広告素材のバロメーター!デジ画の日々 動画

ストックフォトに於ける動画素材導入の難しさ

動画タイトル『MOvin' On』からブローバルネットワーク

ここしばらくブログを綴っていて気になる事に『動画素材』があります。私のPRサイトでありますDEGIGA.JPサイトにお越しいただいた方でしたら既にご存知と思いますが、私も勿論こんな時代ですので静止画素材と並行する形で動画素材も制作しています。

基本フォーマットは一応横幅1920ピクセルのフルハイビジョンで進めていますが、数年前から突如あのハイビジョンのおよそ3〜4倍ほどに密度を増した4K素材の預け入れも大手代理店各社で始まったようで今では当たり前に低価格販売主体のマイクロストックでも扱いは豊富で、更なる高画質化に対応する動画コンテンツ導入に向けてどこの代理店でも結構なテコ入れ中だとか。

実は私の制作環境は正直4K編集を苦手とします。現在使用中のパソコンのスペックは4K8K再生には充分対応するだけのパワーはあるのですが、事編集となるとこれがとてつもなく重くレンダリングに相当な時間を取られると同時に効果に欠かせないサードパーティー製プラグインなども殆ど持ち合わせていない状況です。

使用する編集ソフトのAdobeプレミアプロおよびアフターエフェクツはすべて旧製品のCS4でやりくりしている更新下手な体たらく者と言えるでしょうか。CG制作の場合時にアフターエフェクツCS4で直接書き出す事も多いのですが残念な事にあらかじめ素材として3Dソフトで制作したフッテージの何かに不具合があるようで、単に相性かも知れませんが編集を終えて書き出してみるとフレームレートにズレが起こって動きがカクカクで商品には当然ならない訳です。

原因は未だ分からず致し方ないのでAdobeオンラインから最新ソフトを必要な月分レンタルしてやや高めになりますがそうやってフィニッシュまで持って行っています。その場合タイムラインの不具合は改善されていますが出来れば手持ちのソフトで完結できればと事あるごとに今もネットをググって解決方法をしつこく探っているという調子です。CS4の記事などあるだけ見っけもんで当のAdobeでは完全にそのアップデートサポートはとっくの昔に終了しているので当事者に要望出来ないのがほんと悔しいです。

話がやや逸れましたが、代理店各社にとって現在品揃えが当たり前の4K動画素材は諸々そんな理由から1点も作れていません。確か先日、韓国の電気部品メーカー大手のホンハイに買収されたシャープが何と8Kテレビを発表しましたが、動画素材の制作者側から言わせて貰えばそれこそ制作データ量がどのくらいに膨れ上がるのだろうと想像するのも恐ろしいです。

ただしその辺はビデオカメラ撮影であればもはや4K記録など標準で内蔵でありレンズ精度はともかく中級クラスのコンデジにさえも実装されてきました。なので実写を以って動画素材作りをする分にはそれほど厄介ではないと思いますし、コンポジット内の少量のレイヤー構成に加えちょっとしたトーン調整の域であれば私の今のマシーンでも十分でしょう。

悲しいかなその分野はライバルも五万と居てまず飛ぶように売れる動画には成りえません。もはやアマチュアを含めた強豪ぞろいであり、合わせてダイナミックな空撮を駆使するドローン組の参戦でより内容が高度化している今、費用対効果からもそこで勝ち抜ける事は相当に厳しいと言えるかも知れません。ざっと単純に新たな機材の購入の総額を算出してもおおよそ100万200万は下らない筈でプラス取材費もかさみ少なくとも売り上げ低迷中の私にそんな予算を用立てる事は到底できません。いやはや。

ここで気分を変えて、それでは私がこれまで制作(撮影)してきた動画素材を振り返ってみましょう。現時点でCGと実写合わせて全部で17タイトルを有しています。点数はタイトルによってまちまちで40前後から多くて150ストリーム強でしょうか、平均70ストリーム程度ですので決して多くはなく売り上げとしては月に売れて3点程度、実際無い月の方が圧倒的です。

力を注ぎ込みたくともこれでは敬遠止む無しです。となると手間・費用・時間が思いの外掛かる動画制作よりも比較的売れ易い静止画にそのエネルギーを投入する事が最善である訳です。面白いもので、初めは「動画なんて」と抵抗していた人が一度動画にハマると途端に『動画一本やり』になり写真そっちのけで没入してしまうという例はよく聞く話です。

もしも今、ストックフォトで予算から何から動画制作に入れ込んでる方が居たならば「ほどほどに」と言いたいです。

上掲の画像は動画素材タイトル『Movin' On』(ムービンオン)からの抜粋で日本(東京)から世界各地に伸びるネットワーク網をイメージしたグローバル系動画素材になります。先の4K隆盛とは裏腹に大方ネット利用であればいいとこフルハイビジョンサイズでまだまだ需要は見込めるので、機材総入れ替えで慌てて4K6K8Kに移行する理由はさしてない気もしていますが。

→DEGIGA.JPサイトでCG動画タイトル『Movin' On』(ムービンオン)をチェックしてみる。

→YouTube『ストックフォト魂』チャンネルで各種サンプルムービーを視聴してみる。



degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

ラピュタのいかずち以上?これぞ核爆発のスケールだ!

atomic

先日夜、あの宮崎駿氏の名作の一つ『天空の城ラピュタ』が地上波放送されました。年齢に拘らず観た方は多かったと思いますが、すでに相当数の再放送を重ねながらもその人気は衰えを知らず、また遜色すらない現代にも通じるアニメーションの巧みさと内容の深さ、スケール感全てに於いて実によく出来た彼の中の渾身の一作と私自身はそう思っている名作中の名作と言えます。

登場人物で人きは注目されるあのムスカ大佐ですが、私が印象に残っているこれぞというセリフがあります。それは「見せてあげよう、ラピュタのいかづちを」です。遥か上空から放たれたいわゆる強大な雷(いかづち)が海面に突き刺さった瞬間の破壊的な凄まじさに、作り話(アニメ)とはいえ流石に私自身もテレビの前で身震いした事を思い出します。まさに鳥肌もののシーンだったでしょうか。

その時感じたのが紛れもない核爆弾の恐ろしさでした。今実に深刻な米朝戦争勃発の成り行きを思うにこのラピュタのいかづちが実際に放たれた直後の風景とは。正直想像はしたくありませんが数日前にたまたまYouTubeでアメリカ産のゲーム動画をチェックしていて偶然そんなおぞましい核爆発シーンに巡り合いました。

多分ゲーム好きであれば大概の方が知っているであろうあの戦争巨編ゲーム『コールオブデューティ』の第四作目に当たるタイトルが『モダン・ウォーフェア』(2007)になります。ゲームプレイシーンの合間に流れる場を盛り上げ次に繋ぐよくあるリアリスティックな戦闘場面な訳ですが、当時発売前の予告編に使われていた事から興味をそそるシーンごとに細かく切り分けられており、こちらは概ね6分強と短くそれなりに観易いかと思われます。

あたかも自身が敵味方の弾丸が飛び交う最前線に送り込まれた1兵士のような、そんな生き地獄的な気分を体感出来るのではないでしょうか。そしていよいよクライマックスに突如炸裂する核爆発の凄まじさをまざまざと味わえる旋律の中に今後起こりうる差し迫った現実の有事、そして最悪北の核攻撃の可能性について今一度考えを巡らしては如何かと思います。

以下をクリックしますと当該YouTubeチャンネル画面が表示されます。より臨場感溢れる迫力を求めるのであればフルサイズでご覧ください。※ただし音量は控えめに。

→YouTubeチャンネルで『コールオブデューティ(モダン・ウォーフェア)4』を視聴する。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

なかなかリアルなショートムービー『AMASIA』

ショートムービー『AMASIA』

しばらく前、かのYouTubeで面白そうで個人的に興味をそそるようなショートムービーをチェックしていた時期がありまして、このブログでも過去に何度かそんな投稿もあったかと思います。久々ですが、昨日同様にちょっと気になる動画を見つけたので早速本日ご紹介したいと思います。

→YouTubeで『AMASIA』を観てみる。

ART FXチャンネルが提供するタイトルは『AMASIA』。アマシアとそのまま読めそうですが、何しろ外人さんの作品なので実際はどうなんでしょうか。気になる方はタイトルの意味など是非調べてみてください。さて内容ですが、先日も大型太陽フレア報道もありましたが、同様の自然災害がもたらした人類滅亡。後に再び豊かな環境を取り戻す地球という流れから至って平凡な内容と言えます。

しかしハリウッド仕込みの映像にはやはり脱帽せざるを得ません。地味な演出でありながら我が人類にまさに近未来、もしかすると実際に起こりうる実像感を彷彿させます。特に主役的な人物は登場しませんし勿論会話に関わるセリフは一切ありません。ただ其れ相応のBGMと効果音が延々と最後まで流れるのみです。

7〜8分程度の短い作品なのでもしよかったら一度ご覧になっては如何でしょうか。制作は結構古くてYouTubeには2014年にアップされていたようです。見落とししていたのでしょうか全く気が付きませんでした。なお、これに似た作品を紹介した過去ブログよりYouTubeへのリンクを以下に載せましたので合わせてどうぞ。

→2016.8.14紹介の『SUNDAYS』を観てみる。

→2016.8.11紹介の『Wanderers』を観てみる。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

モーショングラフィックス制作の受注を開始しました!

モーショングラフィックスCM

皆さん、遅ればせながら「明けましておめでとうございます」「本年もよろしくお願い申し上げます」

1月7日の七草も終わって今更正月気分もないと思いますが、一応この関東周辺では昔から15日が飾り物を外す日らしいので、その日が正月の正式な終了という事なのだと私は思っていて未だ正月気分に慕っている感は否めません。今年は一般的に5日が仕事始めという方も多かったと思われますが、2日出て再び3連休だとやはり色々と鈍りますね、ほんと。

さて新年しょっぱなからいきなりで恐縮ですが、またまた新サービスが始動しました。今度はこれまで盛んに推し進めて参りましたストックフォトから若干離れる形で実にこの試みは今回が初かも知れません。なんと『受注』仕事を開始したという訳です。

CM制作時の絵コンテ
CM制作時の絵コンテ

内容はもちろん動画制作、それも『モーショングラフィックス』という極めて面倒でハイスペックな動的表現も求められる難易度は高いであろう仕事になります。静止画であれば思った絵柄を組み立てていく事でバリエーションも豊富に表現でき短時間での量産も可能なのですが、こと動画制作となるとこれまでにもストックフォト用にあれやこれやと試行錯誤を繰り返して頑張ってCGに関しては概ね20秒程度が最長だったでしょうか。

そんな私が敢えて動画広告を制作しますと宣言したのですから驚きと言うしかありません。ただ闇雲に受注するのは流石にリスクも高いのでこのお正月の三ヶ日の休息期間をよそに見本作り、所謂受注CMの制作にチャレンジしてみました。多少の心得があったのか、思いの外イメージを形に出来たのではないかとある意味ホッとした訳ですが、出来栄えはハリウッド映画を制作する超ベテランやテレビコマーシャル制作に精通する専門チームスタッフのレベルからすれば多分に劣っている事は確かです。

しかしながらコストを抑え結果リーズナブルに且つ単期間で迅速に仕上げていく事の方がリアルタイム発信を旨とする昨今に於いてはむしろ重要ではないかと思う訳なので、取り敢えずはその方向性で受注案件の取得を目指したい考えです。さて、どのようなセールスがお客さんゲットの早道に有効なのかは全く見えない状態でそこが今の最大の悩みとも言えます。

知り合いを伝に紹介もあるでしょうし、印刷やデザイン会社さんへの下請け的アプローチも人脈の形成に伴う永続的安定を求める上では当然無理はないと思われます。ただモーショングラフィック広告(に準ずる媒体)の必要性がどの程度なのかが殆ど見えて来ないのも事実です。きっとクライアント自身も分かっていないのかも知れませんが、そこをどう訴え認知していけるかが運命の分かれ目なのでしょう。

今は何しろ手探り状態といいますか、まだ何ひとつ営業活動に移していない段階であり自分で言うのも変ですが『今後が見もの』という事です。正直ストックフォトが相当厳しくなっていてこのままでは壊滅やも知れず内心相当焦っています。ひと所にしがみ付いて世の中で自身が唯一活かせるテクニックがあるのにそれを封印していては未来は拓けませんよね。

何んともアタフタして年が明けた訳ですが、本年も耐えて耐えて何とか生き抜きます。
2017年のスローガン:脱皮と行動とその向上あるのみ!私は決して終わらない!!

→YouTube『ストックフォト魂』チャンネルで当該CMをフルHDサイズで視聴する。

→DEGIGA.JPサイトにて『モーショングラフィックス制作の詳細ページをチェックする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

未来を予見するSFショートムービーの意欲作『SUNDAYS』をシェア

SUNDAYS

お盆休みスペシャルムービーシェア第二弾

前回ご紹介させていただきました宇宙開拓の近未来を壮大にそして美しく描き出した『Wanderers』に引き続きまして、今回はその夢を育むとは正反対の人類が今後直面するであろう自然災害がもたらした後の第二の世界を描いたスリラー調ムービー、それが『SUNDAYS』です。

ある時太陽が巨大なフレア爆発を起こし飛び散って冷え固まった溶岩の塊が無数の隕石と化して地球に降り注ぎます。運悪く太陽側を向いていた地域は甚大な被害に見舞われ、主人公である大手商社に勤める一階のサラリーマンの視線を通してその後の人々の営みが大きく変わっていく状況を描いた14分50秒のSF仕立てのストーリーとなります。

物語の後半はわたし的には理解に苦しみますが、それでも前回ご紹介の『Wanderers』同様にそのVFXのリアリティーには流石に前半など息を呑みました。メジャームービーに引けを取らない質の高い仕上がりとなっています。また、この『SUNDAYS』の製作資金に於いては今流行りのキックスターターへの出資によって撮影の多くが賄われたようです。

当物語はあくまで始まりに過ぎず続編の計画もあると書かれていますが、残念ながら昨年2015年の公開以来その兆しは現在のところありませんので最新版の製作は難しいのではないかと思われます。何分にもアンダーグラウンド的な空気を醸すストーリー展開が継続され且つアクションも地味な内容だけに、その辺が資金調達のデメリットになっているのかも知れませんね。

まあとにかくは一見の価値はありますので、是非ご覧頂ければと思います。

近未来SFスリラー『SUNDAYS』をYouTube動画でハイビジョン(1080p)視聴する。
プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア