広告素材のバロメーター!デジ画の日々 2016年03月

YouTube『ストックフォト魂』チャンネル閲覧アイテム”pdfクイックサーチVer1.2!

quicksearch1.2


→pdfクイックサーチ最新バージョンのダウンロードページ

お待たせいたしました。先日予告していましたYouTube『ストックフォト魂』チャンネル閲覧アイテム”pdfクイックサーチが遂に更新第三弾のバージョン1.2となりました。pdfクイックサーチの入手及び既にVer1.1以前をお持ちの場合は上記よりバージョンアップをお願いいたします。

今回のアップ項目ですが、まずもう既にDEGIGA.JPサイトに於いてご紹介済みの動画タイトル『broadcaster(ブロードキャスター)』の追加、そして販売代理店購入ページにダイレクトリンクするいわゆる直リンサービスの対象タイトルについて前回の9から22タイトルと一気に13タイトルが増量されました。大半はアマナイメージズ動画コンテンツ独占タイトルとなります。プラス静止画CGタイトルの『visions(ビジョン)』が追加されています。

2009年の頃でしょうか、動画コンテンツを開始した当初は国内代理店ではアマナイメージズさんが扱うのみで一本の窓口に限られていました。そのような関係でアマナイメージズ独占がある程度の数で存在しているという事になりますが、その後ハイビジョン関連の素材に需要が増し他の大手代理店も動画コンテンツに参入したという流れで現在に至ります。

動画素材は今後更なるフォーマットの高画質化(4K標準)に移行すると思われますので、そういった需要に即したタイトルが求められる訳で、世知辛い景気の厳しさとは裏腹に費用対効果を常に気に掛けながら新たな対応機材の導入も視野に入れつつ、またコンテンツの内容・質の向上に努めていく事に迫られます。

ただ正直言って動画コンテンツはある特定の請負業者さんが一手に扱うというのが概ね定番であり、ストックフォトで借り入れ購入して活用される率は私の場合で言わせてもらうと現在もそう多くありません。無駄な出費を極力無くし、何をどう捉えるか、どんな業種が有効なターゲットに成り得るのか毎度の事ですが、その辺が実に悩ましい訳です。

実益が他にあって趣味半分でストックフォトをやっておられる面々はむしろ費用はかけ放題で好きな機材が出て来れば「試しに使ってみようか」ですんなり購入できるかと思いますし飽きれば即次の機材に乗り換えるというのも容易で、私からすれば羨ましい限りです。売れない自称ストックフォト作家の立場としては致し方ありません。

如何に今ある機材を有効利用し永く保たせるか。(教訓その1)

YouTube紹介動画素材に『broadcaster』(ストックフォト魂)新登場!



久々にお馴染みYouTube『ストックフォト魂』チャンネルに新作動画の登場です。『broadcaster(ブロードキャスター)』という如何にもニュース仕様っぽさが漂う動画タイトルですが、実のところそういった意味合いというよりはもっと広く使われて当たり前を前提に制作された製品といえます。

上の動画をまずはご覧ください。
※『ストックフォト魂』チャンネルでは他にも多くの紹介動画がご覧いただけます。

メインオブジェクトを左右に設置して空間を生かし、主役となるコピーを各種アレンジのもとレイアウトし易く構成してみました。また、従来の10秒ペースが多くを占めるクリップにあっても出来るだけスローな動きを演出し、ループを駆使することでゆったりしたムードを維持しつつエンドレスな使用が可能となっています。

DEGIGA.JPサイトでは使用サンプルを掲載しています。→チェックはこちら

YouTube『ストックフォト魂』チャンネルの紹介動画をカテゴリー別に検索し素早く閲覧が可能なpdfクイックサーチのバージョンアップ(Ver1.2)は明日公開させていただきますので、合わせてご注目ください。

因みに、直リンタイトルが動画コンテンツをメインに大幅に増量されました。

これは使える!直リン動画素材 #005



今回は画像ではなく動画のご紹介です。タイトルが通常『動画素材』となっていてナンバーリングしているので、動画で#005というのは動画が5回目と勘違いしそうですが、とりあえず紹介トータルと考えてください。さて、わたしにとってCGのリアル感で言えばまずこれまで制作してきた中でのピカイチではないかと思っているのがこの『Rising Sun・希望の夜明け』ではないかと思います。

あたかも宇宙空間の起動域近くで地球を実際に捉えたのではないかと見紛うばかりの極めて実写イメージに近いスケール感そして太陽が顔を出す瞬間の、まさに『Rising Sun・希望の夜明け』そのものです。日本のみならず今世界各国は先の見えない不景気のどん底であり、一部の富裕層を除いてほとんどの国民は疲弊しています。特にユーロ圏は若者の失業者の数が年々増加し、その生活格差労働格差はますます拡大しているそうです。

政治が悪いのか、それともこれまで当たり前とされてきた経済のルールそのものが崩壊しようとしているのか、どんなに苦労し努力しても報われない社会に希望は生まれにくいもので、むしろテロを生み出す温床ともなり得る不穏ささえ感じます。先日もベルギーブリュッセルの中心部で爆弾テロが発生し多くの市民が巻き込まれました。パリで起こったテロの一味とされ、希望を失った一部の若者による即ち現国家体制への反逆という構図が見て取れます。

アルカイダ系テロ集団は慰めにも似た上手い話を持ちかけてはその後宗教の名を借りて洗脳し残忍な行動へと彼らを駆り立てるという恐ろしい連鎖は残念ながらまだまだ続いていくのでしょう。

しかしきっと必ず来ます、皆さんの頭上で希望の光が輝く日が。



まあ重い話ですが、どんなに努力をしても報われない事って結構あります。私も例外ではありません。努力の方向がずれていればそうなります。ストックフォトでも言える事で、もしも私がマイクロをやっていたなら確実に食えていないと思われます。1点が数十円数百円、行って数千円で月500点売れて幾らになるかです。多分2、3万円稼げれば御の字じゃないでしょうか。

趣味副業こずかい稼ぎでやっている訳ではないのでとてもじゃないですがこれでは間違いなく一家離散になります。やはり法人が多く利用する大手老舗代理店に預けるのがまずは基本ではないでしょうか。ただ昨日今日預け入れして即定職気分になれる事はまずあり得ないのも事実です。

私でさえ20年近くもお世話になっており独立後9年目に入りました。これまでに培ってきた経験が次期製品を生み出し、その結果から更に次のステップへと進める訳なので、当然スキルの向上は欠かせません。また写真で何とかしようとしている方も多いと思いますが、まず写真一筋ではマイクロ同様に食えないと思った方が妥当です。自身のこれまでのデータ分析でも統計として出ています。

他者が出来ない、もしくはライバルが少ない、そして広告のツボを抑えて初めて実績が伴ってくるものなので、これからストックフォト作家を目指される方は、その辺を何処かのうまい話にくれぐれも惑わされないよう努力の矛先をしっかり見定めてください。

少し生意気かも知れませんが、私の失敗談から得た貴重な実体験の中で感じた事柄で今後はこんな風な内容もちょちょっと書いてみようかと思います。

まずは『ストックフォト魂』紹介動画をご覧いただき、以下のDEGIGA.JPサイトの動画カテゴリーより『Rising Sun・希望の夜明け』を選択してください。既に直リンボタンが設置されていますので、チェックの上必要に応じて購入を是非ご検討ください。

素材検索のサブリストとして、DEGIGA.JPサイトをブックマークしていただけると大変有難いです。

YouTube『ストックフォト魂』検索アイテムのpdfクイックサーチがVer1.1に更新!

pdf_quick-Search Ver1.1

pdfクイックサーチ最新バージョンのダウンロードページはこちら→

あのpdfクイックサーチが早くもバージョン1.1に更新されました。まず修正点ですが、リンク文字部分の余計な『で』を取り除きました。コピペの悪材と言ったところでしょうか、全てのタイトルに在って削除作業にも一苦労でした。もっとチェックを強化しなければとつくづくそう思います。

今回のバージョンアップの注目点と言いますと、直リン、いわゆる販売代理店の購入ベージにダイレクトに繋がるボタンの設置箇所が9タイトルに拡大されたという事です。またクイックサーチのサムネイル上に新たに直リンマークを貼り付けました。これにより現在の直リン可能タイトルが目視で容易に確認できるかと思われます。

9タイトルになったからといって特別利便性が格段に向上した訳ではありませんが、できる限り短期間を以って全タイトルのボタン設置を進めてまいりますので『超便利』まで今しばらくご憂慮くだいさい。ご希望がございましたらまずそちらを優先して作業させて頂きますのでお気軽にお知らせください。その他各種お問い合わせにつきましても全て非公開ですのご安心ください。

お問い合わせはこちらからどうぞ↓
DEGIGA.JP専用フォーム(pdfクイックサーチラストページからも可能)

これは使える!直リン画像素材 #004

春の奥入瀬渓流(タイトル:奥入瀬アゲイン』より)
春の奥入瀬渓流(タイトル:『奥入瀬アゲイン』より)


YouTube『ストックフォト魂 No.68』にて紹介ビデオ公開中。
※pdfクイックサーチ活用でビデオ鑑賞が楽チン!(無償配布)→DLはこちら

『これは使える!直リン画像素材 #004』という事で、はい今回は新緑と清流が魅力の景勝地でもあります奥入瀬渓流の画像をご紹介させて頂きます。新緑とは言ってもこの写真の撮影時期は何とすでに6月上旬という訳で新緑とはいささか言い難い部分はありますが、しかしながらこのグリーンの鮮やかさと渓流の清らかな青さからは、若葉が一斉に色づき始めたばかりの4月下旬頃を思わせます。

東北も北緯の高い位置であり、同じ東北でも南部地域と比べ季節は相当ズレ込むと思われますし実際晴れていてももう一枚上に羽織りたくなる気温だったように思い出されます。だからでしょうか、やはり森は実に美しいです。川のこごち良いせせらぎとミソサザエのさえずりがこだまする中での撮影は爽快感に溢れていました。

身近にはそうそうない贅沢な新緑素材は間違いなくどストライクでしょう。

amanaimeges(アマナイメージズ)
aflo(アフロ)
imagenavi(イメージナビ)

ご不明な点は各社販売窓口にてお尋ねください。

表示中のサンプル画像は全て著作権のある正規商品です。透かし文字消去・部分カットなど改変による無断使用は決して行わないでください。何卒よろしくお願い申し上げます。

今のサザエさんってどう?

サザエさん_磯野一家
フジテレビ開局55周年記念 アニメ「サザエさん」放送開始45周年記念『ありがとう45周年!みんなのサザエさん展』より

先日、あの日本を家電で支えてきた我が国が誇る巨大家電メーカーでもある東芝が今般の諸事情による巨額な利益の損失を引き起こし、ついに白物家電株の殆どを売却することになりそのお相手が中国の安物家電最大手と揶揄される美的(ミデア)という事で結局東芝は外資(外国企業)へと、まあ正直落ちぶれたという事なんでしょうか。

そんな情勢の中で毎週日曜夜6時30分から30分間放送するあの国民的アイドルでもあるアニメ『サザエさん』ですが、私は相当以前からの大ファンであり毎週できる限り欠かさず拝聴させて頂いています。幾つかのお話の中には実に感動的で心を打つ名作も登場するなど、ほろっと来る時もしばしば。最後に出てくるジャンケンなど意味もなく熱くなる自分が居ます。

ちなみにこのサザエさんのジャンケンですが、ある種こだわりなのか勝つ確率を研究しているマニアも居るそうで人気アニメの奥の深さに感心もする日々です。

さてここからが本題になります。サザエさんを視聴していて最近ふと気になる事がありまして、それが何かというとあまりの時代錯誤感なのです。身なりもそうですが磯野家が暮らす東京近郊(作者の引っ越しと重ねたようです)の町並みや商店街への導線がまさに昭和40〜50年代半ばという風情であり現実とのギャップを相当感じるようになりました。

都心郊外であれば既に大型ショッピングモールがあちこちに点在し、徒歩でてこてこと近所のさかな屋さんなど概ね個人店に買い物に出かけるとはやや考えにくく、ましてや波平とマスオさんは高学歴の商社マンであり今時自家用車の一つもないなどとはあり得ません。普通にプリウスとかゴルフあたりを所有していてもおかしくない筈なのです。

ショッピングモールには巨大な駐車場も完備され買い物の種別にはそう事欠かないと思いますし、せめてイオン(ジャスコ)は在って当たり前だと思います。またデパートでのバーゲンセールで女性陣が衣料品の奪い合いをしているシーンも、私がまだ中学生だった30年以上も昔の光景であり近年は見た事がありません。

家のしつらえ品もそうです。木製のテレビや東芝の初期型冷蔵庫(グリーンが時代を象徴)、黒電話ともはや骨董品がひしめく家庭にしか見えず不自然ささえ感じます。昭和の古き良き時代を反映してるのでしょうし、東芝製品のある豊かな暮らしの象徴がまさにサザエさん一家という事で伝え方という観点では間違いないところですが、もうそろそろ変えては如何かと一つの提案の意味合いで今回書かせて頂いたという訳です。

昭和への郷愁とも言える古い設定をこれ以上続けるよりも、むしろ現代社会の問題点や喜びを面白おかしくコメディータッチで描く事こそ意味深いものを感じます。もしも作者の長谷川町子さんが今描いていたらきっと設定は大幅に変わっていたかも知れません。

ネット時代にスマホの若者、電気自動車や火星探査、詐欺やテロの話、少子化、格差等々切りはありませんがそんな巷にあって今も変わらず伝承される残すべきものの描写、繋がり絆をしっかり諭せる内容の方が進歩的でありよっぽど題材に事欠かず夢は大いに膨らんでより一層のリアル感を以って感動を呼べるのではないでしょうか。

あの頃の家電の東芝はもうありません。特に批判している訳ではありませんが、仮に財団の既得権益だけに執着しているとなればそれも如何なものかと感じます。ただ、その変革には覚悟も伴います。変えた途端に人気が急落するという危険は勿論です。8チャンネルのこのところの視聴率の低迷を考えれば苦しい事はお察しいたします。

もしもお年寄り(年配者含む)に配慮しているのであれば、合間合間に昭和、大正、明治の昔話を織り込む事は十分出来ると考えます。

ご参考になれば幸いです。関係者各位

今日のサザエさんも楽しみです。

無償配布開始!『ストックフォト魂』見るならpdfクイックサーチ

pdfクイックサーチ


pdfクイックサーチ最新バージョンのダウンロードページはこちら

かれこれ二ヶ月になろうというYouTube『ストックフォト魂』チャンネルですが、相変わらず出だしから殆どのタイトルクリップで視聴が伸び悩んでおりまして、このままではいかん!という事から、それならもっと動線に成り易いしっかりしたサービスを準備すればいいのではという発想から生まれたのが、このpdfクイックサーチです。

今回投稿した70超のタイトル全てがはっきり言ってパッと見何の素材動画なのかよく分からないというマイナス点があり、視聴される方はいちいち文字を読み、むしろ機転を効かせて見て頂いているようにも感じました。なのでここは見ていただくためのユーザビリティーをきちっと構築する必要がありました。

このpdfクイックサーチは視聴者の今見たい動画を各カテゴリーに選別して目的意識に反映されるよう配慮しました。2ページ目の総合カテゴリーを起点に必要な動画が瞬時に検索でき探す戻るが絶えずスムーズに行えるように設計しています。

また、このブログで既にスタートとしています『これは使える!直リン画像素材』サービスですが、早速当PRサイトのDEGIGA.JPに於きましても今回新たに同時展開する事になり、とにかくは動画1静止画3タイトルの640pサンプル表示ページの下部に直リンボタンを設置したところでもあります。

このボタン設置により本ブログ同様に主要代理店と作品がダイレクトに結ばれた形になります。ご存知のように総合フォトエージェンシーが抱えるストック数も一億点に迫ろうかという今となって、自身の目的に沿った作品に巡り合える事はもはや奇跡とも言えます。多くの場合は時間も限られる中、妥協しての購入もままならない状況であろうかと推察できます。

最初の10ページで出て来なければ諦め半分といったところではないでしょうか。100ページも進むにはそれ相応の覚悟がいる凄まじく忙しく締め切りとの戦いに明け暮れる業界に違いありません。なら「ウチのサイトに面白そうな素材があります。探してすぐ購入手続きも普段通りですよ。」と言いたい訳です。実際に私の素材が代理店経由で売れているのですから理屈で言えば必要な素材を何処で見つけるのかぐらいの違いだろうと思うのです。

話が混同してしまいましたが、つまりpdfクイックサーチは『ストックフォト魂』視聴の助っ人に成りうると同時に画像購入のサポーター的な良きアイテムになると考えます。この機会に是非ともDEGIGA.JPに足をお運びいただきダウンロードされては如何でしょうか。

直リンサービスが今回急遽スタートした事情で暫定的かつ試験運用の段階で、もちろん全てのタイトルに直リンボタンが設置された訳ではありません。詳細につきましてはサイトバナーよりご確認いただければ幸いです。

※pdfクイックサーチはタイトルの追加時など不定期で更新作業を行います。常に最新バージョンをご利用ください。

これは使える!直リン画像素材 #003

ビーム(タイトル:『リッチな背景』より)


いよいよ『これは使える!直リン画像素材』も第3弾となりました。今回は前回予告しておりました通りCGをご紹介させていただきます。タイトル:『リッチな背景』より抜粋しています。見てもお分かりのように広告、特に印刷などで多く見られます縦位置レイアウトに程よくマッチするデザインが目を引く作品です。

文字(コピー)や製品画像を大きく中央に配置する場合などに都合よく光線の閃光元の光芒は上部に、そして下に行くほど裾広がりになる事から画面の安定感と重厚感、いわゆる見た目のボリュームが一層際立つと思われます。

簡単な制作過程をお話ししたいと思いますが、まず光の画像テクスチャを数本のランダムで細長く線状にした3Dオブジェクトに連続生成するように配置します。当オブジェクトをご存知フォトショップのレイヤー合成項目と似たような(この場合は透明)状態に設定すると左右の輪郭が消えて光テクスチャのみが描写されます。

アフターエフェクツのサードパーティー製の光生成プラグインで予め作成しておいた中のパーツを選んでフォトショップレイヤー上で合成して完成です。一つ作画するのに3Dのレンダリング作業と編集全般で1時間以上は掛かったかと思います。慣れない人は結構しんどいかも知れません。

タイトルの『リッチな背景』にはこのようなCGによる背景群が長辺4800ピクセル計392点収録されています。基本CG画像は結構なサイズオーバー時でも十分シャープに描写してくれるので、使い道は多岐に及びます。何とそよろしくお願い申し上げます。

リンクは以下の通り大手代理店3社に全てストックされています。

amanaimeges(アマナイメージズ)
aflo(アフロ)
imagenavi(イメージナビ)

ご不明な点は各社販売窓口にてお尋ねください。

表示中のサンプル画像は全て著作権のある正規商品です。透かし文字消去・部分カットなど改変による無断使用は決して行わないでください。何卒よろしくお願い申し上げます。

YouTube『ストックフォト魂』チャンネルほぼ完結!

YouTube_ストックフォト魂チャンネル
画像クリックで『ストックフォト魂』チャンネルにジャンプします。

先々月の1月30日にYouTubeチャンネル『ストックフォト魂』を開設し早一ヶ月半が経ったかと思いますが、遂にと言うべきでしょうか、昨日、念願の完結を迎える段階までこぎつけました。私のこれまで制作してまいりましたCG及び写真のそれぞれ静止画と動画コンテンツ、いわゆる製品タイトル未発表分も合わせて現在79作品あるのですが、そのうちの既に発表され大手代理店にて販売されている76タイトルの紹介カタログ動画のアップが無事完了いたしました。

残りの3タイトル(静止画2と動画1)は、後日代理店の売り場にて販売が開始された時点で改めてアップ作業に入りたいと思っていますので、そちらの方も是非ご期待ください。

ただやはり残念なのが、視聴されている方が極めて少ないという事です。二ヶ月近く経過しているにも関わらず全ての動画を合わせても僅か90回オーバーとはなんとも情けない限りです。まあこれが一般人の定めと言うべきでしょうか、有名人とはまさに天と地の、いや宇宙規模ほどの違いはあるかと実に痛感させられます。

結局視聴数の差なんていうのは概ねその内容次第なんでしょうし、ましてやストックフォト関連という事で極めて視聴者を絞った限定されるカテゴリーである事も原因なんだと推測します。それでも結構有名どころの作家さんだったりすればそれなりの数でそこそこファンは集まるのでしょうね。

次が最大の問題点かも知れませんが、このPR動画が誰のためのメリットになるのかが極めて不明確な事です。先のブログでも書きましたが、特に広告関連で日頃からストックフォトを利用されているデザイン事務所さんの場合など、契約代理店サイトに直接行って探してくるというのが当たり前なので、仮にたまたま検索でこの動画にたどり着いて幾つかの動画を見たとしても『なるほどね』くらいの評価で素通りなんじゃないかと、まあこれが現実です。

しかしながら、長い目で見てそんな重鎮の皆様方に重宝されるためにはですよ。やはりもっと便利な機能として何か付け加える必要はあるなと思っておりまして便利になればそれも良しに変わる可能性があります。それが何かと言いますと、つい先日より当ブログでスタートしている『これは使える!直リン画像素材』サービスを更にパワーアップさせる事なんです。

当ブログでご紹介している点数といえば週に2、3点がいいところなので、YouTubeチャンネルで大げさに紹介してもむしろ失礼にあたるので、やはりここは私のアーカイブサイト(DEGIGA.JP)を強化するというのがもっともかと今はしこしこと寝る間も惜しんで企画を練っている最中です。形にするまでにはまだ時間が相当掛かりそうなので現時点では具体的な説明は避けますが、準備が整い次第改めてお話しさせていただく予定です。

しかし今月の売り上げ厳しすぎて、さてどうしましょ。

これは使える!直リン画像素材 #002

満開桜(タイトル:『魅惑のサクラ』より)

これは使える!直リン画像素材#002と題して今回は雲一つなく青く晴れ渡る空のもと、満開に咲き誇る桜並木を捉えた爽快感溢れる画像素材です。4、5月といえば日本全国桜前線真っ只中であり、短期とはいえ広告使用としてはこの時期集中的に目にする最もポピュラーかつ人気の素材ではないでしょうか。

今回選出したサクラ素材は癖がなく、ことの外ほどほどの余白が維持されており各方面で違和感なくまた活用範囲も限定されない最も使い心地の良い画像の一つかと思われます。以下の大手代理店2社の窓口にて常時販売中ですので是非ご検討ください。

次回はCG素材をご紹介する予定です。お楽しみに。

●Aflo(アフロ)
●imagenavi(イメージナビ)

ご不明な点は各社販売窓口にてお尋ねください。

表示中のサンプル画像は全て著作権のある正規商品です。透かし文字消去・部分カットなど改変による無断使用は決して行わないでください。何卒よろしくお願い申し上げます。

これは使える!直リン画像素材 #001

菜の花_春の輝き
直リン画像素材 #001 菜の花(タイトル:『春の輝き』より)

早速ですが、こちらの『題して:直リン画像素材選集』カテゴリーに於きまして本日より不定期ではありますが、私がこれまで制作してまいりましたストックフォト素材のタイトル中より、現在大手代理店数社にて販売されております画像及び動画素材の各社購入ページに直接(ダイレクトで)リンクできるサービスを開始いたしました。

とにかく突然の試みということから何かと至らない点もあるかとは思いますが、同時進行として如何にこのサービスページが周知されるかが課題であり、このブログ発信を通じて購入を希望される少しでも多くのお客様に他では余り見かけない当作品の独特な魅力が伝われば幸いです。

もちろん作品を購入される方(会社)の殆どは直接契約サイトへ飛んで直に検索し探し出すという流れではないかと思います。ただ如何せん表示画像が多岐にわたる事から、特にお得意さんでもあるデザイン事務所様が常に直面するお忙しい仕事柄、より効果的な素材を発見する時間もそうはないと思われますので、なら「こちらもとりあえず駄目元で覗いてみください」といった軽いノリでまずはブックマークしていただく事を目指そうと思っています。

自分で言うのもおくがましいですが、私の作る画像(動画)素材の多くは思いの外風変わりで奇抜といいますか、斬新といいますか、とにかく差別化しやすい事は確かだと思います。とにかくは試験的な試みなので今後どうなるかは未定ですが、思いついたその日が吉日という訳でまずは始めてみようかと考えました。

今回はまず第一弾といたしまして、今そこにある旬というべき菜の花のドラマチックなローアングル画像をご紹介いたします。以下の代理店名をクリックすると直接販売ページにリンクし、すでに会員登録されている環境の方でしたら一通りの入力手続き後スムーズにご購入できます。

価格は代理店により若干の違いがありますが、おおよそ小型サイズで5000円台当たりから選べますので、サイトのトップページ内画像としての活用などネット利用等であれば、信頼の大手であるかゆえに安全かつ比較的リーズナブルである事は言えます。法人向けオンリーではないので個人ユーザーのみなさんも必要に応じて是非ご利用いただければと思います。

●amanaimeges(アマナイメージズ)
●Aflo(アフロ)
●imagenavi(イメージナビ)

ご不明な点は各社販売窓口にてお尋ねください。

表示中のサンプル画像は全て著作権のある正規商品です。透かし文字消去・部分カットなど改変による無断使用は決して行わないでください。何卒よろしくお願い申し上げます。

哲学の木が消えた

哲学の木

先週エキサイトニュースを見ておりましたら北海道美瑛町の観光名所の一つ『哲学の木』が敷地所有者自らの手によって切り倒されたという記事を目にしました。ここ何度か訪れて眺めた風光明媚な光景が残念ながら姿を消してしまったという訳です。

切り倒した当の本人(農家の方)がその理由をいくつか挙げていたようなのですが、一つはすでに相当な年月を経て木そのものが年老いておりもしもの事故も想定されるがゆえに、近いうちに伐採しようと考えていたこと。そして実は次が本当の理由なのですが、ここを訪れる多くの観光客、特に外国人の方たちによる畑敷地内への無断侵入行為による農作物の被害が尋常じゃなくなったのだとか。

もちろんアマチュアカメラマンの容赦ないモラル違反も多く見受けられることから近年はボランティアの方達による周辺警備も頻繁に行われていたようです。しかしながら年がら年中木の周りにしがみついている訳にもいかず、また哲学の木以外にも監視対象は幾つもあるので、正直追いつかないというのが現状だったようです。

私も一昨年の夏美瑛の取材で哲学の木に立ち寄った際、ちょうど居合わせた年配数人のアマチュアアカメラマングループの何人かが敷地内に入り込んで悪びれた様子もなく平然と撮影していました。そこへ案の定上述の警備員が通りかかりすかさず注意したのですが、そのカメラマン達がなんと返したかというと「ここの車止めをもっと道に出しときなさいよ、でないとどこまで入っていいのか分かりずらいし、そもそも私達観光客が来るからお金稼げてるんじゃないの」とのたまっており、反省どころか上から目線的な高圧な態度で放つその言葉に私も思わず唖然としてしまいました。

