広告素材のバロメーター!デジ画の日々 世間一般

首都圏直撃の台風21号

台風21号関東直撃

昨日から明け方にかけて本州全域に猛威を振い東京都の真上を通過するという稀な台風21号でしたが、そのコース近辺にお住いの皆さんの周辺での被害は如何だったでしょうか。

元々の土地柄ですぐ脇が山であったり崖、斜面、川の淵、凹んだ土地など様々なので「すぐお隣さんは何でもなくて何故うちだけが」というような災難に苛まれた方もきっと多かったのではないでしょうか。とにかくは怪我もなく命あっての物種です。特に東北北海道の皆さん何卒安全確保に万全をお願いいたします。

上の画像は昨日ふと思い立ってちょっと作った今回の台風21号のイメージ画像になります。赤い進路図も加えての所謂天気予報図の立体版とでも言えるでしょうか。ただ惜しまれるのは台風の渦巻きが真逆になってしまった事です。事前にもう少し調べてから始めるべきでしたが後で逆である事が判明。全く素人でした、お恥ずかしい。

ここまで仕上がるともう諦めざるを得ず、その辺は何卒ご勘弁ください。しかし実際に作れるか否かの中で実験するというのは結構大切ですし自身の力量が試されるといいますか、実際に出来てみて「大した事ないな」とまあ、リアリティの描写といいますか追い込みの力の足りなさをここに痛感した次第です。

まず何と言っても台風(雲)の完成度でしょう。ディテールが簡素で実物ではあのバームクーヘンの細かな断面的な雲の集まりであり密度あるボコボコした感じだと思いますし、如何にも作り物っぽい大陸のわざとい感、大気や全体の透明感などまだまだ追い込めてもおかしくないと思われます。更に最後に宇宙空間の左隅に重ねた月がいただけません。

見る人は「何これ」って感じで苦笑する筈です、きっと。主役がぶれて映る元凶とも言えますが、写真撮影時に皆さんも結構経験されていると思います。全体の素晴らしさに気を取られすぎて表現の核ともなる重要なその部分に目が行き届かず出来た写真は主張が弱く見た目散漫になる事が結構あると思われます。

やはりここはメインをひとつに絞ってそこに集中するのが一番であり実にその事をこの画像が如実に物語っているのではないでしょう。常にその辺を意識してさえいればものを見る目、断捨離する目、そして極めて答えを見通す千里眼までもがいずれは身につく筈です。前回の『ストックフォトテクニック』でもお話ししたでしょうか。まさに『ストックフォトで売れる要素』そのものと言っても過言ではありません。私のこの台風画像の制作過程を自ら振り返る中で、失敗を恐れずトライは欠かさず今後も様々に実験する事は大切かなと改めてそう思いました。



ところで昨日の台風通過といい衆院総選挙といい実に大荒れになりましたね。紛れもなくこれは何かの怨念?か因果応報とでもいいましょうか。これほどドンピシャで重なる事って本当ある意味奇跡なんじゃないでしょうか。またあれだけ期待されていた新興勢力の現都知事小池百合子氏率いる『希望の党』ですが、相当な惨敗を喫してしまい変わって頭角を現したのが結党間もないあの枝野幸男氏率いる『立憲民主党』でした。

日本共産党や社民党との連携を拒んだ挙句小池氏サイドに身を投じた民進党(前原誠司氏)もその恩恵は微塵もなく撃沈。むしろ仇となって今後の党運営に最大の汚点を残したと言えます。リベラルから保守改憲へと舵を切った余りの理念欠如に業を煮やした国民の批判票が思いの外溢れた結果ではないでしょうか。少なくとも計310議席超という大多数を勝ち取った自民・公明与党勢の対抗馬にはなれる筈もありません。

今後立憲民主党(野党第一党)はややもすると一気に躍進し保守を脅かすほどに反自民を掲げる国民の救世主となりうる存在となるでしょう。政府与党の半ば強引で強行突破的な政策に対時し『待った』を掛けられる党は現時点で『純リベラル派』の立憲以外にないのかも知れません。各種批判もある中それでも今の世の現状を憂い国民の心を掴み取った枝野氏は実にうまくやったなと感心しています。その理念公約にブレや嘘がない事を切に祈るばかりです。

ただしかし、すぐそこにある戦争への危機に変わりはなくかの第四次安倍船団が如何にこの難局を乗り切れるのか、国民の自民党への多くの票はまさにそこにこそあったと思います。北朝鮮の変わらぬ恫喝、中国やロシアの強かな外交戦略の不穏、未だ反日感情の収まらない韓国など今後も突如何が起こるか分からない訳です。

特に度重なる国連決議を反故にその制裁に反発しアメリカの軍事威嚇にあっても核・ミサイル開発継続を断固として推し進め同時に国内の経済危機を益々助長する正恩氏の胸中(本音)は伺い知れず今後のより強力な軍事挑発が危ぶまれます。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

これは使える!直リン画像素材 #037『AKB総選挙、須藤凛々花に思うこと』

タイトル『TOKYO HOME TOWN』より

今回の『これは使える!直リン画像素材〜』は、都心を遠方より捉えた町並み家並みの迫力が伝わる暮らしの風景になります。ちょうど今時期でしょうか日差しがジリジリ照りつける都会は流石に蒸し暑く、街全体がむせ返る空気に包まれていた印象を持ちました。この画像の中にどれだけの家屋が密集し、またどれほどの数の人が暮らしを営んでいるでしょうか。

ありとあらゆる多岐に渡る理念心情に基づいて生きているのだと思うと、この壮大な集団を一つに束ねていく事の国政の難しさにしみじみもします。

以下のリンクで各取り扱い代理店の詳細(販売)ページへ直接ジャンプできますので是非ご利用ください。またDEGIGA.JPサイトで当関連画像もチェックできますので必要に応じて検索頂ければ幸いです。

アマナイメージズ

アフロ

イメージナビ

DEGIGA.JPサイトでタイトル『TOKYO HOME TOWN』をチェックする。



訂正:『恋愛禁止』は契約条項にはなくAKB暗黙のルールらしいです。また秋元氏から慰留の意向。
去る6月17日に沖縄県で行われたAKB48の選抜メンバーを選ぶ総選挙会場に於いて、結果発表後各自のコメントが披露される中で20位に選ばれたNMB48の須藤凛々花さんの口から唐突に「私結婚します」と大胆発言が飛び出しました。参列の同メンバーを始め、また各方面に向けてライブ中継も相まってその波動は全国津々浦々、特に当人を応援するコアファンには衝撃が走りました。

元々の契約がプロアイドルとして活動中は恋愛は禁止とあり、ましてや結婚とは直近の報道を見る限り余りにも大胆かつ非常識な発言として受け取られているように感じます。タレントの間ではそれでも幾人かが彼女を擁護している向きも散見されますが、そもそもが契約違反ですから弁解の余地は極めて少なくそこは責められても致し方ない部分ではあります。

あくまでビジネスの現場で、それもこう言っちゃなんですが彼女らは企業にとっては一人一人『貴重な商品』な訳です。定められた厳格なルールは最低限遵守するのが筋である事は当人も把握していたと思われるので、意図して陰で多くのファンを蔑ろにし欺いていたと言わざるを得ません。彼女の当日の発言は多くのコアファンを悉く失望させてしまったのです。

ビジネスの観点から言わせてもらえば、まず雇い主がいて本人にそれ相当のギャラ(報酬)が支払われている訳ですから一種一時的であれ社員のようなものなので過度の縛りは兎も角当然決まりの範囲内での行動を余儀なくされます。常にそこには企業側のお金儲けの原則があってその構造の中で他の従業員や関係者各位との取り決め等々が連携しつつ事業が継続されていく仕組みです。

ちょっとしたミスでさえユーザーサイドに反感が生まれそれがSNSなどで増幅されて、案件によってはいとも簡単に総スカンで事業破産があり得る厳しい時代ですから関係者は常に緊張して事にあたる義務が生じます。今回の事例はまさにクーデターにも等しく、運営会社関連に関わる事業体は元より当事者である経営陣サイドでは今なお事務的な混乱を余儀なくされているに違いありません。

日本は資本主義国家です。ルールを無視して例え一人でも感情が先走って動く者があれば即利益の損失(株価の下落)に直結します。概ねAKB48(その他ユニット)と聞けば今や押しも押されぬ国内エンターテイメント界にとってドル箱である事は否めません。今後メンバーの活動にも支障が予想されかねず関係者間は戦々恐々で様子見というところでしょうか。

私感としてはそもそもCDを売って選挙権および握手権を付与するビジネスモデル自体如何なものかと。いくらファンでもお金が相当に絡む事例も多く極端に批判を高めて騒ぐ人も出てきます。オタク感情は様々で、中には犯罪を企てる輩が出てきてもおかしくない訳で、そんな危険分子をはらむ所謂オタクビジネスの危険性を思えば看過できない収益システムと言えます。

上司を連れ立ってある若手営業マンが彼を陰で支援してくれる得意先の担当者との商談中にその担当者に意味もなく立ち上がって何かの勘違いから突如『このゲス野郎!」と面と向かって怒鳴ったらどうなるでしょうか。担当者(=大切なコアファン)は返す言葉を失い呆然となり横にいる上司(=AKBメンバー、OG、OB)も「なな何言ってんだ、どうしたんだ?」とあたふたでしょう。

勿論商談は破綻し、担当を変えるどころか取引自体も消滅しかねない大事件に発展するのが想像できます。これは極端な例ですが、今回の須藤凛々花さんの『結婚宣言』はまあこんな状況に近いと私は思いますし実にタイミングが悪過ぎました。まず総選挙をキャンセルしルール違反を謝罪した後に自ら責任を取って脱退解雇されてから、そのお付き合いする男性と婚約すればいい話でした。被害は最小限度に留まり後に本人の復帰の可能性も十分考えられます。

さてそれでは私が生業とするストックフォトと比較した場合はどうでしょうか。そう、結構関連部分は多いかと思います。従来型のプレミアムストック蔓延る利益率の高い幸運な時代に突然DVD素材の安値投げ売りを皮切りに数十円数百円単価のマイクロストックが参戦してきました。多くがデジタル化に進みコストが大幅に削減された事が弾みとなって揺るぎない台頭に翻弄され続けています。

こちらは規制対策を放置していた当時の奔放極まりない自由競争も相まってそのルールの厳格化が遅れていた事に起因すると思われます。今話題の楽曲権管理団体のJASRACの強行とも思える著作権行使や大手通信企業など公共性を武器にした回線利用権温存の構造から日本のフォトエージェンシー協会は事前にその詳細を真摯に見習うべきでした。ましてや個々の作家ならではの創造権の価値基準の失墜は今や取り返しはつきません。ストックフォト業界に於いてはこれが突如湧いて出た思いもよらぬ先の同業者クーデターの悪行ばかりとは言い切れない面があります。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア