広告素材のバロメーター!デジ画の日々

ストックフォト素材の企画制作:DEGIGA.JP公式ブログ

CG素材最新作完成!『BLOCK』本日公開

新タイトル公開『block』


今新作がまさしく平成最後>
今巷で頻繁に叫ばれる「平成最後の〜」に絡んで取り敢えず私も一応ひと言「平成最後を飾るストックフォト素材のCG最新作『BLOCK(ブロック)』新登場!」、とまあこんな具合でしょうか。平成も残すところあと一週間を切りました。そして10日間にも及ぶ世紀の大連休が27日(土)からスタートするとともに月末の現天皇陛下退位行事に続いて翌5月1日は新天皇即位が厳かに執り行われる訳です。

多分自身の生涯の中で唯一貴重なこの大イベントに生きて立ち会える事はまさに奇跡と言えますし今この時も各マスメディアは盛んにその進捗を伝えるべく怠りない大掛かりな準備に余念はない筈です。いや少し話が逸れてしまいましたが、今回の新作は前回同様に静止画CG作品となります。

使える超シンプル背景>
内容はいたってシンプルでつまりは四角い無機質なブロック状のオブジェクトが様々なパターンで織りなすバックグラウンドと言いますか、以前制作の『イラストーン』というタイトルをご存知でしょうか。当新作『BLOCK』はそちらの制作手法を踏襲する形で2〜3色を基調に多くを構成しています。

滑らかにつなぐ従来の3Dイメージとは真逆にあたかも子供の積み木玩具を思わせそんな遊び心がどことなく新鮮に見えなくもないですが、そこはそれぞれ必要とされるキーワード内容を含んでいますので利用範囲が限定される事はありません。濃淡(コントラスト)を極力抑え文字乗せしやすい平坦なバックグラウンドとしての醍醐味は勿論、目を惹くであろう摩訶不思議かつ意表をつく異空間ビジュアルが冴え渡る事受け合いです。

DEGIGA.JPサイトにてほか各種バリエーションの全てを是非お確かめ頂ければと思います。既に拡大サンプル画像下部には大手契約代理店内の作品個別ページに直結する『直リンボタン』が設置されていますので、控えるプレゼン資料として当該サンプルの入手などご検討のほどよろしくお願い申し上げます。

納得いかない検索あれこれ>
話は変わりますが、前回ブログ文中に『膨大なストック数を抱える総合代理店化』という記述があったと思います。確かにその数が数千万点規模になれば思いつく結構なキーワードを繰り返し打ち込み直すなど必須なビジュアル探しに手間取る事は避けられません。

なので代理店サイト側としては多くの細かなカテゴリー分けとテーマ・特集を頻繁に入れ替えてつまりはより多くの購入を促すためのできる限りのストレスフリー施策を絶えず展開している訳ですが、それでもそこにどうしても解決できない一つ大きな落とし穴があります。

何でしょうか。まさに今回の新作『BLOCK』を例にとればそこは一目瞭然で、もしも今のこのタイトル画像群を一般に思い浮かぶカテゴリー枠に当てはめようとすると『?』になります。担当のどなたかが半ば強引に『アブストラクト』または『バックグラウンド』いや『テクノロジー?』『IT?』さてどれが一番しっくり来るかといえば「分からない」が正直なところでしょう、きっと 。

キーワード検索の盲点とは>
これまで私が制作してきた作品(タイトル)で概ねCG作品に限って言えば所在がおぼろげで検索基準(名目)が宙に浮いたビジュアル素材が大量に存在している事に改めて気づきます。素材探しの際何がしかのキーワードで検索をかけた場合果たして私の作品がそんな表舞台に出てくる確率がどれほどあるのかとこれは新作を預けるたびに毎度不安視するところでもあります。

実際にアマナイアメージズさんのサイトのキーワード欄に『グローバル』と入れれば僅かではありますがポツポツと数点が前項に表示されてきます。しかしあらかじめサイトに設けられるカテゴリー枠内の同『グローバル』項目で選択すると何と今度は数ページ進んでも私の作品が全く出てきません。納品の際に添付する書類に必要なキーワードとしてしっかり『グローバル』は記入していますし、個別の詳細ページ下段の関連キーワード欄にも『グローバル』と記述されているにも関わらずです。(他の代理店さんに於いても時に似たケース発生)

ある種アルゴリズムの関係なのか或いは入手順優先での選別、他に『売れている順』まさかの『成績の良い作家優待順』などが考えられますが自分の時だと感謝感激で他者優遇なら腹立たしくもあり、なかなか難しい面はあります。

おせっかい機能が叶える貴重な出会い>
という訳でそのカテゴリー分けに難があるというよりは素材を探す側にそこの適切なキーワードが思いつかずいつも在り来りになってしまうが故のむしろそこが問題なのです。『地球』画像ならグローバルや世界地図、ネットワークこの程度の言葉で簡単に検出されますがまさか初めから『BLOCK』『石関ハジメ』で探す人はまず九分九厘居ません。例えそんなキーワードを入れても『この内容の素材は0点見つかりました』で終わりです。そもそもそういった個人名ないしは納品時のタイトル名属性は初めから登録されていないでしょうから。

※サブの『この作家で探す』から入って『新着順』の時系列で辿れる場合もあります。


この問題を解決に導く一案として更に詳細に探し出す、つまりは高度なAI技術の活用が求められる訳ですがもっぱら探し当てるのを待つという方式よりも「これどうよ」的なおせっかい機能が充実すればそれなりの新たな出会い、一期一会の貴重な発見に繋がっていく可能性を感じます。今後も益々増大するストック数にあって探し手が「見た事ない知らない」ではほんと売れないですから。

代理店のどなたか画期的なアイデア出して!


→DEGIGA.JPサイトで新作タイトル『BLOCK』をチェックする。

→『直リンボタン』なにこれ?(スマホ対応)

→DEGIGA PICKUP Vol.002 今度は『うららか』(スマホ対応)

SNSに於けるペルソナ不在説

Instagramの画面


インスタ投稿アプリがいきなり故障>
Instagramといえば画像投稿を主とするひとつのコミュニケーションツールと理解していますが、以前にも度々この自身が行っているInstagram投稿の現状についてお話しもしてきたかと思います。今回再び疑問に思った事がいくつか浮かんだのでしつこく書いてみたいと思います。

先ず何と言っても『フォロワーが増えていかない』です。実は先日、毎度そんな投稿に使用しているサードパーティアプリのGramblr(グランブラー)に異変といいますか、内包する画像編集機能がその操作を全く受け付けなくなってしまいました。事の始まりは加工が施せる『フィルター』ボタンをクリックすると突如画面が固まってブラウザのリロード行為でしか回復できず数日経ったのち遂にボタンすら反応しなくなる始末。

なので今は手持ちのフォトショップを使ってあらかじめ修正加工やらトーン調整、画像に添えるコピーまで終えてから投稿しているといった具合です。かろうじてコメント欄の記述は問題なく機能しているので助かっていますが。まあその辺はどうにか技術的に臨機応変での対応の範囲と言えますが事投稿した先の閲覧者の動向をコントロールする事はさすがに至難の技でそう簡単にはいきません。


インスタのフォロワー数停滞に困惑>
インスタを始めてしばらく経ちますが不思議と短期で概ね1400フォロワーを獲得できました。この調子なら更に増えて5000フォロワーも夢ではないと、そう期待を込めた矢先そこから全くなほどフォロワーが増えて行く気配がないのです。増えては減りの繰り返しでかれこれ1年余り現在もその1400圏内を彷徨っています。

確かこの投稿ソフト(Gramblr)はサービスの一環で行われる自動投稿機能から相手のアカウントを勝手に呼び込んで『いいね』や『フォロワー』を増やすブログラムが組み込まれているそうでつい先日敢えてそれを止めました。すると通例120前後来ていた『いいね』が僅か40前後にまで減少、まさにこれが真実であり私の人気認知度のリアルが垣間見れた格好です。


色々試してさて『ペルソナ』はどこに?>
もともと私が何でこのようなSNSを始めたかと言いますとやはりそこは今稼業で取り組む『ストックフォト素材』の売り上げに繋がって欲しいそこがメインになります。他にも業者を対象にしたFacebookページ『DEGIGA ON LINE』の開設に各作品タイトルをスライドショーで紹介していくYouTubeチャンネル『デジ画職人のストックフォト魂』そして当オフィシャルブログ『デジ画の日々』でしょうか。

どれもかれこれ2〜3年の月日が既に過ぎましたが、その効果がどれほどのものかは未だ皆無であり頻繁にその世間の動向並びにストックフォトに関わる云々をこまめにチェックしてはいるものの差してそこに思い当たるヒントが見えてきた訳もありません。私が真に探し求めている所謂『メルソナ』さんは今どこに?なのです。

ペルソナ:商品・サービスを利用する顧客の中で最も重要な人物モデルの事


そもそもSNS界隈その場所には一人も居ないかも知れませんし、ストックフォト素材探しに日夜励まれている制作担当者はそれこそ契約する馴染みのフォトエージェンシーもしくは格安代理店で間に合っていると思われ当たり前ですがむしろそこにこそそんな『ペルソナ」さんが引っ切り無しに押し寄せていると見るべきが妥当でしょう。

ただ代理店の多くはもうとっくに巨大な総合取り扱い店に特化しており『その店ならでは』を売りに発揮する個性強みが殆ど無くなりました。何しろそのストック数は膨大でどこも平均して数千万点を保有しておりその中からここ一番の素材を見つけ出す事はどなたにせよ容易でない筈なのです。クライアント案件にここぞといち押しアピールしようとすれば決まっていつものお決まりパターンが上等でお互いに一種消化不良が伴っているとしたらと、自身思いを巡らしたりもします。

SNSコミュニケーションを通して何とか私のような弱者(ほぼ無名)のせめてその存在だけでも知っていただく機会が得られるのであればその次の段階(チャンス)にも期待がもてますが、当関連ページ(サイト)に訪れていると思われる方々の中にはきっと『ペルソナ』さんは極めて稀なケース以外存在しないというのが現時点での私の見解と結論です。

そのロジック的要素をひとところに掻き集めて実際の現象とのすり合わせで自ずとその成果はハッキリしてくる訳で、更に観察期間に応じて精度はより上がってきます。まことに勿体無い話ですが実に個人の運営で良い結果を導き出していく事が如何に難しいかがここ数年の様々な取り組みを経てよく解りました。


継続は力なり>
まさかですがもしかすると私とほぼ同じ立ち位置のそんな『弱小個人』でも大量のお得意さんをしっかり抱え込む事に成功されている強者が存在するかも知れません。残念ながらその究極の裏技ないしは機転を利かせた極意は漏れ伝わっては来ないのです、悔しいですが。

兎に角は貴重な『ペルソナ』さんがこのブログに辿り着いてくれさえすればまだ可能性は残っていますので今後もめげずに必要とされるであろう稀有な最新情報をインターネット回線伝いに発信し続ける事は重要であり、その意思は今も衰えていない事をここに宣言いたします。

→DEGIGA.JPサイトで意表をつく掘り出し物のビジュアル素材を見つける。

→『直リンボタン』は大手代理店チャンネルを高速で結ぶ異次元装置だと思います。(スマホ対応)

CG素材新作まもなく公開!→予告ブログはこちら


新たな発想の源であれ!CG新作素材の予告

新作予告


改元フィーバーの波に乗って>
平成時代も残すところあと半月弱と迫りました。今年のゴールデンウィークは新元号に伴う現天皇退位と令和天皇の御即位行事も絡んで最長10日間にも及ぶ大連休となりました。ただ実体として主にサービス業を中心にそこは相当な掻き入れ時ともなり都市の繁華街目抜通りのブランド店に飲食店、人気観光地など多くの人出で賑わいを見せる事からゆっくり休養を取るどころではありません。

また一般企業に於いても今や生き残りを賭けたライバル相手との熾烈な戦いの中少しでも多くの利益シェア拡大に余念がない状況に躊躇は禁物、休み返上もしくは交代制でそこに関連する大抵の事業所は相変わらずのフル稼動と思われます。

さて5月いっぴより日本がおよそ30年ぶり待った無しで一新する訳ですが巷は間違いなくお祭り騒ぎとなり各マスメディアもそこに便乗して過剰なほどに煽り立ててくる事が言えます。やれ『令和ナンチャラ企画』だの『新元号スペシャル』『令和時代で何が変わる?』みたいな番組はしばらく続くと見て間違いないでしょう。

私もそこは人の興味を惹かずに入られずこのタイミングに合わせて新作投入を準備している最中です。本日は毎度お馴染みのややうがった手法からその予告画像をご覧いただいていますが、何やらサイコロ状の3色ブロック(立方体)が一つポツンと転がっています。背後に薄暗く似たブロックの配列が伺え飛び出た一つはその枠から外れたものです。

勿論実写ではなくパソコンで作り出したCG(架空の世界)であり必要な素材として機能するのであれば言わば何でもあり的な代物でそこは毎度自由に発想して形にしていますが、後にも先にも『今自分にできる事』が重要であり如何にそれをスピーディかつ量産出来るかが最も問われているとひしひし思うのです。


進化よりも大変革精神>
ではこの『問われている』とは何から来るのでしょうか。言わずもがな購入して利用する当事者そして預かる代理店の思惑に沿って常に必要とされる、これに尽きます。ただ必要なだけではなく突飛なインスピレーションの源泉になり得るか否かのある意味試される制作者たる自分もそこに居ます。

今やマイクロストックに関わらず素材一つの価格帯は大幅にその価値を失いつつあり売り値が激減、それが当たり前とさえ見下されもしている現状を永遠と悲観していても始まらず、もしも一筋の希望の光が射すとすれば値引きとは真逆の発想に立った価値を再度呼び戻す『発見の喜び』意識に皆が立ち返るしかありません。単なる延命治療に留まらない既存思考の多くを拭い去り新たな感覚を奮い立たせるその起爆剤こそがこの疲弊極まりないストックフォト業界に求められて然るべきです。

その第一歩を飾るに相応しい新作であるかは微妙ですがしかし挑戦の継続は大切です。小川も大河になるにつれその川筋は縦横無尽に枝分かれし過去のその面影とは全く違うものとなります。進化(リノベーション)というよりもまさに大変革(イノベーション)の精神を以って来たる新元号『令和』のち数十年に向けて華やかなスタートに立てればとその想いはみなぎります。

公開日は未定ですが、今月中にはお披露目できるかと思いますのでもうしばらくお待ちください。



→DEGIGA.JPサイトでこれまでの作品タイトルをすべてチェックしてみる。

→DEGIGA PICKUPの第二弾が公開!(スマホ対応)

→あの便利な『直リンボタン』をまだ知らない?

サイト運営に欠かせない?SSLセキュリティ

安全ではありません-スマホ画面


詐欺メール多過ぎ>
今朝も早速PCでメールチェックしていると怪しい成りすましを受信していました。既に皆さんも経験していると思いますがここ最近富に増えているのが『Amazon』を語るメール連絡です。アカウントの消失を装って緊急性を促す手口で確認ボタンを押させようというものです。

つい最近は何と宛名に漢字を使った実名入りで届くタイプも出てきている事から、先日大規模データ漏えいを招いたFacebookに絡んでいる可能性が有力です。もちろんAmazonを語るという観点から推測するに、例えAmazonから商品を購入したとしてもそこには販売元の常に怪しいメーカーや国際間の流通が多く介在しているので100%信用できる訳もありません。


SSL証明書って知ってる?>
私の場合は見てすぐ迷惑メールに移行させたのち削除していますが、犯人側もアドレスを繰り返し自動生成してくるので今も終わり無きいたちごっこは続いています。という事案からでしょうかブラウザ最上部のアドレス表示枠最初に始まる『http』の後にS『https』の文言をここ最近多く見かけるようになりました。

これは何かと言いますと『SSL証明書』取得済みを表し言い換えれば情報漏えいを未然に防ぐロックキーに当たる役割を担っているそうで見てその横に鍵アイコンも確認できると思います。ただこちらを取得する際には初期費用(免除あり)とともに年間使用料がそれなりに掛かり、個人で維持するにはやや負担が大きいところがデメリットでしょうか。

レンタルサーバー契約に付随して中には表向き無料提供を謳っている事業者も散見されますが実際に契約していないので詳細は分かりません。私が借りているレンタル屋さんは最安値プラン(独自ドメイン代含む)で何だかんだ年1万円ちょい掛かっていますが、そこに先の『SSL証明書』を取るとプラスもう1万円で負担額が一気に2倍になる事から正直躊躇しているというのが現状です。


『安全ではありません』だってさ>
別に抜かれて偉く困るものは置いていないので無理して格好付けしてもしょうがいないとは思うのですが実は昨夜iPhoneをアップデート(iOS12.2)しましたら突如アドレスバー内に『安全ではありません』という文言が現れるようになりました。アップルが示す改善策の一環だそうです。

上述の通り詐欺犯罪がはびこるネットをより安全に利用するための注意喚起と言えばそれまでですが、現在運営中のDEGIGA.JPサイト及びブログ『デジ画の日々』どちらにも『安全ではありません』と出れば内心穏やかではありません。これから閲覧しようとするサイトがあたかも危険であるかのように映るのは誰の目にも明らかです。

この『安全ではありません』の文字がダウンロードやネット決済を伴うサイトでは赤く表示されるそうです。そこは実利に直結してくる売り場ゆえ個人だろうが何だろうがもう待った無しで『SSL証明書』の取得は必須です。私も一部仲介の形で決済専門業者(利用料無料)からDVD製品を数点販売していますが、勿論そこはしっかり『SSL』を以って運営されています。
※商品内容は専用ページ→こちらから確認できます。(スマホ対応)


インターネットは危険だらけ>
話を戻しますが、それではもしもDEGIGA.JPサイトそのものが今のままの状態で悪影響が出るとしたらそれは何でしょうか。まず考えられるのがサーバーの乗っ取りです。しかし共有サーバー側のガードは強固なので深層部まで入り込むことは容易ではありません。次に考えられるのが私が使う自宅のパソコンへの進入ですが可能性が全くゼロとは言えません。

ネット犯罪の多くで個人所有のPCを渡り歩く行為はよく聞く話で詐欺ボタンをクリックした瞬間からもしかすると犯人の隠れ蓑(みの)として橋渡し的に利用されてしまう恐れがあり注意が必要です。後はせいぜいサンプル画像が不正に利用される事くらいでしょうか。ここはいくらセキュリティを強化してもデスクトップ上もしくはスマホ画面で簡単にキャプチャ出来てしまいます。

この辺はもはやその方のモラルといいますか転載を含む不正利用を自ら突き止めて権利の主張と警告、時に面倒でも訴えるしか手はありませんが、そうならない事を切に祈ります。何はともあれ仕事上どうしても実名の公表が前提なので何より誹謗中傷や炎上のターゲットにされる事だけは避けたい、今後も変わらぬ誠心誠意をモットーに精一杯努めさせていただきます。

DEGIGA.JPサイト及び公式ブログ『デジ画の日々』は安心です。

ストックフォト素材タイトル総めくり!過去記事ピックアップ

タイトル一覧


『デジ画の日々』ブログ記事総めくり企画>
これまで過去およそ10年を経ての多方面に於ける撮影取材およびパソコン上で生み出した数あるCGビジュアルは必要とされるストックフォト素材として微力ながらもそれなりに社会に貢献して来られたと自負しています。平成という元号終わりの一区切りといたしまして今回は当オフィシャルブログ『デジ画の日々』上で新作その公開されたあまたの過去記事を改めましてご紹介していこうという企画になります。

ただこちらブログのスタートが今から6年前の2013年3月25日という訳でそれ以前の作品タイトルを示す明瞭な記事は当然ながらほぼ記載されていません。今回のアーカイブス記事ご紹介は上記の日付以降となりますことをご了承ください。

本日の投稿を含めますとその更新総数がもう既に486回を数えます。ですので初期の頃の言い回しや文体には現在と比較して多少違和感を覚えるかも知れません。またその多くに現況を悲観するようなストックフォト業界を多方面から皮肉った文章も出てくると思われます。むしろその後の変化から鑑みれる形で当時を取り巻いていた様々な空気を察していただく事こその意味合いは深いと感じます。

それなりにお時間を取らせ恐縮ではありますが、これを一種タイムマシーン感覚で時間が許す限り気楽にお楽しみ頂ければと思います。特に広告関係者としてビジュアル素材に縁の深い専門分野の方々で未だ私のアーカイブスサイト『DEGIGA.JP』(デジガドットジェーピー)をご存じないもしくは記憶にはあったがチェックした経験がないとなれば尚更その存在の認知に於いて手前味噌ではありますが一方で実に有意義とも捉えられます。

当ブログにてこれまで報告された素材タイトルを以下に記しました。文字をクリックいただくと当時の過去記事が別枠で開きますので是非一読して頂き、もしもその内容にご興味が湧きましたら当アーカイブスサイト『DEGIGA.JP』でも合わせてお確かめください。


2019年
ウルトラ万華鏡(19/03/08更新)

Ad STEGES(19/02/14更新)


2018年
心情シリーズ全2部作(18/12/28更新)

うららか(18/12/3更新)

NETWORK MIND(18/11/1更新)

桜恋し(18/9/20更新)

つくばの梅(18/8/10更新)

craftone(18/5/20更新)

ELEMENTS EX PROJECT(18/3/20更新)

ILLUSTONE(18/1/5更新)


2017年
面影シリーズ全3部作(17/10/5更新)

暮らしの情景 V・潮騒(17/8/2更新)

背景アンソロジー 4(同上)

EARTH UP(17/7/6更新)

幾何学の知恵(17/5/8更新)

文字乗せEX(同上)


2016年
JOYFULL・前向きなことわざ152選(16/12/17更新)

BLUE EARTH(16/12/3更新)

JOYFULL(16/11/1更新)

MACROIZM(16/11/17更新)

道草シリーズ全4部作(16/10/3更新)

山河秋彩(16/9/18更新)記事中に説明文なし→作品詳細へジャンプ

白川郷・麗しの秋(同上)記事中に説明文なし→作品詳細へジャンプ

TOKYO HOME TOWN(16/5/7更新)

背景アンソロジー3・東京(同上)

broadcaster(16/3/4更新) →作品詳細へジャンプ


2015年
夏色ガーデン(15/6/2更新) →作品詳細へジャンプ

背景アンソロジー2(同上) →作品詳細へジャンプ

北方浪漫(15/3/13更新) →作品詳細へジャンプ

気持ちのいい丘(同上) →作品詳細へジャンプ

暮らしの情景 III・能登へ
暮らしの情景 IV・東北秋冷
極上の梅見ごこち
(計3作品共に15/2/23更新)


桜旅情
奥入瀬アゲイン
(計2作品共に15/2/19更新)



2014年

新作関連のブログへの掲載は見当たりませんでした。


2013年
Global Mapping(13/7/20更新)
※サイト未掲載=アマナイメージズ独占ロイヤリティフリー素材


当サイト『DEGIGA.JP』の開設が2015年1月3日という事からそれ以前がほとんど不明瞭で恐縮です。1年飛んで2013年に一つアマナイメージズさん預け入れ独占素材(CGもの)1タイトルのみ公開されていますが、この当時はかなりの秘密主義的雰囲気がありました。つまりは同業者への警戒心からだったと思われます。それと今思い返せばスタート間もない頃でありオウンドメディア活用の方向性が当時まだ上手く定まっていなかったかも知れません。

記事更新毎に頻繁なサイトリニューアルが目立ちますが、初期から比べてかなりのデザイン変更がなされていますのでそこに掲載される当該表紙イメージとはかなりかけ離れます事をご了承ください。今回はリンクを張っていませんがご紹介記事の周辺にもきっと面白い内容が幾つか確認できるかと思います。

今回のピックアップ記事を通してあの頃の迷いや苦難の痕跡が幾分伺えて自身も改めて勉強させられた思いです。意表を突きつつも使いやすく利用価値の高い常に期待されるビジュアル素材を今後も止め処なく生み出してまいりますので更にパワーアップを重ねるDEGIGA.JPに何卒ご期待ください。

→DEGIGA.JPサイトをチェックする。

→『直リンボタン』ってなんだ?

→106タイトルを有するその他作品群全てをチェックする。