広告素材のバロメーター!デジ画の日々 ノウハウ

今日はCG加工のお話

degigafaceinsta_b

ミサイル落とせ

アメリカのティラーソン国務長官がここ数日で日本、韓国そして中国の順で訪れ有事の危険性が高まる当の北朝鮮問題について意見を交わしました。北朝鮮擁護側の中国は言い分の中で事の成り行きをしばらく静観する構えのように取れる感もそこに伺え、また、より近接して緊張感が増す韓国についても軍事面に於いては中国同様に北朝鮮寄りの構えを見せる次期大統領候補勢の思惑とは裏腹にとにかくはアメリカ軍との軍事的防衛の連携に注力する構えに見えます。

日本はどうかと言いますと至って冷静と言いますか、ニュース報道やネットを見ても特に大騒ぎをしている風は無く事の成り行きをまるで対岸の火事のごとく眺めているというのが私の実感です。取り敢えずそれは実際に起こってから考えればいいといった呑気さから来るのでしょうか。今の国民のほとんどが戦争を知りませんしそんな方々はもちろん実体験などない訳です。合わせて若い自衛隊員すらです。

しかし隣国が一旦有事となればそんな悠長にはしていられず、途端にかつての軍国的な省令などが勧告されて国民は一律否応なしにその命令に従わされ不条理な行動を余儀無くされます。何しろ何処に落ちるやも知れぬミサイルが何発も飛んでくる可能性が大な訳ですから仕方ありません。それが憲法9条にことごとく反していたとしても「死にたくなければ言う事を聞け」です。

即ち国民は戦後70年を以って再びまたあの忌まわしい戦争に巻き込まれてしまう事になります。私自身そんな想いの中、毎日の日課であります散歩でふとある電柱の前で足が止まりました。柱にあったのは『速度落とせ』という何処の街角でも当たり前にお目にかかる注意喚起の張り紙でしたが、その『落とせ』を見ていて『ミサイル落とせ』を無意識に連想する自分が居ました。早速、散歩で必ず持ち歩くコンデジでおもむろにシャッターを切って自宅でCG加工にチャレンジしてみる事に。

注:『ミサイル落とせ』は撃ち落とせの意味ですが、敵の陣地にミサイルを『落とせ』にも取れます。

加工するのはいいとしてもこれをネットに上げると法律に抵触してしまうのか。偽札プリントと同じ罪に問われるのではないかと一瞬不安になりましたが、あくまでデジタル加工について語る事がメーンで偽情報を流すつもりはなく当然ながら何らかの利益を得る目的でもなく、巷のタイミングといますかネタ的に面白そうと言い訳もできるのかな?なに分にも大目に見ていただければ幸いです。

さて当投稿画像のCG加工について簡単に解説していきます。
まず最初にAdobeLightroomで濃度と色調トーンそれぞれを完成系を想定しながら追い詰めます。画像劣化を極力なくすためpsd(非圧縮)16ビットで書き出し、次に私が日頃から愛用している唯一国産3DソフトのShadeを使いその図形ウィンドウ内にテンプレートとして電柱画像を表示ます。その上に円柱を生成しパースや傾きなどを細かに微調整しておき適当な名前をつけて一旦保存しておきます。

次はAdobeIllustratorを呼び出して『ミサイル』という文字と下部に張り合わせるミサイルを模したシルエット抜きイラストを簡単に描きます。フォントは電柱写真に書かれた文字に出来るだけ近いものを選んで文字をアウトライン化して当該3Dソフトに読み込めるEPSファイル形式で書き出します。

先に保存したShadeファイルを再び立ち上げてそこに今のEPSファイルを読み込んで立体化。電柱に位置を合わせた円柱オブジェクトに程よく重ねて文字抜きします。この場合は『=』マークで合成します。※詳しくはネット等の解説書参照。

この時電柱部分としての背景を白く黒文字のみで二階調になるようにします。サイズは撮影画像と同じ4000ピクセルにしてアウトフォーカス生成が可能なパストレーシングでレンダリングします。※写真原盤のピント位置とボケ感に近づけるのがコツ

レンダリングが終わりいよいよAdobePhotoshopとのレイヤー合成作業に入ります。レンダリング画像をレイヤー上で二つに複製して片方を階調反転してそれぞれを電柱写真に『乗算』『スクリーン』で文字の位置調整を行います。位置が決まったら一旦文字レイヤーを隠して電柱写真の不要な文字をスタンプツールで要領よく消し去り無地にし再び文字レイヤーをアクティブ。各文字レイヤーを電柱写真に残った文字に似せてトーンや色調を調整します。以下に表示するミサイルのシルエットも同じ要領で補正していきます。

取り敢えずこれで無事完成と相成りました。如何だったでしょうか。作業を振り返ってみればフィニッシュまでには結構様々にソフトの使い分けが必要な事が理解できます。一見Photoshopだけで完結しそうにも思えますがよりリアルに追い詰めるとなればある程度のこだわりもあって然るべきと言える実例ではないでしょうか。前回のこのブログでご紹介しましたミサイル発射画像ですが、こちらも今回同様の加工を施して作られました。※効果として使用したジェット噴射や煙は海外の合法フリー素材を活用

私なんぞよりもっと優れたテクニシャンは大勢いますのでそこでより素晴らしい技術やセンスを磨くなどこれからも色々勉強に励んでください。ただ私の場合、ストックフォト素材制作という観点から出来るだけ短期でスパッと大量に仕上げるというジレンマが絶えずのしかかります。そこはそれ相応の理屈も加味しながらというところです。

まあしかし、国民を戦意高揚させるこんな張り紙は出て欲しくないですね。

このエントリーをはてなブックマークに追加

為になるシェア第七弾。『プロカメラマンの価値について。「レタッチ前の写真も全て頂けますか?」に対する答え。』

レタッチ

→『プロカメラマンの価値について。「レタッチ前の写真も全て頂けますか?」に対する答え。』

ストックフォトをかれこれ20年以上やっていると、
もちろん売れる売れないが若干理解出来るようになりました。だから今は安泰で儲かって仕方がない訳ではありません。その都度その時代で状況は常に流動的で、むしろ今はマイナス傾向まっしぐら中です。毎月の売上報告が楽しい筈がありません。

契約販売代理店のサイトにログインして
「さあ行くぞ!」ってな具合で、ある種覚悟してその確認をするというのがここしばらく続いています。売れる作品は何か?デジ画の日々、もとい!葛藤の日々を過ごしているというのが正直な心境です。

私の場合、作品制作するに於いて画面修正は欠かせません。一般的にはまずゴミ取り、トーンやコントラスト、カラーなどのバランス調整、目につく不要部分の削除(スタンプコピー)などが挙げられると思います。時には事前にCG上で制作しておいたフレアーをあえて合成するなど画面にいわゆる『汚し』を付加する事でムードがより際立つ事もあり、結構積極的に取り入れています。

また撮影はもっぱらRAWデータで保存し
後日Lightroom5上で細かな編集の大部分を済ませていて、その中には本ソフトに特化したプリセットが幾つか組まれています。サードパーティー製のものを加えるとおおよそ100プリセットぐらいにはなるのですが、その中から出来る限り作品の意図にあったプリセットを選び自分なりの作風に微調整した後別途Userプリセット内に各種パターンを常備、試行錯誤しながら最終形へと追い詰めていくといった具合です。

私はその時々の取材を概ね一つのタイトルとしてまとめて制作するタイプなので、このプリセットはそれぞれの個性を際立たせる強い味方であり、また暗室作業の延長線上に導いてくれるので昔を懐かしみつついつもワクワクしながら取り組めています。

さて、今回は外人さんのブログ?ページでしょうか、うまい具合に日本語和訳された読みやすい文章とともに作品の撮影時のオリジナルと完成作品を対比させる形で構成される、皆さんの作品制作に於いてとても為になるサイトをご紹介させていただきます。

作者(サイト管理者)の名前は caleb kerr という方でカレブ・カーと読むのでしょうか?その辺ははっきりしませんが、請け負い撮影作品の幾つかが公開されています。向かって左側がオリジナルで右が修正した完成作品のようです。

「いい写真が撮れましたねー。万が一あとで必要になったときのために、レタッチ前の写真も全て頂けますか?」という質問に対して彼(多分男性)は即決で「いいえ」と答えていますが、作家として撮影原版はあくまで素材であって敢えて見せるものではないと言い切っています。

なるほど、私も個人的にはそう思いますし、
正直撮影時の画像は結構見られたものではない事が多く、まるでマジシャンの種明かしで初めから見せてしまっているような感覚に近いです。「な〜んだ」と失笑されるのがオチで当然値打ちは下がります。この方だってきっとそれなりのスキルを付加価値として売っている訳なので、その秘伝の味付けは軽々しく口外したくはないでしょう。

まあそんな種明かしを敢えて自らのサイトで公開しているのですから、これは滅多に拝めない特ダネに近い情報かと思います。是非一度サイトをチェックしていただき、ストックフォトの一歩先行く素材制作に活かしてください。

→『プロカメラマンの価値について。「レタッチ前の写真も全て頂けますか?」に対する答え。』

為になるシェア第六弾。『トップクラスのストックフォト参加者が驚きの収入を公開!』

pixtaセミナー

→『デジカメWatch(トップクラスのストックフォト参加者が驚きの収入を公開!)』記事はこちら

ストックフォト頑張ってますか。
既にご覧になった方もおられるかも知れませんが、きのうインプレス情報サイトの『デジカメWatch』を覗いてみましたら久々にストックフォト関連の記事が掲載されており、それも多くのアマチュア作家が参加するマイクロストックの国内大手『ピクスタ』さんのセミナーの模様を紹介する特集という事で、自身の同業種関連という事もありちょっと気になったので今回『為になるシェア』として改めて当ブログでご紹介させて頂きました。

私にとっては実にめげる内容が満載の文章で圧倒されっぱなしだった訳ですが、内容からやや胡散臭さも残りました。冒頭の女性カメラマンが月160万円稼いているという話からまずは驚かされる訳ですが、確かに今や人物スナップ、こと目的をしっかり重視して制作されたスタジオ撮影に於いては、サンプル画像を見る限りしっかり撮れていて如何にも売れそうです。

ただこの女性カメラマンが
どんな経緯でこれだけ腕を上げてきたのか、写真学校で学び有名写真家のアシスタントか何かから独立してきているのか、キャリア等の詳細は殆ど書かれておらず、果たして一般の主婦上がりなのか元々のプロかはここでは不明瞭でした。

スタジオを管理しておられる
というのですが、実はピクスタさんの持ち物で当人は単に給料制で正規雇用される一人、もしくは直属の契約カメラマンか、その辺の詳細もあれば納得もいくのですが。更に不思議なのは『月々の売上報告』をしているようなのです。同種の敵を増やすだけのデメリットだけでありトップクラスの方がわざわざ自らを自慢する必要もないと思うので、これは会員を募る広告宣伝ではないかとも感じました。従業員なら当たり前の広報活動でしょう。(または広告として依頼されている)

モデルの物色も短期で
これだけキャスティングが多彩だと探索や交渉は一人ではかなり難しそうです。やはり何らかの組織的な運用と思いたくなります。


ピクスタさんの現時点での会員数がなんと17万人も
いるそうです。なので売上格差、ジャンル格差、技術格差等々売れる人とそうでない方の差は相当なものです。ほんの一握りの会員が実際の収益の要であり、それ以外の多くはちょっとした出汁代わりという事が言えます。それでも売上は人によってピンキリで、ある人は月0円、ある人は10万円は最低限稼げているなんて構図も考えられますが、何せ1点あたりの価格が相当低いので少なくとも目指すジャンルの選定は結構重要になってくるのかなと思います。

私のジャンルはというと、概ねCGによる
ビジネス全般という事になりますが、もしも風景一本でストックフォトをやっていたらこのご時世ですからとっくに職替えしていたでしょう。紹介の女性カメラマンは人物撮影に特化しているようなので、売上金額の差だけとっても私のやっている分野が如何に隙間かが分かります。あくまで女性カメラマンの存在が真実であればの話ですが。

まあこの方とはそもそもジャンル違いなので日頃バッティングする事はまず無いとは思うのですが、それでも不幸かな私の売上は年々減少し続けています。どれだけ在庫を増やそうと、使えそうなイメージを連続して提供するも売上の好転は一向に見えない状況です。このままデフレが続けば企業はより安価な素材を求めてマイクロストックに流れるでしょう。

仮に景気が回復した場合でも
それはマイクロユーザーの底上げに繋がりより好循環となる筈で、反面従来の老舗代理店が保有する高額のストックはより高度な完成度が要求され事業規模の縮小を余儀なくされるやも、となると何れにせよ私の作品(素材)はもはや選ばれない不要の産物になるのか。

今回ご紹介のシェア記事は、ストックフォトの旧来型ビジネスモデルの終焉を自らに見せつける内容のようにも思えた次第です。

→『デジカメWatch(トップクラスのストックフォト参加者が驚きの収入を公開!)』記事はこちら

為になるシェア第五弾。『電通鬼十則とソニー開発18か条そして、ジョブズの名言』

asklif_site

→リンクはこちら

為になるシェアの第5弾は
『電通鬼十則(おにじゅっそく)とソニー開発18か条を見比べて、共通点をジョブズの名言でまとめてみた。』という見出しのページのご紹介になります。

国内で広告代理店の代表といえば、そう『電通』です。
そしてかつてのまさに世界を席巻したジャパンブランドの先駆けといえばあのソニーが挙げられます。そしてもう一人、ややこしい入力が当たり前のドスブイパソコンが全盛だった頃、直感にも近い操作性を取り入れたパーソナルコンピュタを発明し、今やそのノウハウはiPhoneなどの通信機器に絶対的な支持を集めるアップルコンピュータのまさに生みの親である故スティーブジョブズ氏が生前に各地で残した名言。

三者が共通して放つ人生やビジネス諸々に強力に訴えかける言葉の数々から今一度自己を振り返り、正しまた次代に向けての心構えをも促してくれるであろう貴重なページです。教訓として一つ汲んでおく事は、私自身これを読んでみてその大半が写真業全般、特にストックフォト稼業には欠かせない貴重なヒントにも通じる心得とも感じた次第です。

その中から特に自分に当てはまる項目を抜き出してプリントして壁に貼っておくのもいいでしょう。何はともあれ、是非一読をお勧めいたします。

為になるシェア第四弾。『ユーザー中心主義とデザイン主導主義』

デザイン思考のすすめ3

リンク→『デザインのすすめ(3)_「ユーザー中心主義」と「デザイン主導主義」

早くも『為になるシェア』は第四弾を迎えました。今回は日本の広告代理店の大御所博報堂さんのサイトより、『デザインのすすめ(3)』から『ユーザー中心主義とデザイン主導主義』という内容でインタビュアー当社執行役員の楠本和矢氏、ゲストの京都造形芸術大学 芸術学部芸術教養学科 准教授の早川克美氏が解説する形で構成されております。

いつもに比べ若干堅苦しい専門的なやりとりで分かりにくい部分もありますが、広く括ってみればストックフォト素材の制作のそれとは結構重なるところもあり、制作時の発想の転換や創造の広がりなど素材完成に至るまでのプロセス等に以外に役立ちそうだったので今回ご紹介してみました。

売れる売れないの盲点にも気づきをもたらすヒントが随所に散りばめられたお話かと思います。撮影や制作に関わるこれまでの固定概念をまずは取っ払って一読しては如何でしょうか。またページ下部には過去掲載分(その1・その2)へのリンクがありますので、よろしければそちらもオススメです。

漠然とストックフォトをやっている人の取り敢えずのスキルアップに是非どうぞ。

プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア