広告素材のバロメーター!デジ画の日々 提案

梅雨時の撮影には傘ホルダーが大活躍!

5月も下旬の関東地方はこのところお天気がはっきりしない日が多くなりました。ものすごく暑く日差しが照りつける真夏日が続く日もあれば、突然豪雨並みの雨がバッと来たりしてみたり、今日もやや霧が立つ曇り空の朝を迎えています。

しかしそうは言っても季節柄写真撮影に関しては一年を通しても絶好の機会であることは間違いなく、まさに6月の梅雨真っ只中であっても関東北部の山懐の雪も概ね姿を消して新緑が眩しさを増す本格的な春の到来という訳です。アマもプロもこぞってそんな絵になるチャンスを逃す訳もなくいそいそと自家用車を飛ばして現地入りしていると思われます。

ただやはり標高が2000メートル前後の山並みが連なる山間地域にもなれば突然の雨に見舞われる事はこんな時期当たり前であり、きっと朝から晩まで降り続ける事の方が多いかも知れません。私もそんな経験は結構あって当時の非防水カメラの故障も案じて車から一歩も外に出られず敢え無く地域を変更するなどその場を退散した事は多々ありました。

傘はあらかじめの天候予想で持参はしているもののカメラを首から下げて重いカメラバックを持ち、さらに3キロ近い三脚まで加わるのですから、ただでさえ傘をさす持ち手が塞がっている訳で、私でなくとも雨日の撮影は億劫になりがちでしょう。遠方の風景は霞んで色も単調で絵になり難いとは思いますが、こと草花の接写となれば話は別でむしろ水滴が加わる事で雨日ならではの味わい深い被写体になってくれる筈です。

傘をうまく三脚に固定してくれるカメラアクセサリーはないものかと、以前結構ネットを巡って探した事もありました。撮影機材関係で既に発売されているものは幾つかあるのですが自分なりの使い勝手を想定するとどうしても合点がいかず結局購入を断念せざるを得ませんでした。今に至っても好転したとは言い難いラインナップです。

ところがそれからしばらくして「そうだ自転車用のホルダーがあったな」とふと思い出して改めて検索し始めました。がやはり、そもそも固定部が自転車のハンドルが横に対して三脚は縦になるので、噛ませて固定するという理屈が合いません。そんな頃傘ホルダーに関する最初のブログを書いた訳ですが、これが結構反響があったようで不定期ながらそんなページをチェックされる方が多い事に気づいたのです。更に先日久しぶりにコメントが寄せられたのですが、もちろん傘ホルダーのブログに対してのものでした。

→傘ホルダーに関する以前のブログはこちら

実はあれから1〜2ヶ月経ってその解決策といいますか、それなりのアイテムを探し当てる事に成功したのです。その年の秋に岐阜方面での紅葉の撮影を控えていて必要に迫られていたという事もあり改めてネットを探ってみた訳です。以下の画像がその商品です。
以下ヨコ画像はクリックすると拡大します。

amazon_傘ホルダー

amazon_折り畳み傘

こちらの商品はカメラ関係の正規品ではなく自転車のハンドル固定型の簡易型(お買い得の1080円/2016.5.29付)になります。また同時購入した折り畳み傘ですが、これも一般の店頭ではまず見かけないであろう優れものでなんと親骨58センチ、開いたサイズが直径102センチで一般傘並みののっぽ幅広タイプ、破損やおちょこになり難い補強がしっかりされています。それでいて重量は僅か260グラムと超軽量。※実はネットでもなかなかお目にかかれない希少部類

折り畳み傘

当然ながら強力な破水加工と濡れたまま戻しても水が染み出ず速乾性も併せ持ったフック付き専用ケースがセットで、格安の2,052円(2016.5.29付)とはまさに驚きでした。さて、そんな便利グッズの使用時のイメージを以下の画像で紹介していますのでご確認ください。

01_zentai
02_kinou


三脚はジッツォの中小型タイプで、付属のエレベーターポールの厚みが23ミリであった事からホルダー固定が可能でした。(変形や破損防止のため要確認=締めすぎに注意)

03_aida

傘の雨だれし易い箇所を事前に避けて設置しましょう。

04_amekaze


やや斜めから降る雨でもこのように固定金具を緩めて角度を容易につけられ自由度があります。ただし強風時はそれでも雨が差し込み易いのと三脚ごと飛ばされる危険性もありますので、なるべく穏やかな降り加減での使用が無難だと思いますが全ては自己責任でお願いいたします。

05_kotei
07_oru
08_nasi

普段は使わないとなれば折ってコンパクトに収めたり、末端のキャップを取り外す事でスライドして抜き取れ着脱もスムーズに行えます。このシステムの何しろ良いところは、三脚中央のエレベーターに固定されているので撮影機材と連動して上下できる点が挙げられます。広角レンズ使用時であらかじめ画角をセットしておけば傘の先端が写り込むような凡ミスも起こりません。

06_agesage


また、使用例の最初の画像にも写り込んでいますが、仕舞い込んである古いカメラバックのショルダーベルトを適当な長さに調整して三脚2点に固定しておけば雨の中わざわざカメラや傘を取り外す事なく撮影状態のまま肩に掛けて容易く移動ができます。その場合は固定金具のロックを緩めて傘の角度を若干調整すると移動がより快適です。

如何だったでしょうか。正規品はどこか使いズラさもあり思いの外高額設定です。時には一工夫するのも面白いかと思うので、駄目元で是非チャレンジしてみてください。

    

自動車に新たな居住空間を提案します

車内の新居住空間

今回発生した熊本県を中心とする大地震では甚大なる被害とそこに暮らす人々に多大なる苦痛を今も与え続けています。物資がうまく届かないという問題が各所避難場所で表面化しており、特に年配者にとってはかつて経験したことのない精神的にも体力的にも相当なストレスを伴っていると思われます。

プライベートの確保もままならない避難所内での共同生活はそのような弱者の疲労に更なる拍車をかけます。この避難生活がいつ終わるのか、そして家に帰れるのはいつになるのかは全く予定が立っていない状況です。最近のマイカー保有率も相まって、どの避難区域でもある程度の敷地の広さが確保されている事からいわゆる車中泊をされている方々が多数存在しています。

避暑地のキャンプ場のようにも見えるその光景ですが、今懸念されている事が『エコノミック症候群』という狭い場所で体が殆ど動かせない状態で長時間過ごす事で特に足の血管が圧迫され続けて血栓が起こり、そのドロドロした塊が徐々に剥がれて主要部位で詰まると良く聞く脳梗塞や心筋梗塞の症状を引き起こし死亡に至るというものです。

現実に『エコノミック症候群』と思われる疾患で既に数人が重症であり、それが原因でお亡くなりになった方も本日現時点で2名おられるようです。報道ヘリからの空撮で車中泊の状況がつぶさに見て取れる訳ですが、今後も多くの方々に症状が現れるに違いなく実に心配です。

某テレビ局のリポーターのインタビューに現状を訴え掛けている車中泊の一家族をテレビで観ていて気づいたのですが、年配のご婦人が助手席に座ったままで左足を軽く(気休め程度に)揉む仕草をしていました。揉むのであれば一旦車から出て立ってラジオ体操のような軽いストレッチを行うとか、数十メートルの往復でもいいのでウォーキングするとか、家族で互いにアドバイスるす習慣をつけてもらいたいところです。

死ななくていい人が亡くなるという悲劇は極力無くして欲しいのですが、まず「運動するのが嫌い」な方、大方ご年配者か相当に太っておられるような人に見られる言い草ですが、その生活態度で居ればいずれは自身に降りかかると自覚されていないのでしょう。普段とは環境が全く違う訳なので多少大げさぐらいに考えていた方が無難なんだろうと思います。

ところで内外に関わらず大手自動車メーカーがこれまで開発発売してきた自動車の数々を改めて振り返ってみますと、今回のような車中泊の長期化を考えた上でその状況に適した車はというと意外に少ない事がわかります。とにかく軽自動車が多いという事に加えて車高(天井)の低い乗用車と続く訳ですが、スタイリングや取り回しの良さ、とりわけ軽自動車は狭い道での走行に適しており更に低燃費、税金の安さなど利用者がここ数年急激に増えています。

ただこういった災害が突如発生した場合にどうかというと非常に不利な乗り物と言わざるを得ません。車内は極めて狭く人二人の乗員が精一杯。荷物もろくに積めません。上述の通りこのような車内で寝泊まりすること自体異常とも思えます。なぜこれまで臨機応変に対応できる自動車が世に出てこなかったかというのは、メーカーそれぞれに沢山売るための諸事情があるのでしょうが、買う側にもその責任が伺えます。

「車で寝る?テント持ってけばいいじゃん」「車は小休止する場であっても寝床じゃない」「ダサイだろう、そんなの買わねえよ」「そういう人はデカいワンボックでいいんじゃない?」と、まあ色々買わない理由を言って来たと思うのです。しかしどうでしょう。実際に車中泊を余儀なくされてみればこれは切実極まりない現実として跳ね返ってきました。

今のメーカー技術であれば、格好良くて更に利便性を高めることはお茶の子さいさいではないでしょうか。上図を参考に是非開発して頂ければと今回急遽思いの丈を綴ってみました。因みに私が現在利用している乗用車はホンダのフリードスパイクHVです。3年目の実燃費はおよそ17.8キロ/Lといったところで一般使用でも満タンで500〜600キロは走ります。(高速道利用で遠征だと700キロ越えも当たり前)

天井は高く後部座席を倒すと前後205センチの居住空間が現れ、足を伸ばしてゆったり寝る事が可能です。無理すれば大人3人はイケます。簡易畳を引くと匂いがたまりません。何と言ってもゆとりの空間はのびのび使えるので食事や宿泊時に一杯やるのには最高です。今は四つ折り薄型の低反発マットレスを敷いて取材に出ています。まあ撮影で車中泊する機会が多い事からこの車種に決めた訳ですが、実のところ競うような内容の車が当時も今も他メーカーには一切存在せず選びようがありません。

購入時の価格が220万円強で付随のオプションなどの追加で最終的には260万円ほどに膨れ上がりましたが、これが上等なワンボックス車であれば下位モデルでも400万円ほどになってしまうと思われます。とても私の予算では到底購入は不可のであり現場での細かな取り回しなど乗り心地やデカさは決して有利な条件とは言えません。

維持費も馬鹿にならず、燃費は当然悪くちょっとこすっても修理代は高額を覚悟、ホイールやタイヤだって大きくなれば結構高い、オプション品や社外パーツも高額、税金は倍近くなります。軽自動車が氾濫するという事は多くの人がそんな高くつく車を維持したいと思わないからです。

しかし災害は起こります。各自動車メーカーさん!今の自家用車に是非一工夫をお願いいたします。

70(80)-300㍉F2.8-4.0ズームが出て欲しい

つい先日、北海道へ2週間ほど撮影取材に行って来ました。

18ー200㍉の高倍率ズームと11ー16㍉の超広角ズーム、並びに10ー17㍉フィッシュアイの計3本(メーカーはご想像にお任せします)と今年2月に購入したD5300と予備1台といった余りの軽装備では有りますが、技量はともかくそれなりに撮影してこれました。

ただ途中思わぬアクシデントに見舞われ結構焦りました。メインで使用している18−200㍉レンズの調子が操作中突然おかしくなったのです。70㍉辺りから広角側にかけてズームリングに引っかかりが発生し同時にピントリングが空回りして内部の目盛りが全く動かなくなってしまったのです。

普段首から下げて歩いて現場散策している事は頻繁で、且つ繰り出し防止のストッパーは無いレンズなのでヘリコイド(筐体)先端が200ミリ側までせり出してしまう事が多く、左右に揺さぶられたり僅かにレンズフフードに手が当たったり、森を抜ける際など時には小枝にぶつかる事もしばしばなので案外そうした繰り返しの中で徐々に内部のネジ締めかスクリュー部分に緩みが出た可能性があります。

また、高倍率(ハイレンジ)ズームは筐体内部の構造が複雑でデリケート故にちょっとした衝撃で光軸がズレてしまうなどの報告も何処かのブログで知りました。

以前からカメラの故障は気にしていて、サブカメラは必携であると思っていましたが、まさかレンズに来るとは我ながら迂闊でした。そのトラブルは夕刻(19時過ぎ)に起こり翌日午前中まで続きましたが、何故か突然正常に戻ったのです。ズームリングをいじっているとすんなり廻るではありませんか。オートフォーカスもマニュアルフォーカスも正常に回復しました。

きっと何かの拍子に回転系でメカ的に僅かなズレが生じて上手く噛み合ない事が原因ではなかったかと推測しています。ただ、その後も微妙に危ないと感じた感触を何度か経験したので帰宅後すぐにメーカー修理に出しました。何かが緩んだままでの次回撮影は余りに危険と感じたからです。

まだ郵送したばかりなので状況は解りません。前回ピント調整で送った時の納品書を一応添付したので今回は無料になるでしょうが、その時の分解調整か何かで締め緩みが有った可能性もあり得るでしょうし数年に渡って相当酷使しているレンズなので耐用年数を過ぎてギアがぼろぼろなっていたりもします。いずれにせよそろそろ替え時かなとは思っています。

そんな訳で本題のテーマに入ります。

そこそこの性能と価格帯で70(80)㍉〜300㍉でF値が2.8〜4.0(F値移動タイプ)で4段強の手ぶれ防止機能が内蔵された望遠系ズームレンズがあれば直ぐにでも欲しいなと考えているのですが、これが市場に無いのです。価格は15万前後辺りで出せそうなのですが現在は存在しません。

80ー200㍉F2.8はありますが私の経験値では望遠側がもう100㍉欲しいかなと感じます。ご存知とは思いますが、一般の高倍率ズームでは無限域ではともかく近距離撮影では望遠側にすると実際の倍率に達していないケースが多くAPSーCサイズ値200㍉であっても実像170㍉程度に甘んじているようです。実に勿体ない話しです。そこで最初から望遠ズームであれば倍率不足という問題は生じないので、違和感の無い作画に専念出来るという訳です。

勿論ダブルズームキットなどでお馴染みの80(55及び70)ー300㍉F4ー5.6(F4.5ー6.3)などの入門的なお手頃レンズは存在しますが、まずF値の暗いのが気になるのと周辺解像度と透明感に加え前玉の繰り出しを出来るだけ抑えたインナーフォーカスなどの工夫が欲しいところであり開放値での描写に定評がある性能重視で頑丈なレンズが在ってしかるべきと考えます。

F2.8固定では売り値がとんでもなく高額になってしまうのと重量も重く1.5㎏を超えると速写性にも影響が出てくるでしょう。何しろ首や肩、利き腕が痛くなります。F値移動式の2.8ー4.0であればまあまあ明るくて価格もそこそこ、筐体はややコンパクトになりスマートで軽量化にも繋がるのではないかと考えますが如何でしょうか。


このブログを読んだ方でメーカーに精通されている方、広く世間に広報出来るお立場の方がおりましたら、是非とも開発の後押しをお願い申し上げます。

今秋発売は無理でしょうけど。


雨日に大活躍する「三脚用傘ホルダー」の提案

またまたヒット商品の兆し!

近々の特ダネ情報 2016.5.29公開
→遂に見つけた!自転車ハンドル固定型の傘ホルダーが撮影用に早変わり。

前回に続き性懲りも無くCG制作による撮影に必携のアイテムを考案してみました。それが「三脚用雨傘ホルダー」です。普段の撮影は悪くて曇天、出来れば晴天で行うのが通例ですが、時に雨天だからこそイケる被写体や時間帯、季節などがあり敢えてどしゃ降りの中に身を投じる事もあるでしょう。最初からその覚悟で挑むのであれば構いませんが、現場で突然の降雨に見舞われてあたふたさせられる事の方が実際は多いと思われます。

そんなとき最も必要とされるのが雨傘です。カッパやヤッケ程度では自分はいいとしても撮影機材が水浸しになり、いくら生活防水と謳っていても酷く被れば時に故障の原因にもなりかねません。何より落ち着いて撮影する気分でなくなる事はその経験者なら誰もが身にしみている筈です。

そこで私もそんな便利グッズを求めて試しにネットを探ってみました。ところが都合の良い「これだ!」という商品が存在しないのです。梅雨の時期という状況ですので一つぐらい手元にあってもいいだろうとカメラ関係の用品機器メーカーや生活雑貨等代用品も考慮に入れながら探したのですが、やはり見当たりません。

撮影用品でいえば幾つかあるのはあったのですが、カメラ底部の三脚座に固定するストロボグリップ風の傘固定器。これでは実際三脚座にカメラを載せた場合ぐらつくなど不安定な面があるのと同時に風が吹けばカメラごと揺すられてしまいます。何と言っても広角側での撮影では上部に傘の端が画面に入り込んでしまう事は避けられないでしょう。

他にクリップを三脚の足部分に噛まして付属の専用傘取っ手部を筒状のホルダー部に差し入れて使うタイプの商品がありました。まず値段が高い。それと三脚中央のエレベーターを伸ばして利用した場合上記同様傘が写り込んでしまいます。特に携帯に便利な折り畳み傘では竿の長さが元々短いためエレベーターを下げての利用でも広角撮影には向かない訳です。

更に探したところ自転車ハンドルに固定するホルダー(アダプター)が結構見つかりました。余裕のある高さも確保出来る製品が多くこれはイケそうと思ったのですが、当然ながら固定器具が三脚にも取り付けられそうな柔軟な動きのある構造になっていない為やはり断念せざるを得ませんでした。中には惜しい商品も有ったのですが、購入後更に改造となると相当のリスクが伴いこれも諦めました。

そんなこんなで以下画像(クリック拡大)をご覧ください。今まで有りそうで無かった商品です。

三脚用雨傘ホルダー(仮称)


この製品は三脚の雲台や脚部分に取り付けるのではなくエレベーターの支柱に固定する方法をとっています。これならばエレベーターを上下させた場合でも一緒に移動してくれますからカメラと傘の距離を常に一定に保ちます。雲台への取り付けよりも安定し且つ風の影響も受け難いと思われます。また広角レンズ使用時にはその画角に応じて傘の位置を上下に調整出来る一脚のような延長構造を持たせました。

更に上部は自由雲台のようなボールヘッドを使い大旨90度可変で傘の傾きが微調整出来るようになっています。雨の降る角度は一定ではありません。殆どが風の影響で斜めに吹き付ける事の方が多い訳で、そういう意味でも重宝すると思います。超広角(20㍉/35㍉判換算)レンズ仕様時でも傘を後方に傾ける事で柔軟に対処出来るのも嬉しい限りです。

如何でしょうか。カメラメーカーさん、関連撮影用品メーカーさん、はたまたベンチャー企業さん、是非この企画提案に乗ってください。そこそこ売れると思いますよ。

※画像の商品は実在しないCG画像のみです。若干の改良点もあるとは思いますが、是非低価格帯(3000円前後)で世に送る出してやってください。勿論、私から特許申請はしませんし特許料も発生しません。


高倍率ズーム用の手ぶれ補正アイテムを考案してみた

久々になります。普段気になって書く事も少ないのでこんなペース配分でいいかなと思っています。

ところで最近、季節イメージの素材撮影をしていて常に付きまとう困った事に「手ぶれ」があります。皆さんも結構手ブレる事ってあると思いますが、これが趣味であろうがビジネスであろうがおかまい無く起こる厄介な現象と言えますが、これぞという仕留めた感が高揚している時ほど発生して来るから参ったものなのです。

既に撮り直しも効かない一発勝負何かもありますし、はたまた後で気づいて現場に戻って撮り直すも決して同じに写ってくれないのも事実なのです。各メーカーでは最近「手ぶれ補正内蔵」なる製品を多く発売はしているもののその効果はケースバイケースで、極度の低速シャッター時や焦点距離が300㍉以上の望遠レンズ等ではその威力を遺憾なく発揮してくれているとは思えません。

特にAPSタイプのカメラに重宝する広域焦点をカバーする高倍率ズームレンズでは広角〜望遠側に違和感無くズーミング出来る関係でブレに対する危機感が甘くなって、ついつい手ぶれ率が上がってしまうのは勿論、カメラ側ピント位置の感知精度についてもヘリコイドの移動幅が単焦点レンズに比べて極端に短い為に、ややピントが甘くなるケースも多いと思っています。

それが重複する形で二重線的なブレとピントの山が甘い画像が頻繁に起こっているのでしょうから、「これってもっと何とかならないか」という事に行き着くのはもはや必然と言っていいでしょう。

手ぶれ軽減ヘッドサポーター

そこで一つ考案してみたアイテムをご紹介したく今回ブログ投稿してみたという訳です。画像がそのプロトタイプですが、実際のリアル製品は存在しません。あくまで3DCGで作り上げたのみです。

この手の従来からある手ぶれ軽減サポーターの多くはカメラ底部の三脚座に取り付けてベルトで首に掛けるものや胸元から一脚のように突っ張るタイプ、同様に三脚の足に固定して利用するといった類いだったと思いますが、仮に手持ち優先で身軽に持ち歩く場合は三脚は御法度という事になりますし、胸や首にセットするタイプではレンズの焦点距離(筐体の長さ)に合わせて調整も面倒ではないかと思うのです。

自身も経験していますが、その割にブレが解消されていなかったりします。価格が安価なのでついつい購入してしまいますが、結果オーライとは行かないようです。この「手ぶれ軽減ヘッドアシスター」(仮称)なるアイテムの良いところは鼻と頭と顔に引き寄せる手のグリップ力の三点で固定する仕組みになっているのが特徴です。

まず高倍率ズームの筐体に先端を固定します。最初に鼻の位置と頭の頂点の一番安定する場所に軸の位置を調整して、あとはやや頭側に圧を掛ける感じでカメラを顔に押し付けてシャッターを切るだけです。実際にモノが在って実験した訳ではないので実証は出来ませんが、イメージとしては可成り安定するのではないか、ヨコ揺れなどが解消されるのではないかと考えられます。

軽量コンパクトの特性から持ち歩いても違和感がそれほど無く変に目立たず、アイテムが既にレンズに固定されている事から素早い速写性も得られる筈です。デザインおよび強度、タテ位置へのワンタッチ切り替えやレンズ筐体へのスムーズな着脱方法等課題も残りますが、それはそれで何処かのメーカーさんの何方かがキチンとした製品へのヒントとして昇華して頂ける事を切に希望します。

是非ご検討ください。


テーマ : ビジネスアイディア
ジャンル : ビジネス

プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア