広告素材のバロメーター!デジ画の日々 写真

カメラの選択

nikon-d5

今現在、皆さんは撮影機材にどんなカメラを使用しているでしょうか。比較的予算に余裕が持てる環境の方であれば、思いのほか自分好みの高級機材になるのだと思いますが、そうでない多くの方は、まあそこそこの機材になるのでしょう。それでもやはり最低限はこの程度のレベルにしたいと思うのが人の性でもあります。

まずは自分が欲しい道具が優先され次が予算になります。予算をオーバーすれば諦めるか、それとは若干路線を変えて別の価値観を持って選択するという話にもなりますが、それでも欲しいものはどうやっても欲しい訳なので時に借金も覚悟で手に入れている方は少なからず居ると思われます。

今朝フェイスプックをチェックしていると『主に学校行事(幼稚園など含む)の記録には高級機は必要か』という内容の書き込みがあり、そこに寄せる各人のコメントを読むにつれ職業柄も相まって考え方はそれぞれあるもんだと思いました。
eos

プロフェッショナルカメラマンの殆どは『高級機必須』と回答しており、つまり子供の動きは予測しづらい場面が多くとっさの判断でシャッターを切る事が頻繁で、そうなると機材の高機能に頼るところが大きいというのがひとつ。お客さん(子供の親も含む)が観ているのでチンケな機材では失礼(不安にさせる)であるが二つ目。超高級機はその仕事内容にそぐわないと思えど高級機だからこそ、信頼感も手伝って結果大きな利益を生み出している。が続きます。

ちょっと引いて客観視している人の意見に、「撮影目的に適していればそれ以上の機材に拘る必要はない。」という感じも少なからず混じります。私も以前学校アルバム用の年間行事、結婚式場の型もの、スナップ、証明写真、商品撮影、七五三祝いや成人式、お宮参り等々のいわゆるスタジオ写真全般、現場に赴いての各種集合写真など16年間延々と撮ってきた経験がありますが、思い返せば自慢というよりもただただ過酷だったという印象です。

前述の通り確かに子供は予想だにしない動きをする事が多く声掛けしても決してそのようにならない訳なので実に気が抜けない仕事と言えます。コミュニケーション術にも長けている必要があり、一件ちょい慣れしたアマチュアカメラマンが小手先で容易に出来そうに見える分野ですが、自らの力量の無さをいさめ徹底的に打ちのめしてくるキワモノかも知れません。
lica

あえて高級機材ありき云々でいえば、やはり出来る限り良いものを使った方が懸命かなとはある意味私も思います。スナップ撮影では、高速連写にピントの合焦速度、バッテリーの保ちと低温時での安定した電圧供給、カメラやレンズに於いては過酷な条件下での長期間使用に耐えうる頑丈さもあるでしょう。特にレンズの周辺光量の低下や像流れがあったのでは集合写真には使えません。ノイズの少ない画像解像度もそこそこないと高感度による夜間撮影や額装等の大伸ばしの際に困ります。

デメリットがあるとすれば高級機ほどかなりの重量になるという事。重さに加え同じボディーを2台用意すれば費用も倍。レンズの本数しかり安物では全く意味もなく、つまりは儲けが少ない仕事ばかりだと何時まで経っても原価消却出来ない事になり買い替えも勿論厳しくなって来ます。車でいえば無理して買ったベンツから更にベンツへの乗り換えのような状況。

お客さんがあってのもの種なので必要最小限度のラインを突破しておく事はプロとしての当然の設えというところでしょうか。ただ腑に落ちない点として、無理してでも高級機を持ちたがる最大の理由、腕の確かさはさて置き実のところ一般人の前で自慢や見栄を張りたい?プライドのお高い人じゃないのかなとも思いますが。

黒沢富雄写真展「久慈川の氷花」

明日1月27日(水)より2月8日(月)までの12日間(火曜休館)、東京新宿区のリコーイメージングスクエア新宿におきまして私の古くからの写真仲間の黒沢富雄さんによる写真展が開催されます。もう相当昔になりますが当時共に所属していたアマチュア写真家組織で知り合いになり、私が独立し写真店の経営時にはよくお店に顔を見せに来てくれました。

実はもうそれ以来といいますか10数年お会いしておりませんで相当にご無沙汰な訳ですが、今日よく見る写真情報サイトを覗いておりましたところ偶然にも名前をお見かけしました。最初は同姓同名の方ではないかと勘繰りもしましたが、作者のプロフィール欄を確認して確信に至りました。

別にご本人に連絡して直に会って話をしてからここに掲載した訳ではなく私が勝手にリークしているに過ぎません。叱られるとは思いませんしむしろ宣伝に一役買って出ようという思いからこの記事を書いております。

茨城県内陸を流れる久慈川のある地点(茨城県北部)にさしかかると突如シガ(氷花)という氷の結晶がシャーベット状になって川を下る風景のそのスケールに出会えます。以前に私も実際見た時の驚きは今も忘れませんが、彼は十数年かけてその最たる現象を捉え続けていたのかと思うと流石というしありません。

私の撮影スタイルとは全く真逆でして、ちょっくら1週間ほど回遊してパチパチと通りすがりでシャッターを切ってくる私など足元にも及びませんが、シガ(氷花)にそれほどの思い入れがあったとは今の今まで知りませんでした。マイナス5度以下の冷え込む朝が数日間ほど続くような寒冷気候になるや現れるシガなのだそうですが、白鳥の写真と同様に、相当朝早いうちに現場入りしていないと写って来ない被写体を切り取る持続力、忍耐、情熱にはまさに脱帽です。

本来写真家とは専門であればそれが当たり前なんでしょう。

このブログを見に来られている方の中には極めてご近所の方も多いかと思いますので、写真展会場に足を運ばれては如何でしょうか。以下詳細。

シガ(氷花).jpg

黒沢富雄写真展「久慈川の氷花」

写真展
・会場:リコーイメージングスクエア新宿
・住所:東京都新宿区西新宿1-25-1新宿センタービルMB(中地下1階)
・会期:2016年1月27日水曜日~2016年2月8日月曜日
・時間:10時30分~18時30分(最終日16時まで)
・休館:火曜日
・入場:無料

経歴
1950年 茨城県常陸大宮市生まれ(旧大宮町)
1972年 東京写真専門学校中退(現東京ビジュアルアーツ)
1974年 日本写植研究所卒業
1996年 黒沢写真工房設立
2001年 読売文化センター講師
2010年 水戸駅エクセルカルチャーセンター講師
現 在 日本写真家協会会員 日本写真協会会員 黒沢写真塾講師

活動
1995年 「花火-光のファンタジー」
1999年 「ファイャーワーク」
2008年 「ファイャーフラワーズ・パートIII」
2012年 「東日本大震災・あの時を忘れない」

IPAが写真展開催中!

いや〜、しばらくぶりでブログを書いています。

ここしばらくは以前制作(撮影)の作品編集に加え代理店への預け入れ作業等々が3タイトル分ほど続いていた事もあり、なかなか筆が走らない感じでした。書く内容が無かったと言えば正直嘘になりますが、実際に私ごときが一々取りあげるような素材が見つからなかった事に起因します。

しかしながら世の中は今こうしている間でも色々な事が起こっていて、今朝のニュースではあのフランスのパリ市街で未明に銃乱射が立て続けに発生し分かっているだけでも120人超の方が亡くなったそうです。間違いなくテロ集団(イスラム過激派系)の犯行と私は視ています。そうと思えば杭打ちデータ改ざん、VW社の排出ガス試験偽装事件、ロシアの旅客機の謎の墜落事故の訃報やかたやお目出度い?福山雅治をはじめとする有名芸能人同士の婚約ラッシュ。

まあまあ次から次へとあらゆる報道が世界中をピンキリで絶えず秒刻みで飛びかっているのがこの世界なんだなあとつくづくネットが織りなすグローバルの凄まじさを感じています。

話は変わりますが、今回は地元茨城県の情報をお送りいたします。先日11日より茨城県笠間市にあります陶芸美術館内において茨城の写真家集団である茨城写真家協会(IPA)に加盟する数名のグループによる写真家が恒例の写真展を15日(日)まで開催しています。

毎年それなりのテーマを決めてそれに沿った形での展示になるので、各人の構成がしっかり表現されたバリエーションに富んだ見応えある写真展になっています。私もかつてその会のメンバーの一人が経営する会社に勤めていた頃があり、出展作品のプリント作業や現場での展示作業を業務の一環としてよくお手伝いしていました。

今はその後の独立で関わり合いは一切なくなってしまいましたし、芸術作品に興味が薄れた事もあってか写真展全般に言える事ですがほとんど展示会場に足を運ぶ機会が合わせて無くなったように思います。当然今回のIPAの写真展でも言える事で、興味はそそられて入るものの観に行くまでにならないのが今の心境です。

それでも行けば行ったなりに関係各位とは久々に顔をあわせる機会になり、それが目的でも特段構わない訳ですが、やはり向こうにも都合というものがあるのである程度でスルーされかねません。私ごときに貴重な時間を費やす理由もないのでむしろお邪魔かも知れないと思うと、その点も含めて足が遠のくといった具合でしょうか。

とにかく写真は面白いと思いますので是非一度、お時間が許せるのであれば写真の勉強がてらお出かけになっては如何かと思い、今回ご報告させていただきました。

1511_IPA

画像クリックで茨城写真家協会の公式サイトにリンクしますので詳細をご確認ください。


しかし何でしょうね。私自身最近はもっぱら職人に徹しているといいますかこと芸術作品の制作や鑑賞については殆ど関心が向かなくなってしまっています。確かに一旦関われば作品の制作費用や長期にも及ぶ制作時間、所場代、パンフ制作費、関係者との関わりにそれ相当のエネルギーを注がざるを得ず、その間のストックフォト制作は中断を余儀なくされます。

それでも生活に不自由なくある程度の時間が過ごせる裕福な方々であればそれも一つの息抜きであり、次期インスピレーションの源とも成り得るのでしょうが、私などは毎日が切羽詰まった生活状況もさることながら、ある意味展示会そのものが滑稽に見えているのもまた事実です。

まず会場に入ると決まって変な重々しさが漂いますし、見張られている中で署名をし、おずおずと、いや足早に壁沿いに作品とやらを眺め回る。はっきり言ってよくわからないまま漠然と眺めつつ隣の作品へと視線をずらしてはさらにその先へ進んでいく行為を終えるとそこが出口という訳です。

会場担当者から「どうでしたか?」と聞かれ「素晴らしいですね。特にあの作品は感動しました。私もあのような写真が撮れればいいのですが、そこまでの腕はありません。」と返せば「いやいや大丈夫、撮れますよ。ハハハハ。」てなところです。

展示する側はいわゆる自己満足と他者への自慢であり、鑑賞者側はその方々への尊敬と気遣い。一度でもそんな風に捉えてしまうと何か疎ましく感じてしまう自分が居ます。フェイスブック上でもしかり、高価なレンズや撮影機材を見せつけ幸せそうな表情を浮かべる自らを登場させるなど、似たようなその人なりの心理が伺えます。

それを見る側(あくまで私の場合)はあまり気分のいいものではありません。「貧乏人は引っ込んでろ!」「偏見だし思い過ごしだよ。」「ただ羨ましいだけでしょう。」「こいつは変わりもんさ。」と断罪されても仕方ありませんが、ことごとく起こる犯罪や事故災害の不幸の裏側で、つくづくこの国は平和だという事だけは言えます。

ただ、私自身もかつては同様に芸術とやらを真面目にやっていた時期がありましたので、肯定派の気持ちは十分解っているつもりです。なのでもしも私が何かそういった形で作品を発表する機会が今後あった場合、その辺をどう自分の中で消化しえるか、他者から真に好感が得られそれが何らかの役に立つものか、納得のいく答えを見いだせたなら殊の外もっと自由になれるのでしょうね。

人生とは、死ぬまでの暇つぶしである。って、誰かに聞いたな。

ネットでオーダー出来るプロ仕上げ

以前、写真店での修業時代に、店の先輩から勧められて新聞社後援による全国規模のアマチュア写真組織に加盟しグループ活動をしていた時期があります。その組織は今も全国にあって、その1支部に入った訳ですが、皆さんの中にもそんな経験をされて今まさに現役で続行中という方も居られるのではないでしょうか。

組織を退会してからもうかれこれ十数年前ほどになりますが、年間を通して当時の主な活動と言えばまず毎月行われる例会で各人が自らの作品を持ち寄り順位を決めるという恒例行事がありました。その月に一位になった作品は数ヶ月後にその後援する新聞社が地方版の紙面に写真を掲載してくれるという特典があり、更に年末の忘年会と並行して年度賞が発表され最優秀会員には記念のトロフィーや盾に加えて結構豪華な商品がもらえるのです。

毎年恒例のグループ展をはじめ撮影会や写真関連メーカーも絡めた写真技術講習会が年に1〜3度ほど先生なる講師の作家さんを招いてそれなりの規模で開催していました。そこに於いてもコンテストが催されてその争奪戦が繰り広げられる面白さは何とも言えぬ写真冥利に尽きるといいますか、腕試しといいますか何しろ夢中でやっていました。

勿論撮影された作品はプリントにして提出する訳ですが、当時私はモノクロの自家処理に凝っていた事からカラー主体の催し以外は比較的白黒作品でのチャレンジが多かったように思います。20枚ほどを繋いだ組み写真を応募する事も多かったと記憶しておりますが、今となってはもはや過去の産物であり、あの暗くて臭い暗室作業に戻る事は無いでしょう。

一旦デジタル写真にハマると、手間と費用やらを考えれば特別必要が発生しない限り難しいとは思います。

私自身、今は仕事一辺倒になってしまい作品制作いわゆる作家活動を封印しているのが現状ではありますが、本日ある情報サイトで作品用に最適なプリントサービスの記事が載っていたので、ご紹介したいと思います。

Dプリント
『クリエイトWebオーダーサービス』サイトヘリンク


プロラボで有名なクリエイトという会社で『Dプリント』サービスを開始したという呼びかけです。通常プリントを依頼する場合は近隣にある写真屋さんを介してラボ屋さんで仕上げるのが定番です。

作品用となるとそれなりに依頼する側も頼まれる側も結構神経を使う厄介なプリントになる訳で、サービスサイズでのやっつけ的な仕上げも困りますが、やれ費用と時間は掛かるわ明確な指示も必須条件だわ、更に焼き直しも頻繁に起こりうる高度な作業であるため、アマチュアカメラマンの利用はこれまで特定のごく僅かな人たちに限られていました。

それをネットで注文を受け付けようと言うのが今回のサービスで、お手軽感も然ることながら可成りの熟練プリントマンが常駐しているらしくハイレベルの仕上げが期待出来そうです。サイズは六切〜全倍まで可能で、料金は若干の内容(印画紙の面質)などから¥1114〜¥1万7988(税込み)が選べます。マット、グロッシー、クリスタルタイプが用意され送料は一律¥540税込みとの事です。より豪華な仕上げを追求したい方にはおススメでしょう。

銀行や郵便局での事前支払いの面倒な手間も無く代引きとクレジット決済が可能というのも嬉しい限りです。都内もしくは大都市圏ではクリエイト直営店への持ち込みも出来るようですが、私のように地方の片田舎で暮らしている者にとって出向く事は難しく必然的にネットが有効といえます。

今日あたりは都心でも桜が満開になっている事から、いよいよ作品制作も本番です。大型コンテストやらに一丁トライしては如何でしょうか。

クリエイトWebオーダーサービス
http://www.prolab-create.jp/products/web_mail/index.html

デジカメ業界の将来像2

ニコン Df

あれだけ休稿していたにも関わらずなんと2日続けて書いてしまいました。

本日午後1時に早速ニコンサイトに行って見た所、出ていました。「Df」と刻まれたプレートのfは往年のあのFシリーズを冠しているのでしょうか。私の想像通りの外観に実は残念と言わざるを得ません。まさしくこれはあの「FM」なのです。

少なくとも手触り感はかつての銀塩カメラらしい感触を持ち合わせていそうですが、所々に安っぽいプラスティック素材らしき質感が見え隠れしており、ここまでやるんであればもう少し金属の凹凸にはエッジを効かせて欲しかったなと感じました。

さて中身ですが、ニコンの最高峰であるD4をベースにセッティングされているようなので画素数が同16.2メガながら写りの滑らかさ(ラチチュード)やレスポンス、ノイズレスの完成度はプロ仕様と言っていいでしょう。価格はちっと高めのボディのみ28万円と張りますがD4と比べればほぼ半額で手に入る訳で、クラシカルなカメラに日々憧れているユーザーは結構いるのではないかと思われます。ただし、静止画への注力からか、動画機能はありません。

防塵防滴性能もあのD800クラスとありますので荒天でも比較的安心して持ち歩けそうです。ただどうでしょう。はい、正直私は購入しません。正直今のご時世1600万画素は頂けません。2400や3600万画素超(長辺6000ピクセル以上)が当たり前になった状況を鑑みてとても買う気にはならないのが本音です。

私の場合ストックフォトという仕事がら他の作家さんの殆どが高画素で勝負していますし、画像の利用先がポスターやビルボードの場合、お客さんはやはりセミ判以上の解像度を求められます。なのでいくら柔らかい質感で再現されるといっても伸ばしが苦手なカメラは使えないのが現状です。

どんな目的で画像を購入するか分からない訳ですからまさに大は小を兼ねていなければ勝負にならないという事なのです。

とにかく今日ニコンからデジタル一眼レフカメラの新製品が登場した訳ですが、皆さんの感想はどんなものでしょうか。昨日も書きました通り大概の場合カメラが何かしくれる事は殆どありません。結果は撮影者自身に委ねられてきます。何せ能動的な代物だからです。テレビのようにチャンネルを換えさえすれば好きな番組が観られるほど楽じゃないのです。

撮影は言わばテレビゲームで幾つものステージを必至になって攻略していく行為に近いのかの知れませんね。撮影慣れしていてもその都度結構神経使うものです。なので、今回の新製品「Df」はクラシック好きでライカのような高級カメラが容易に買えるご年配の富裕層をターゲットにした商品ではないかと予想しました。まあそんなところです。

やっぱり度肝を抜く面白い製品ってなかなか出て来ないんですね。もしかしたらと、多少は期待したんですが。他社もきっとこんな程度の製品なんでしょうが、是非とも全社上げて斬新で破天荒でこれまでの常識や限界を覆すような未来の「何か」を世に送り出して欲しいものです。

以前何かのイベントで韓国サムスンが発表した「スマホ付きカメラ」なんてのは論外ですが、もっと革命的なサービス連動型商品があってもいいと思います。Wi-Fiやネットに繋がるは当たり前で、太陽電池式もつまらない、自動車の車載機になるのも余り意味ないし、アクションムービーのように頭に付けてまで撮影はやらないでしょうし、ニコンのD5300をはじめGPS内蔵も既に登場しています。じゃないんですよ。

もっと凄まじく画期的な道具、そこなんです。余談ですが、4K動画なんて本当に流行るんでしょうか。一般カメラが4Kムービー撮影出来ても、だからどうすんのです。一部のマニアが喜ぶ程度では市場として成り立たないどころか舵を大きく切り損なえば今だったら会社が潰れるかも知れません。

栄えあるトップメーカーが従業員を数万人も抱えていて誰一人良いアイデアが出て来ないなんて残念な国です。みんな大学で理数や工学学んで出て専門知識もあるのにどうしてなんでしょう。大学院生どうした!そうか!真面目すぎるんだ。冗談言えないんだ。マーケティング重視で上司が下の意見を吸い上げない風土なんだ。「お前馬鹿?」みたいな返しで終わっちゃってるに違いない。

とにかくそこから変えてかないとクールジャパンの未来は暗い。


テーマ : 意見・つぶやき
ジャンル : ビジネス

プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア