広告素材のバロメーター!デジ画の日々 ブログ

本日、独自ドメインを取得しました

newdomain

当ブログ「デジ画の日々』もこれまで数々の内容で思いつくまま気の向くままというスタイルで、その時々の出来事などに照らしながら思いの丈を書き綴り早いものでかれこれ2年が経ちました。ブログを始めようと決意した当初まずは無料というワードについつい惹かれてこちらのFC2の会員になった訳ですが、FC2は比較的会員数も多くお勧め等の書き込みも多く散見する中で、もちろん情報もその切っ掛けのひとつだったと思われます。

なにぶんにも無料でブログを開設できるのですからそれに越したことはないという理由が元にあるので、有料サービスへの移行はこれまでの2年間というもの流石に考えもしませんでした。しかし最近ユーチューブのあるビジネスチャンネルを観ていた中に独自ドメインの有効性について語っている方がいて、ブログについてもやはりドメインは意識するべきと考え始めました。

動画に本人自ら登場してくるとその熱っぽさがこちらに伝わり思わず聞き入ってしまうと同時にまさに勉強になりました。そんな事から「よし独自ドメインを取得しよう!」という気分に突如変わったという訳です。実際には独自ドメインだからといって売り上げが倍増するだの人が大勢集まり出すだのという事はまずありません。

とにかくは「信用」です。きちんとお金を払ってこのブログは運営されているという事がしっかり伝わる訳ですし、中には「あそこのブログ会社かよ、嫌だな〜」などと思う方も少なからず居るだろうと思います。そんなブログ内容とは関係もない無意味な抵抗感をも取り払う事が出来るのもまさに独自ドメイン導入の利点ではないでしょうか。

例えばSEO対策を独自とそうでないサイトで比べた場合、前者の方が特にグーグルの検索エンジン(ボット)に引っかかり易いとも言っていたような。

また綴りがシンプルになる事からより分かり易く記憶にも残るであろうと思いますし、当時ほぼ同時に開設した自らのPRサイト「DEGIGA・JP」のJPと連動出来た事は非常にラッキーでした。誰が見ても同じ人物が運営しているという事が明確に認知されます。

私自身は企業運営をしている訳ではないのでそこまでこだわる事もないのかなとは思ったのですが、前々回も書きましたユーチューバーデビュー構想も一応視野に入れている事からも、何はともあれ独自ドメイン取得は外せないまずは準備しておく基本線だろうと考えています。

上部アドレス表示エリアを見ていただければお分かりの通り『degigaーblog・jp』と変わりました。今後はこちらのアドレスで運営させていただきますので、今後とも応援のほどよろしくお願い申し上げます。

本日は独自ドメイン変更のお知らせでした。

因みに料金ですが、まずFC2Pro有料会員に変更¥300/月+『・JP』ドメイン料¥2780/年(・JP取得キャンペーンにより1年間無料)まあまあ安いんじゃないでしょうか。

Vol.010 気まぐれコラム更新!

昨日久々にブログを書きましたが、それとは別枠で、みなさんの中には既にご存知の方もおられるかと思いますが、自らのこれまで制作及び撮影してきたストックフォト作品のほぼ全てを公開しているプライベートサイト『DEGIGA・JP』があります。

その項目の一つの『コラムページ』に不定期ではありますが気が向くとそちらにも思いの丈をぶちまけております。数えて遂に二桁Vol・10に突入したわけですが、ここ最近は『過去と未来を結ぶもの』をテーマにこちらも佳境の第4弾に入りました。

このシリーズは単に私のこれまで生きてきた人生の中の思い出を語っているだけのですが、現在の自分が形成されていく過程では事の節々にその一端を再確認出来る部分もあり、思いの外読み応えはあると思います。

一般的な理想とする人生というと一つにはまず幼稚園(保育園ではない)から地元の小中学校、場合によっては名のある私立なんていうのもありますがとにかく高校は一流大学の進学に適したそれなりの名門になるのでしょう。己が目指すビジネス成功への期待を抱きつつそこで多くを学びいよいよ就職する訳ですが、勿論誰もが周知の一流企業であることは間違いありません。

医者や教育者、法学の道に進む人も合わせてそんな全ての人たちに言えることは『人生を豊かに過ごしたい』という目的があるという事です。まずは学力がものを言う時期があり社会に出ればその応用力や機転の良し悪しが次の自身の出世街道を左右していきます。

とにかく健康に留意しながら一歩また一歩と極楽という境地へ階段を上っていくのです。アップルコンピュータの創業者で最高経営責任者であったスティーブジョブズ氏は若くして癌に犯され残念ながら亡くなってしまいましたが、その彼が最後に残した言葉の一節にこんな一言があります。「手術室に入る時その病人は、読みかけの本がある事にふと気づく。『人生を健康で送る本』」

あまり頑張り過ぎれば己の身体の異変にも無頓着になりがちです。既に50の半ばを過ぎ、私自身いい教訓にしていきたいものです。さて、私の場合は上述の優雅なレールとは全く逆説的な人生を今日まで送ってきた訳ですが、とりあえず後悔はありませんしむしろ破天荒なめちゃくちゃ感が幾たびかの奇跡さえ生み出しており、それもまた楽し、とポジティブに今は捉えています。

皆さんそれぞれのこれまでの人生と重ねながらお読みいただければ幸いです。さらにその中に僅かでも未来に向けてのヒントがあれば嬉しいです。
※未読であればバックナンバーからお読み頂くとより理解し易いかと思います。

2015.11.15 up 気まぐれコラム vol.010『過去と未来を結ぶもの_エピソード4』


不運にも野蛮で無慈悲な武装組織の魔の手にかかり亡くなられたフランスパリでの多くの犠牲者に深い哀悼の意を捧げます。ご冥福をお祈り申し上げます。

ブログランキングボタンを付けたぞ!

今朝早くに大手ブログランキングサイトを廻ってボタンを付けてみました。「ボタン1個しかないようだけど?」とお思いでしょうが、なんとこのボタン一つで一括リンクしてくれるんです。

ご存知の方も居て既に活用されているかも知れませんが、所定のHTMLに記述を加えるだけで非常に簡単です。初心者の私でも出来たくらいですから。「そんなの初耳」という方は是非お試しあれ。

収集先はこちら→http://www.shinny.biz/

現在のところカウンターの数字は雀の涙ほどで寂しい限りですが、このボタンの設置によって少しは認知度アップが期待出来るのではないかとにわかニンマリしている自分が嫌だ。


テーマ : こんなん見つけましたvv
ジャンル : ブログ

ランキングにこだわってみる?

まだブログを始めたばかりで痴がましいですが、自身のブログ「デジ画の日々」は今一体ランキング何位なんだろうと思い調べてみると、僅か10人ほどの来場者にも関わらず5000中800位あたりに居たりしてびっくりしました。どこまで信じていいか分かりませんが、何となくランクアップに興味が湧いてきたのは言うまでもありません。

しかしながら現実に私の場合、果たしてランクアップにどんな意味があるのか。そんな疑問も会わせて浮かんできたのでちょっと書いてみようと思います。

ブログの位置づけとして、まずよく言われる事に

「誰に向かって書くのか」
「目的は何か」
「その為に何をするのか」

があります。よりコアな方々とのコミュニティーを拡大したいという思考がある一方でそれがビジネスであればより多くの利益を獲得する事が大きな目標になります。

多種多様なSNSやメルマガの活用、勿論リアルに書物を出版したりセミナーを開催するなどブログと連動させた企てでしっかり稼ぎあげているハイパーさんも散見されます。でもそこまで辿り行くには計り知れない並々ならぬ努力や特別な能力(スキル)が確実にあると思いますし、正否となるとそのジャンルにも起因するかも知れません。

という事から私などがやっているジャンル(ストックフォト)ではどうだろうか?素朴に思う訳です。

上記の方法を駆使して一生懸命に自分をアピールしても結局お客さんはいつもの通り行きつけの代理店でその時々の必要な広告素材を選ぶのが通例です。それじゃあ宣伝の意味ないじゃんですよね。そんならいっそビジネスから離れた話題でいけばとも思ったのですが、それはそれで何となく寂しい。
かと言って初心者向け写真教室のにわか講師なんていうのも苦手なので却下。「売れる素材を作って勝ち抜け」みたいな、まるで同業者を応援するような自殺行為に繋がるページも変でしょう。つまらない個人的な日記に陥っていくのも避けたい。

色々と我がままを並べていくうちに、さっきまでワクワクしてランキング志向で盛り上がっていたにも関わらずなんだか冷めている自分がいました。今後もっと書き進めていけば何らかの答えが見えてくるかも知れませんね。

一応終わり。


テーマ : ブログカスタマイズ
ジャンル : ブログ

プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア