広告素材のバロメーター!デジ画の日々 健康

あなたは『アスペルガー症候群』を知っていますか?

アスペルガー症候群ムービー

数日前、普通では信じがたい芸能ニュースが飛び込んできました。あの今売り出し真っ只中の若手俳優でかの有名なベテラン女優の高畑淳子さんの一人息子の高畑裕太氏(22歳)が群馬県のロケ先のとあるホテルの自らが滞在する室内に於いて、40歳代の当夜宿直の女性従業員を呼び出して強姦致傷を負わせてしまいました。

高畑容疑者は
警察にすでに罪を認め謝罪の言葉もあったようですが、昨日群馬県前橋警察署より送検されています。何をおいてもまず被害者の女性はお気の毒としか言えません。まさかあの有名人がこのような暴挙に出るとは誰が想像し得たでしょうか。

ほのぼのとした親子共演をバラエティー番組で観るにつけ癒されもしていて未だ夢であって欲しいと思うほど信じられない現実に、昨夜などは刑務所に訪れた母親の淳子さんが本人と会って目を合わせた直後に無言でいきなり2回平手打ちする光景がまるでドラマのワンシーンの如くふと脳裏をよぎったほどです。

偶然ですが、YouTube動画で気になって観ていた、
それがたまたまアスペルガー症候群に関するショートドラマでした。この疾患はいわゆる発達障害(ADHDもしくはADD)という奴で7歳前後辺りから現れる症状だそうで、子供の頃はそれほど目立たないらしいのですが、成人する頃になると異様な奇行が目立つようになるとの事。

例えば突然の物忘れやある事柄に異様に執着し過ぎて今やるべき優先課題がおろそかになるなど、実生活でのミスが連発していきます。まるで子供のごとく行動する類の先天的な疾患と説明されていました。

今回シェアさせて頂きましたショートムービーですが、8分ほどにまとめられた実に分かり易い内容となっており、淡々とそして時を追うごとに徐々に深刻な状況へと追い詰められていく主人公の戸惑いと絶望感がよく表現されたまさにアスペルガー症候群の怖さがしっかり伝わる軽妙なタッチに仕上がっています。是非一度ご覧いただければ幸いです。

→YouTube動画でニコニコミリオン動画集チャンネルの『もし自分が発達障害と知らずに大人になったらこうなる』視聴する。

さて話を高畑容疑者に戻しますが、
私が勝手に思う事として彼もまた上記疾患を患っている一人ではないかという事です。どう見てもあの豹変ぶりは異常すぎる訳です。映画の公開直前、24時間テレビへに出演、バラエティー番組も控えている最中、当たり前ですが「こんな事をしたら一発爆死」ぐらいは誰だって直前で脳裏をかすめます。

まず母親の立場とその後の事、何と言っても放映側の現場はキャンセルや番組の再編集、CM中止、製作中であればシーンの撮り直しなどがわんさか襲ってくる訳で、その損害賠償額は億単位とまで報道されていました。ただでさえ芸能界としては当人の売出しに積極的に関わってくれていた訳ですから、その裏切り行為は想像を絶するものだったでしょう。

これはアスペルガー症候群
ならではの奇行というしかありません。今回の事件では先にお話ししました「何かに突如没頭して他が一切見えなくなる」という最たる特徴を示していると同時に、昨朝のニュースバラエティー番組の中で冒頭有名MCの方が「収録中に過去にも危なっかしい事が幾つかあってその都度スタッフらが制止していたらしい」というコメントも気になりました。

もしもこの病気からの犯行であるとすればやや刑罰も緩和されると想像できますが、有名人の場合はそんな簡単な問題で済む訳もなく、少なくとも当人の芸能活動は確実な終了であり母親の仕事も激減し、刑事および民事裁判やら膨大な賠償に神経をすり減らす日々が延々と続く訳です。国民にとっても実に残念な事件となりました。

最後にもう一言。
最近は突如として意味不明な行き過ぎた事件出来事が頻発していると思いませんか。障害者施設での大量殺人、SMAPの解散劇、ポケモンGOで遂に死者、中学生同士のリンチの果ての殺人、サマーランドでの切り裂き魔、母親が心中目的で我が子4人を殺害、別れ話のもつれからの殺人などストーカー殺人も未だ解決を見ない状況です。

また最近の大人(得に男性)の異変という意味では、スマホゲーム依存、漫画フェスタ、美少女グループの追っかけ、エッチなフィギア集め等々これが業務中でもお構いなして、電車の運転手やバスのドライバー、航空機のパイロットに至るまで大量輸送の要である重要なポストに従事する大人までもが時に子供化している現象はもはや異常としか言えません。

地球上の大気に
何がしかの危険物質(福一の放射線?)が混入しその濃度が増え続けているとか。はたまた現代カルチャーの潮流がもたらす急速な脳内変化の表れなのか。バーチャル(仮想現実)とリアルの境目を絶えず行き来する多くの人々がゾンビの大群と化すのはもはや時間の問題のように感じます。

定期検診を受けよう

今日の報道で、俳優の今井雅之さん(54歳)が今日未明に都内の病院で大腸癌のため死去された事を知りました。テレビや映画、時にはバラエティー番組でもお馴染みの有名人でしたので、私も相当前からよく知る一人です。

病名が大腸癌と聞き、正直人ごとではないと感じ妙に気になったので今回自身のプライベートも交えて書いてみようと思います。実は私は以前2回続けて大腸ポリープ切除の施術を受けた経験があります。皆さんも当然ご存知と思いますが、地元自治体が行っている年に一度の定期検診というのがあって、概ね7月頃でしょうか、私も一応真面目に毎年欠かさず受けてきました。

実は45歳になった頃、お恥ずかしながらあそこの睾丸(金玉)辺りに妙な痛みを感じるようになり、幾分かのシコリも感じたので、もしかして前立腺癌かもしれないと早速近くの県立病院で診てもらう事にしました。運がいい事に特に異常はないと言う事でした。その後痛みも無くなって何事もなかったように回復しホッとした事を思い出します。

血液検査やエコーなど専門的な診察が初めてだったせいか、妙な安堵感といいますか、むしろ健康である喜びというものを強く抱くようになり、それが契機となって定期検診を受ける切っ掛けとなりました。その後数年は何事もなく過ごしてきた訳ですが、4年前の検診で試しに検査してみようとふと思い立ち大腸検査を希望して早速予約を入れました。

胃がん検査と大腸検査は別途予約を取ってあらかじめ日取りを決めて検査受付となるので事前に連絡が必要で、大腸検査については予約時に保健センターで検査容器を手渡され当日持参し検査に回す仕組みになっており、結果は通常の検診結果表に一緒に記載されおよそ1ヶ月後に届きます。

早速届いた検査結果を見てびっくり。大腸に異常ありと記載され、専門医において再検査が必要とありました。不安を抱えつつ近くの町医者に行くと早速内視鏡による大腸検査の予約取りです。数日後改めて同医院を訪れて、まず最初に美味くもない2リットルの検査液を2時間かけて飲まされます。午後になっていよいよ検査開始なのですが、スコープはお尻の穴から差し込んでぐるぐると大腸をかき回しながら小腸の直前まで進んでいきます。途中下痢の時にキュ〜っとくるあの腹痛が何度かありましたが検査は30分弱で無事終了。

後日の診察で医師から大腸ポリープと診断され、更に悪性の可能性もあるので大きな病院で施術が必要である事を告げられました。すぐさま紹介状を書いてもらって自宅から少し離れた国立病院へ向かいました。

専門医からも同様に悪性の可能性大という事を言われ2ヶ月後の予約で検査時と同じ内視鏡によるポリープ切除を行いました。取り出された検体はやはり悪性(癌)だったようなのですが、幸運にも大腸への進入は無くまさに九死に一生を得た形です。もしもあと1年放置していたなら間違い無く大腸癌になっていただろうと主治医に脅かされ、これを切っ掛けに毎年検査せざるを得なくなった訳です。

次の検査でも再びポリープが見つかりましたが、施術の結果こちらは良性でした。その後ポリープは見つかっていませんが、今年の10月に恒例の検査を控えています。果たしてどうでしょうか。

因みに、私は事前に某がん保険に加入していたので相当安く済みました。

亡くなられた俳優の今井さんの大腸癌がどのような経緯で派生したのかは定かではありませんが、いずれにせよもっと早めに検査か何かを施していたならばこんな悲しい結末にはなっていなかったかも知れないと、他人とはいえ残念でなりません。

俳優もそうですが、とかく有名タレントや各業界のトッププレーヤー、ストレス続きの忙しいサラリーマンなどはまとまった休みが取りにくい面があり、特にリーダー格になるとそこらじゅう飛び回るハードな毎日を過ごしていると思われます。今の時代はたった一度のキャンセルで突然干されてしまう事も時としてある事から本人も「検診?まだいいや」に成りがちで、面倒ぐさがってなかなか検査に前向きになれないかも知れません。

少しぐらい体調が優れなくとも無理して大事な仕事を優先せざるを得ず、最寄りの薬局で栄養ドリンクやら痛み止め、風邪、腹痛等の飲み薬の服用で一時しのぎするケースは日常茶飯事ではないでしょうか。また、テレビの通販番組を鵜呑みにしての明確な効き目も定かでないサプリメントの購入は勿論、内科医に軽く診てもらう程度では気づきにくい悪疾患もあります。

一人の俳優の今回の死を教訓とし、年に一度の定期検診を受けるよう心がけては如何でしょうか。何よりも健康が一番です。「いいんだ、こんな世の中いつ死んだって。」と言いながらビールジョッキを片手に焼肉店・焼き鳥屋で毎晩のようにどんちゃん騒ぎし、過剰な炭水化物の摂取を繰り返しているうち、そのうち後ろからそっと死神が、あなたの肩を叩くのです。その後で「死にたくない!苦しい!痛いよ〜、東京五輪観れね〜のかよ!」と叫んだところで、既に手遅れなのです。

定期検診なんてちょっくら終わります。怖いものではないのでご安心を。
プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア