ストックフォト2014・自身を総括

多分今回が本年最後の投稿になると思います。

さて今回のお題『ストックフォト2014・自身を総括』ですが、今年は何時になく忙しいと言いますか慌ただしかったと言いますか、作っては預け撮っては預けの連続でした。

まず1〜2月がCG制作、3〜4月が春イメージの風景撮影、6〜7月がちょっと遠出の東北と北海道の取材、9〜10月が今年二度目のCG制作で更に10月下旬には10日間ほど掛けての紅葉撮影と結構あちらこちらと走り回っていました。そしてこの12月は目下来年に向けてのCG制作奮闘真っただ中という状況です。

以前のこのブログでもお話ししたかと思いますが、私は制作開始段階で大まかなテーマを決める傾向が有ります。その上で取材するので比較的狙いを絞って撮影出来るのが利点です。期間が限られる制約では無駄が省けて大変効率的です。当然ながらそれ也のタイトルも付けます。

代理店(フォトエージェンシー)に預ける際などタイトルの欄等に必ず「今回はどのようなイメージを投稿してきたのか」を受け取る担当者が事前にある程度理解し易いようにするのが目的ですが同時に、自らが一冊の写真集を作ったかのような気分が味わえるというのもあります。

今年は概ね12タイトルぐらいは制作したと思いますが、だから売り上げが順調だったかというとその努力頑張りとは裏腹にまるっきし駄目な年でした。ここ4年の統計を視る限り最低でした。このままの状態が続けば将来が危ぶまれるほどです。

ただ、この商売は数ヶ月ないしは1〜2年経った頃に当時の作品が動き始めるなどはざらなので、即潰れてしまうという事は有りません。今年生まれた可愛い我が子たちが来年再来年と少なからず活躍してくれる事を期待しています。

話しは変わりますが、皆さんも他の作家さんが制作した作品はそれなりに気になるところでしょう。私も代理店の売り場に並んだ画像や動画素材は頻繁にチェックしていますが、「上手く作ったな」「格好いいな」「いいセンスしてるよな」「こんなのが売れるんだよな」「こいつは駄目だな」みたいな事をぼそぼそ呟きながら眺めています。

確かに真似はいけませんが、エッセンスだけは出来る限り吸収しようと毎回努力しては制作に望むのですが、実際作業してみると上手くいきません。そのエッセンスを生み出す能力が自分の中に元々無いのだろうと思います。出来上がったものが余りにもへなちょこなのには我ながら驚きます。

ぶっちゃけ『売れる要素』が目の前にあるにも関わらずそれがどうしても取り込めないという忌々しさに失望した年でもありました。今年の低迷の原因はそこら辺がボーダーラインだったかも知れません。

専門教育を受けてからこの商売に入った訳ではないので基本部分でのデザインセンスが弱いんでしょうね。巷をこまめに観察するとか色々資料を取り寄せるなどしてスキルアップしていかねばという心持ちです。

アマナさんなんかで言えば今や2500万点以上の膨大なストックが保有され、尚かつカメラマン(CG作家含む)はそれに比例するかのようにこれまた膨大に存在しているその最前線で如何に市場を読むのか。まさに自分との戦いである過酷な人生ゲームは来年も続きます。

何時だって順調な右肩上がりがいいですよね。


北東アジアにXデーが迫る

ソニーピクチャーズエンターテインメント制作のコメディー映画「ザ・インタビュー」が公開中止に追い込まれました。北朝鮮のテロ予告に映画館側が難色を示したからですが、オバマ大統領は「他国内で検閲するような理不尽な脅迫には屈してはならない」と言い放ったものの、とにかく観客の安全をまずは考慮する事が前提なので致し方ないのかなと思います。

既にアメリカ国内に北朝鮮軍の特殊部隊が民間住民に成り済まして鳴りを潜めている事が考えられ、もしも上映を強行した場合いつ何処で何が起こるか予測困難な訳ですし、サービス業界にそこまでの度胸はないでしょう。ただ、当配給会社は別の形で公開はしていくと断言しているので今後の成り行きを見守るしか有りません。

さて、ここまでは単に製作者側が面白さを売りにたまたま金総書記を題材にからかい半分で脚色しただけだろうと思いがちですが、何だか裏が有るような気がしてなりません。お話のあらましではアメリカ国防省のCIA組織が金正恩氏の暗殺を企てるという内容ですが、実は今回の問題を敢えて勃発させる事がアメリカが目論んだ本当の狙いだったのではないかと私は勘ぐっています。

何故日本のソニーなのか?不思議だと思いませんか?

安倍晋三首相とオバマアメリカ大統領が非公式での電話会談だとか、例え公式の席に於いても少なからず話す機会は十分作れますし、今日本では早急な拉致問題の解決が叫ばれていると同時に独自の解釈で憲法をよじ曲げる集団的自衛権法を無理にでも通そうと必至である事などタイミングが余りにも合い過ぎます。

アメリカが宇宙に放っている相当数の軍事用監視衛星の情報から、もしかすると北朝鮮の核ミサイル開発が最終段階に入っている事をいち早く察知していて、もはや猶予がないと判断しているのかも知れません。つまり、あの忌まわしいヤクザ国家を今叩かないと「北東アジアの真の平和は訪れない」という判断です。

両国の思惑が重なったところで、「それじゃあ一丁仕掛けますか」という具合に事を進めているようにしか思えないのです。だとすればこの先どのような展開が待っているのかと言いますと、ここ最近の報道でご存知の通りアメリカは北朝鮮がやったに違いないと断言するソニーに向けてのハッカー攻撃に対する報復を準備していて、それが近く(来年早々)発動される事になります。

すると北朝鮮軍がその挑発に乗って突如長距離弾道ミサイルをアメリカ国内に発射してくる、いわゆる宣戦布告です。勿論アメリカ国内に潜伏している北朝鮮軍の特殊部隊も行動を開始する訳ですが、FBIの長期的な監視活動が功を奏して小規模テロもしくは未遂程度に終わるのではないでしょうか。

当然沖縄の米軍基地も攻撃対象になるので迎撃態勢は万全になっているでしょう。時を同じくして北朝鮮の軍事拠点を中心にアメリカ軍の大規模な空爆が始まります。そしてある程度の状況を見計らって空母を朝鮮半島近海に展開。数万人規模の地上部隊を左右と南から一斉に上陸させます。もしかすると一部の部隊で韓国軍も合流すると思われます。

後は一気に首都制圧するのみで、北朝鮮軍はアッと言う間に殆ど手も足も出せないまま降伏せざるを得ない状態に追い込まれるというのが私の予測する北朝鮮壊滅作戦のひとつのシナリオです。出来る限り民間人の被害を最小限にしつつ進めていく行程の中で困難は有るでしょうが、北朝鮮の最高指導者とその側近や指揮系統機関の幹部の拘束もしくは殺害という知らせに軍隊の指揮は間違いなく乱れます。

そこで終戦です。

今回アメリカには中国も少なからず同調する意見を述べていて、隙をついて参戦してくる可能性は軽微です。ルーブルの資産価値が暴落しているロシアにあっては戦争どころではない筈。

如何でしたか。この話しの方が「今まさに迫り来る世界の危機」を謳うエキサイティング且つハリウッド映画お得意のCG合成コテコテのスペクタクル戦争巨編になって私的にはこちらの方が興行的に有りですね。

最後にひと言。
今回の映画「ザ・インタビュー」ですが、どうせコメディーにするのであればこんなのはどうですか?。金総書記がひょんな事から突然民主主義の国々を旅して廻る羽目になりドタバタを繰り返しながらの旅の中で自国のヘンテコさに気づいて、徐々に心を開いていくという話しの方がむしろ当人に訴えかけるいい機会になったのではないかと。


RM-NEってなんだ?

今年も残すところ僅か10日という事でいよいよ押し詰まってまいりましたが皆さんはいかがお過ごしでしょうか。東北や北海道また日本海側など広く暴風雪が続いていて厳しいこの年末ですが、どうかご無事で新年を迎えられますよう心からお祈り申し上げます。

ところでこのブログを読まれている方の中にはストックフォトの仕事に従事されている(されていた)方が結構居ると思いますが、画像素材を預ける作家さんをはじめ、販売代理店にお勤めでストック画像に直接関わっておられる方、またデザイン事務所等々画像を購入する側が必ず確認する項目のひとつに画像の販売形態があります。

今から20年ほど以前までの販売形態はRM(ライツマネージド=以降RM)タイプしか有りませんでしたので、作家は現在契約中の代理店に預けた作品と同じものを他の代理店で販売出来ない宿命でした。なので他店と契約した場合は違う画像を撮影(制作)しなければなりません。

しばらくは従業員が数名の小規模な代理店でもストック内容に特徴が有れば比較的ユーザーに重宝がられていて、作家側にとってもそこそこの売り上げが期待出来ました。

ところが最近の販売形態は、かのマイクロストックやCDROM販売が堅調になってくるに伴ってロイヤリティフリー形式の売り切り型に変貌し、その後それ以外の販売形態も登場してきました。その中でも不思議な存在が『RMーNE』です。

この『RMーNE』は何故か前出のライツマネージドタイプでありながら、作家は同一画像を他の代理店に預け入れする事が可能なのです。私もこの存在には以前から気づいては居ましたが、改めて考えてみると実に理屈が曖昧な存在である事が解ります。

それではこの販売形態は誰に対してメリットが有るのでしょうか。大方は撮影された権利者(肖像権を有する)側に有ると思われます。RMは広告利用されたものから使用画像の販売履歴を調べて購入者を捜し出す事が可能なので、利用された側から苦情が入れば即対応出来るという側面があります。

また、同業他社にとって重要案件に於いて画像のダダ被りは勿論御法度な訳なので、そういった監視にも非常に役立つ訳です。なので今回登場してきた『RMーNE』で得をするのは被写体に当たる権利者のみという事が解りました。

画像は他社にも分散してしまうので広告主側では正確且つ確実な情報が得られづらく、売り切り画像とそれほど変わりがない存在です。それでは作家側にとってメリットはどうでしょう?これもまた、ロイヤリティフリーと代わり映えはしないと私は考えます。

ギャランティーは売りきりと同じ条件になりますし、それに加え元々がRMが基準なので使途に際してそれぞれ価格や使用期間が定められ料金も案件によって個別に発生します。その他にも可成りの制約が有るので使う側にとって広告費がかさむ可能性もあり躊躇しがちです。

むしろ従来のロイヤリティフリー(RFーNE)の方が気軽に使ってもらえるかもしれません。私の知人も代理店の勧めでRMから半強制的に『RMーNE』に変更されたという話しを聞きました。

販売サイトの売り場での表示は全てRMと表向きなっていますが、『RMーNE』で販売されている画像は結構増えているのではないかと感じます。素晴らしい画像であれば別ですが、殆どの場合他社の履歴が解らない訳ですからきっとそんなには捌けないでしょう。

『RMーNE』ばかりの契約作家さんは気の毒ですね。


日本の行方

明日14日は衆院選の投開票日ですが、皆さんは行きますか?今回の選挙の投票率はことさら激減するという噂が聞こえます。皆さんもご存知の通り単なる自民党のスイッチ切り替え解散総選挙なので基本的には何も変わらないご足労な選挙という向きもあります。

なので地元立候補者の面々をみる限り、わざわざ投票所に出向いてお決まりの候補に入れようとしまいとそれなりの檀家の面々がこぞって自民に投票する訳で、ある程度の票が行けばその時点で確定するという実に盛り上がりに欠けた選挙な訳です。と、私は視ています。

きっと300議席強を自民が採って国会運営をほぼ独占的な形でより優位に進めていく事になるのでしょう。と予想するならば、私たちの今後の運命が気になるところです。

政治家を交えて政治評論家各位が毎回火花を散らして議論する番組がここ数日盛んですが、そこで必ず出て来るのがこのほど施行された秘密保護法で始まり「集団的自衛権問題」「原発再稼働の是非」「近隣諸国との摩擦」「TPP」「労働法改正」「消費税10%」「軽減税導入の可否」などそれこそ色々あり過ぎて何が最重要でそれをどうしていくのかが正直全く見えて来ない選挙とも言えます。

いつもながら当たり障りのないあやふやな大義名分ばかりが飛び交うのが巷の選挙の代名詞ですが、今回もそのまんまという状況に呆れます。

自民党の党首が「この道しかない」と言うのなら「こんな道はどうだろう、皆さん」みたいな対案を呼びかけるべきなんです。なのに「その手が在ったか」と思わず国民が絶句する度肝を抜くような素晴らしい方策が野党からは全く聞かれません。

期待の民主も子供じみた批判ばかりで力不足ですし、共産党は今回結構人数を集めた割には何方も相変わらず「原発廃炉」と「増税反対」ばかりを声高に叫ぶだけで、それじゃあ財源確保はとなると解釈が曖昧で一向に用を成さない。

元々鉄鋼も経団連も官僚以下公務員全般もみんなが自民党に乗っかっていたい訳で、仮に他の政党が政権を奪っても後がついて来ない事には政治は前には進まないのです。この間まで政権与党だった民主党では各地域の労働組合からのご都合主義や反発の繰り返えしの中で何時まで経っても党基盤がまとまらず結果自滅していきました。

野党陣営に於いて日本の真のデフレ脱却に有効な対案が思いつかないのならば、ここはひとつ「自民党の監視」を強化していくという形で野党が危機管理の面で結束していく事こそが今国民にとって最良の期待に繋がるのではないでしょうか。党単位でバラバラに批判していても始まりません。

まずは何と言っても日本の国益が一番だと思うので、我々下々の国民一人一人がより豊かに変わっていける道を探る努力を与野党一丸となって取り組めるような新たな環境を今回の選挙を通じて是非取り組んで頂きたいものです。

人を騙すとか殺すとか、そこまで行かなくとも結構悪い人って多い気がします。行き着くところ大概が「お金」なんですよ。差別(パワハラなど)だって元は本人がイジヤケて鬱憤晴らしから入る訳だし、交通事故の多くは酒気帯びやスピード違反から始まり、人身なら「人生が終わるからまず逃げろ」で保身優先で決まりでしょう。

毎回そうですが、その都度「身勝手な行為」という事だけでかたずけてしまって普通それ以上考えませんよね。だから繰り返し起こってしまうのです。その根本には本当の真実があって、つまるところ誰もが望む本質的な豊かさそのものが欠如しているからじゃないかと私は思っています。(=心の栄養不足)

人は一定のお金を渡すともっと欲しくなり100万円が手に入ると欲求が1000万円になる。全くもって切りがありません。皮肉にもこれを豊かさと感じている人の中に必ずズルさが生まれ悪魔が蔓延るのです。

政治や経済はまさにその深層部へ切り込まない限り悪意に満ちた物欲主義は永遠に解決出来ないでしょうし我国の「本当の豊かさ」を手に入れるにはある程度の荒療治も必要かと思っています。

街角に張ってある同日開票の市議会選挙ポスターの顔ぶれはどれも、名誉名声と金と地位と権力を欲しがっている笑顔で一杯でした。


スリック三脚関連値上げの是非

昨日情報サイトを観ているとスリック、あの国内大手の三脚メーカーですが、来年1月21日付けで多くの製品を値上げするという記事が目に止まりました。中には5割近い価格改訂も或るようなのですが、流石に5割アップは如何なものでしょうか。

20年ほどの可成り前で恐縮ですが、私も当時のスリックグランドマスターシリーズをよく使わせて頂いた記憶があります。しかしながらここしばらくは外国製の有名ブランド製品ばかりに目が行ってしまうからでしょうか、スリックやベルボンといった結構定評の或る国内製品でも全くと言っていいほど購入していないのが正直なところです。

それは何故なのか?今回のスリックの値上げの原因がまさにそこに在るような気がしており、取りあえず書きたくなった訳です。今回も相変わらず勝手な解釈なので適当に聞き流して頂ければ幸いです。

記事を見てまず最初に思ったことですが、「為替の急激な変動、原材料費高騰、人件費の上昇により現状を維持するのが困難」という言い訳めいた一文です。確かに材料費や人件費は相応に掛かっていて円安の煽りだとかで原材料の輸入代金の急激な高騰は避けて通れない状況です。

人件費だっていつまでも昇給しないと実務に影響が出るやも知れませんしリストラも視野に入れているのでしょうか。何処かの企業のようにワンオペ状態の作業が常態化していれば、大きなミスや事故に繋がる事も考えられます。

なので製品の価格にマイナス分を転嫁するというのは多少は理解出来ます。経営陣はここ何ヶ月もの間、我慢に我慢を重ねていたのでしょうから丁度年明けも間近で2〜3月には大きなカメライベントも催されるこのタイミングが最良と判断しての結論だったに違いありません。(あくまで想像)

さてここからは私の勝手な推測になりますが、実のところ「製品が売れてない」が本音だと私は考えています。私自身がスリックの製品を買う気が起きないというところで言えば、まずどの製品も売れている他社製品に比べて今ひとつ魅力に欠けているという点です。

最近自由雲台を購入したのですが、勿論外国製です。というのも私の場合以前から結構ブレ写真が多発していた事から、ひとつの解決策としてしっかりした雲台に着目してみたのです。購入した製品は耐荷重30キロ、価格は15000円ほどで割安感の或るお手頃な製品だったと思いますが、これが結構活躍してくれるのです。

ブレは殆ど解らない程度まで改善され、雲台のせいだったのかと納得しました。因にこれまで使用していた雲台はベルボンのクイックシュー固定型の中型タイプでしたが、こんなに違うのかと感動すら憶えたほどです。

最初は安くてしっかりしているのであれば何でもいいやという心持ちで探してはみたものの国内産の雲台を予算内で選ぶとどれもが耐荷重の低いものばかりで、強度が増すと途端にアルカスイス並みの高額帯にまでアップしてしまう始末。デカイし重いし価格は高いしで断念せざるを得ませんでした。

それと私にとってデザインは大きいウェイトを占めます。日本製は外国ブランドに比べて余りにもお粗末なのです。基本的な強度や材質の良さには不満は無いのですが、やっぱりデザインが良くありません。自動車でも言えますが、BMWやベンツ、ポルシェなどの高級車のデザインに比べて国産車が見劣りする感じに良く似ています。

ユーザーからすれば渋さや格好良さは必須であり、フォルムの美しさの次に機能性がついてくるといった順序ではないかと思います。勿論お得感は外せませんが。

そして、ブランド名が創業以来変わらぬ会社名のままなのも頂けないと思いました。スリックやベルボン、ケンコーなどとなると余りにも地味で昭和を引きずっている感は否めません。そろそろかっこいいブランド名に改変してはどうでしょうか。トヨタ自動車で言えば『レクサス』のようなものです。

トコトン他社の売れ線も意識しながら取り組まないとこれからは更なる厳しい状況に追い込まれるのではないかと、他人とは言え同じ日本人として、いや、写真愛好家として実にもどかしくかつ心配でならない訳です。

市場に目を逸らした値上げありきではなく、まずは過剰で不利益な製品群の数を減らしながら新たなデザイニング(社風)を目指した強力なブランド戦略が今求められていると感じました。

そんなに難しい事とは思えませんけどね。


ネットショップの困り事

久々ですね。かれこれ一ヶ月が経ってしまいました。

このところ仕事(画像編集)が押しまくっていましてブログどころではない状態が続いています。本日は丁度一息つけたので、短めではありますが気になった事を書きたいと思います。

皆さんも日頃ネットを利用して買い物をされていると思いますが、一旦会員登録してからでないと先に進めなかったり、購入確定の際にうっかりメルマガの配信拒否を怠ってしまうと後で大量の不要なメールがバンバン来たりします。その都度迷惑メールに振り分けたとしてもロボットが差出人アカウントを巧妙に変化させるなどして永遠と送り続けてくるという仕組みを色々と巧みに合法化している嫌な業法です。

配信元サイトへ行って配信停止手続きを試みても迷惑メールは一向に減りません。こんな場合皆さんはどう対処しているのでしょうか。怪しいファイルが添付されているような危険さも無いことからサーバー管理会社側で無料で提供しているウィルスフィルターの効果も限定的、いやはや困り者です。

従来のリアル店舗と違って日本国内、いや世界各地からの購入も容易いネットショッピングシステムですが、お客がその店にわざわざ足を運んでいる訳ではないので企業からすればとにかく衝動買いせたいし認知度をアップさせ記憶に残させたい、そんな手段としてメール配信は必要不可欠な必須ファクターであり、それがどのネット店でも同じような理屈で行われている事からユーザーは結果的に大量受信に日々悩まされるという訳です。

昼間ちょっと留守にしていると多い時は一日で数百来ていた事もありました。その中には仕事に直結する重要な連絡事項が混じっているかも知れないので探すのに必至で、それだけでも20〜30分掛かる時があります。本当に迷惑な話しです。

よく連絡を取り合っている相手に頻繁にメールアドレスの変更を通知していたらきっと迷惑かもしれませんし、だからといって完全に解決する術も無く、再びネットで買い物をすれば直ぐさま振り出しに戻ってしまうに決まってます。

ただ、今後は更にネットショッピングに移行する企業が相当数増えると思われ、商品の性質上どうしてもリアル店でないと駄目というジャンル以外は全てネット店に置き換わっていくに違いありません。こうなるとデパートや家電量販店などは徐々に衰退していくのでしょう。

残念ながら、ここで文句たらたらの私でさえネットショッピングの比重は他と比べても高い部類に入ると思っていますし、アマゾンと楽天でそこそこ間に合ってしまう事が多いのも事実です。

それほど高額な買い物はありませんが、カード決済という手法も消費者にとっては危うさを伴います。皆さんもついつい使い過ぎてしまう月があるかと思いますが、身の丈以上にお金を使わされている事を自覚するべきです。

相手は強かです。今やネットロボットは更なる進化を遂げ、アドレスや暗証番号を瞬時に解読してしまう優れものと化しました。世界中を光の速度で移動し大量かつ有用な情報をキャッチし、絶えず貴方の懐の中身を探っているのです。


ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーエリア

最新デジタルミラーレス特集
安心のアマゾンでお気に入りをGET !