広告素材のバロメーター!デジ画の日々 不思議

地球46億歳、今の人類実は第4世代?

地球をつまむ

上掲画像:『運命に弄ばれる地球』

先日、iTunesに組み込まれインターネットラジオ的な存在で広く知られるあのPodcastを久々に利用してみました。動画バージョンもある昨今ですが基本一般の音声配信番組で色々と探っている時、何やら『人類滅亡』なるタイトルを見つけました。

二人組によるやり取りのそのDJぶりに惹かれついつい聞き入っていると「俺たち人類って実は4世代目にあたるかも知れんと」という流れに。地球が誕生して46億年経ちましたが、人類といえる種が発生したのは高々1万年ちょいな訳でその起源まで遡るとしても『猿人』の痕跡が600万年以降でそれなりに人(ホモサピエンス)へと進化を遂げたのが150万年辺りだそうです。

そこから更に進化して様々な形で種が分散し片や滅び、言語表現を成し遂げた最強人の継承過程からようやく今の原型までたどり着くのが5万年前。完全な二足歩行とともに脳が肥大化し知能が発達した最終形が1万年前であり、その辺りが多くの専門学者の定説となっているようです。しかしここに来て意を唱える学者が現れました。

実は現在のこの我々人類は唯一無二の存在ではないかも知れないという上記の説です。現代技術の粋を結集し奥深くの地層を科学的方法で改めて調査した結果、ある周期的な間隔を置いて幾つかの極めて薄い層を形成するガラス質らしい物質が存在している事を突き止めたというのです。これは一体何を意味するかと言いますと、ズバリ『核爆発』です。

当時空気中に蔓延していた核物質が長い年月を経て地中に染み込んでその後の地殻変動の過程で幾度もの圧縮を経て科学反応し特殊なガラス質に変化したというものです。層の数ははっきり語られていませんがDJの話の内容から過去の遥か昔に3回ほどそのような状態が確認されたのでしょうか。となるとその『核爆発』の痕跡は過去世代の人類が起こした大規模な核戦争という想像もできます。

その都度地球上の全ての生態系が一旦滅亡し途方もない年月が流れて再び復活する、それを過去3回繰り返したという事なのか。

今まさに北朝鮮が核の脅威を振りかざしアメリカを含む近隣諸国、いや全世界を脅かしています。追い詰められれば常軌を逸し突如核ボタンのスイッチを押すかも知れない気分屋正恩氏の登場はかつてないほどに人類存続の最大の危機と言えるでしょう。現に100を超える北の同盟国に加えことさら親密とされるイランのような宗教国を介して不本意にも拡散しその核技術は元よりミサイルそのものが野蛮な指導者にふんだんに行き渡れば「アメリカを潰せ!十字軍を殲滅しろ!キリストはいない」とばかりに狂乱し核を後ろ盾にした前代未聞の大逆襲劇が始まる事もあり得ます。

そうなれば世は再び戦乱に突入し最終兵器である核攻撃がそれこそ日常茶飯事で行なわれれば大気は瞬く間に汚染され運良く爆弾の直撃を間逃れて僅かに生き残った人々が避難する地域など遂には一切無くなるのです。そして徐々に死滅して結果人類滅亡というシナリオに繋がっていくのですが、そのガラス質の地層がまさに現状の事の成り行きとその顛末を暗示(負のメッセージ)しているように思えてならないのです。


時代は繰り返すとよく言いますが、確かに地球年46億から人類劇6百万年を単純に差し引いた場合45億9千4百万年という途方もない時間が間違いなく残る訳で、過去にその6百万年ごとの人類誕生と後の大いなる進化と発展が何度も繰り返されて来たという一見架空とも思われる都市伝説的で強引な仮説でも、あながち全て嘘っぱちとは言い切れない節もあり迫り来る不吉な何かを感じます。

実際に地下に穴を掘って地層探検に行く事は今の掘削技術では到底叶いませんが、目に見えないが故に興味はむしろあの広大な宇宙に匹敵するほど湧いてきます。神秘的な地球の未知の地層に秘められた新たな歴史の発見が近い将来驚きを持って紐解かれる事を切に待ちたいとことさらワクワクさせる、そんなPodcast番組でした。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

UFO基地発見か?!

ufo基地?

先日ヤフートピックスをチェックしていると、「UFO基地ではないか」というような記事を見つけました。アメリカ西海岸のロサンゼルスに近い海岸から僅か75kmという可成り近い場所に位置しています。上図をご覧いただければ一目瞭然ですが、ご存知グーグルアース上にそれは存在していました。

二人の学者それぞれが我こそ最初の発見者と豪語し、ネット上で結構な言い争いを繰り返しているようですが、それよりも数年以前に別の方が既に突き止めていたという話もあるようで、「まあその辺はどうでもいいじゃないですか」と私はそう言いたい。

ところで、この直線はまるで意図的に引かれたように縦横に伸びている訳で、どう見ても地殻変動が原因で自然に形成された海溝のようなものではないと思われます。長い方の線がおよそ125km、タテ側は45kmほどあるそうなのですが、日本の地域に当てはめると東京上野駅から常磐線で茨城県水戸駅あたりまでの距離に相当する長さであり、どれほど巨大であるかがわかります。

人の手でそう簡単に引けるのもではなく、上述の専門家他学術的に長けた方々が声を揃えるかのように「これはきっとUFO基地に違いない」と今大きな騒ぎになっているとの事。こちらの海域では南のメキシコ湾から北上するようにここ最近頻繁にUFOの目撃情報が寄せられている事もこの話題に拍車が掛かりました。

中には「これだけ巨大であれば基地というよりも都市ではないか」と分析する人も居て益々盛り上がる訳です。もしも都市だとすればそこには相当な数の宇宙人が暮らしていてある種の文明社会を築いている可能性も考えられる事から、早急な究明を期待したい所です。

この拠点からUFOの浮上や潜水シーンが確認出来ればまさに今世紀始まって以来の大スクープになる事請け合いな訳ですが、もちろん危険も伴います。仮に人類がこの世に登場する遥か以前から地球に降り立ちここで暮らし続けているとするならばそれだけでも可成りの高度文明を持ち合わせているに違いなく、ひと度有事ともなれば人類の武力などたわいなく一捻りではないでしょうか。

さて、ここまで書いて若干懐疑的になったのは私だけではないと思われます。どう見てもこの地図からは都市には見えないのは明らかです。都市であれば多少なりとも建物らしき立体物が点在している筈で、金属のような反射物も在って当たり前です。作りがあまりにも簡素で感覚だけで解釈しても高度文明の成し得た姿とは程遠く感じられる訳です。

ただ何故このような幾何学的な模様が海底に存在しているのか、理解不能と言うしかありません。今後どのような続報が飛び込んで来るのか固唾を飲んで、いや特段気にかけず気長に待ちたいと思います。


ここで敢えて地球外知的生命体と切り離して考えるとすればどうでしょうか。遥か昔に栄えた未だ未発見の古代文明の夢の跡とも取れます。地殻変動の繰り返しで次第に海面が上昇もしくは地盤沈下によって一時の繁栄の後滅んだとも考えられ、遺跡発掘で金銀財宝なんて...こちらの方が可能性が高いように思え胸が高鳴るのは私だけでしょうか。

そしてもうひとつ。グーグル社によるジョークという推測はいかがでしょうか?陽気な欧米人の事その程度の悪ふざけがあっても不思議ではありません。とにかくは今後の展開が楽しみです。

【広告】
→直リンボタンも充実。ストックフォトPRサイト:DEGIGA.JPで気になる素材をGETしよう!

突如UFO出現!驚愕の26秒間をジャックせよ!!(6月24日はUFOの日)

文字色

今回は余りにも意外で驚きに満ちた動画をご紹介したいと思います。YouTube『ストックフォト魂』チャンネル内に『スペシャルクリップ』なる項目を新たに開設、その第一弾となります。(以降未定)

タイトルはなんと、『UFOとの遭遇』。

私が直に撮影し自身の肉声も収録されリアルな臨場感が実にたまらない驚愕の26秒間になりました。動画(録画)サイズも高画質のフルハイビジョンで、UFOの迫り来る迫力が一段と高まること請け合いなので是非画面を拡大してのご視聴をお勧めいたします。

私自身のもう一つの新たな驚きとしては、サウンドが挙げられます。これまでの動画投稿サイトに掲載されたUFO動画には殆どの場合UFO自体が放つ乗り物特有の機械音(起動系の音)がするものは無く、撮影者の驚きの声とか、マイクに当たる風きり音程度しか聞いた事がありませんでした。

時にハリウッド映画並みの
嘘丸出しの戦艦並みの母船が登場する動画も散見されますが、確かに音は付けているのですが、いわゆる漫画になってしまっている感は否めません。

しかし当UFO動画は違います。
未知の音と重なるように確かな動力源らしき機械音が聞こえます。収録時間はあっという間の僅か26秒ですが、まるで撮影者(私)の横で一緒に眺めているかのような錯覚さえ覚える臨場感に満ちた映像ではないかと思いますので、是非一度ご視聴いただければ幸いです。

実はここ数日、フェイスブック投稿で3回に渡って当UFOシリーズの火星編(全て静止画)をアップしておりまして、この4回目の動画がその締めくくりという訳です。

→私のfacebookウォールはこちら(FBアカウント取得者のみ閲覧可能)

さてこれは嘘か誠か、真実は動画を観てのお楽しみ!

もののけが目覚める

関東地方一円ではここ最近 夏日を記録する日が多くなってきましたが、みなさんのお宅では如何でしょうか。ここ茨城県笠間市も今日は朝から強い日差しが照りつけるまさに夏日(25度以上)になっています。今このブログを書いている部屋では、まだエアコンをかけるほどの室温ではありませんが背中側に位置する2軒余のサッシは全開にしてある状態です。デスクは西側の壁際なので今のところ蒸し暑さは感じません。

世間一般に私も歳のせいでしょうか、このところ健康を少なからず意識するようになり毎夕食後などにおおよそ30分ほどかけての軽いウォーキングを心がけるようになりました。トレーニングというまでもないやや早歩き程度なのですが、帰ってくる頃にはことさら疲労します。距離にすると概ね3kmほどになるのですが、昨年12月9日から始めてかれこれ半年近く続けている計算になります。

おかげさまで現時点で8キロ強の減量に成功、幾分かお腹も凹んで高かった血糖値やヘモグロビンも緩やかに降下中で可なりいい感じに来ています。摂取量を抑制するなどもちろん食事にも注意を払っています。

そのウォーキングをしている最中なのですが、少し気になる事があります。初夏の入り口に入って気温が上昇してきたせいでしょうか、田植え間近の水を敷いた田んぼの脇を通れば、あのけたたましく鳴り響くアマガエルの大群とも思える大合唱の音の渦に思いの外包まれます。都心では到底味わえない自然が織りなす大公害と言っていいでしょう。

「今の時期、こんなにまとまって鳴くなんて珍しいな。」

歩く道路で何度も目につくのはモゾモゾ移動する毛むくじゃらの蛾の幼虫。家に帰れば階段の壁に体長5センチ近くにまで成長したゲジゲジ虫がスルスルうごめき、何しろそこらじゅうから大なり小なりありとあらゆる虫たちがそこ此処と驚くほど大量に這い出し始めているのです。

ここまでは毎年5月にもなれば何処の場所でも大概見かけるそれなりの光景ではないかと思う人もいるでしょうが、実は朝の愛犬との散歩でも気になる事がありました。それは周辺を行き来している野鳥の数です。普段の散歩コースは田んぼと畑に囲まれた木々の少ない幅4メートルほどの舗装道路で殆ど自動車とは行き合わない閑静な場所。だからでしょうか、多くの野鳥が住処兼食事、はたまた恋の舞台に子育てと盛んに共存しています。

