ソニー新製品『α7C』発表

ソニーα7Cブラック
ソニーα7Cシルバー


新製品のそのベールが剥がされた>
本日午前10時、ソニーの新型カメラその全貌が明らかになりました。名付けて『α7C』だそうで、語尾のCはCompact(コンパクト)を表していると言います。前回こちらブログで身勝手に妄想を膨らませて描いたその私個人の大胆予想のおおよそ50%は当たっていたでしょうか。我ながら実に驚きです。

α6000番の形状、小型化そしてパンケーキならぬコンパクトな新開発ズームレンズ28-60mmの同時登場、やはり更なる小型化のニーズが少なくなかったという証です。ただまず大きく予想を外したのが今回が上位クラス同等のフルサイズ機であるという事です。謳い文句には「α7Ⅲを踏襲する性能」とありました。

流石に予想した5000万画素センサー搭載は厳しかったと見えこのクラスの一般的な2420万画素に落ち着いたようです。色はシルバーとブラックの2色、どちらもなかなかの渋い大人のムードを醸していますが、上部段差や左角の丸めなど見た目はあのドイツの名機ライカを意識した感も僅かに伺えます。

性能はさる事ながら最大の問題は価格です。ボディのみ21万円であり軽い気持ちで購入するにはやや難がありまたレンズキットとなると上記レンズ付属24万円はフルサイズ従来機とほぼ拮抗するレベル。私としてはAPS-C機での市場価格10万円前後を期待していたので非常に残念でなりません。例え上位機種としてもやはりこのところの物価高は反映しているのでしょう、日本人にとってはいささかお高いという印象があります。


企業が目指す高級志向顧客>
自動車産業もそうですが先日発表されたEV車のホンダeでしたか、価格451万円(最上位は495万円)という価格設定になんの躊躇なく先行予約がほんの数日で規定数をオーバーし一旦予約を締め切ったとあります。航続距離もさして良くない見た目なんとも子供じみたおもちゃ風の車に500万円とは驚きでしたが加えて一気に完売とか、それなりにがむしゃらに欲しているお金持ちはこんなご時世でさえ沢山居るという事なんでしょう。

この調子なら今後メーカーが出す新商品は業界広くどこも大方『高級志向』品に偏っていくに違いありません。コロナ禍に翻弄され軒並み業績を落とす中その挽回を一気に果たさんと皆必死であり、ちまちまと安物を数作っているどころではない訳で、ここぞとばかりに高額商品に向かうは必須と思われます。

話は若干それましたがさて、今回のソニーの新ミラーレスのどこを魅力とするのか、私自身さらっとその詳細を読んでみたものの極め付け部分は結局見当たらずじまい。高額さながらに「小さければ売れるのか?」と疑問符がつきます。一体誰が買うのか、既に上位クラスをひっかえ取っ替えで数台所持している一部ソニー信者くらいがいいところ、そんな印象です。


こんな時期こそ女性をターゲットにするべきであって男性は元々ゴッツくてデカイくらいが好みなのですから敢えて小型ザブカメラを売り込んでどうなんでしょう。当時それなりのマーケットに基づいた結論で開発が始まり短期なりにも行き着いた頃には「当初想定した客は殆ど居なかった」、にならない事を祈りたいと思います。

先日の自民党総裁選で見事勝利を飾った元官房長官の菅義偉氏が目指す日本復活の今後の手段が気になります。今月にも衆院解散が叫ばれ10月中の総選挙も囁かれる中、政局の流れによっては再びの波乱の幕あけでありその後の新政権が担う重責においては殊の外国民の将来が掛かっています。お金持ちの権力者勢力をうまく誘導しつつ下々までその恩恵が行き渡るような価値ある施策を矢継ぎ早に次々と繰り出してくれる事を切に期待するところです。

であればこの今の私にだって21万円のカメラ普通に買えるようになりますもん。本来世の中ってそうでなくちゃいけませんよね。

待望の新型機材が導入できたという、どーでもいい報告。

PowerShot G5X mark2


死者続出してから緊急事態宣言なの?>
なんと今日、東京都の1日の感染者数が100人(107人)を超えた昨日を上回る124人(速報値)と伝えられています。あるコメンテーターの上下動ありきの説得も空しく軒並みその数は上昇し続ける可能性が疑われます。やはりこの状態のまま対策が疎かになれば東京のみならず県境を跨いだ他地域に感染拡大する恐れもあり国と都共に早急な防御策が望まれます。

いっその事再びの『緊急事態宣言』を感染再拡大が疑われる都道府県にピンポイントで発令すると言う手もありますが、如何なんでしょうか。そもそも夜の飲み屋街を放置していては一向にらちが開きません。そこは厳重な取り締まりをもって特例を設けるべきであり依然無視し続ける店舗については罰則も設けるべきではないでしょうか。何しろもう時間が限られるうえ成り行き任せでは困ります。

もっとも危惧されるのは感染爆発です。かつてのスペイン風邪でもそうでしたが、しばらくたって起こった第二波などは一波目の数百倍にも達したと言う経緯があります。世界の感染数に比べ大きく下回る日本であっても尚あなどれません。政府機関はその事を念頭に推進の矛先に狂い無きよう慎重に進めていただきたい、そう願うばかりです。


祝、新しい仲間が増えました!>
さてそんな最中で誠に恐縮ではありますが、多少ここで気分をいささか変えてカメラの話でもしましょうか。実は数日前に私ごとで恐縮ながらカメラを新調しました。以前のこのブログでも希望推定的に『欲しい気になるカメラ』と概ね題して綴っていたその製品が上掲画像のキャノンパワーショットG5Xマーク2になります。

その後も色々と調べて他機種メーカーを検討しましたがやはり様々な面から当カメラを上回るに至らずむしろ予定通りの購入と相成った次第です。ところでこのカメラをなぜ選択したかと言いますのは何と言ってもクロップなく4K動画が30p撮影できる事でした。更にスローモーションが撮影段階で三分の一倍速(フルHD)が可能でおまけに60pでより滑らかな描写もデジイチ同等である事が決め手となりました。

今サブ機として利用しているコンデジの撮像素子サイズ1.7型に対して新調機種はその2倍に匹敵する1型の大型サイズ。質感きめ細かくここまでくればより大型センサーであるAPS-Cとさしてその差は感じにくい筈です。夕暮れや夜景また過酷な星空撮影にも大いに貢献してくれると信じます。

サイズの違いは当然ながらストックフォト販売の現場にしても有効です。先のサブカメラは横幅4000ピクセルでしたがこちらは5000ピクセルを超えます、よって代理店の販売価格の用件が異なり一段上の料金枠が与えられる事になり売り上げにプラスの効果ももたらす訳です。兎に角は実力重視、画像本来の良さにかかって来るので結果売れてなんぼは変わりません。

しかし手の中にすっぽり収まるほどの超小型デジカメとはいえ中身は今や高級デジイチ並みであり値段も10万円を超えます。ソニーのサイバーショットRXマーク7に至っては何と破格の15万円近くの値が付きます。もう趣味でどうのというレベルではなくなって決してプロが使ってもおかしくない高性能機へと進化した模様です。

結局中途半端な機種は淘汰され、続く不景気も手伝ってメーカーサイドも高額ユーザーにシフトしたというのが妥当な線ではないでしょうか。先日のオリンパス映像部門の身売りの件もそうですが当業界の足元は相当に厳しさを増していると思います。という訳で当新型コンデジを私がしっかり使いこなせるかどうか、何しろ高齢なので様々な設定切り替えがその時々とっさに行えるかが不安であり初めのうちは相当に失敗も出てくると思っています。


コンデジとは思えない上質な完成度>
まあ、全ては慣れと実践あるのみそう前向きに考えましょう。何しろ驚いたのが解放F値が1.8(24ミリ側)でした。望遠側(120ミリ)でもF2.8とはカメラメーカー本領発揮の流石キヤノンと称賛したいです。レンズ設計とくればのべつ幕なしでどこもズーム比に拘るあまり望遠側が200とか300,1000ミリなんていう機種もあったかと記憶しますが、そろってF値はえらく暗く成ります。

F6.3とか8では暗い室内や屋外でも時間帯によってはピントセンサーもうまく働かないでしょう。レンズの俗にいうボケ味にも影響して来ます。ズーム比が高まるにつれ二重線ボケや丸ボケの渦巻きノイズが増してとても綺麗とは言い難いです。その点当新型はほんとボケ感は非常にナチュラルかつ開放値撮影では味のある描写が一層ひき立ちます。

動画よし、静止画よし、軽量ゆえのジンバル利用よしとくれば鬼に金棒、撮影の楽しみがまた一つ増えたと言っていいでしょうがここでもう一言、実にこちらパワーショットG5Xマーク2は当たり前に新型新発売製品(19年7月)なのでその編集作業にあたっては幾分厄介な事案が発生しました。


パソコン緊急事態宣言>
まず旧型のOSではファイルの転送が出来なかったのです。私は一本気のマック使いですがつい先日まで『OSX10.10』のYosemiteだったのでカメラ側が全く反応しません。用心しつつアップグレードを一段づつ上げていき『OSX10.13』(High Sierra)でようやく連携できました。

怖いですよ、下手すればこれまでの編集ソフト一式が全滅しかねない訳ですから。取り敢えず危機は去りマック側は何とかなっています。しかし問題はそれだけではなかったのです。キヤノンさんもそうなのですがRAWデータファイルがメーカー独自でありそのままでは画像は開いてくれません。よってネットを探ってAdobe社から無償の変換アプリ『DNGコンバーターVer12.3』を入手、これも事なきを得ました。

ここまでの過程も一重に『ITリテラシー』と呼ぶのでしょうか、最低限この辺がクリアできなければストックフォト家業が営めない訳で結構高度になってきている印象は拭えず更に年齢を重ねれば重ねるほど厳しさは増すに違いありません。より便利で簡単自動化とは裏腹にそれだけ新たな知識様式を踏まえ絶えず操れなければ仕事は続けられないという事、今回の件で思い知らされました。

何せここ数年新機種導入は久しぶりだったので戸惑って最初は「え!これって?どうしよう、分からん」でしたからね。常にこの環境に携わっていないとダメですねほんとに。そうそう、YouTubeを視聴していて素朴に感じたのですが、よく最新カメラの解説動画って結構あるじゃないですか。あの中では概ね箱開封お披露目と各部の説明、屋外での撮影事例などに終始していてそれ以外って見ないです。

パソコンへの取り込みに関するテクニックや上述のトラブル対処、MacとWindowsそれぞれへの連携や各種セットアップ、無線LAN設定とかまだ色々できると思うのですが何一つ無いんです。パソコンメーカーも絡むので出来ないのかも知れませんがそこは上手くやって欲しいところです。古い私同様に新しい最新機材を使っている人ばかりではないでしょうにね。

以上今回は新型カメラ導入について簡単にご報告させて頂きました。撮影事例等為になる?かは分かりませんが機会があれば後日またこちら関連記事を綴ってみたいと思います。ご興味がありましたらチェックしてください。ちなみに上掲画像は私が自ら撮影したものになります。それなりでなかなかでしょ?(自画自賛)


反重力で人類の暮らしは一変する

未来の移動手段Space-Mover計画

今どきの宇宙進出構想を聞けば
決まって無人衛星を飛ばして観測可能な距離にある惑星を探査し、そこに地球外生命体は存在するのかみたいな話が大半を占めます。先日も木星軌道を回る衛星の一つ『エウロパ』の地殻内に広大な海が広がっている事があのアメリカ産宇宙望遠鏡『ハッブル』の観測でほぼ明らかになったと報道されていました。

まあそんな事ぐらいでも相当な驚きになるのか私自身は以外と冷静でむしろ白けた感は否めません。数日前にNASAが「重大なお知らせ」と予告していただけに、拍子抜けされた人はかなり多いと思われます。だってその話はすでに至近距離で飛ぶ観察衛星の画像で既に知っていましたから。

さてここからが本題です。
上の画像を見れば一目瞭然でしょうが、これこそが未来の宇宙開拓と言える代物です。今も上映中なのでしょうか、当時絶賛されあのCG技術を極めたとまで言われるSF巨編『インディペンデンスデイ』の続編で『同・リサージェンス』が上映直前にかなり話題になりました。

今回は前回戦いに敗れた同じ宇宙人軍団が再び地球を我が物にとリベンジしにやって来るというお話ですが、その中で重力を操って都市の一部を破壊するシーンが出てきます。まさに反重力技術のなせる技ですが、もしもあの様な理論を確立する事が出来ればこの世の中は相当に様変わりするであろうと容易に想像できる訳です。

地球の中心に向かう適度な質量バランスのお陰で私たちはこうして立っていられるのですが、この強大な重力に人類の科学力を持ってすれば強力な反重力を生み出す事など将来に渡って決して不可能とは言い切れないと考えます。もしもそんな夢の力を手にする事ができた暁には、奇跡の素晴らしい夢の舞台が待っているのです。

まず私が勝手に構想した
「グラビティーコントロール航行プロジクト」がそれです。松本零士原作の『銀河鉄道999』を思い起こさずに入られません。とにかく今は相当な燃料噴射の動力で大気圏を飛び出すというのが当たり前になっていますが、反重力が可能になれば気球のようにただゆっくりと大気圏外に浮上していくだけで済みます。摩擦は最小限に止まりかつてスペースシャトルに装着された耐熱板も必要ありません。(帰還時も同様)

移動手段の解説図

無重力圏に達すればあとは反重力を後方に向ければ前進する仕組みです。その後徐々に加速度を増幅させていけば今般の火力燃焼方式と慣性並びに惑星間重力で移動するだけのロケット速度を遥かに上回る最大速度200倍(あくまで理想)にも達する推進力での航行が可能になるでしょう。という事は仮りに火星までの所要時間が現在はおよそ早くて6ヶ月と言う事らしいですが、この反重力技術であれは地上より上昇を始めた時点から火星に降り立つまでがほぼ1日あれば十分なのです。

更に移動空間が宇宙なので機体重量や乗員数などを意識しなくて済むので数千人(画像は客車8機に各500人搭乗で4000人)を一度機に輸送できチケット代は極めてリーズナブル。レストランカー、高度な医療施設、展望ラウンジなどを完備し、また座席圧力を反重力調整する事でエコノミー症候群も抑制されます。

またセキュリティー面では、
本機前方1万キロまで到達する障害物感知センサーを機能させて緩やかに回避しつつ速度低下を最小限に抑えます。

航路沿線にはあらかじめ10万キロ間隔で海洋で見かけるようなブイが設置されあらゆる通信システムに対応、スマホやテレビ放送その他データのやり取りが問題なく利用出来るのです。もちろん火星に於いても地球と全く変わらずそれらはリアルタイムで送受信されます。
※こんな未来の時代に今と同じ形式の通信モバイルがあるかは知りませんが。

反重力技術が実現されれば、
惑星間移動がスムーズかつ安全になり建設資材の輸送や現地での科学調査、実験、新たな物質の発見と開発が容易になり、そこで生み出された高度な技術が火星で言えばもしかすると数十年内に惑星を取り囲む大気を発生させてオゾン層を作り地球さながらの豊かな星へと再生させる事だって夢ではない筈です。

まだ誰一人『反重力』について研究している話は聞きませんが、最初から諦めているのでしょうか。学者って頭がいいので、しばらくは考えるのですが、特に権威の高い方ほど途中でバカバカしくなると突如反対派に回る傾向があります。「そんなの出来る訳がない!」とばかりに猛反発して他の研究を頓挫させてしまう事もあるとか、ないとか。

この反重力技術を操る事が出来れば上述以外にも色々と活用の場は広がります。自動車が浮くようになり映画『ブレードランナー』的な都市交通システムが成立しますし、住環境の整備から空中都市も実現できます。足の不自由な障害者や高齢者が簡易移動体に座ったまま気軽に何処へでも出かけられます。

地震対策では地面が揺れだすと
自動的に建物が浮かんで揺れがおさまるまでしばらくやり過ごし、もしも万が一地盤が傾いた場合でも建屋を水平に保つ土台がせり出すという風になれば実に安心ですよね。大津波の襲来時も上空30メートルほど上昇しあらかじめ用意された高台へと移動する避難計画が可能です。

そのような訳で、是非ともこの『反重力システム』を開発してもらいたいものです。ただそうは言っても不安要因はあります。誰もが歩く事に億劫がりベルト状の重力配分装置の使用が顕著でメタボ人口が急増する恐れも。

ソニーがとんでもないコスパモデルを国内正式発表!『RX10 III』

SONY_RX10 III

昨日、某カメラ情報サイトにソニーから最新カメラの発表が報じられていました。やや大きめの1型センサーを採用し25倍ズームを内蔵、一眼レフ風のボディーデザインで既に発売されているあのRX10 IIの後継機となる『RX10 III』です。(5月20日発売予定)

何と言ってもズーム比とそのF値の明るさが圧巻で、35ミリ換算で広角24〜600ミリ相当、F2.4−4.0というから凄い。600ミリ側で開放F値が4とはまさに驚異的な明るさを誇っています。通常この焦点距離でF4と言えばプロがスポーツなど報道で使用する超高額なレンズな訳で、今なら100万円は下らない筈ですからとてつもないコストパフォーマンス機と言わざるを得ません。

発表直後という事でもちろん撮影レビューをまだ確認出来てはない状況ですが、ソニーの事ですのでそこそこの描写力は保障されているに違いなく、また背面液晶の画素数も上級機並の3型123万画素、EVF(電子ファインダー部)も0.39型約236万ドットの「XGA OLED Tru-Finder」を採用するなど基本性能だけをとっても贅を尽くした仕上がりである事は言うまでもありません。

背面の液晶画面は上下に稼働し撮影条件に左右されない使い勝手も魅力の一つでありレンズ左手側鏡胴部にはフォーカスホールドボタンが設置されカスタマイズも可能という事からそれぞれのシューティングスタイルにマッチした使い方をアシストしてくれます。

更に有効2,010万画素の積層型CMOSセンサー「Exmor RS」を搭載しているのも有難いところです。出来れば長辺6000ピクセルを維持する2400万画素オーバーが理想とは思いますが、ほぼ6Kなので描写力はともかくも基本解像度は十分と言えます。合わせて4K動画の収録が可能であるというのはきっと私にとって最大の利点です。

※解像度は落ちますが最高960fpsのスーパースロー撮影にも対応。

ストックフォトの分野では動画は4Kがいよいよ素材の中核になろうとしている状況であり、デジタルサイネージなど大型表示板が益々巷に溢れる環境も都心を中心に拡大している中で、フルハイビジョンを超える画質が今後更に求められるという率直な感想を持ちます。

何しろ値段が安い。一応現段階ではオープン価格という事から正確な相場の動向が気になりますが、およそ17万円前後になるのではという予想が出ていることを鑑みて、とにかく試しに一台は手に入れてみるのも得策ではないでしょうか。特にストックフォト素材制作に於いてはそこそこ有望でかなり頼れる機材になるのではと感じました。

ただ1kg強の筐体になるのでそこそこの重量になりますが、重い交換レンズを2、3本持って歩くことを考えれば断然スマートであり、速写対応にも事欠かず、体力の温存、街中でもそれほど目立たず、カメラバックは最小サイズで済みます。

私の撮影スタイルの多くはハッとしたら車を止め飛び出してパッと撮って次へと移動の繰り返しが結構頻繁に起こるので、その都度のレンズ交換は億劫な作業であり、実際に経験もしていますが瞬間のチャンスを逃す原因とも成り得ます。通常焦点距離が最大でも200ミリ程度のズームでは諦めていたやや遠目の被写体を強烈な圧縮効果をうまく利用して収める事が手軽になるというのは革命的であり大変喜ばしい限りです。

時代は変わってきているなと実感する今日この頃です。

→SONYプレスリリース記事

注意:
4段半という大幅な手ぶれ補正機構を有するRX10 IIIとはいえ長焦点は流石にぶれ易いので、強度のある脚部と雲台の選定及び使用時には更なる気配り工夫が欠かせません。ぶれて全滅では元も子もありませんから。

高性能コンデジが熱い!(新製品発表)

フォビオンセンサー搭載のミラーレス「SIGMA sd Quattro」

数日前にソニーがS6300を発表したかと思えば、本日つい先ほどですが、シグマが突如3層分離5000万画素(合体で2550万画素相当)のSDクワトロHとその姉妹機、そしてニコンはレンズ交換式ではないにせよあのソニーの超高級コンパクトのサイバーショットRX1張りのイメージすら感じるDLシリーズ3機種を発表してきました。兎にも角にもどのメーカーともにやや先を行く?ソニー製品が相当気になるようで、こぞって似たような路線に食い込んできたなという感じでしょうか。

コンデジに関しては現時点で若干後手に回っているのがキヤノンとリコーイメージングという構図になっていますが、両社ともに今回は従来型の大型デジイチの方に注力したように見えます。ペンタックス初のフルサイズ3600万画素機が注目されていたタイミングなだけに、うまいこと話題をさらわれてしまった感は否めません。キャノンはエントリーユーザーに的を絞ったEOS70Dの後継機である80Dで勝負に出た訳です。あくまで個人の感想としてここ半年余り市場を伺っている限りで言わせていただくと、何となく大型デジイチはどうも時代錯誤的な道具に見えるのです。このブログでも先月だったでしょうか仕事で使えるコンデジについて書いたばかりでした。

確かに一般のお客さんを目の前でライブに撮影する場合など時にある程度は機材の凄みを見せつける必要に迫られる事はあるでしょうが、今後はそれすら無意味になると思っています。既に大型センサーを搭載し画素数も2500万クラスになれば大概の要求には耐えられますし、もちろんノイズリダクションであれ100を超えるようなフォーカスエイドが可能にする高速追尾、連写時におけるRAWデータの連続記録枚数も十分なほど増えました。何と言っても機材がコンパクト故にゴッツさから解放された身のこなしからのアクティブなレリーズがベストショットを呼び込みやすくし、奇跡を生み出す確率は相当なもんじゃないでしょうか。

ニコン、1型センサー搭載コンパクト「DL」シリーズ

ましてや内臓ないしはアタッチメントタイプのEVFも当たり前に200万画素越えで光学式は不要。ポケットサイズの超小型で平均が400グラムと上述の軽くて速写性に富み、高性能レンズへの交換・装着で大型デジイチ並の描写も問題なく手に入る今となっては、重くて肩手撮りが極めて困難、格納にも事欠くデカく値の張るカメラってどうなんでしょうか?

コンパクトデジイチならソニーの超高級は別格としても多くのメーカー機種でほぼ10万円前後で収まっているという事なんですよね。技術の革新とは恐ろしいもので昔のウォークマンじゃないですが、外装がカセットテープ厚を目指したあのパターンにカメラも遂にそうなって来たんだと個人的には感銘すら抱きます。

なので、ビデオカメラのあの筒型の機材もいくら小型化したところでもうダメなのではないか、受け入れられ難くなっている事は多々通販等の直近の売れ行き実績をチェックすればよく分かります。今後更に高性能高価格帯と低価格帯のせめぎ合いの中で、いわば掌に容易に収まるデジタルコンパクト機が益々市場を席巻していくと私は予想しています。
ソニー、APS-Cミラーレス最上位機「α6300」
一時はコンデジの終末とも騒がれた時期がありましたが実に不思議な現象です。まずデザインの革新、そして凝縮された性能の向上、新たなプロのニーズ、低価格化と、まあ様々に考えられるところはありますが、中でも空撮機のドローンの登場は大きかっただろうと想像します。ゴープロなどを筆頭にアクションカメラは既にテレビ番組で当たり前のように使われており、その辺の派生的な流れもあるでしょう。

本当に今最高に悩んでいる自分が居ます。これまでの機材を全部売っぱらってコンデジシステムに全面的に切り替えるべきか。4K撮れてAPSーCサイズで2500万画素、うーん....迷ってます。

ご来場者

プロフィール

写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

Author:写真家・CGクリエーター:石関ハジメ

◉仕事:
プレミアムストック画像・動画素材の制作全般

◉契約代理店:
アマナイメージズ
アフロ
イメージナビ、その他

◉ビジュアル素材の購入:
DEGIGA.JPサイトの各サンプル画像下部『直リンボタン』で主要代理店の販売ページ直通!

◉SNS:
degiga.images(Instagram)
degiga.jp on line(Facebookpage)
ストックフォト魂(YouTube)

◉アーカイブス&PRサイト:
www.degiga.jp

◉お問い合わせ:
info@degiga.jp

カレンダー

02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーエリア

最新デジタルミラーレス特集
安心のアマゾンでお気に入りをGET !