広告素材のバロメーター!デジ画の日々

ストックフォトCGクリエイターのひとりごと

DEGIGA.JP『新作素材』予告第一弾!

craftone予告第一弾の画像


新作に乞うご期待!
先週でしょうか、「新作云々の公開を控えており」というようなお話もこのブログでしておりましたが本日その予告第一弾をご披露させていただきます。上掲画像でお分かりのように細い隙間から顔を覗かせる淡いトーン構成の中四角いオブジェ上で思案する白い人物画像に不思議なムードが漂います。

右の赤い『D』の文字はご存知いつものDEGIGA.JPブランドマーク(CI)になりますが、その正反対側右隅に、『?』。さて何と読めますか?

予告一発目から詳細内容を暴露
先月既に代理店一社(イメージナビ)さんで先行販売されていますあの『ILLUSTONE(イラストーン)』というイメージがふと思い浮かんだでしょうか。こちらのタイトルはスバリ『craftone(クラフトーン)』になります。という事は上記タイトルの続編?と聞こえて当然とは思いますが、実は見え方に相当な差異があります。ご覧の通りまず光を回した立体描写である事とコントラストと色調を極めて抑えた仕上げが見て取れる筈です。

つまりはタイトル名の出だしから今回目指したのが『クラフト』タッチのトーンという訳です。前回が『イラストタッチ』であり謂わばタッチ=『tone(トーン)』で繋げたダジャレ的な流れで付けたというのが正直なところです。いつもだと今回ほど一発目からハッキリ見せた予告編はありません。皆さんもこの一画像で大体察しはついたと思われます。

カメラによる人物撮影が困難であるがゆえに3Dフィギュアで攻めるしかないのが実状でモデルに様々なポーズをとらせてすいすい撮れるカメラマン環境とは違い確かに苦しい立場ではありますが、むしろ実物では叶わない架空が生み出す不可思議な面白さと生成時に於ける表現領域の広さ、何と言っても肖像権に抵触しないというのが最大の武器といえるでしょうか。

それでは今回はこの辺で、予告第二弾もご期待ください。



フォトエージェンシー業界ピンチかも
さて話は変わりますが、ここ最近の販売代理店の経営体系がより一段と様変わりしているように見えるのは私だけでしょうか。お恥ずかしながら私に限って言えば去年一昨年と年を経るに従って売り上げは徐々に降下し続けており、過去にここで常に悲鳴をあげ訴えている言葉に「超低空飛行状態」がありましたが、極論で言えば昨年暮れごろを境にもはや墜落よりややソフトランディング的な『不時着』という感は否めない状況になったでしょうか。

この大方の要因としてまず考えられるのが未だ癒えない不景気であり、広告のWebへの急速なシフト、そこに来てマイクロや大手も参入したサブスクリプションなど超低額販売施策が当たり前という絶えず打ち寄せる大波が重なった事は確かです。ただ果たしてそれだけでしょうか。

私の作るCG及び実写素材は毎月売れる内容にそれほど偏りはなく都度万遍に散れているにも関わらず預ける大手のどの代理店も合わせたように販売点数が一様に低下している現状から鑑みた実体として「全体のパイ(客数)が小さくなった事で業績の悪化が顕著になった」表れがこのギャランティー低迷の最たる原因と今は受け止めています。(大手一社集中でもなく作品内容でもなく単純に買いに来なくなった最悪のパターン)

素材の入手先があまりに増えた上、タダ出し当然のところからインスタ画像の販売会社に至るまでその分散は今や多岐に渡りまた、それなりのビジュアルを直接デザイン事務所自らが特写ないしは知り合いに頼んで撮ってきてもらうなど自由度の幅が広がったその気軽さが業界に於いても一般に抵抗なく現場の若返りも手伝って好まれてきた事がお客さんの減少に拍車をかけているように裏付けられますが如何でしょう。

マイクロも国内老舗大手共に利益率が相当に低迷しているのではないか。畑違いの強引な部署替えや更なる業務の効率化を狙った半自動化の推進による人員削減(リストラ)等々で代理店現場は今まさに混乱を極め就業の先行き不安などから不平不満が各部署単位で頻発し、外からではおよそ推し量れない社内トラブルがそれこそ日々繰り返されているように思えてなりません。(保身のために上司に迂闊に物が言えない境遇と葛藤)

どうなる契約作家面々の未来
となれば流石に大手とはいえ何がしかの業務改善が急務となり、殊更その反動が素材を提供している現契約作家諸々カメラマンたちに及んで来ると見る向きもあります。巨大な老舗総合フォトエージェンシーともなれば抱える在庫点数が億単位となる中で大抵の素材は溢れるほどに取り揃っている訳なので、つまり担当者のより少人数制とその人選によっては今後預け入れされる作品の良し悪しはある程度どうでも良くなりセレクト時の取り捨て選択がかなり乱暴に扱われる可能性も出てくるという訳です。

これは非常に懸念される状態であり契約者の一人として相当に憂慮せざるを得ません。去年暮れにアマナさんから突如RF-EX製品(一社独占)すべてについて当社が持つあのマイクロストック同等の低額販売の『For You Images』部門に移行したいという趣旨の追加契約書類が届きました。この事からも現在の懐の厳しさと世の中の変化という追従せざるを得ない危機的な外的要因がつぶさに察知できます。

因みに上述の契約について私としては非協力的で大変歯がゆい訳ですが、まあ価値観といいますか他にも色々と思うところはあります。何はともあれ一点の売値3万円が2500円(最大)こちらの取り分1250円以下で売買されるというのがどうにも納得いかなかったので今回はお断りしました。


『みんなが笑顔』になれる体質改善の時
私が期待したいのはやはり新しい販路への早急なシフトとその改革だと確信しますが、ただそれが果たして私達作家集団をしっかり支え守り得るのか、残念ながらそれは殆ど期待できないと思われます。会社が大きくなるにつれ経営者は現場を忘れいざという時対処が後手に回る事がしばしば起こります。特にホールディングスが存在する事業形態では経営サイドが気になるのはあくまで数字であって株価への影響をできる限り最小に抑えたい、そしてこれ以上身銭を切りたくないがため状況によっては不利益部門の処分を短期で行う場合もあるでしょう。

高尚なストックフォト分野がそれこそ外資からのM&Aもしくはマイクロ関連にでも売り渡される事があればはっきり言って絶望です。私のこれまでの努力辛抱のすべてが終了するといっても過言ではありません。さて今年がどんな変革の年になるのか悲痛な面持ちと残されたほんの僅かな希望を携えもう少しだけ見守っていこうと思います。

もう一度上掲画像をご覧ください。どうするべきか彼は今相当悩んでいます。


degiga

このエントリーをはてなブックマークに追加

心象イメージ実写素材『面影』シリーズ全三部作が全代理店にて販売開始!

面影シリーズ三部作


情緒感炸裂の『面影』シリーズ
昨年10月に晴れて公開のほぼ同時期に代理店1社にて先行販売を開始致しておりましたご存知『面影』シリーズ全三部作ですが、お陰様でいよいよ国内大手代理店3社(アマナイメージズアフロイメージナビ)の陳列棚にそれぞれ揃い踏み致しました。本日改めましてご報告させていただきます。

面影シリーズと言いますと、タイトルにもあります謂わば『心象イメージ画像素材』の位置づけとなります。端的にはメーカーさんが売り込む商品やサービスを単に盛り立てる定番たるバックグラウント役というよりはむしろより情感に訴える不思議な効果を醸し出すビジュアル素材という認識でご理解ください。正直確かにこちらの使い道使い方は商材次第でそれなりに難しい面はあると思います。

狙うは『非広告的な広告』
ただ寂しいのは最近の広告など余りにストレートと言いますか、巷を覗けば「あの商品のバックにはこれ」とばかりにお決まりで定番的要素が多用され過ぎているようにも感じています。もちろんビジュアル効果としては相当に高度なものもあってそれなりに目を引いているには違いありません。

クライアントさん側から求められる案件に沿ってプレゼン素材を用意する訳なので仕方ない部分は当然あってしかるべきですが、私としてはもっと思い切った提案があっていいと思っていてつまり何かドスンとメリハリを効かせた、また何処と無く泥臭さもあって匂い立つ素朴さ、隠れた非日常感と言うのでしょうか、言ってみればつまり『インスタスナップ的』ならぬ『非広告的な広告』といった素養も今ならプレゼンで普通に訴えて差し支えないタイミングでもある気がしています。

主に広告主担当の方などの多くはそれなりの広告を勉強しきた過程で今の宣伝活動に於いて繰り返されるどれも似通った方法論に既に飽き飽きしていて何らかの物足りなさは感じているのではと勝手に推測していますが如何でしょうか。例えばここ最近テレビやSNS上でのCM、MV等を拝見するに頻繁に出てくる感情を揺さぶるウルッとかグッとくるショートムービー仕立ての作りがやけに目立つようになりました。つまり他社と頻繁にぶつかり且つ飽和する商品サービスの差別化はもはや情緒に訴えかける形での商品説明が重要であり不可欠な時期と思えてならないのです。

道草』シリーズも見逃せません
こちらの『面影』シリーズの前作として一昨年にも同様のトーンを醸す『道草』シリーズ全四部作がありますが、情緒の面で言えば狙っている方向性はほぼ同じになりますので、併せてご覧いただけるとありがたいです。全体としてややダークな雰囲気は否めませんが、もう別視点への切り替えで新たな魅せ方としてニッチ的強みそこは確実にあると思っていますので是非再考いただければ幸いです。

面影シリーズ全三部作
→DEGIGA.JPサイトの『面影・KAKERA』をチェックする。
→DEGIGA.JPサイトの『面影・追憶の果て』をチェックする。
→DEGIGA.JPサイトの『面影・生きてこそ』をチェックする。

道草シリーズ全四部作
→DEGIGA.JPサイトの『道草・ダークネスウォールへの誘い』をチェックする。
→DEGIGA.JPサイトの『道草・モノクロームイリュージョン』をチェックする。
→DEGIGA.JPサイトの『道草・彷徨える路傍』をチェックする。
→DEGIGA.JPサイトの『道草・彩り添えて麗しきかな』をチェックする。

※タイトル中拡大サンプル画像(640p)下部の『直リンボタン』で代理店販売ページまで直通です。
※主要な代理店で目的の画像が販売されていない場合は『連絡』項目を参照ください。

一作家ならではの個性が活きるDEGIGA.JPサイトをより一層ご活用されますよう今後とも宜しくお願い申し上げます。



degiga

このエントリーをはてなブックマークに追加

YouTubeチャンネル『ストックフォト魂』デモ動画を一新しました!

リメイクしたデモ画像の紹介


YouTubeチャンネル『ストックフォト魂』に注目!
久しく更新が滞っていました皆さんご存知?のYouTubeチャンネル『ストックフォト魂』ですが、単に新作公開とほぼ同時期に立ち上げる紹介デモスライドなのですが、何せその都度手間が掛かって仕方なく数ヶ月間放置状態でした。画像を選び音声入力とその編集等々の作業が何しろ億劫でたまらずサボっていたというのが正直なところです。

先日になってそれでも何だか切なくなってきたので「サッと済ませるいい手はないものか」と思案しましたら、そう、この手段がいけると思いつき早速これまでのタイトル中から取り敢えず何か選んで実験する事にしました。実際にやってみて「まあいいんじゃないか」となった訳です。

シンプルで短時間視聴がコンセプト
その後そのテンプレートストリームを元にスライド素材を入れ替えまたフリーで入手したBGMを数点切り替える形で思いの外スムーズにそして短時間で13タイトルほどを一気に仕上げる事が出来ました。サウンド面で言えば確かに同じ曲ばかりで味気なさはありますが、まあ兎に角そのタイトルが持つ雰囲気に慕ってもらう事を優先していますのでそれほど気にならないとは思います。

そもそも初めから狙ってまとめて観入る人は別として一般的にはYouTube上で検索に一部が引っかかって偶然来られる人が圧倒的な訳なので単発で鑑賞する分には普通に新鮮に映るであろうと推測されます。やはりスライドショーはこの程度が丁度いいといいますか、長さも短めのおよそ1分半弱を基本に統一していますのでこれまでのタイプと比べて実にスマートになった感はより鑑賞に耐えうる成功施策と自負します。

見分け方
新しく変更されたスライドクリップのサムネールデザインですが、旧タイプの文字が全体を覆うのに対して新タイプは画像上を走る半透明の横線にタイトル名という至ってシンプルなスタイルになります。

今回の変更タイトルの中に一点動画素材『BLUE EARTH』が含まれます。こちらは他タイトルと比べて特に画面をいじる事もなく素直にその素材感が確認できるるよう配慮しました。是非一度YouTubeチャンネル『ストックフォト魂』に足をお運びください、いやクリックで。

→YouTubeチャンネル『ストックフォト魂』のリニューアル『デモ動画』をチェックする。

プロフィール画像もチェンジ!
それと上掲画像右の顔写真ですが、失礼します。こちらも上記同様に全SNS上で表示変更しました私のリアル超最近の人相になります。前回までのものはやや若作りに見えていたかも知れず如何にも歳を誤魔化しているようでずっと気がかりでいました。たまたまの角度でああ写ってしまった訳ですが、最初のうちは「結構いい感じじゃないの」という気分でいましたがやはり実際と違っていたのではあまりにお粗末であり、またインスタ上でも若い女性の方など勘違いされる場合もあり得る訳でここは正直に『おじさん宣言』した事になるでしょうか。

遅ればせながら今年はこの顔でお世話になります。何卒よろしくお願いいたします。



degiga

このエントリーをはてなブックマークに追加

FEATUREセレクトページに『スカイセレクト』が追加されました!

FEATUREセレクトページより『スカイセレクト』


前回の『ハイテクセレクト』に続きまして本日、『スカイセレクト』がFEATUREセレクトページに晴れて追加されました。こちらのセレクト数はこれまでの数あるセレクトタイトル点数を遥かに凌ぐ、なんと195点を網羅しています。

多少多めかとは思いつつもしかしそれでも特質すべき変化に富んだシーンの数々が圧倒する眼前のスケールにはそれなりの見応えがあると思います。単純に空そのものを捉えて集めたイメージ集は既にタイトル:Beautiful Sky(ビューティフルスカイ)で商品化されている関係もありますので、差別化を図る上でそこはやはり『空』ともう一つ何かの要素が求められる訳ですがそれこそその組み合わせがあって初めて具体的な目的理解であったり人それぞれ空風景を通してその中で何がしかの情緒感が揺さぶられる動機とも成りえます。

今の自分の感情を反映している空に見えたりもするでしょう。遠い故郷を思い出す空かも知れません。はたまた空のその先に広がる遥かな大宇宙への憧れや神秘を空想する人もいます。映画の名シーンでも『空』は結構重要な背景要素としてしばしば登場してきますが、朝日や夕映えに加え雲一つない真っ青な空、入道雲湧き立つ夏空、重い雲立ち込む不穏な空、土砂降りもまた空を象徴する現象として捉える事ができます。

常に身近でしかし触れる事はもちろん手の届かない遥か遠い場所、それが『空』だと思うのです。REATUREセレクトページといえばご存知の通り実写画像素材とCG素材を一堂に会した画期的な試みな訳ですが、まさにこれまでのタイトルコラボを超えた様々なシチュエーションに富んだ意外性の連続にご満足いただける筈です。

一般に画像素材の入手手段として販売代理店、取り分け多くを取り揃える大手の綜合フォトエージェンシーを利用する機会が殆どだと思います。その場合決まってどこも共通するのは検索キーワードを細かに書き込んで徐々に取り捨て選択しお目当画像にたどり着くといったプロセスの流れでしょう。

私の運営するPRサイトであるDEGIGA.JPではサイト構築の技術面からプログラム上更に費用対効果上に於いてもそんな高度な検索ワード収集システムが現状組めませんので、カテゴリー分けとタイトル別検索、特にこの『セレクト』方式はこれまでにないそれなりの認知機能を発揮しているように感じます。一見無関係と思えるタイトル同士の思い切った融合がむしろ大手が持つ現在の検索システムに比べ意外なコンテンツの発見といいますかサプライズといいますか宝箱といいますか、少なからずインスピレーションを掻き立ててくれる仕掛けとして思いもよらない作品との出会いの幅を多々広げているのなら実に喜ばしい限りです。

『空画像』といえば多くの場面で使われる事の多い背景素材のまさに定番中の定番。王道のバックグラウンド素材として、また物語性を盛り立てる名脇役の『空素材』として、その可能性をより追求していただく場として今回の『スカイセレクト』はいい機会になってくれると信じます。まずはお気軽にその全貌を覗いてみては如何でしょうか。

スカイセレクト』にご興味がございましたら以下リンクよりまずはお進みください。
※640ピクセルサンプル画像下部には国内大手3社(アマナメージズアフロイメージナビ)販売代理店のそれぞれ詳細ページへの直リンボタンが設置されていますので必要に応じて購入もスムーズに行えます。合わせてご利用いただければ幸いです。

→DEGIGA.JPサイト(FEATUREセレクトページ)にて『スカイセレクト』をチェックする。



前々回よりご報告しております『ELEMENTS・EX PROJECT』につきましては、以後数日間内に於きまして別途新作公開ほか諸々予定している関係もありしばらく延期する事としました。今後こちらのブログ(デジ画の日々)では別途新作の予告情報を優先して参りますので何卒ご了承ください。そしてお楽しみに。


degiga

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたは世紀の天体ショーを見たか!

木々の間から顔をの覗かせたスーパーブルーブラッドムーン


昨晩1月31日の深夜、20時40分辺りから欠け始め終わったのが翌0時11分過ぎ。私も早速カメラを取り出してその『世紀の皆既月食』とやらにレンズを向けてみました。

こういった月の現象を世間では『ブラッドムーン』と呼ぶそうですが、実は今回さらに言葉が足されていて『スーパーブルーブラッドムーン』だそうです。色々な宇宙線やなんやの影響で光が屈折し虹ほどではないにせよ青系の特殊な色が重なる現象との事。これってなんと35年ぶりだそうです。

直近では3年に一度程度見られる皆既月食ですが、流石に35年と聞くと胸が高鳴りました。そんなこんなでさて、ただ月を撮るだけでは味気ないと感じどんな風に表現してみようかととっさに思いついたのが『合成』です。なにしろ赤くなる時間帯が深夜でありまた相当上空(真上に近い)位置なので、よくあるビル群だとか富士山と角度的に対で撮る事はできません。確かSNSでスカイツリー先端の電波塔と一緒の撮ってある画像を見かけるも「こちらも多重合成っぽいような」。

ブラッドムーンというと撮影時の露出が相当に厳しく私の場合で感度ISO100でF5.6の4秒だったと思います。それにスカイツリーの煌々とした照明類がバッチリ適正露出なので露光量の差は歴然でしょう。ただ仮に加工が事実としても私はそれを否定するつもりはありませんしむしろ「よく表現したな」と別の面から称賛するにふさわしい行為と捉えます。

私のようにストックフォト稼業で所謂『合成作業』は日常茶飯事でありますし違和感というよりは問題は人に何をどう伝えそれによって互いに得られるものは多いのか、そこにこそいい意味での利益が共有される訳で素晴らしいのであればそれ結構と私が日頃から感じている事です。

しかしながら悪い方向へと向かわせる嘘は犯罪とも言えますし、特にテレビCMやネット広告など今まさにモラルが問われる問題として関連報道でよく皆さんも同様に目にし聞くところでしょう。昨日もあのコインチェック仮想通貨流出事件を機にSNS大手のフェイスブックが如何わしい仮想通貨広告を排除すると宣言しましたし、YouTubeに於いても収益目的のためなら手段を選ばない破天荒な『困ったユーチューバー』については監視の目をより強化する姿勢を示唆しました。

しかし科学が秒刻みで進歩する中今となってはそんな『合成』画像や動画(コンテンツ全般)を私たちは当たり前に見ている訳で細かに一律取り締まる事は既に不可能な時代と言えます。ご年配の中にはそれがCGなどの作り物と思えず実際に起こっている事象と勘違いしている方もきっと少なくない筈です。

やや話が逸れましたが、今回の画像はそんな記念すべき瞬間を私流に表現したつまりは『作品?』と解釈頂ければ幸いです。ここで簡単に『どうでもいい写真教室・一応念のため』という趣でその人のためになるならないは兎も角も勝手に解説したいと思います。

まず背景の夜空ですがこちらは月の欠け始めに撮影したカットになります。データはISO100でF4.5(開放値F3.5)シャッター速度は30秒、ノイズリダクションはON、ズームレンズ使用で焦点距離18ミリ(35ミリ換算で24ミリ域)、勿論三脚固定。敢えて低感度設定にしたのはノイズ低減が目的ですがISO400程度までなら特に問題なかったかなとは後で思いました。

その後家に戻ってのベランダから300ミリに1.4倍テレコンを装着し420ミリにして、三脚プラスベランダの手すりでレンズを完全固定。移動する月に合わせて微調整しながらの撮影は結構キツく苦労しましたがどうにかそれなりに捉えることができました。データは冒頭で記しました通りです。なにしろ二時間以上中腰ないしはしゃがむといった動作の繰り返しで翌朝は足腰が痛みます。やはり歳ですね。

撮影されたカットを専用ソフトでRAW書き出し後、AdobeLightroomにてサードパーティ製プリセットも併用しつつ色調編集をそれぞれに施し16ビットAdobeRGBで保存。次にAdobePhotoshopを立ち上げて切り抜いた月を背景画像に乗せサイズを縮小し最終調整を経て完成という流れです。原版サイズは長辺6000ピクセルでレイヤー(合成を浮かせた状態)のまま保存し必要に応じてサイズ変更とシャープネス調整等々施した画像の一つがこちら上掲画像という訳です。

如何でしたか。今の説明にはありませんが後はその人なりの制作感覚と表現センスだと思いますので敢えてここでお話しはしませんが、正直「これって騙し絵?」は自分の中に永遠に刻まれますのでそれだけは覚悟してくださいね。

前回予告しました『ELEMENTS・EX PROJECT』については次回に延期しました。それでは今回はこの辺で失礼いたします。


degiga

このエントリーをはてなブックマークに追加