戦場ヶ原は枯野状態、少し先の遊歩道の所々で霜が張っていて下界とは驚くほどの差異を感じました。

勿論そこを伝って流れる小川はまるで氷水で30秒と触れていられないほどです。が、とは言ってもその水面下に生え水流に揺れる水草は青々とまさに新緑であり、冷たさならではの水の透明感清らかさは寧ろ撮影にうってつけのシチュエーションを存分に提供してくれます。

防水具にカメラを忍ばせて右片手持ちですかさず水の中へ差し入れ早速撮影に取り掛かったのはいいのですが、何分にもこの冷たさ故にレンズ全部が物の見事あっという間に真っ白く曇ってしまい続行不可能。そこまで予測できなかった自分を責めつつウェスでしつこく拭き取りつつ何度かトライする内にカメラも程よく冷えてきたのでしょう、ある時点から全く曇らなくなりました。

リモートコードでモニター出来るほどの豪華なシステムは組んでいないので専ら勘を頼りにシャッターを連射する中、取り敢えず形になった一枚と言えます。きっと数百カットは行ったかと思いますがやはりめくら打ちは難しく、また途中レンズを様々ひっかえとっかえ撮影場所あっちこっちの連続はかなりこたえました。

撮った結果からどちらかというと焦点距離は広角が勝ります。程よい奥行き感とともに流れ来る水流のうねりにも立体感が溢れて迫力があります。何しろ水面下の水草の緑色が見上げる水面内部に広がって実に爽やかであり、その揺らぎの浮遊間に癒されるそれは一種独特な森林浴を思わせる風景ともなりました。

当画像以外にいくつか似たパターンが存在しますのでよかったら他の素材もチェックしては如何でしょうか。昨日いよいよ梅雨明けとなり今後は連日の真夏日猛暑日の予想です。そんな風情に欠かせないのが冷ややかさに満ちた水画像であり、文字や商品を載せるにもってこいの使い良さには定評がある当水中画像を是非ともご用命いただければ幸いです。

→DGIGA.JPサイト『¥500均一直販ページ』で作品をチェックする。



追記:
実に驚くほどに『紅葉』画像は豊富です、8月に入ったばかりで時期的には少し早いとは思いますが『紅葉』こちらのラインナップも大変オススメです。今のうちにまとめていくつかピックアップされてはどうでしょうか。それなりのお宝発見に繋がるかも知れません。ほか『夏』に関係する季語素材豊富にお待ち申し上げます。


ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーエリア

最新デジタルミラーレス特集
安心のアマゾンでお気に入りをGET !