スズメ、ウグイス、ホオジロ、セキレイ、キジ、ヒバリ、コサギ、アオサギ、ゴイザギ、ハシボソガラス、ムクドリ、マヒワ、シジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ、ツグミ、モズ、カワセミ、チドリ、コジュケイ、マガモ、カワウ、キジバト。耳をそば立てて目を凝らせばまだまだたくさんの鳥たちと出会えるとは思いますが、この狭い範囲に可なりの種類が生息している事は間違いありません。

ただ、前出の『数』が例年に比べて異常なほど多いのです。ヒバリに関して言えば通年1〜2羽ほどが半径200〜300メートル内に確認できれば十分だったのですが、畑一区画(一反部)に3〜5羽ほども群れてテリトリー確保に加えメス争いまでやっている始末。キジの数も半端なくそこら中のエリアで鳴くオスの声からすると半径1キロメートル内に少なくとも10羽ほどは居ると視ていいでしょう。

これは異常な感じです。ここ数年地球の気象の変化度は著しいと聞きますし、オゾン層の破壊から始まって、大型ハリケーンの頻発、海遊の混乱から海洋生物が種を問わず大量死する事象など世界中からは今も多くの異常現象が報告されています。

日本国内でも先日大量のイルカの群れが茨城県内の浜に打ち上げられたというニュースが話題になりましたが、西日本(特に四国地域)では致死性病原体を媒介するマダニが大量発生して男性一人が死亡。隣接県に注意喚起もあったところです。

今後更に気温が上昇する中で、今年の夏あたりをピークに何か途方もない自然現象が発生するように感じてならない訳です。地球を身体に例えるならば我々人類は一つの細胞にも満たない極小生物に過ぎません。もしかすると細胞を構成する根本物質よりも小さい筈です。地球規模(内部含む)で些細な何かが起こってもその薄皮の上に暮らす我々極小生命体など吹けば飛ぶようなものであり、事態が深刻であれば一瞬で滅亡してしまう事でしょう。

もののけが目覚める時、それは自然からの警告なのか。Xデイはもうすぐそこまで迫っているのかも知れないとついつい妄想してしまう今日この頃です。

UFOってもしかしたら生命体?

皆さんは宇宙人(知的生命体)は存在すると思いますか?ここ最近は宇宙空間から観測出来るいわゆる宇宙望遠鏡のお陰で、宇宙空間の可成り細部まで見通せるようになりました。その結果、ここから20〜120光年離れた場所に恒星の周りを程よい距離(ハビタブルゾーン)をおいて廻る地球に良く似た惑星の幾つかが発見され、少なくとも何らかの生命体が存在しうる確率は大幅に高まりました。

残念ながら今の現代科学と技術をもって短時間でその地点まで確認に出向くことは敵わない訳ですが、しかし相手がこちら(地球)を目指す事は可能かも知れません。我々人類の歴史を遥かに上回り先を行く高度な科学文明を携えていればの話ですが。

以前このブログでも似たようなお話しをしたような記憶がありますが、高度な文明社会と言うものは同時に破滅スイッチを押すリスクも持ち併せているという事です。この地球でさえかつて広島長崎に当時米軍が投下した原爆ですが、今やたった一発でその数百倍〜数千倍の破壊力があると聞きますし、高々西暦2000年ですよ。

人類と良く似た知的生命体が一時、その惑星で豊かな暮らしを謳歌していた時期が幾らかはあったでしょうが、その中の一部の狂信家集団らがある日革命なりを起こして、自らの世界を滅ぼしてしまう確率は相当あります。加えて天変地異も頻繁に起こる訳で、最高の文明を引っさげておよそ光の速度で数十年以上掛かる地球になどのこのこやって来る方が奇跡であり馬鹿げた空想(ナンセンス)と言えます。

ましてや、危険な思いまでして大気圏突入を試みたにも関わらず上空をただ何の脈略もなくふわふわ移動するだけ。本当か嘘か「あれもしかしてUFOじゃねえか?」などと地上で指さして騒ぐ輩がちらほら。

コロンブスだってザビエルだって遣唐使遣隋使だって、アメリカのオバマ大統領だって必ず重要な目的をもって他国を訪問する訳で、宇宙人が素通りだなんて余りにも不自然だと私は考えます。言葉の壁があったにせよ、彼らはきっと流暢なテレパシーを使うだろうし、安全面から有害な物質を遮断出来る防護服は着用しているに決まっています。思わぬアクシデントに対応出来るよう強力な武器も携行しているでしょう。だから人類に会えない筈がないんです。

とまあ、宇宙人襲来のこれまでの目撃例の殆ど(98%)が見間違いや偽装ビデオ、気象の影響によるパルス(稲妻上の電磁波)が球形に光ったりというのが多くの科学者(専門家)が示す見解です。ただ、残りの2%についてはどうしても立証出来ないとして現在も続く議論の対象である事は私も否定はしません。

1週間ほど前にはドイツブレーメン空港上空に突如飛来した一つの光る未確認飛行物体の影響で着陸直前の旅客機が旋回して待機する騒ぎで混乱したというニュースが流れていたり、つい数日前山形県川西町の小学校校長がUFOらしき奇妙な飛行物体を撮影しているなどリアルな情報が続々入っている事から、私も客観的に再度思いを巡らしてみました。

あの光や飛行形態、言葉を交わす事もない。そんな理由からふと、「UFOはそれ自体が実は生命体なんではないか」という一つの答えを導き出しました。

だとすると結構辻褄が合って来るんです。何処かの遠い惑星が地球に似た生命の誕生とその維持が可能な成分で満たされていたとしましょう。ただし生命誕生に必要不可欠な根本的物質が違うと仮定します。地球の場合は、炭素、水素、窒素からアミノ酸が生成されてタンパク質を作り酵素を生み出します。酵素が生命のコアとも言える細胞分裂を促して生命が誕生するといった具合なのですが、そもそも地球での生命の起源というのはその後の地殻変動の連続から偶然起こったそれ自体がミラクルなんだと思ってください。

それではUFO型生命体(仮称)は何から派生し生命維持されているのかという事ですが、放射線やメタンなど各種の原子で構成された化学物質、磁力線や未知の元素化合物の何らかの融合から新たな生命体が生まれるような同様のミラクルがあっても決して不思議ではないと私は想像します。

だとすれば、一般にUFOがホタルイカやアンコウのように光り輝く理由はきっと別にあるのだと理解出来ますし、未知のエネルギーを蓄えているからこそ超高速で飛び回る事も出来るのでしょう。あんなに激しく動く中に人が居たら壁に叩き付けられて内臓破裂で死んでます。

ひょっとするとある惑星で生まれ出たUFO型生命体は非地球型の不老長寿装置によって、つまり目や花、耳などの五感全てを超進化させた体内の永久エネルギー体が全ての行動を補完しているという事かも知れません。

なので例え光の数分の一の推進力だったとしてもあてもなく宇宙空間を1000年も移動していれば数光年稼ぐなんて至極当たり前の理屈になります。

結論(未解明の目撃2%の答え):
ある時その一部がたまたま地球に立ち寄っただけ、かな。

UFO型生命体群と母なる惑星

どうでしょう皆さん!そう思いませんか?試しに想像図を描いてみました。まさに今生まれたばかりのUFO型生命体が惑星を取り囲むように群れて宇宙空間を漂っている様子です。そして、一匹また一匹と無限の彼方へ旅立っていきます。※画像はヨコ幅800Pあります。

私としては「UFO型生命体」ではなく、もっと生き物っぽい名前付けてみたい気分です。






テーマ : 宇宙・科学・技術
ジャンル : 学問・文化・芸術

プロフィール

デジ画職人のいっつぁん

Author:デジ画職人のいっつぁん
フリーの3DCGイラストレーター兼プロ写真家です。今のところ殆ど無名ですが、家族共々どうにか食っていけてます。仕事は主にストックフォトで2009年より動画素材も手掛けてまさに三足のワラジと言ったところです。

カレンダー
11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
ご来場者
最新記事


カテゴリ
ランキングにご協力ください

FC2Blog Ranking


スポンサーエリア