当の監視員も喧嘩する訳にもいかず苦笑していました。驚きです。大体木の根元付近まで数十メートルも入っておきながら分かりずらいなんてよく言えたものです。本人達もその後居づらくなったのか撮影を早々に終えていそいそと引き上げていきました。

もうしばらく前になりますが、確か1991年だったか、当時気の合う写真好きの友人と二人でこの場所を訪れたことがありましたが、あの頃は歩いて畑を突っ切ろうが直に車が入り込んでも特に叱られることはなく、それがごく自然で普通でした。一昨年の実体験としては、時代も様変わりしやはりルールが相当厳格化しているなという印象を持ちます。何しろそこら中に『敷地に入るな』『ここは私有地です』『伝染病予防のため立ち入り禁止』等々の文言の立て札をやたら見かけました。

昨年でしたか、著作権保護訴訟で素材の大手販売代理店のアマナイメージズさんが無断使用を繰り返していた弁護士事務所を相手取り起こしていた裁判で見事勝利したようですが、そういう意味での小競り合いがあちこちで頻繁になる中に於いて、商売としての既得権益を声高に叫んでみるもまだまだその辺の庶民の認知度理解度は残念ながら道半ばという感じがします。

画像や動画コンテンツの多くは光回線であればインターネットで簡単にダウンロードできる環境な訳なので制作者(相手)の権利は軽視しがちになります。いくら個人使用だからと抵抗するも、一度ネット上に流出すれば手がつけられないほど拡散してしまいます。責任を取れと訴えても、もはやその流出元の所在すら不明であれば不可能でしょう。

今回の『哲学の木』の犠牲は、今の世の中の不条理全てを物語っています。

DEGIGA.JPサイトが本日更新!

1603_degiga_top
画像クリックでDEGIGA・JPサイトにジャンプします。

本日3月4日午後5時、DEGIGA・JPサイトが久々に更新されました。上部の横流れの背景画像もひときは春めいております。内容も一部変更されましたの是非遊びに来てください。

まずは新作のご紹介ですが、CGによります動画コンテンツ:broadcaster(ブロードキャスター)が新たに加わりました。こちらの素材はグローバルビジネスを動的にビジュアル化した内容で主にIT系企業などの広告利用目的は勿論の事、その他ウェブへの掲載、プレゼンテーション、セミナー、デジタルサイネージ向けに効果的なコンテンツとして企画制作されました。全120クリップが魅せるバリエーションの数々をまずはご覧いただければと思います。応用サンプルも合わせて掲載していますので参考までにこちらもどうぞ。

●詳細は以下取り扱い代理店にてご確認ください。
アマナイメージズ:http://amanaimages.com/motion/
アフロ:http://www.aflo.com/sys/home.asp?target=c_mov
イメージナビ:http://imagenavi.jp/video/

そして恒例の『気まぐれコラム』のコーナーではこれまで4回に渡り書き綴ってまいりました『過去と未来を結ぶもの』シリーズですが、遂に今回(エピソード5)をもって最終回となりました。文章は毎度の事それほど長くはないので是非一読ください。

トップページには今回新たに自身のYouTubeチャンネル『ストックフォト魂』のバナーを貼ってみました。毎週のように息せき切ってのハイスピードで、現在も作品数を増量中です。現時点で静止画動画合わせて計47タイトルが既にアップロードされています。また、自ら画面に登場しほんのちょっとではありますがそれぞれの作品について制作時の思いや感想を語っており、皆さんにとってためになる部分が多少なりともあれば幸いです。

という訳で今回はサイト更新のご報告でした。
今後ともデジ画職人いっつぁんをよろしくお願い申し上げます。

テーマ : お仕事日記
ジャンル : ビジネス

プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア