ストックフォト正常化推進委員会(政府機関)が必要だ!

先週の23日(秋分の日)、在特会ほか関連団体による在韓排除と日韓断絶を訴えるデモが東京六本木界隈を中心に各地域で同時開催されました。彼らからすれば在日韓国人及び中国(支那)人だけが生活保護に於いて特別優遇されていると訴え、国に対しても抜本的な是正も求めながらの行進が繰り広げられました。

そして今後のグローバル化を睨んでのTPP交渉の行方では、強硬な態度で一歩も譲らない姿勢のアメリカとの擦り合わせが難航しており、目標であった今年度中の妥結は可成り厳しいと巷では囁かれています。

そんな中で現状のストックフォトを考えてみるとやはり何かが変だなあと感じてなりません。ひとつは殆どが外資系のマイクロストック企業に関税が一切掛かっていない事です。自動車や電化製品、巨大な工業部品に至る多くの物資にはこれまでも多額の関税を課して国力(内需)の衰退を未然に防いできた訳ですが、ストックフォト業界にはその恩恵が全くありません。

マイクロ企業の中には画像1点100円以下で販売されているものが多い事は何方もご承知と思いますが、さすがにそれが25円となると正気の沙汰とは言い難い訳です。確かにマイクロストック企業は既に世界数十カ国に販路を展開しているので例え1点が25円であろうと無かろうと殆ど問題ないのでしょう。むしろお客を一人でも多く掴んで収益さえ上げればそれで善しという横暴なビジネススタイル邁進中なのです。

我国の企業を純粋種で絶滅危惧種の生物だとするならば、マイクロ企業は紛れもない繁殖力の強い外来種になります。そんな状況の場合決まって保護団体や何処の自治体でも純粋種を守ろうと色々努力していると思うのです。

しかしながら国内の貴重なストックフォト企業は放置されたまま何の対策も打ってもらえません。外来種の生息範囲は増々拡大し日本国内の老舗ブランドを次々と食い尽くしていきます。このままの状態が続けば孰れは国産のストックフォト企業だけでなく人生共同体である契約作家もまた唯一の食いぶちを絶たれ飢え死にしていく事でしょう。

まさに国産コンテンツ産業の終焉であり優れた感性の持ち主が誰ひとり育たなくなってしまう。このまま推移するならば、不幸な結末はそう先の話しではないと思われます。

そうならない為にはまずは国(政府機関)が率先してセーフティーネットの枠を拡げて我らストックフォト業界と関係作家を支援擁護するTPP同様の国際的な基準を早急に確立すべきではないかと考えます。

例えば外資系ストック企業には100倍の関税を掛けるとか非常識に価格を引き下げて販売している企業にはそれ相当のペナルティーを科すなど強固な対策を導入すると効果的であり、その結果売値は健全化され安定した収益と価値が創出されますし契約作家のギャラにその分が還元されれば自ずと(アベノミクス効果的)恩恵が得られるという訳です。

特に最近は小規模企業やそこから請け負う零細デザイン事務所が何かと格安画像にばかり飛びつくきらいがありますが、むしろ事業として大きくやっていけないからこそぎりぎりの商売を続けている訳なので、これからは思い切ってそのような企業との関係をバッサリ切ってしまうなど荒療治も必要かも知れません。

日頃お世話になっているユーザーに優劣をつける事は問題ですが、誰も得をしないような安値感染をこれ以上拡げない為の苦渋の決断は有りかと考えます。良く言えば各立場のそれぞれがそこから今後のビジネススタイルに変革が誘発され、より冷静な判断力に伴ったスムーズな頭の切り替えが促せる筈です。

まずは国内の大手ストックフォト企業の各代表(日本フォトエージェンシー協会)が国会に出向いて訴えてみては如何でしょうか。

そろそろ本腰入れましょう。


売り上げ上がらん

今年に入って経済が急激に円安に動いています。107円台まで上昇している状況の中で一部の業界からは反発の声も聞こえ始めました。このまま円の価値が下がり続ければつまり内需が冷え込みかねないということです。海外から部品調達している中小など小規模企業にとってこれ以上の円安は死活的な局面に突入するという事です。

勿論そんな影響から多方面で物価高となり店頭価格が更に高騰し消費の落ち込みも懸念されるところですが、ここでの問題は私自身日頃からの懸案で或る「広告費の伸び悩み」にも拍車が掛かって来ているのです。

少し前のブログで書きましたが、「私の売り上げも正常値?に戻りつつあります〜」という希望観測とは裏腹にここ二ヶ月ばかり売り上げの落ち込みが顕著に現れてきました。まさに頼みの綱であるクモの糸が切れた状態です。独立して晴れて6年目に突入した訳ですが、いい面ばかりに夢を馳せてきたとは言え現実としてその前途は多難に満ちているように感じています。

80年代のバブル絶頂期には何を撮ってもそこそこの上がりが望めました。その頃は特に海外旅行が容易になった事もありハワイやアメリカ西海岸など海外リゾート地で撮影したイメージ画像がバンバン売れた時代でした。その後デジタル革命とともにCDROM収録で一気に200点余りをまとめ売りする企業が登場したかと思えば、2000年代に入ると販促がカタログ形態の印刷媒体からウェブへ移行、その後ダウンロード自動化方式へと100%デジタル化が急速に進みました。

その中で登場するのが海外を拠点とする低価格販売が売りのマイクロストックです。

今やグローバルは避けて通れないゲームのルールと化していますが、既に全世界に市場を形成しているマイクロ軍団はこれまでの国内ストックフォト業界に対して最悪の環境をもたらさんとしている状況です。当事者に大いなる早急な変革が求められている事は言う迄もありません。

つまりそれを糧としている国内の多くのストックフォトオンリー稼業の者にとっても代理店同様の変革が求められている訳です。各々の作品の質にもよりますが、かつてのストックフォトでは預かり点数によって大体の売り上げが予測出来ました。

ストック数を積み上げれば上げるほどより安定的なギャランティーが期待出来ます。契約作家に対しての配分も90年代前半までは売り上げの80%が会社の優劣に関わらず通例でしたし、予算も潤沢に掛けられるまさにやりがいの或る業界でした。(現在はフリーが大凡30%強でライツは40ー50%程度)

他のブログで拝見した所によるとここ数年で契約作家の余剰分100億円余りが失われたと言います。一作家の年収を500万円と仮定するとほぼ2000人がストック業界から足を洗った計算になります。もっともイス取ゲームのような商売なので、デジタライズされた時代に上手く乗れなかったり、得意では在っても人気のないジャンルから抜け出せなかった方などが軒並み息切れしてしまったのだろうと推測されます。

私たちストック稼業にはサラリーマンとは違ってボーナスも退職金もありません。有るのは終身雇用のみ、死ぬ直前まで働き続ける事は出来ます。しかし上記のように収入が激減ないしは途絶えても援助の手は差し伸べてもらえない現実があります。つまり非常に不安定な職種なのです。ブラック企業や非正規雇用など色々と叫ばれている昨今ではありますが、ストックフォトもまた今後に於いては更なる過酷な労働条件を強いられる業態のひとつであろうと考えます。

私のように既に50歳を越えた者には再就職の道は極めて厳しいです。何とかここで踏ん張って後10年何としても生き残らねばなりません。その為に何を成すべきか真の実力が試されます。

実に単純な事ですが、取りあえず頭に浮かんだ事を幾つかお話ししたいと思います。アマチュアに多いのですが、ちょっといい機材が登場する度に思わず購入してしまう事ってあると思います。まずはそれは辞めましょう。少し売り上げが上がると「投資」と称して買い続けてしまういわゆる「機材オタク」がそれです。

そうゆう癖の人はレンズ1本数十万円のものでもためらう事無く手に入れたくなるのです。なのでいつまで経っても赤字のままで一向に利益が出ないスパイラルに陥る事になります。趣味なら結構ですが、本業では償却優先で今或る機材を計算しつつ使い切りましょう。

次はテーマの絞り込みです。新しい機材が買えないのであれば、今或る機材をどうにかして有効利用出来ないかを考えます。その為にはテーマやカテゴリー、作画を工夫するなどして出来る限り被写体を絞り込みたいところです。例えば誰でも撮影可能な「風景」の場合で言えば、写真雑誌のグラビアなど一流作家の作品的な画を観て撮影イメージを組み立てるのではなく、何処のどんな風景のどの部分に注目していくかが大切です。

そこには企業(広告主)が存在する訳ですから身勝手な作品がどれほど優れていようと、本来の目的は広告に使えるか否かが売り上げに直結するという事です。企業が求めている画像は何か?企業はこの画像をどの分野でどう利用使用としているのかを的確に見極めて、バリエーションも含めその部分に集中して作画する必要があります。そういう心構えで現場に立てばきっと何らかの答えが見えてくる筈ですし、その過程で撮影カットの善し悪しが更に理解出来るようになるかも知れません。

これを読む方の中には相当の腕をお持ちのライバルが居るやも知れませんので、具体例を挙げるなどの詳細な説明が出来ない事をご了承ください。

後はとにかく1テーマを沢山撮る事です。マイクロストックの契約作家さんで良く聞く話しとして、一回の審査で預ける画像が僅か数点など余りにも少ない方がいるようですが、それでも気楽に「もっと頑張らなければ」とやけに呑気です。私などは一時に最低でも200点以上、多い時は800点超をエントリーしています。

でないと食えるレベルまでいかないのです。それを最低でも二ヶ月単位ぐらい(年間6タイトル)で何かしら作り上げていく根性が必要です。前出の方が毎度数点しか選ばれないという事であればエントリー数が少ないというよりも広告素材の意味が根本的に解っていない可能性があります。テレビのCM、印刷物やパッケージ、ウェブ掲載のイメージ画像などを参考に自身に何が欠けているのかを再チェックしましょう。

ちょっと上から目線で解説してしまったような感じで恐縮ですが、同じ家業で頑張っている皆さん!頑張れば報われるという希望を胸に未来に向けてお互い張り切っていきましょう。

終わってみてなんだか話の筋が違ってしまった気がしてます。続きは次回。





とっくに特許申請出していたみたい

前回のブログに関する続報と訂正になります。

富士フィルムからハイブリッドビューファインダー内蔵の新製品X100Tが発表になったという話の中で、もしかしたら今年3月にニコンカメラの修理時に私が提案した旨の一件から派生したのではないかと勝手にわくわくしながら記述した訳ですが、実はその後(昨日)ある方からコメントを頂きました。

「ニコンは当該ファインダー技術に関する特許申請を既に1年半ほど前(去年3月)に出願中」という内容でお話を頂きました。※怒っていた訳ではありません。

なので残念ながら待望のお礼は期待できなくなりましたが、調べている方っているんですね。自身縁がないという事もありますが、特許庁のホームページ(かな?)なんてこれまで一度も覗いた事がなかったので、連絡を頂いて驚いた次第です。

もしかするとニコンの関係者(社員の方?)かも知れませんが、今回の私の話の中で情報の外部流失的な文言がありましたので、このまま放置してしまうと組織運営上定められている守秘義務に抵触してしまう恐れもあという事から、急遽偽りない現状をお話しされたのかも知れません。

であればニコンさんには実に迷惑な話題だったでしょう。反省です。この場をお借りして訂正させていただきます。

でも妄想するって結構面白いんですよね。あの人って実際はどんな性格なんだろうかとか、世の中はこれから何処へ向かうんだろうかとか、ストックフォトで私は今後生き残れるんだろうか、何を作ればもっと稼げるのか、切実な問題であればあるほど色々想像を巡らしてしまう。

「こうすれば良いんじゃないの」と思っても資金面や人脈、そもそもそれってやりたい事なんだろうか?などと最近は否定に走ってしまう事が多くなりました。億劫になる、これが歳を取った証拠なんです。

元々好きな仕事をやれてる人ってなかなか居ないでしょうし、外からはよく見えても当事者にすれば結構キツかったりもします。「好きこそ物の上手なれ」が生涯不滅とは一概に言い切れるものではありませんが、ただ「好き」じゃないと続かないのもまた事実です。

時間を忘れるくらいがちょうどいいのかも知れませんね。さてと、編集編集。


まさかのハイブリットファインダー方式出ました!

昨日、富士フィルムよりレンジファインダータイプのAPSーCサイズカメラの新製品:X100Tが発表されました。こちらは前機X100Sの後継ということですが、何とファインダー部が光学とデジタルの切り替え方式になったようです。詳しいことは良く分かりませんが、デジタルビューに切り替えることで被写体を拡大表示してよりきめ細かなピント合わせが可能ということです。
今後高齢化の波が押し寄せる中、写真愛好家も年配者で溢れかえることが予想されることから、幾分目の不自由な方にとりましてはまさに朗報と言えるでしょう。それだけ永く使える機材になる訳ですから愛着が湧くこと受け合いです。手に持った時のクラシカル感が実にたまらない。

Fujifilm_X100T


如何せん高級機のポジションと在ってお値段がちとお高いのがたまにきずで市場売価予想が145000円だそうです。レンズ2本揃えると結構イっちゃいそうですがね。

ところでこのファインダーですが、ハイブリッドビューファインダーというそうです。ここからは私事で恐縮ですが、去る今年の3月にニコンのカメラボディを修理に出す際に修理項目や配送方法等など詳細を打ち込んで予めネット予約をしておくのですが、その時の修理内容に関する記述が確かこのブログの3月頃の記述欄に書かれていたなとふと思い出しました。

そんな事から今日、早速修理担当者とのやり取りで過去に書き込んだフォームを除いてみると、3月3日付けの文章内に提案めいた記述を見つけました。思わず「これだ!」と確信したので本日その一説を掲載します。

以下の通りです。

2014/03/03 04:47 PM

少し余談になりましたが、ピント合わせの構造にもう一工夫出来ないかという事が言いたくて返信いたしました。最近は光学ではなくソニーさんのように電子ビューファインダーに置き換わったメーカーさんが多くなりました。私はあの静止画用ビデオみたいなファインダー構造は嫌いなのですが、実はあの方式だとスイッチ一つで画像を拡大して厳密なピン合わせが可能だという事です。勿論光学ファインダーでは物理的に不可能なのですが機種によってビデオカメラ同様に背面の液晶画面で拡大合わせが可能なタイプも見受けられます。しかしそれでは一々ファインダーから目を離して構えも不安定になり易く特にテレ側では手ぶれも起こります。そこで一つ案なのですが、ファインダー内の光学ガラスの間かその周辺に薄い透明な液晶表示シートをはめ込んでボタン操作で切り替えて輪郭強調マークなどでピント補完機能を盛り込んだらどうでしょうか。今や画素数は100万超(144万画素)まで来ているのでイケると思います。



どうですか皆さん。今回富士フィルムさんから発表されたカメラに搭載のハイブリッドビューファインダーそのものだとは思いませんか。いつもいい加減な推理ばかり書き留めていた私でもたまには時に市場を見抜く事もあるのだなと我ながら驚いております。

こちらが当時のフォームでのやり取りで、白く抜けた部分が上記の文言になります。


フォーム文


ただ私の提案から丁度6ヶ月目に当たる月なのでもしかするとこの情報が何らかの形で外部に流れて、結果他社のお目に敵った可能性もあり得ます。例えば日頃各カメラ事業者間で上司同士が集う情報交換の場なんかが結構頻繁にあると思うので、業者を集めた講習会とか飲み会などさばけた席などでポロッとそんな話しが出れば「それいいですね」もあるかも知れません。

特に極秘事項でもない一般ユーザーからの情報なので他社に気軽にしゃべっていたらと思うと興奮します。今日はそんなところで早めに締めますが、もしも私の提案から今回の機能が派生したのだとなればですよ。特許料いやお礼ぐらいは頂きたいですね。


日本の中の何かがおかしい

今日の注目のトピックと言えば早朝から全国が沸いたあの錦織圭の全米オープンテニス男子シングルス決勝でしょう。残念ながら準優勝に終わりましたが、その後の報道でスポンサーであるユニクロの社長からご褒美(ボーナス)一億円が錦織選手にプレゼントされるという事を耳にしました。

他の方はどう受け止めたかは知りませんが私はその話しを聞いて、さっきまでの喜び勇んでいた気分が一気に冷めてしまいました。結局一部のごく限られたところでお金は巡っているのだなと。

勿論世界的な注目を集めただけの広告料という意味でギャラが支払われたと考えればそれも当然で文句を言える立場ではありませんが、真面目で極当たり前に仕事をしている国民全てのエネルギーがこの国を支えている筈なのに毎月それなりの給料をもらい慎ましい生活を送っている人の方が確実に多い訳で、特に戦後から昭和30年後半からの高度経済成長の波に乗って国民一丸となって戦後日本を復興させてきた事から考えると、ここ直近の日本というか世の中全体にやる気を起こさせる一体感が失われてしまったように感じるのです。

アベノミクスが景気を後押しする昨今に於いて、いわゆる3K(危険で汚いきつい仕事)に従事する人材が急速に減少している事はつまり若者の憧れというものが別のところに向いているからに他なりません。

いつの時代でも子供に「将来の夢は」と聞けば大抵は野球選手やサッカー選手、宇宙飛行士、ミュージシャン、芸能人、漫画家など嬉しそうに答えていたと思います。

それでも高校を卒業する頃には現実の生き方を探るようになっている訳で、それが土木だったり建設業であったかも知れません。その中で頭角を現すものもいれば挫折していくものもいて当たり前で、そこからまた再出発をして行く事の中で人生にも深みが増して来ると言うものです。

しかし90年代にバブルが崩壊しその後の失われた20年間がこの国の大事な何かを変えてしまったように思えてなりません。先の日テレによる24時間テレビもしかり、スポンサーからは20億円を超える巨額の広告料を取っておきながらそのお金の殆どは寄付に使われず、絶えず視聴者の感情を操る演出を駆使しつつ僅かな小遣いを貯めた子供たちからこれでもかと寄付を募るやり方で数億円を掻き集めては秘密裏に出演者には数千万円単位のキャランティーが渡されているなんてやっぱりおかしいビジネスと言われても仕方ありません。

地方の人口が増々減っている原因のひとつには東京都市圏への憧れが若者の間に蔓延しているからだという事が言えます。テレビの娯楽番組を通じて若者は幼い頃から東京など大都市に憧れています。あそこに行けば幸せになれると信じているのです。だから地元が育たない。そして故郷を捨てて上京しては一人また一人と潰されていくのも又都会生活者の宿命なのですが誰もそれに気づかない。

今後石破さんの活躍が「地方再生」に期待されるところですが、国民全体の意識を変えない限りどんな施策を打っても所詮空振りに終わってしまう事でしょう。

各放送メディアで共通する諸悪は、登場するタレントないしは有名人の面々があたかも一般人の如く振る舞っている事です。大方年間数億円超を稼いでいる大富豪にも関わらず屋外ロケでのこのこと街中を歩き回って庶民に愛想良く笑顔を振りまきながら予め想定されている食堂に入店しては「上手い安い」を連発していますが、仕事が終われば高級居酒屋や焼肉店ビップ室で一晩十万円超をほぼ毎日でも平気で使える人たちな訳で、私には余りにも滑稽に映っています。

地方の若者は今をときめく彼ら彼女たちのそんな姿を観て育つ中で都会のワクワク感にハマってしまい、自らが必要とされる進むべき人生がある筈なのにそれを完全に見失ってしまっている節があります。まあ全てが都会憧れ人だけとは限りませんがしかし、地方に残った者たちのやる気が「楽で安全にしっかり稼ぐ」へと変化している事は確かでしょう。

景気が良くなればなるほど若者は苦を嫌い、企業は必要な人材確保に苦慮すると共に更なる職の偏りが生じる事になります。

ちょっとしたことでカッとなって人を傷つけたり物を壊したり、際限のない飲酒ひき逃げ、常習は問題外ですが飲酒運転だって日頃のストレスから来ている場合もあります。耳をつんざく暴走族の爆音、警察官や教師などのわいせつ事件、もはや尋常じゃありません。それらの中にはストレスとコンプレックスにまみれた強烈な孤独感が透けて見えます。アニメ狂の大人たち、萌えに群がる奇妙なファン、何故に盛り上がる美女48人衆ビジネス、テニスごときに国民は何故これほど熱狂するのか?小保方バッシングの怖さ、SNSの炎上、絶えないヘイトスピーチ。

今の日本国民を観ているとお隣の中韓国民気質とそう変わらない気がします。影響力を持った或る権力者が右を向けば国民の殆どが同じ方を向くなんてどうかと思いますが、そのような現象が最近は特に多く見受けられます。

国民を扇動するメディアの力はやはり凄いです。NHKも民放も僅かづつでもいい、スポンサーを説得しながら金儲け優先でない国の未来を本気で見据えた真面目な番組をもっと作ってください。


著作物=絶滅危惧種

今朝ヤフートピックスにスクエニ社による他の著作物不正利用(著作権侵害の恐れ)についてのコメント欄を観ました。前回このブログで書いた私の案件に合致している事から改めて著作物について考えてみたいと思います。

上記に関するコメント解説者によれば著作物の権利の所在が増々曖昧になってきている要因の一つに「なあなあ」という言葉がありました。確かに日本人をはじめ著作権ビジネスに疎い国民性の国はまだまだ沢山あります。

皆さんご存知の通り取り分け中国や韓国を中心とした隣国での著作権侵害は多く見受けられる訳ですが、欧米のように早くから自らの権利を強く主張してそれを武器に使用許諾を結んでおけば例え訴訟になっても問題ないでしょうし、加害者側も裁判沙汰だけは避けたいと考えるのが普通です。

私が考えるにそれとは別にもっと深刻な問題が二つ思い当たりました。ひとつはアマチュア(一般人)と著作物との間の垣根が取り払われつつあるという事。もうひとつはデジタル技術の進歩です。

垣根について言えば、相当前になりますが日テレで以前放送されていた電波少年に出演していた物まねタレントの松村邦彦さんが、当コーナーの中で真夜中に半グレのようなグループに接触する突撃企画で危うくリンチされそうになるといった危険極まりない場面がありました。

その後局内でも問題視したのか突撃コーナーは縮小されたようですが、このようにある種の有名人が一般人と絡むというドキュメント企画は当時珍しかった事もありおもしろおかしく見ていた記憶があります。

あの時代の人気タレント(歌手や俳優)の多くは半ばホテルや事務所に隔離状態で世間と遊離させられていたと聞きますし、それが当人たちをより際立たせた高付加価値で特別なものとして捉えられていたのだと思います。

しかし最近では秋葉原を拠点とするメイド萌えブームが起こりそれ以前のおニャン子クラブやモー娘。を凌ぐほどの勢力を持ったAKB48集団が一斉風靡し始めるとファンとの距離が極端に短くなりました。先日の岩手県内会場での握手会では無差別に斬りつける障害事件が発生しその後異常なまでの警備体制が引かれるようになったのも記憶に新しいところです。

垣根を甘くするというビジネスモデルは実は非常に危険な行為という証しです。

一件ストックフォトとかけ離れたお話のようですが、ストックフォトビジネスは今やプロとアマチュアが気兼ねなく参加出来る、言わば垣根が非常に低い業界になった事から外国企業も加わって必然的に安値競争に陥ってしまいました。

そしてその垣根の低さを短時間で確立させてしまった主因がまさに日々進化するデジタル革命なのです。販売代理店はネットを介して世界中の制作者からタダで容易に高画質の画像データを思う存分入手出来るようになり、販売手法もネットオンリーでモロ楽ちんになりました。

同時発生的に登場したロイヤリティフリー画像は一度購入してしまえば特別な案件を除いて購入画像を何度でも自由に再利用可能とあって、特にセキュリティの甘い業者や個人ユーザーから同データの流出が続発する羽目となります。利用する側の著作物への意識が追いついていないのが現状だと考えます。

このままいくと孰れはストックフォトビジネスそのものが成り立たなくなってしまい崩壊してしまうかも知れません。著作物を生み出す者とそれを購入する側(一般人)との距離と垣根についていよいよ真剣に考える時期が来ているように感じるのですが、さて皆さんはどうお考えになりますか?

片方の都合だけで考えるならば、血を血で洗うイスラエルガザ紛争や混迷のウクライナ情勢、身勝手な自称「イスラム国」の過激思想、中国の脅しによる一方的な海洋進出と同じす。在るのは永遠に続く無惨な殺戮だけで平穏な世界秩序の未来に得るものは何ひとつありません。

次代の利益にも貢献しうる価値ある著作物(ここでは広告素材)の権利の見地を養い損得の枠を超えて絶滅から守っていきましょう。


ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

スポンサーエリア

最新デジタルミラーレス特集
安心のアマゾンでお気に入りをGET !