広告素材のバロメーター!デジ画の日々 時事

化けの皮が剥がれた三菱自動車

先日、あの国内大手自動車会社の三菱自動車が再びあらん事を仕出かしてまいました。蛇行走行試験の数値を低く見積もって国土交通省に提出し燃費性能を偽装した事件ですが、残念なのはよくある強固な経営陣から組織的なトップダウンによって引き起こされた行為というよりは一部の重役率いる一部署内で実行された可能性が高いという事です。

その一報を聞いた社長はもちろん経営幹部にすればまさに寝耳に水といった天と地がひっくり返るほどの衝撃だったに違いありません。「もしかしたら会社が潰れるかもしれない」が頭に浮かんだ事でしょうし、事実、関連グルーピ企業からの援助の可能性は過去の一件もあって穏便に事が運ぶ状況とは言えず再度の資金的協力が得られるかは極めて不透明という事からも倒産の可能性は相当にあり得る状況です。

政府の見解でも菅官房長官は、国内自動車ブランドの信頼を著しく貶めたとまで言い放っておりその後今般のフォルクスワーゲン社の排ガス規制違反に伴う同社に車両買取案が浮上する中、三菱自動車の問題の全車買取有無にまで言及する始末です。

90s三菱ミラージュ(サイボーグ)


かつて私も一度だけ三菱自動車で車を購入した事がありました。車種はミラージュフルタイム4WDターボ(サイボーグ)白のセダン型、排気量1600cc、当時他の同型車を上回る149馬力でリッター10、6/リットル(当時は10・15モード)ぐらいであったかと記憶しています。実際には走って7キロ程度でひどい時は5〜6キロ強でした。何しろターボだった事もあり自身の若さも手伝って初めから燃費は意識せず走りの部分に徹していたと思われます。

一般的にこの車を購入する人は当時流行っていた急カーブと坂の険しい峠道を走行するいわゆる走り屋が多かったかと思いますが、私の場合はあくまで風景撮影時の移動手段の利用を考えての購入を意識した決断でした。現場は平坦なアスファルトばかりではなく雪原走破はもとより砂利道もあればぬかった悪路も所々に点在しています。もしも殆ど誰も来ない山道のど真ん中でぬかるみにハマってしまったら万事休すな訳で、できる限り頑丈でワインディングロードに強い車種を探すという判断は撮影者にとってごく自然な行為でした。

ネイチャーカメラマンというと当時はトヨタのランドクルーザーとか日産サファリ、三菱ならパジェロのロングでした。とてもそこまでの予算と返済の能力はなかった訳で、ややヒップアップ気味のフォルムの格好よさから上述の車種になりました。

さてここからが問題のお話になります。購入後早速深い峠道を上り下りしていると突然(実際は徐々に)パワステのはずのハンドルが何故か重くなってきました。数キロ進んだところで相当厳しくなっていたので近くの修理工場に駆け込んでビックリしました。ステアリングの要でもある油圧ポンプに亀裂が入っていてそこからステアリングオイルが漏れていると言うのです。

その修理工場はたまたま三菱自動車系列だった事も救いでした。すぐさま福島県会津若松市のお抱え三菱自動車ディーラーに連絡をとってもらいそこから地元茨城県の水戸市の購入先ディーラーにその一件を通報する事が出来ました。実は購入後すぐに同様の軽い症状が既に出ていて二度ほどかわざわざ出向いて話をしたのですが、オイルが足りなかったとか、補充しておきました。などとのたまってしっかり見てくれていなかったようなのです。

その辺についてはこちらは素人同然な訳で、専門分野の方がジャッキで車体を上げてポンプに圧力を掛けてテストすれば事前に分かっていた事象なのです。今回の偽装の続報でさらに机上での数値計算による手抜きが発覚したようですが、私の場合と酷似する行為そのものであり、当時点検に関わった担当メカニックとそのリーダー格の人の厄介な客と言わんばかりの私を見る目線にはこの会社の変わらぬ体質を物語っているように思い出されます。

一つ間違えれば谷底に落ちて死んでいたかもしれない初期故障な訳で、これは重大な過失ですよ。とまああれから26年ほど経った訳ですが、その三菱自動車は色々事を起こしました。トラックのタイヤが外れて死亡事故を起こしたそのボルトに異常な疲労が見つかり、リコール申請どころか回収交換、製品出荷を継続し対策改善をそれまで一切していなかった事が大問題になり一時は倒産の危機になりました。

国の後押しやグループ企業の資金援助、銀行のバックアップなどでどうにかここまで回復してきたブランドが、たった少人数の権威プライドや上司の保身で再び苦境に喘ぐとは、全く情けない限りです。

それでもあの頃の三菱自動車は、今のホンダのように結構色々とチャレンジしていたと思います。パリダカールラリーでのパジェロ勢の活躍、一早いアウトドアライフとの融合、全車に共通する強固な足回りと耐久性能。

しかしながら満を侍して登場のPHV車のバッテリー不具合には時間を割き、今では新車がいつまで経っても出てこない、常に他メーカーの後手に回り、デザインはイマイチ、ちっちゃな車を日産自動車と分け合うなど、もはやブランドの失墜といっても過言ではありません。さてこんな三菱自動車は果たして復活するでしょうか。

おまけ:
ミラージュ納車の際、私の仕事場に納車だったのですが、車が駐車場に入ったのでいそいそと表に出て驚きました。若い女性が助手席から出てきて「すいません送ってもらって、それじゃ。」だって。納車の担当セールスにどんな経緯か聞いてみると「うちの従業員を送ってきました。ここから電車に乗るんです。」だって!

あん時「こんなのいらない!」ってごねて返品しておけばよかったよ。

オリンピック2020年大会エンブレムの最終選考と新国立競技場について一言

2020年大会エンブレム4候補

オリンピックエンブレム最終選考について
今朝からどの番組も4年後に開催予定の東京オリンピック(2020年大会)の新エンブレム最終選考に残った4作品について色々な観点での報道が盛んに行われていたようですが、ぶっちゃけこの4作品ってどうよって感じしませんか?それなりの専門家に混じっていわば素人審査員が加わった最終審査の結果がこれかって感じがしていて、私個人としては非常に残念な気持ちになりました。

4作品の中で取り敢えずまあ良いかと思えるエンブレムを選ぶとすれば、私なら左上(A案)です。他の3作品はあまりにもオリンピックカラーを意識し過ぎると言いますか、はっきり言ってダサいし、どこか間が抜けていて日本ぽくないというか関連付けし難いと言いますか、直感的に『お!』っという驚きはひとつも感じませんでした。

あくまで私個人の感想ですが、まずB案の輪っかの中抜けた空虚感が気になります。渦巻き状にするとか膨らみのような立体感が欲しいところです。(パラリンピック側は東南アジア風)C案はまるでかつての岡本太郎作のような、古めかしい昭和感が漂っており何と言ってもフリーハンド(手書き)の素人臭さが気になりました。今時のピシッとしたデザインになっていないんですよね。

そしてD案ですが、アサガオって何?って感じで、どこがオリンピックになるんだろうと選んだ方の感覚センスを疑います。アマチュア写真クラブの月例でもそうですが写真歴初心者が選ぶと大概こういうのが出てきます。選んだ方の大半が単に「かわいい」「綺麗」「これ好きだな〜」で特に女性陣にウケがちな印象を受けます。

花開くイメージにそこから栄光の光が覗くという事なんでしょうが、あまりにも強引過ぎると思います。花にするのであればもっと世界共通言語を用いるのが相応しく、これでは他国の殆どで理解不能に陥ります。前年がどこぞでアサガオまつりの記念年に当たるそうで大きなイベントと絡められる事から一部の地域では大歓迎だとか。馬鹿か!

そういったどうでも良い内情はさておき、やっぱり現段階ではA案しかないでしょう。これまで他国が使用してこなかった単色の超シンプル感とマークそのものが無理な主張も押し付けずでんと構えた風貌、格子状の斬新なフォルムが醸し出す新鮮な趣。確かにドーナッツ型の側は若干のダサさも否めませんが、B案の中抜きのに比べると空洞部分の面積が全体のバランスから見て丁度良いとは思います。

佐野研二浪作エンブレム初期案

こうやって見ていると、かの佐野研デザインの方がやや勝っていたのかと改めて試されている自分がいます。とにかく彼はそれなりの専門家であり見る目は持っている筈なので、あのパクリ疑惑で騒がれていなければエンブレムなんてとっくに終わっていた話ですが今となっては仕方ありませんね。


新国立競技場について
さて話は高額の税金が投入される事への国民の反発から、これまたデザインの大変更を余儀なくされた新国立競技場建設に関してですが、当初1600億円とされていた建築家ザハさんの案が突如3400億円に跳ね上がり、それがSNSを通じて大バッシングの嵐を招いてしまい結局2000億円以内に収める形で新案2点が公表されました。

新国立2案

ザハ氏デザイン新国立競技場
最終的には木のぬくもりとその日本家屋風の面立ちが国民の支持を得られる格好で 建築家の隈研吾(くま・けんご)氏(61)、大成建設、梓設計のグループに決定されましたが、こちらもどうでしょう?私としてはザハさんのデザインの方が断然未来的であり何しろカッコイイ訳です。

税金の多くを投入する事に問題はあったにせよやはり初期構想で行くべきだったと今は思っています。3400億円だってあれは土建屋が儲け本位で金額を単に上乗せするいつもの常套手段で本来はそんなに掛からなかった筈です。知り合いに建設業の人がいますが、長い付き合いの中で少なくとも私はそう思います。

2000も3400も永い目で見れば大した差ではなく、その辺をほんのチョットけちった事で全くつまらない産物を生み出す羽目になったというのがその答えです。ドームが当たり前の今時にあって天井は開けっ広げ、椅子は状況に応じて後付け、聖火台の設置場所もなく大あらわ、敷地スペースも極めて狭められました。何ともせせこましい情けないオリンピックメーン会場になってしまいそうです。

もちろん上述のエンブレム同様に畑違いのど素人が口を挟み騒いだからこうなる訳です。デザインとはそのぐらい難しく、より卓越な感性がその時代時代で要求される世界であるという実例です。これから先一生この出来事は残ります。もっと国民は大らかになるべきで、じっくり待ってそれでも納得が行かなけれれば騒げばいい。ちっと早とちりしたのかなあ。

ネットの力(拡散)が日本人特有の『優しさ』を凶器に変えてしまった瞬間でもあります。

驚異の格安スマホ登場!

インドの格安スマホ

先日午前中、ヤフートピックスを見ていてびっくりさせられました。インドでなんと¥420のスマホが発売されたというニュースです。予約が殺到して当事者は今てんてこ舞い状態だとも伝えていました。しかし地元大手スマホ開発業者が猛反発してインド政府への陳情騒ぎにも発展しているそうです。

その他今や先進国となった多くの大国でのスマホの購入価格というと概ね10万円前後している状況であり、そんな国のユーザーからは「10万円ってボッタクられてたのか?」「今まで無駄なお金払ってたんだな」など別の意味で反発する書き込みも多く散見されました。国によってこんなに価格に差が出るとは私自身も思いもよりませんで、企業もやれば出来るんだなと改めて感じた次第です。

先日安倍首相を筆頭に政府総務省から電話通信を司る大手3企業に対して、出来る限り通信料を安くするようお達しを出している訳ですが、ドコモが先週だったでしょうか、のらりくらりしながらも重い腰を上げて値引き第1弾を総務大臣に表明したようです。要件としてその後も時期を見計らいつつ計4対策を打ち出す約束も寄せたとか。

でもiPhone買うと端末10万円もするんですから、いくら通信料安いからって幼児からお年寄りまで満遍なくスマホを普及させるのはまだまだ難しいとは思います。中には1万円を切るようなモノもあるにはあるのですが、性能的に利便性が薄く若い人の殆どが購入していないのが現状で、実はメーカーも正直そんなスマホは売りたくないのです。

何故かというと、利便性が高いということはそれだけ金儲けがし易いという裏がある訳で、言ってみれば押し売りをスイスイこなす魔法の玉手箱なんでしょう。ユーザーの多くは年がら年中スマホでネットをやり、有料ゲームに興じるわ2時間ものの映画は立て続けに鑑賞するわ、流行りの音楽は定額ストリーミング配信やらと、まあ要らないような付帯通信サービスを含め毎月高額の使用料を払わせられているという現実があります。

それ以外にも端末にダウンロードされた様々なアプリを利用してこれまた商売のいいお客さんにさせられているにも関わらず、気付いていてもやめられない一種の呪縛というか洗脳というか、まさに麻薬と同じような効果を発揮して企業はどんどん財布の中身をむしり取っているのです。いわゆるそれが携帯電話が担う仕掛けの真実の姿といっても過言ではないでしょう。
※知り合い同士の見栄の張り合いもそこに出費の相乗ならぬ増幅効果をもたらしています。

皆さん、少し冷静になって考えてみてください。毎月携帯電話にいくら使っていますか?1万円?3万円?それとも5万円?ってそりゃあ恐ろしい金額ですよ本当に。それだけの費用かけたメリットがどれくらいだか過去を振り返ってもその殆どがど無駄だったと思われませんか?

まず通信料を見てもたまに話す程度なら月1000円も掛からないでしょうし、メールではなく今ならラインでしょうから無料です。問題なのはあの忌々しい各種『定額』請求方式です。利用しようがしまいが毎月決まった額が請求される訳で、ついついお得感に見える高額プランで契約しているという方多いんじゃないでしょうか。まさに罠。トリックに他なりません。

後は何もしなくてどんどんお金が入金されるので、美味しすぎてIT事業はやめられないのですね。お金が潤沢な人ってそうはいないと思うので、大きなお世話ではありますが、出来ればもっと有益な別の何かに投資してはと言いたいがために今日書いてみました。

インドと同じようにスマホが安くなるのは大歓迎なのですが、やはり次期設定予定の新通信料の¥5000以下みたいな話、それでも大きなデータのやり取りを滅多にしない環境の方々にとっては高いと感じるのですよ。

テーマ : 言わずにいられません!
ジャンル : ビジネス

目指せ!交通事故ゼロ

2016年頭挨拶

新年あけましておめでとうございます。関東太平洋側におきましてはまあまあの晴れ間が続くであろうという週間予報も出ているところですが、雲がない分朝の冷え込みは結構身にしみます。放射冷却効果と言うのでしょうか、道路も日陰ではところどころ凍っているので滑りやすく犬の散歩では結構緊張する場面もあります。新年早々転けて骨折なんてシャレになりませんよね。

相変わらず正月初日から派手な交通事故で亡くなる方が居て、それもまだ若くこれからの未来の担い手である貴重な人材なだけに誠に残念です。青春を謳歌しているその裏で、若さというのは時に凶器にもなるのだなとニュースを見ながらつくづく感じた次第です。

そのくせ大手自動車メーカーはこぞってそんな若者(特に男性)にカッコよくスピードが出るような車を、あたかもユーザーにハンドリングのテクニックを煽るかのようなプロレーサーらベテランドライバーによるドリフト走行映像をCMにこぞって使う傾向がこのところ多く見受けられますが、これなどは悪魔の囁きというべき地獄への手招きにも思えてならないのは私だけでしょうか。メーカーはむしろ安全かつ社会にやさしい運転マナーを謳うそんなライフスタイルを提案していって欲しいものです。

しかし仕方のない事ですが、それでも人は理性はあっても所詮我がままな生き物ですから、スピードが出せる乗り物であれば無論速度超過はしますし、裏道を知っていれば飲酒運転も常習でしょう。ただ検挙されないだけです。そんなドライバーはまずは保身優先でひき逃げもする訳なので引かれた側は助かる命もままならないまさに不運というしかありません。

警察がよく行う交通事故防止業務の一つに通称『ネズミ捕り』というのがあります。交通警ら隊のチームが定期的に地区と時間帯を設定して道路脇の壁や木々の陰に潜んでスピード違反車両を検挙するのですが、あのやり方ももういい加減に改めて欲しいと私は考えています。

とっ捕まえて罰金を取り点数を引くという刑罰だけでそのドライバーがその後改心して人にやさしい運転をするようになるはずがありません。多くはパチンコで盗られたぐらいのもんです。またどこかでさらに悪質な運転を行い大事故を起こす可能性の方が確率的には高いんじゃないかと懸念します。

隠れて捕まえる方式に人を作のではなく、事故率の高いまたは交通量の増加から将来的にそうなりうるであろう現場を重点的に廻って道路の構造や死角点、信号機の設置や切り替わる理想的なタイミングを測るなどもっとリアルな落とし所を探ってこそより高度な交通安全が確保されると思うのです。更にはそんな危険区域に定期的に警官を配置して常に監視の目を光らせていく事も大切な事です。

交通安全週間ともなると沿道に関係者が立って運転マナーを呼びかけるビラと粗品を配っている光景をよく見かけますが、ああ言った活動をもっと頻繁に行う必要があります。『ネズミ捕り』ではなく一人一人に対して親身になって安全を促していく行為そのものに本来の意味がある訳で今後の方針として注力すべきと考えますが如何でしょうか。

以前渋谷で若い警察官の一人がメガホンを片手に若者ら群衆をうまく誘導した事がありニュースにもなりました。漫画『こち亀』的なコミカルさも若い世代には結構心に響くと思いますよ。

どうでしょう、国家公安委員会委員長!並びに警察庁長官!

戦争法案可決

しばらくブログをさぼっている間に、本日お昼過ぎに強行突破ならぬ安倍首相がエラい採決に踏み切りました。今後衆議院から参議院へと差し戻されて本採決となる流れになるのですが、与党勢3分の2を超える60日ルールによって、これもまた強硬採決に至るは目に見えています。

私自身も勿論戦争反対派なので今回ひと言書いておきたいと思い急きょ投稿したという訳ですが、しかし何故にこのような暴挙に出たのか全く理解が出来ません。日本国民の大部分がこの法案成立に反対の声を上げているにも関わらず、与党議員特に自民党の方々はまるで安倍さんの催眠術にでも掛かってしまったかのように賛成を貫いており、離党覚悟の抵抗者は現時点で誰一人居ません。まさに洗脳という事でしょう。

誰だって戦争が出来る法案なんて無い方がいい訳で、戦後から憲法9条がその歯止め役を担ってきました。しかしここへ来て遂にそのシールドを安倍さんは平和の理念も問わず(十分な議論も無しに)強引に突き破ってしまいました。

あくまで私の憶測になりますが、まずあの尖閣諸島問題が事の発端ではなかったかと思います。当時野田さん率いる民主党が政権与党に君臨していた訳ですが、突如当時東京都知事であった石原慎太郎氏が「尖閣諸島は歴史的にも世界が認める我国固有の領土であり、完全国有化にスべし。国が出来ないのなら都が買い取る。」と宣言。

これに反発したのが中国な訳ですが、その後中国は領空識別圏の拡大や破壊的な抗日デモを展開し、一時は国交の断絶騒ぎまで起こりました。GDPの顕著な伸びを背景にその国力から中国軍は更なる軍事力の強化を図り、今やアジア圏の各国との国境争いを展開するまでに軍拡は進んでいます。

そもそもあの尖閣諸島問題での石原氏の発言には裏があると思っています。当時野党に屈していた自民党は政権奪回にやきもきしていた筈なので、何か上手い手はないかと企んでいたに違いありません。そこで元々尖閣諸島の領有権に強硬姿勢をみせる石原氏にひと芝居打ってもらい、まずはお抱えのメディアを使って抵抗世論を掻き立てて民主党政権を潰し解散に追い込み総選挙で安倍内閣を成立させ、同時に隣国に侵略されるという恐怖心を国民に植え付ける事ですんなり改憲を果たそうとする姑息な計画ではなかったのか。

そして次の仕事として、安倍さんにはかねてより今の自衛隊から戦争が出来る軍隊へと新たな国防体制を築き上げたいという彼が思う強い国づくり願望(思想)があって、唐突な改憲は無理としてもそこは解釈をよじ曲げてでも成し遂げたいのでしょう。

その後ろ盾(自民党員への説得材料)になったのが紛れもないアメリカとの貿易交渉であるTPPです。当時日本はデフレ真っただ中で国際貿易に活路を求めていました。まずは要である鉄鋼業界を伴う自動車産業など大規模輸出体制の活性化を図る事です。デフレの脱却には不可欠材料だったのでしょうから、甘利さんを筆頭にTPP交渉に熱が入るのも無理はありません。

当然アメリカは日本のたたき台にすんなり了解する筈もなく交渉は長期化していきます。そこでアメリカが出してきたのが日本側の自衛隊の海外派兵案です。TPP成立の為には上述の混乱をよそに強行せざるを得ません。この法案の成立を持って自衛隊は今後アメリカの指揮の下、概ね共に戦火を浴びる形が整ったと言えます。

戦場は常識が通用しない修羅場です。敵に囲まれれば尻をまくって逃げ出す事は到底不可能な訳で、死にものぐるいで応戦しなければなりません。戦地に赴く自衛隊員は全くもって気の毒です。安倍首相をはじめ防衛大臣等々の答弁を聞くに付け、机上の空論(安全神話)としか思えず、残念でなりません。

直ぐにでも中国が襲って来るだの北朝鮮がミサイルを発射するだの、ロシアも含めて非現実的な話しが飛び交う中で、さて中東の残虐な殺し屋集団であるイスラム国(IS)のようなテロを国内に呼び込んでしまう恐れについては一切語らないのは何故なのでしょうか。それこそ国内は連日想像を超えた混乱と恐怖に怯え、全ての経済活動がストップするのは火を見るよりも明らかです。

テロとの戦いはジャングルのゲリラ戦のようなもので、ゲリラ戦はかつてのベトナム戦争に従事したアメリカ兵の多くに強烈な精神障害をもたらしました。あれから50年を経ても未だ治療を続けている人が沢山居ると聞きます。漫画のように自らが勝手に思う正義がすんなり勝って宿敵を倒してなどという素敵な結末はあり得ないと思うのが普通なのですが、少なくとも安倍さんはそうは思わないようです。多くの人が血を流し苦しみもがいた先に何の答えがあるというのか。

今後も安倍晋三首相の動向には目が離せません。
プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア