デジ画の日々 NEXT

ストックフォト素材の企画制作:DEGIGA.JP公式ブログ

より深刻度を増す我が人類の運命は如何に① ¥500均一直販、今回は『地球素材』

free500-AFX-HN0064


経済の先行き不安高まる>
我が国に於いてもその危機感は月を追うごと徐々に高まっています。検査数が増えれば自ずと陽性者は増えるのでこの数字だけを見て恐怖心を抱く人は多いと思います。どこもそうですが身近に陽性者が出るとおよそ途端に噂が広がって半ば村八分的差別を受けるという報告が結構な数に及んでいると聞きます。中にはその地域を捨て他県に移転するいった事例まで出てきました。誠に残酷な話です。

世間がウイズコロナに心身ともに慣れっこになるまでにはまだ相当な時間を要すると思われますがただそれ以前にもっと深刻な事態に身を削る事になります。何かと言いますと紛れもない生活苦です。取り敢えず今はその影響は微々だとしても企業というものは共に連結しあって成り立っており請け負い下請けの立場上実質発注主また大手元請けあっての物種であり上が疲弊すればそのしわ寄せはそのまま下々に伝播する訳です。

世界各地の名のある超巨大企業の業績が軒並みマイナスを計上、多くで想像を絶する大赤字に転落し愕然と肩を落とす無残な数字が踊っている始末です。先日はバージン航空が倒産、衣料品大手のワールドは一挙5ブランドを廃止しています。自動車メーカーの日産三菱連合は赤字額合わせて5000億円余りに達しました。本日決算のトヨタのこれまた概ね赤字とはいえその額がどれほどかまさに固唾を呑んで見守っている状況です。

天下のトヨタが没落すればこれまで大株主として市場介入してきた日銀の努力も水の泡となりその数字如何によっては平均株価を一気に押し下げる可能性も出てきました。4月でしたか確かアメリカ株と連動して一時16000円台まで下落したと思いますがそれこそ今回は流石にただでは済まないと思っています。少し話が逸れましたが何しろ実態経済を支えているのは紛れもない国民一人一人の努力と貢献であり金融業界ではありません。

もしも今後変わりなく感染者が爆増し続ければ多くの企業の人員確保が覚束(おぼつか)なくなり事業縮小に連れ厳しい資金繰りなりが必ず襲ってきます。このところ同じ屋根の下に暮らす家庭内クラスターが日増しに増えている事からも危機感は募ります。これが大規模化すると生産物流販売網更には輸送大動脈の鉄道空路も様々極端な人手不足に陥って機能しなくなります。時を同じくして院内感染が各所で頻発、既に病床はパンク状態であり自宅で治療待ちの重症患者がバタバタと亡くなる悲しい光景が目に浮かびます。

かなりの罹患率に達すればいずれこの私も遅かれ早かれコロナ感染してしまうでしょうし歳も歳なので生還できるかどうか。WHOの発表では「ワクチンは特効薬にならない」らしくそこは人にもよるのでしょう。大阪府知事が突如うがい薬が効くと言い出しましたがアレってまだ治験的検証がされていないので果たして効き目は?と懐疑的になるとはいえ反面既に店頭からうがい薬が怒涛の如く姿を消しているそうです。マスク騒ぎもそうでしたが藁にもすがる思いとはこういう事なんですね。


株価と実体経済の乖離顕著>
安倍政権は国難極まりつつあるこの事態に至ってもなお何を考えているのでしょうか。普通に考えれば『GoTo』は即取りやめて『帰省禁止』とはっきり言うべきです。丁度お盆に当たる訳ですからいっそ前倒しで緊急事態宣言を発令して8月末まで強力な規制を掛けていいタイミングと思うのですが目下のところその腹積もりは一切なさそうです。3月〜7月までの失業者が計4万件超、あれからもう一ヶ月経っているので軽く5、6万人(隠れ失業含む)それ以上は行っていると思われます。

専門家が示す今後の企業倒産件数予想ですが少なく見積もっても全体の7、7%27万件250万人が失職すると警鐘を鳴らしています。この惨状を以ってしても株価が2万円代ならそれこそ我が国はどうかしてます。ある日を切っ掛けに突如外資は流れ国内の資産家も海外に資金を移して即刻国外退去、円を売って金(きん)に換えたりアメリカドル及びユーロ換金とくればいよいよハイパーインフレ所謂デフォルトに一気に突き進む事になり、まさしく日本壊滅です。

時の政治家一団も我先に海外逃亡するんじゃないでしょうか。さて残された国民の運命は如何に、マインドを尽くコントロールしてしまう新型コロナウイルスってほんと罪です。皮肉にも中共の世界征服ここに完結す?


ちょこっと¥500画像の宣伝>
本題後回しで恐縮ですが、今回ご紹介する¥500均一直販ビジュアルは上掲の『地球素材』になります。このパターンのタテ位置タイプは預かったのですが何故か専らプレーンなこちらが落選、余黒も十分あって文字乗せには打って付けと言えますが何なんでしょうか。見ては日本が中央に配置されており程よいネットワーク構成も有り難い逸品です。何しろ長辺が4800ピクセルあるので印刷用途は勿論4K放映用ビジュアルとしても大変重宝すると思います。

→詳しくはこちらをチェック!

よくやった!水中撮影実写素材が¥500ポッキリ

free500-IF-HH0891


水中撮影に挑戦>
今日ご紹介するのは例によってあの¥500均一直販サービス商品ですが、前回に続いて実写素材になります。今度の素材はあれ?「これって水中?」、そうなんです水中撮影にチャレンジした時のものになります。カメラをウォータープルーフパックに詰めて決死の覚悟で撮影した中の一枚となるでしょうか。

一つ間違えばカメラ水没でおじゃんともなり得るわけでなかなか勇気のいる決死の素材制作と言っていいでしょう。かれこれ数年前になりますが今住む茨城県から遥々およそ市道で3時間程かけ栃木県の山間部『奥日光』まで遠征し捉えてきました。確か6月上旬だったと記憶しますが何しろ標高2000M近い上の方はまだ半分冬景色で戦場ヶ原は枯野状態、少し先の遊歩道の所々で霜が張っていて下界とは驚くほどの差異を感じました。

勿論そこを伝って流れる小川はまるで氷水で30秒と触れていられないほどです。が、とは言ってもその水面下に生え水流に揺れる水草は青々とまさに新緑であり、冷たさならではの水の透明感清らかさは寧ろ撮影にうってつけのシチュエーションを存分に提供してくれます。

防水具にカメラを忍ばせて右片手持ちですかさず水の中へ差し入れ早速撮影に取り掛かったのはいいのですが、何分にもこの冷たさ故にレンズ全部が物の見事あっという間に真っ白く曇ってしまい続行不可能。そこまで予測できなかった自分を責めつつウェスでしつこく拭き取りつつ何度かトライする内にカメラも程よく冷えてきたのでしょう、ある時点から全く曇らなくなりました。

リモートコードでモニター出来るほどの豪華なシステムは組んでいないので専ら勘を頼りにシャッターを連射する中、取り敢えず形になった一枚と言えます。きっと数百カットは行ったかと思いますがやはりめくら打ちは難しく、また途中レンズを様々ひっかえとっかえ撮影場所あっちこっちの連続はかなりこたえました。

撮った結果からどちらかというと焦点距離は広角が勝ります。程よい奥行き感とともに流れ来る水流のうねりにも立体感が溢れて迫力があります。何しろ水面下の水草の緑色が見上げる水面内部に広がって実に爽やかであり、その揺らぎの浮遊間に癒されるそれは一種独特な森林浴を思わせる風景ともなりました。

当画像以外にいくつか似たパターンが存在しますのでよかったら他の素材もチェックしては如何でしょうか。昨日いよいよ梅雨明けとなり今後は連日の真夏日猛暑日の予想です。そんな風情に欠かせないのが冷ややかさに満ちた水画像であり、文字や商品を載せるにもってこいの使い良さには定評がある当水中画像を是非ともご用命いただければ幸いです。

→DGIGA.JPサイト『¥500均一直販ページ』で作品をチェックする。



追記:
実に驚くほどに『紅葉』画像は豊富です、8月に入ったばかりで時期的には少し早いとは思いますが『紅葉』こちらのラインナップも大変オススメです。今のうちにまとめていくつかピックアップされてはどうでしょうか。それなりのお宝発見に繋がるかも知れません。ほか『夏』に関係する季語素材豊富にお待ち申し上げます。


東京都の本日1日の感染者数は一体何人?まさか600人?

落花

盲目の日本政府>
すいません、もう何度この我が国の危機を訴えてきたでしょうか。こういった暗い国の話題は前回を最後に終わりにしたいとも書きましたが、流石に本日の感染者数が気になって仕方がありません。まあ、最悪でなくとも言うことは言いたいと思い再度書き留める事にしました。

出来ればストックフォトについて更に掘り下げた話題をご提供したい訳ですが、いや、その方が皆さんにとっても有益だと考えます。ところが我が国はてんでこの有様であり実際にこの私も「一体次何を制作するべきか」と手をこまねくばかりで一向に作業が進まない状態です。きっと何を作っても撮ってもさして即売上に反応してくる状況にはないでしょう。

もはや打つ手なしという心境に絶えず苛まれています。今年はどうにか保ってもさて来年は?と不安は隠せません。もしも以下の内容が現実になれば間違いなく職は奪われます。これは私に限った事象ではなく、遅かれ早かれ皆さんにも訪れる最悪のシナリオとなりますでしょうか。

ここから

degiga.images
東京の月火の検査数とその陽性者の比率を本日発表される昨日5000件で換算すると目を覆いたくなるほどの膨大な罹患者数になる公算は大です。およそ600人前後になるのではないかと予想します。さて本日は残念ながら我が国の行く末の最悪なシナリオをこれまた予測したいと思います。皆さんが現時点でどの程度そんな未来に待ち受けるクライシスを意識しているか分かりませんが、多分ですがこれからお話しする内容の具体的なその地獄への道筋を概ね否定するかも知れません。が、しかし十分あり得ると私はいわば確信にも近く危惧しています。さてそれではまず直近で起こるであろう事は何でしょうか。今まさに飛んで火に入る夏の虫ならぬ無謀な『GoToトラベルキャンペーン』真っ最中ですが、すでに各都道府県に於いてその感染拡大は第二波へと移行しつつあり自治体の多くで感染者数が過去最大を更新しています。用心に用心を重ねてきた岩手県でも遂に2名の陽性を確認、感染者は離島も含めほぼ全ての地域に蔓延したと言えます。

此の期に及んでも未だ厳格な対策も打たず放置し続ける政府とむしろ打つ手を失った各地域の疲弊は益々乖離するに違いなく、徐々にその数が増える中高年の重症重篤者を始め中度軽度並びに無症状感染者受け入れの医療施設はもうじき満杯になる筈です。ここで一つ言えるのは増やす事に拘る例のPCR検査数ですが単純に検査し陰性結果の後に罹患すると考えてください。全国民に一斉に検査し陽性者を即時隔離しなければつまりは殆ど意味はないという事です。結局次から次へと感染者は断続します。となると次に来るのは経済の停滞です。接触や飛沫空気感染など所構わず感染場所が拡大すればクラスターは途方もなくなりその時点で抑止はお手上げ状態に陥ります。あらゆる立場の人々に感染者が続出、オフィスに工場・飲食小売店舗・食品スーパー・公共交通機関様々・物流基地・教育・福祉・観光・イベント業の現場各業態業種に悉くウイルスが蔓延したならどうなると思いますか?各所閉鎖のラッシュから市場経済は完全停止に追い込まれるのです。

そうなればかなりの国民が恐怖に慄き家の中から一歩も出られない状態でしょう。いずれ備蓄食材が底をつき飢餓困窮が続出、悲劇はそれだけではありません。銀行も役所もほぼ機能を失う事になるので各種手続きに入出金も不能、給料年金の支給すらストップします。それこそ地域は広くゴーストタウン化すると思ってください。内部の感染者続出で警察機能が働かなくなれば途端に犯罪が爆増します。飢えを凌ぐがためにまともな人でさえ感染死覚悟で犯罪に加担し暴徒化、大胆な店舗襲撃が頻発します。タガが外れた破壊活動はほどなく政府機関にも及び要人の見せしめ処刑や暗殺の果てに我が国の統治機能は瞬く間に崩壊します。私は以前からしつこいくらいに『人の移動を止めるため経済機能を2週間だけほぼストップさせたらどうだ、ウイルスの潜伏期間が過ぎれば一気に収束に進んでその囲い込みや追跡も局地的で済む」と絶えず訴えてきましたが聞き入れてくれる人は未だ一人も現れません。法人個人厭わず何故決断できないのか、死に急ぐ目先の金がそんなに惜しいのかと言いたいです。

ここまで


経済早期復調の最終手段>
たった2週間休む(止める)だけなんですがね。警官や自治体監視のもと事前に食料調達で備えれば高々2週間ですし十分耐えるのは可能です。散歩や児童公園での息抜きくらいは出来ますしゲームや*テレビまた読書ほか身近な好きな事で暇をつぶすのもいいでしょう。*電気や*ガスは普段に変わりなく供給されますし、止まるのは電車などの交通機関に銀行や役所機能、ショッピング全般に各所イベントレジャー施設、もちろん自動車の運転も規制され違反は許されませんが。

※報道機関ほかインフラ人員は現場泊まりがけで備えている前提。

その2週間のみ何しろ家に籠もれば良いだけなのです。国は僅かな支出で済み全ての請求がその期間概ね免除されるので国民負担もほぼゼロ。解除後の監視追跡はしばらくは必要でしょうが、入国者への徹底した水際検査を施せば飛行機も飛ばせます。今の政府の指向性からして変わらずこの状態が続けば上述の予測がほんと現実になると思いますよ。

初めのうちは「おっさんいちいちウッセーな」、数日経って「え!まじかよ」、一応責任転嫁「俺悪くねーから」、生活に行き詰まり「マズ、どうすっぺ」、遂には食料が底をつき「誰か助けて」、途方に暮れて出歩いて感染、最後はみんな一緒にバタンキュー。

追記:
午後1時過ぎに東京都の昨日1日の感染者数が発表されました。過去最高の367名だそうですが、どこか変です。単純にだぶつきを無視すれば1000名ほどになる筈で、跨る前後検査分を省くとしても600名辺りになるだろうと専門筋の見解もありました。やもすると国民の反発を恐れる政府(厚労省)が出口で数を都合よく間引いている可能性があります。どう見ても計算が成り立ちません。

¥500均一直販サービス『今日のオススメ』はこれ!

free500-IF-HY2425


学業も就活もてんてこ舞い>
コロナの蔓延は未だ収まらず3月から数えて7月も押し迫まりあれよあれよという間に8月を迎えようとしています。学生さんの多く、特に小中高生などは3ヶ月という長期にわたる自宅待機を余儀なくされて身も心もヘトヘト状態でありそこにようやく訪れた登校授業とはいうもののそんな遅れを取り戻そうと図らずも夏休みが短縮され今も休み返上で猛勉強を強いられています。

エアコンが設備されている教室はそれでもかなり限られると聞きますので連日に及ぶ高湿度の中果たしてそんな授業環境で知識が身につくものなのか可哀想でなりません。来年の高校大学受験において学力の格差が問題視されており、そこに関わる今年の学生はほんとついてないです。何とか追いついて遅れを取り戻せればと念願する次第です。

合わせて就活の面々も大あらわです。今回のコロナ騒ぎで極端に業績を落とした企業では業界に関わらず新卒採用を取りやめるところが出始めているといいます。中小企業に止まらずそれは名の知れた大企業でも同様で、大方アパレル飲食および観光業界関連により多く見受けられます。市場経済とは企業間ごと少なからずなにがしかの商品が絡んでいる訳なので一見畑違いのようでも納め先がたまたま観光地界隈であったり、流通にしろ販路先の注文が減れば勿論その分収益は落ちます。

これが貿易に関わればその輸出入量は莫大でありヨーロッパはじめ中南米のコロナ被害の現状を鑑みれば互いのモノの出入りに与える影響は甚大であるに違いありません。来年の新人就職組の前途が危ぶまれます。ただそれでもそこをなんとか潜り抜けて新たなビジネスチャンスをものにしなくてはならず、守り一辺倒では未来は開けないでしょう。こんな時だからこその新ジャンル開拓が求められると同時にむしろチャレンジのしがいがあるというもの。


思い出される隆盛期>
稀に時代が大きく変わる変革の瞬間に立ち会っているとも言えなくもありません。まあかっこいいことを並べてみたものの私自身はどうかと聞かれれば、求められる社会の担い手としては既に還暦過ぎて蚊帳の外なんでしょうから今できることを淡々とやり続けるしかないという心境です。唯一の私のスキルはこれまで仕上げたビジュアル素材何分にもそれでしか社会に貢献できる手立てはありません。

時の蓄積が織りなすより幅広く使える製品の創出が結果としてどんな時代にも適応当たり前が初めて世間から認められる条件でありそこから都度見合った報酬を享受できる。私が生き抜くための掟(おきて)は誠厳しい限りです。遡ればおよそ5年前になりますが、売り上げの隆盛期が2015年から16年中頃だったと記憶しますが、その時期を境にじわじわとその収益は低下の一途を辿って今に至ります。


¥500って安過ぎ?>
コロナの蔓延はそれこそ息の根をとめる一撃と言っていいかも知れません。今回の一種無茶振り¥500均一直販の試みは最後の一手とも解釈できます。しかしながら当サービスを開始直後ふと思ったのですが、これって余りに安過ぎるのではないかです。マイクロストック販売に於いてもフルサイズ素材を¥500にはとても出来ないはずで一般に¥5000が相場であり仮にまとめ売りサブスク販売であっても単品換算で精々¥2000が最安限界なんだと思うのです。

つまりとことん安ければいいかと言うと、「待てよ。こんなに割安だとむしろ仕事を請け負った側がクライアントに報告しに難くないか?」です。最初の見積もり30万円で請負った仕事に使ったビジュアルが¥500では到底辻褄が合わない、後になって「それならその分引いてくれよ」と言われかねない訳です。まさにそこは迂闊でした。

まずはご安心ください。今更どうしようもなく急な変更も難しいので取り敢えずこのまま突っ走りますが、まあそうは言ってもある分野また業界と使い道によってはきっと需要はそこそこあるでしょうし、個人ユーザーも躊躇なく購入出来る価格¥500(税込)に眠れる新たな市場を期待して止みません。

希望のビジュアルIDをメモしましたら『連絡』フォームよりお気軽にご注文ください。お待ちしております。

→¥500均一直販の『購入手順』詳細はこちらブログ記事

→DEGIGA.JPサイトの¥500均一ショップページはこちら



オススメ!清々しい丘イメージ>
さて本日ご紹介しますピックアップ素材は『北海道・夏の丘』です。以前北海道富良野地域を散策して偶然見つけたある牧場の一角を捉えた作品になります。何しろ丘陵はどこまでも続いており果てしなく車を走らせたその行き止まりでそれは奇跡の出会いでした。空には程よい雲が浮かび小さく立ち並ぶ数本のポプラ?、こんな超絶な風景はそうそうありません。多分ですが、名所巡りに躍起なカメラマンの殆どはこの場所はご存知ないと思われます。

敷地を写しているとはいえ撮影は市道からであり特に所有者を特定する不都合な目印また辺りを見回して『撮影禁止』札も一切なく地主からとやかく言われるような画像ではないと思います。それでは何故こちらのビジュアルが3社ある販売代理店全てのセレクトから外れたのかと言いますと別途2〜3点似たショットを既に預かったからです。実際そちらで売れたかどうかは記憶にありませんが見ては結構使えそうな質の高いシチュエーションには間違いありません。ぜひお勧めいたします。

■ご注文後即日DLお渡し、お支払いは一週間以内最寄りのコンビニATM、簡単でしょ。




この脳ミソ、たったの¥500で使えます。

free500 ID:AFX-HN0056


GoTo¥500始まってま〜す>
早速ですが上掲画像をご覧ください。去る今月21日にスタートしました『GoTo¥500』に含まれる一つのCG素材です。これがわずか¥500円でご提供できるという無謀さはまさに前代未聞であり、かつてこれほどの破格値で販売した例があったでしょうか。内容をつぶさに観察すれどその拘りが画面からほとばしります。

当CG画像に含まれるすべての要素は文字や図形描写含め3D空間ソフト内で作成されたもので、そこからレイヤーに書き出して光芒など様々な効果を加えたのちに完成されました。事前に描いた絵コンテを元に各種素材を組み合わせ思考を巡らすは1時間、それに続いて各所を分離してそれぞれ画像生成に要したレンダリング時間はおよそ2時間以上、その後書き出した画像同士をレイヤーに重ねて一体化させ演出そして指定形式に書き出し保存等々この一作品の完成までには総じて大まか4時間前後掛かっていただろうと想像します。

そんな手間暇かけたフルサイズ長辺4800ピクセル画像素材が何と¥500(税込)という事になります。確かに必要に応じたその都度の利用目的如何に掛かってくる訳なので、よく出来たからといって即購入には至らないでしょう。少なからず今回サービスを機に是非とも当DEGIGA.JPアドレスをブックマークいただき常にアクセスフリー状態でのキープを切にお願いする次第です。

脳ミソ画像というのは最近は結構幅を利かせているようで、こと人工知能(AI)やらテクノロジーの進化系バックグラウンドイメージとして、また心理学、医学、ヨガ、セラピス事業等リラクゼーション分野で各種書籍(BGM関連)に多く活用されている傾向が富に伺えます。繰り返しになりますが兎に角こちら¥500均一を以って格安で手に入る画像素材はそうそうないと思いますので、何卒注力いただきますようお願い申し上げます。
※画像周囲は単色黒ベタなので余黒スペースを拡大でき上下側延長で縦レイアウトへの変更も容易です。

→DEGIGA.JPサイト特設『Shopページ』ですべての素材をチェックする。


今後も不定期ながらピックアップ画像をこまごま換えながらこちら新サービス詳報は続ける所存です。ある時にご紹介した画像素材から膨らむイマジネーションが結果必要不可欠かついい形として購入すべき糸口に繋がれば幸いです。実写画像につきましては何しろ販売総数が現時点で優に1400点を超えており、ページ送り36項を一通り見て歩くだけでも一苦労です。特に実写素材では主に季節感を重視したその適度なタイミングで当ブログに随時掲載していければと思っています。


本命に届かない苦しみ>
ここまで書いてふと思うことですが、このようなセールスは結構これまでも比較的多く当ブログに記述してきた訳です。合わせて関連のSNS、例えばFacebookページでの同時広報、既に立ち上げてから5年になるYouTubeチャンネルに加えInstagramブログ等々、新作素材が公開(販売)されるたびにすかさず進行著しく盛んに宣伝をしてきました。

とはいえその反応は相変わらずの無しのつぶてであり、今もそれは変わりません。ここで一つ言えることはおよそ素人寄りの『無名』である事が挙げられます。同様の事業に今も携わる私の知り合いを一人例に挙げるならば彼は都内の有名写真学校を卒業しそれ以前にも海外スナップを主体とする写真集を一冊出していました。一種別途売り込み用ストックフォトカタログといったきらいはありましたが、当時はそれこそそんな海外写真が飛ぶように売れていて相当ウハウハだったに違いなくその資金力のなせる技と言えるでしょうか。

それから時経って晴れて正式な法人(株式会社)設立と相成り私も誘われて一時期そこの作品制作兼ウェブ構築技術者として働いていた時期もありました。その後独立して今に至るのですが、一人になった彼がほぼ同時期にスタートさせたのが所謂『直販』です。DVDメディアから始まって現在はブルーレイメディアに4K動画を収録しアマゾンほか広く販売網を広げている状況です。

何故か彼の所には注文が殺到しています。私が所属していた頃もそうですが結構な注文数でした。知り合いの代理店を通していた事もあり手間半分で結構いい売り上げだったに違いありません。その作品中には当然ですが私の作品も殊の外多く含まれています。疑問はつまりそこなんです。何故ブランド違いでこれほどユーザー反応に差が生じるのか?ほんとそこが不思議でなりません。

私が考えるに原因の多くが先の『無名』であるとしても更に私に著しく欠ける何か重大な戦略ミスがあるのではないと思えるのです。一つはサイト構築時のSEO対策の不備、これはこちらブログにも言えることですが、実に真の顧客にほぼこの情報が届いていないという現実は大きい筈です。何せメインターゲットであるべき人が誰も知らないどころかブログ記事を読んでくださる大部分が専ら同業者ほか代理店関係者なら反応しないのも無理はありません。ましてや単に写真好きのFC2ブログ会員がその殆どを占めたなら商売としても申し訳ないですがそこには殆ど商機としての意味はなくなります。

特に同業者であれば尚更で宣伝してくれるなどあり得ません。自身の利益を蝕む相手に対しては本音でそれこそ「失敗しろ、消えろ」でしょう。非常に残念な事ですがしかし、そこからどうすれば的確なユーザーと結びつくことが出来るのか、頻繁な有料広告?人物モデルへの投資?法人化?Amazonなど大手代理店を介したEC経路構築?権威づけ?どれも今すぐ取り掛かるにはあまりに壁が高すぎます。


馬鹿正直すぎた半生>
そこまでしなくとも何とかならないものかと遥かもう10年以上前から思案し続けており未だ結果出ず、ほんと悲しい現実です。ただこれだけは言えます。『付き合いが悪い』もう今更ですが友人を怒らせ結構裏切った半生三昧だったように思い起こされます。切るのは簡単ですがその後のお付き合いは一切なくなる訳なので、相手が人がいなくて困っていたとしても私に話は一切来ません。誰だって嫌な相手に連絡なんてしないでしょう。

実際思われているほど『嫌な奴』ではないのですが、相手もそれなりに狡猾なわけで思い通りにならなければ反発もします。以降がその繰り返しだったと自分を慰めつつも、兎角私が何事に対してもはっきり言い張る正直者すぎたんでしょうね。そこはグレーゾーンもありきで忖度なり服従なりお節介なり気を使うとかやり方は都度あったに違いありませんが、したくなかった出来なかった嫌は嫌、そこに尽きます。

変に自ら暴露じみたマイナス面をさらけ出してお恥ずかしい限りですが決して人を騙すような悪い人間ではないので何卒ご理解ください。当ブログでもこのように毎回結構筆が進む方なので勘違いされる方はいるでしょうか、反面かなり口下手なんです。余計な話はペラペラ行きますがいざ重要案件で奥が深くなると思考停止で何を話していいか分からなくなってその場(電話など)で言わず仕舞いが起こります。あとで「言うの忘れた」はしょっちゅうでほんと後悔ばかり。

その後メール連絡をするなど詳細説明に翻弄する事もしばしば、そんな時にきっとその人の人間性が疑われるのでしょう。実はこう言う提案を伝えたかった、舌戦のつもりなどなかった、相手にうまく真意が伝わらないって誠残念ですね。さて、とは言うもののこちら新サービスプロジェクトはそれでも淡々粛々と続けていこうと思いますので、果たして買い手は現れるのか、期待してじっくり待ちたいと思います。

問題はIQかな?強力なネットリテラシー・ITリテラシーを身に付けたい今日この頃。

→Free¥500通販サービスの詳細はこちらブログでチェック。