category: 危機  1/5

核ミサイルから都市部の人命を守る良案があります。

この一つ前にも、それこそ延々と執拗に綴っています朝鮮情勢ですが本当すいません。何故これほどまで書いているのか自分でも不思議なくらいですが、軍事でも国際面に於いても全くの素人にも関わらず、そして思わず頷いてしまうような特別な内容も中身もなくです。単にアフィリエイトとか画像素材販売に繋がる客寄せや人気者になりたいがための話題作りではありません。これを読んだ全ての人に貴重な気づきになって欲しいその一点で...

  •  0
  •  -

米朝戦争になったら餓死するってほんと?

サウロンの目(環天頂アーク)2017.12.15撮影先日、直近で更迭が囁かれるティラーソン米国務長官が北朝鮮に対して「無条件で話し合いの機会を提供する」と先日公の場で発言されました。その後すぐにアメリカ政府はそれを否定していますが、私自身も彼のその言動には相当な無理があると感じました。そもそも北朝鮮はこれまでにどれだけの約束事を反故にしてきたか振り返れば協議などもはや最終段階まできたミサイルや核開発の時間稼...

  •  0
  •  -

北朝鮮の夜空に花火を放とう(Let 's release fireworks in the night sky of North Korea.)

先日の11月29日未明、北朝鮮は又してもあの忌まわしい弾道ミサイル実験を決行しました。聞くところに今回は最新型の火星15で飛距離はなんと13,000キロにも及びアメリカ合衆国全土を射程にできるほどの威力を獲得したようです。できる限りアメリカの動揺を抑える形でこれまでに多く行ってきたロフテッド方式を採用。ほぼ真上に打ち上げ大気圏を超えて日本の排他的経済水域(EEZ)内に着弾させました。北朝鮮の報道ではこれまでの記...

  •  0
  •  -

STAND-BY

北朝鮮への攻撃準備完了!もうかれこれ何回書いてきたでしょうかこの米朝有事がらみの記事。正直記事と言えるほどの内容であるかはさておきまして、まず上掲の画像ですが、これまで描いてきた挿絵といえば基本北の弾道ミサイルでした。しかしながらここにきて遂に北の核・ミサイル廃絶に本気で動き出そうという雰囲気のアメリカに於いて、その最終判断が軍事制圧にまさに動かんとする雰囲気が相当に高まったと感じています。トラン...

  •  0
  •  -

北朝鮮壊滅という残された選択

上掲の画像は先日自宅2階窓から撮った夕焼けに北朝鮮が放ったミサイルの光跡イメージを合成して作られたフィクションです。この光の線が何であれ実際に撮影された写真でないという事を念のため付け加えておきます。久々の夕焼けを見て、このタイミングで家を飛び出しどこか近場の広い場所を探しても時間的にこの鮮やかさは保ってくれそうもなかったので、仕方なく電線家並み入りで取り敢えず記録という意味合いは強かったです。 ...

  •  0
  •  -