広告素材のバロメーター!デジ画の日々 テクノロジー

反重力で人類の暮らしは一変する

未来の移動手段Space-Mover計画

今どきの宇宙進出構想を聞けば
決まって無人衛星を飛ばして観測可能な距離にある惑星を探査し、そこに地球外生命体は存在するのかみたいな話が大半を占めます。先日も木星軌道を回る衛星の一つ『エウロパ』の地殻内に広大な海が広がっている事があのアメリカ産宇宙望遠鏡『ハッブル』の観測でほぼ明らかになったと報道されていました。

まあそんな事ぐらいでも相当な驚きになるのか私自身は以外と冷静でむしろ白けた感は否めません。数日前にNASAが「重大なお知らせ」と予告していただけに、拍子抜けされた人はかなり多いと思われます。だってその話はすでに至近距離で飛ぶ観察衛星の画像で既に知っていましたから。

さてここからが本題です。
上の画像を見れば一目瞭然でしょうが、これこそが未来の宇宙開拓と言える代物です。今も上映中なのでしょうか、当時絶賛されあのCG技術を極めたとまで言われるSF巨編『インディペンデンスデイ』の続編で『同・リサージェンス』が上映直前にかなり話題になりました。

今回は前回戦いに敗れた同じ宇宙人軍団が再び地球を我が物にとリベンジしにやって来るというお話ですが、その中で重力を操って都市の一部を破壊するシーンが出てきます。まさに反重力技術のなせる技ですが、もしもあの様な理論を確立する事が出来ればこの世の中は相当に様変わりするであろうと容易に想像できる訳です。

地球の中心に向かう適度な質量バランスのお陰で私たちはこうして立っていられるのですが、この強大な重力に人類の科学力を持ってすれば強力な反重力を生み出す事など将来に渡って決して不可能とは言い切れないと考えます。もしもそんな夢の力を手にする事ができた暁には、奇跡の素晴らしい夢の舞台が待っているのです。

まず私が勝手に構想した
「グラビティーコントロール航行プロジクト」がそれです。松本零士原作の『銀河鉄道999』を思い起こさずに入られません。とにかく今は相当な燃料噴射の動力で大気圏を飛び出すというのが当たり前になっていますが、反重力が可能になれば気球のようにただゆっくりと大気圏外に浮上していくだけで済みます。摩擦は最小限に止まりかつてスペースシャトルに装着された耐熱板も必要ありません。(帰還時も同様)

移動手段の解説図

無重力圏に達すればあとは反重力を後方に向ければ前進する仕組みです。その後徐々に加速度を増幅させていけば今般の火力燃焼方式と慣性並びに惑星間重力で移動するだけのロケット速度を遥かに上回る最大速度200倍(あくまで理想)にも達する推進力での航行が可能になるでしょう。という事は仮りに火星までの所要時間が現在はおよそ早くて6ヶ月と言う事らしいですが、この反重力技術であれは地上より上昇を始めた時点から火星に降り立つまでがほぼ1日あれば十分なのです。

更に移動空間が宇宙なので機体重量や乗員数などを意識しなくて済むので数千人(画像は客車8機に各500人搭乗で4000人)を一度機に輸送できチケット代は極めてリーズナブル。レストランカー、高度な医療施設、展望ラウンジなどを完備し、また座席圧力を反重力調整する事でエコノミー症候群も抑制されます。

またセキュリティー面では、
本機前方1万キロまで到達する障害物感知センサーを機能させて緩やかに回避しつつ速度低下を最小限に抑えます。

航路沿線にはあらかじめ10万キロ間隔で海洋で見かけるようなブイが設置されあらゆる通信システムに対応、スマホやテレビ放送その他データのやり取りが問題なく利用出来るのです。もちろん火星に於いても地球と全く変わらずそれらはリアルタイムで送受信されます。
※こんな未来の時代に今と同じ形式の通信モバイルがあるかは知りませんが。

反重力技術が実現されれば、
惑星間移動がスムーズかつ安全になり建設資材の輸送や現地での科学調査、実験、新たな物質の発見と開発が容易になり、そこで生み出された高度な技術が火星で言えばもしかすると数十年内に惑星を取り囲む大気を発生させてオゾン層を作り地球さながらの豊かな星へと再生させる事だって夢ではない筈です。

まだ誰一人『反重力』について研究している話は聞きませんが、最初から諦めているのでしょうか。学者って頭がいいので、しばらくは考えるのですが、特に権威の高い方ほど途中でバカバカしくなると突如反対派に回る傾向があります。「そんなの出来る訳がない!」とばかりに猛反発して他の研究を頓挫させてしまう事もあるとか、ないとか。

この反重力技術を操る事が出来れば上述以外にも色々と活用の場は広がります。自動車が浮くようになり映画『ブレードランナー』的な都市交通システムが成立しますし、住環境の整備から空中都市も実現できます。足の不自由な障害者や高齢者が簡易移動体に座ったまま気軽に何処へでも出かけられます。

地震対策では地面が揺れだすと
自動的に建物が浮かんで揺れがおさまるまでしばらくやり過ごし、もしも万が一地盤が傾いた場合でも建屋を水平に保つ土台がせり出すという風になれば実に安心ですよね。大津波の襲来時も上空30メートルほど上昇しあらかじめ用意された高台へと移動する避難計画が可能です。

そのような訳で、是非ともこの『反重力システム』を開発してもらいたいものです。ただそうは言っても不安要因はあります。誰もが歩く事に億劫がりベルト状の重力配分装置の使用が顕著でメタボ人口が急増する恐れも。

ソニーがとんでもないコスパモデルを国内正式発表!『RX10 III』

SONY_RX10 III

昨日、某カメラ情報サイトにソニーから最新カメラの発表が報じられていました。やや大きめの1型センサーを採用し25倍ズームを内蔵、一眼レフ風のボディーデザインで既に発売されているあのRX10 IIの後継機となる『RX10 III』です。(5月20日発売予定)

何と言ってもズーム比とそのF値の明るさが圧巻で、35ミリ換算で広角24〜600ミリ相当、F2.4−4.0というから凄い。600ミリ側で開放F値が4とはまさに驚異的な明るさを誇っています。通常この焦点距離でF4と言えばプロがスポーツなど報道で使用する超高額なレンズな訳で、今なら100万円は下らない筈ですからとてつもないコストパフォーマンス機と言わざるを得ません。

発表直後という事でもちろん撮影レビューをまだ確認出来てはない状況ですが、ソニーの事ですのでそこそこの描写力は保障されているに違いなく、また背面液晶の画素数も上級機並の3型123万画素、EVF(電子ファインダー部)も0.39型約236万ドットの「XGA OLED Tru-Finder」を採用するなど基本性能だけをとっても贅を尽くした仕上がりである事は言うまでもありません。

背面の液晶画面は上下に稼働し撮影条件に左右されない使い勝手も魅力の一つでありレンズ左手側鏡胴部にはフォーカスホールドボタンが設置されカスタマイズも可能という事からそれぞれのシューティングスタイルにマッチした使い方をアシストしてくれます。

更に有効2,010万画素の積層型CMOSセンサー「Exmor RS」を搭載しているのも有難いところです。出来れば長辺6000ピクセルを維持する2400万画素オーバーが理想とは思いますが、ほぼ6Kなので描写力はともかくも基本解像度は十分と言えます。合わせて4K動画の収録が可能であるというのはきっと私にとって最大の利点です。

※解像度は落ちますが最高960fpsのスーパースロー撮影にも対応。

ストックフォトの分野では動画は4Kがいよいよ素材の中核になろうとしている状況であり、デジタルサイネージなど大型表示板が益々巷に溢れる環境も都心を中心に拡大している中で、フルハイビジョンを超える画質が今後更に求められるという率直な感想を持ちます。

何しろ値段が安い。一応現段階ではオープン価格という事から正確な相場の動向が気になりますが、およそ17万円前後になるのではという予想が出ていることを鑑みて、とにかく試しに一台は手に入れてみるのも得策ではないでしょうか。特にストックフォト素材制作に於いてはそこそこ有望でかなり頼れる機材になるのではと感じました。

ただ1kg強の筐体になるのでそこそこの重量になりますが、重い交換レンズを2、3本持って歩くことを考えれば断然スマートであり、速写対応にも事欠かず、体力の温存、街中でもそれほど目立たず、カメラバックは最小サイズで済みます。

私の撮影スタイルの多くはハッとしたら車を止め飛び出してパッと撮って次へと移動の繰り返しが結構頻繁に起こるので、その都度のレンズ交換は億劫な作業であり、実際に経験もしていますが瞬間のチャンスを逃す原因とも成り得ます。通常焦点距離が最大でも200ミリ程度のズームでは諦めていたやや遠目の被写体を強烈な圧縮効果をうまく利用して収める事が手軽になるというのは革命的であり大変喜ばしい限りです。

時代は変わってきているなと実感する今日この頃です。

→SONYプレスリリース記事

注意:
4段半という大幅な手ぶれ補正機構を有するRX10 IIIとはいえ長焦点は流石にぶれ易いので、強度のある脚部と雲台の選定及び使用時には更なる気配り工夫が欠かせません。ぶれて全滅では元も子もありませんから。

高性能コンデジが熱い!(新製品発表)

フォビオンセンサー搭載のミラーレス「SIGMA sd Quattro」

数日前にソニーがS6300を発表したかと思えば、本日つい先ほどですが、シグマが突如3層分離5000万画素(合体で2550万画素相当)のSDクワトロHとその姉妹機、そしてニコンはレンズ交換式ではないにせよあのソニーの超高級コンパクトのサイバーショットRX1張りのイメージすら感じるDLシリーズ3機種を発表してきました。兎にも角にもどのメーカーともにやや先を行く?ソニー製品が相当気になるようで、こぞって似たような路線に食い込んできたなという感じでしょうか。

コンデジに関しては現時点で若干後手に回っているのがキヤノンとリコーイメージングという構図になっていますが、両社ともに今回は従来型の大型デジイチの方に注力したように見えます。ペンタックス初のフルサイズ3600万画素機が注目されていたタイミングなだけに、うまいこと話題をさらわれてしまった感は否めません。キャノンはエントリーユーザーに的を絞ったEOS70Dの後継機である80Dで勝負に出た訳です。あくまで個人の感想としてここ半年余り市場を伺っている限りで言わせていただくと、何となく大型デジイチはどうも時代錯誤的な道具に見えるのです。このブログでも先月だったでしょうか仕事で使えるコンデジについて書いたばかりでした。

確かに一般のお客さんを目の前でライブに撮影する場合など時にある程度は機材の凄みを見せつける必要に迫られる事はあるでしょうが、今後はそれすら無意味になると思っています。既に大型センサーを搭載し画素数も2500万クラスになれば大概の要求には耐えられますし、もちろんノイズリダクションであれ100を超えるようなフォーカスエイドが可能にする高速追尾、連写時におけるRAWデータの連続記録枚数も十分なほど増えました。何と言っても機材がコンパクト故にゴッツさから解放された身のこなしからのアクティブなレリーズがベストショットを呼び込みやすくし、奇跡を生み出す確率は相当なもんじゃないでしょうか。

ニコン、1型センサー搭載コンパクト「DL」シリーズ

ましてや内臓ないしはアタッチメントタイプのEVFも当たり前に200万画素越えで光学式は不要。ポケットサイズの超小型で平均が400グラムと上述の軽くて速写性に富み、高性能レンズへの交換・装着で大型デジイチ並の描写も問題なく手に入る今となっては、重くて肩手撮りが極めて困難、格納にも事欠くデカく値の張るカメラってどうなんでしょうか?

コンパクトデジイチならソニーの超高級は別格としても多くのメーカー機種でほぼ10万円前後で収まっているという事なんですよね。技術の革新とは恐ろしいもので昔のウォークマンじゃないですが、外装がカセットテープ厚を目指したあのパターンにカメラも遂にそうなって来たんだと個人的には感銘すら抱きます。

なので、ビデオカメラのあの筒型の機材もいくら小型化したところでもうダメなのではないか、受け入れられ難くなっている事は多々通販等の直近の売れ行き実績をチェックすればよく分かります。今後更に高性能高価格帯と低価格帯のせめぎ合いの中で、いわば掌に容易に収まるデジタルコンパクト機が益々市場を席巻していくと私は予想しています。
ソニー、APS-Cミラーレス最上位機「α6300」
一時はコンデジの終末とも騒がれた時期がありましたが実に不思議な現象です。まずデザインの革新、そして凝縮された性能の向上、新たなプロのニーズ、低価格化と、まあ様々に考えられるところはありますが、中でも空撮機のドローンの登場は大きかっただろうと想像します。ゴープロなどを筆頭にアクションカメラは既にテレビ番組で当たり前のように使われており、その辺の派生的な流れもあるでしょう。

本当に今最高に悩んでいる自分が居ます。これまでの機材を全部売っぱらってコンデジシステムに全面的に切り替えるべきか。4K撮れてAPSーCサイズで2500万画素、うーん....迷ってます。

ソニーのα5100は結構使えそう

先週の金曜日、富士フイルムからレンジファインダー方式のレンズ交換式デジタルカメラ:XーPro2が発表されました。発売は2月18日という事で早速予約を入れた方も多いのではないでしょうか。ライカMシリーズ張りのその味わいのあるフォルムには撮影行為はともかくもその趣だけをとってもカメラマニアを十分に魅了するものがあります。
x-pro2

スペックを読むに連れその進化に驚きを隠せません。ここに来ていよいよ先を行く他社の性能に肉薄したと私も確信した一台に仕上がっていると感じました。あとは価格ですが、高級ブランドのライカを購入する事を考えればこの性能で初値予想が20万円前後である事は大変喜ばしい限りです。おおよそ5分の1以上の価格差にはなるでしょう。とにかくはソフトウェア等の初期不良がない事を祈りたいと思います。

ただ私が今のストックフォト稼業でこのカメラを購入するかといえば、それは極めてノーに近いです。いくつか理由を挙げるとすればまず大きさと重さです。最近のコンデジからすればやや大ぶりでありレンズ未装着時でほぼ500gという重量はレンズ装着で最低でも7〜800gになり片手持ちでパッと出しのショットには到底向きません。あくまでじっくり構えてシャッターを切るっというスタイルがよく似合う側の渋いカメラだと思いました。

しかしながら多くのユーザーはこんなカメラを待っていたんでしょうからそれはそれで良しとしますが、不満な点をもう一つ。それは背面液晶画面でのアングルの可変が出来ない点です。手を上方にかざしての俯瞰撮影、片やローアングルでまくったり、はたまた自分撮りが出来るほどに取り回しが必要な場面って結構あるのでそれが不可能な訳です。極めてシンプルにしたいという意向も内部ではあったのでしょうけど、いささか残念なところです。

動画モードですがこちらは連続撮影時間が短か過ぎます。確かフルHDの全フレームレートで14分までだったと思いますが、4K撮影ならともかくも今なら30分程度は撮影できて欲しいと思いました。開発理念としてはスティル写真に特化させたかったという事でしょうし、その分静止画における機能向上は達成できたのではないでしょうか。公開されたスペックがその哲学を何よりも物語っています。

さてここからですが、私がちょっと気になっているカメラにソニーが最近出したコンパクトデジタル一眼のα5100というものがありますがご存知でしょうか。このカメラは5000番の後継機とされその多くが刷新されており、私にとってはストックフォトへの利用価値として比較的適した機材ではないかと現時点ではそう考えています。
a5100

何よりこの小ささでレンズ交換が可能でありセンサーに何とAPSーCを採用、2470万画素というのですから驚きです。また上述した背面液晶パネルも上方にスイングしてくれるのでローアングル良し自分撮り良しで、更にカメラを逆さに構える工夫で上方からの撮影にも寄与します。

動画撮影はさすがに4K記録はできませんが、それでもフルHD60P(50M)が使えますからより滑らかに再現可能という訳です。一コマあたりの解像度が高いということは編集時の劣化が軽減されるので素材として十分メリットがあるのです。また軽量ということは簡易的かつ安価なスタビライザーが気軽に活用できるのも嬉しい条件の一つです。

今私が所持しているスタビライザーが800gを越えるとバランスが取れず全く使い物になりません。かといってその上の製品では突然高額になってしまうので利用頻度を考えると投資に難色を示すのも当然です。スタビライザー上でα5100を使う場合、よっぽどの長玉装着時でなければ比較的軽快に扱える撮影機材ではないでしょうか。

上部のダイヤルが排除されるなど多少のマイナス点はあるものの売値の方は結構下がってきているようで、確か価格ドットコムの情報によるとブラックが標準ズームキットで¥58000(1月18日現在)だそうです。フジの新型の20万円を考えればかなりのお値打ち品かと思うのですが皆さんはどうお考えになりますか?

決してソニーの回し者ではありません。

デジイチはもう要らない?

早いもので今年に入って2回目の投稿になります。早速ですが、本日ニコンからデジイチ新型機が2機種発表されましたがご存知でしょうか?ひとつはAPSーCいわゆるDXフォーマット機のD500。そしてもうひとつはまさにプロ用機材であるFXフォーマット(フルサイズ)D5です。詳しい最新のスペックはあえてここでは書きませんが、国内では近く開催される毎年恒例の大きなカメラショーイベントも控えている事でこれを機にキヤノンをはじめ名だたるメーカーから続々と新製品が発表されてくるであろうと思います。
D500
Nikon D500

D5
Nikon D5

もちろんこの両2機種ともにお値段はやや高額設定でD500発売直後の予想市場価格25万9千円、対してD5は何と75万円だそうです。それでも特にプロの現場ではメリットも多くそれなりに売れていくのでしょう。私などはとてもとても手が出ない?というよりも今ある機材で十分すぎるほど間に合っていると言った方が的確かも知れません。今焦って購入する理由が見当たらない訳で、スペック表をチェックしてみてもあくまで私にとっては魅力薄といった感じでした。

毎度の事ですが今や数百万単位ものISO高感度も手に入れましたし、スマホ等スマートデバイスとの共有から操作手法がより柔軟になるなど更に多方面に於ける連携が強化されたと言っていいでしょう。ただどうでしょう?正直余りにもデカくないですかね。

重さだって両機ともに1キロは優に超えます。レンズ装着時であれば場合によって2〜3キロになる事も頻繁にあるでしょうからそれなりの腕っ節が必須です。当然そうなれば大型三脚も関わってくるのでいくらカーボン製の軽量タイプでも両者を一日中携帯するにはそれなりの体力も要ります。

大型のカメラバックの中にはその他の交換レンズ群数本と中型ストロボ、場合によってはビデオカメラやノートPCを忍ばせているに違いありません。さてどうしましょうといった具合です。プロ用ビデオカメラもそうなったように、私はむしろスチルカメラも断然小さくかつ軽量化させていくべきではないかと考えています。

例えば最近巷では4K動画が注目されてきている事からコンパクト型デジカメでさえ4K動画記録がセットになっているケースが目立つようになりました。ただしフレーム数が秒15コマや25コマというやや滑らかさに欠けるのが難点といったところで、今後出てくる機種ではますますその性能はアップしより低価格での購入も可能になると間違いなくそう言い切れます。30コマとか60コマという高いフレーム数での4K記録になればいよいよ買いだと思いますが如何でしょうか。

私自身が今注目している発売中もしくは発表直後のコンデジを例に挙げるならば...

RX100M4

S9900

TZ100

上段からソニーサイバーショットDSCーRX100M4、ニコンクールピクスS9900、そして先日海外で発表されたパナソニックの最新機種TZ100がそれです。

それもセンサーサイズが1型だそうで1/1・7型および1/2・3型に比べ4倍ほども大型化され今後標準化されつつあり高級デジイチに近い描写力に加え低照度撮影時の更なる低ノイズ化についても大差はなくなりました。またズームレンズ倍率も驚くほど拡大されたようで、もはや超望遠レンズは別途持ち歩く必要もないほどです。広角は35ミリ換算で平均が24ミリ〜28ミリで望遠側はというと機種により600ミリ相当を実現しています。

強力な3ないしは5軸手振れ補正はもちろんの事、画素も2000万を越えるところまできました。キヤノンのデジカメ最高峰を謳うパワーショットG1X マーク2では敢えて素子を1300万画素に抑え究極とも言える滑らかな描写性能を目指した機種も一つのメーカー哲学として見受けらる面もありますが、いずれにせよコンパクトながらここまで進化したデジタルカメラに注目しない方がおかしいと私は思います。

私もストックフォト素材撮影では実際にコンパクト系の2世代前あたりの機種を必要に応じて今も現役で使い分けしていますが、まず持ち運びが楽である事、スッと出してサッと撮れるのもまさにコンパクト機の魅力であり今だと上述の4K動画記録が更に身近になれば今後の4K素材の撮り溜めにも重宝すると思われます。先日ユーチューブで4Kコンパクト機(パナソニックのルミックスLX100/昨春に発売)が紹介されているテスト動画を観て驚愕しました。

私のモニターは残念ながら横2560ピクセルのいわゆる2Kタイプなのですが、最大2160ピクセルで配信されている動画の透明感とシャープネスと言ったらこれでもう十分でしょうという感覚になりました。CMOS素子という事でカメラの動きに応じてやや横歪みするローリングシャッターが気にはなりましたが、もともと三脚固定でゆっくり振る程度であれば全く問題ない範囲ですし仮に広告素材として販売代理店に預け入れるなどフルHDサイズにダウンコンバートした場合でも質感は1920ピクセルで撮影したものに比べれば暗部の階調や細かな線などの再現力は当然いい筈です。

現時点で即購入というところまでは触手は伸びていませんが、近いうちには多種多様なラインナップが色々出揃って来る訳なので、まずは7月頃を目処にその動向を注視していきたいと考えている次第です。

それ以外の高性能コンパクト機のメリット;

◎小型化されたジンバル付きドローンへの搭載が容易
◎コンパクトで取り回しの効く安価なスタビライザーの使用が可能
◎安価なウォータープルーフで水中撮影にも威力を発揮
◎何よりコスパで経費削減
◎街中などのスナップ撮影では至って目立ちにくい
◎画像編集ソフトでアオリ補正やフィルター効果はお手の物
◎絞りやシャッタースピードもマニュアル操作が当たり前
◎タイムラプスやパノラマ、超階調描写のHDR機能、星空撮影にも特化
◎ハイスピード撮影による被写体の超スローモーション表現

私の場合だったら、こんなカメラにあと電話とメール機能さえ付けばスマホは持ちませんね。多分。
プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア