広告素材のバロメーター!デジ画の日々

ストックフォト素材の企画制作:DEGIGA.JP公式ブログ

雇用促進に活路「いっそインターネット通販を廃止してみては?」

『背景アンソロジー3・東京』よりタテ2点抜粋


ECサイトの繁栄は悪か?>
皆さんの中にも以前に比べて生活が苦しくなった、そこまでは行かなくとも昇給がここしばらく無いとか物価上昇をひしひし感じるなど少なくとも日本国内に限ってはここ数年の間に市場変化は一消費者にとって厳しい動きを見せている事は確かだと思います。

先日、政府の公式発表ですがこの3月の景気動向が遂に『下方修正』に切り替わりました。上昇機運は頂きを過ぎてもはや下りに差し掛かったという専門家の向きもあるようですが、私など下流層からすればそもそも景気良かったのかと疑問符がつきます。特に私の仕事が100%ストックフォト稼業とあって給料制の一般労働者とは別個に考えなくてはなりません。

まずほどほどの安定は皆無、先月良くても今月来月どうなるか全く予想できな職業といっても決して過言ではないのです。自分で勝手に選んだ職業なのでつべこべ言える立場ではありませんが実はこんな私に似た境遇の国民が五万と居るという事です。今は『個の実力が試される』時代と言われます。何がしかの経験スキルが活かせるか否か、現状の年齢もその選ばれし条件に当てはめられる訳なので必要とされるその分野の担い手としてのより高い精度が要求されるのです。

繰り返しになりますが私を例にとれば今のネット通信を介したコミュニケーション技術は大いに役立っていて、ストックフォト事業を起こす上でパソコンとネット回線の取得と維持またその知識は必須であり作品データの大部分はそのネットを土台に高速で送受信されている現状が挙げられます。

制作を司る貴重なソフトウェアももうとっくにネット経由でレンタルされ同時にそのアップデートとファームウェアのほぼ全てが同様に行われます。このシステム無くしては代理店との契約も立ち行かないのです。世は紛れもなくグローバル化盛んであり私がやれる事は全世界の人々が概ね出来てしまう訳で、言うなれば同業他者である敵の拡大で収益も広く分散されたという事になります。


前途多難とひもじさの表れ>
何処かの事業者のトップ一人が「10分の1の値段で販売して常識を覆そう」と決めて事業を立ち上げた途端市場は闇雲にそちらへと一気に向かった事は今の不景気の実態が大いに物語っているでしょうか。これだけインターネットビジネスが急成長した理由ももしかするとゆくゆくの従前市場の行き詰まりを暗示していたせいかも知れません。

結果どうなっているかというとバブル崩壊から早25年余りその後の非正規拡大から始まって大店舗法緩和で主要な地元老舗店舗の廃業が後を絶たず、ぶら下がる下請けを担う中小企業へのパワハラの横行によってより低い賃金体系へと変わるとそこに外国人労働者が加わります。さらに賃金は押し下げられて正社員は僅か数人で他大多数を非正規(派遣)で補う仕組みがいつの間にか当たり前になってしまいました。

ところがこれで万事解決という訳にはいきませんで、問屋業(卸し)を介さないインターネット販売いわゆるEC通販が幅を効かせるにつれこれまでの価格相場が崩壊、実店舗経営はデパートをはじめ一般チェーン店に至る広範囲がその大打撃を受けています。特に衣料品業界の業績不振は尋常ではありません。各社生き残りを賭けた薄利多売の応酬が徐々に互いの体力を奪ってきているのです。

このままでは日本発祥の多くの業界が破綻しかねず外資に国ごと搾取されかねないのではと大いに懸念が募ります。そこで思ったのは新たな法律を作ってインターネットによる物販(通販)を完全に禁止てしまうという方策です。(業務上のデジタルデータやり取り一連は除く)あまりに荒唐無稽で現時点で基本到底受け入れる事は叶わないと思いますが、仮に実行出来たとしたらどうなるでしょうか。

ECと言えば宅配、今後宅配便がBtoB主体になれば身勝手な個人と違って多少融通の利く配達配送手配からドライバー不足の解消になり遅延絡みの事故やミスも減り、割いた人員は他の新事業にシフトという手も考えられます。極端な温暖化対策で江戸時代の生活に戻れと言われるよりかは遥かにマシだと思いますがいかがでしょうか。


賃金改革で働き甲斐を取り戻せ!>
まず各地に展開する実店舗販売システムが息を吹き返し、そこに多くの雇用が必要とされ流通の末端まで遡って商品の流れに必要な人員配置が充足されてメーカーの定める価格設定にも影響してきます。人件費に伴う費用対効果から一時的な値上げに転じる訳ですが、寡占状態であったECの儲け分が全て復活した現場の人件費やその後の価格抑制に繋がって下々にその余禄分が大きく回り出すとすればそれほど時間を掛けずとも賃金の上昇値がかつての水準に戻せるやも知れません。

極めて安い外国人労働力がために安物しか供給できないとすればそれは消費者にとって詐欺行為であり市場向上の原理原則の上ではまさに逆行、本末転倒です。ここを打開するには今の異常なほどのコスト削減策による限りない無謀な自動化追求を目指すのではなく、今こそ生きた(活きた)人材を復活させてナンボではないか、素朴にそう考える訳です。



上掲画像はタイトル『背景アンソロジー3・東京』より抜粋した素材(タテ2点)になります。東京はとにかく物価が高い地域です。それなりの高学歴で就活し運良く俗に言う大企業に就職できればセキュリティー充実の高層マンション住まい、片や地震や火災で被害拡大懸念の下町長屋暮らしこの格差、わき道にちょっと逸れれば皆が憧れる表向きの東京の姿とは大違いなんです。

→DEGIGA.JPサイトで『背景アンソロジー3・東京』をチェックする。

→似た内容の『TOKYO HOME TOWN』もおすすめです。

→スピード購入に大活躍!『直リンボタン』の詳細をチェックする。(スマホ対応)
※『疑問・不安にお答えします』バナーからも確認できます。

→『旬のおすすめ素材』ご紹介ページを新設しました。(スマホ対応)

緊急投稿!SNS DOWN

sns down


今度はSNSが標的か>
昨日にGoogle(Gmail含む)、今日は早朝からFacebookとその傘下のInstagram双方が突如システム障害に陥っているようです。私の場合はその都度インスタ投稿に利用するGramblrが午前10時過ぎ現在も全く機能していません。ヤフートピックスの記事には「これがドス攻撃ではありません」という一文とともに企業側はそれを否定しているようですが、ヤフコメ欄の多くの人は「可能性あり」という人が殆どです。

まさに『SNS DOWN』です。世界中津々浦々網羅するインターネットを介してのコミュニケーションが悉く遮断されてしまったという事ですが、これを行った犯人捜しに躍起といいますか先日米朝協議が破綻した北朝鮮の仕業をあげる人、アメリカとの貿易摩擦著しい中国では?と書き込む人、はたまた「いやいや単なるシステム障害だよ」と安易に構える人それぞれでした。

表立って政府組織で事を起こしているというよりはアノニマスをはじめとする民間のテロ組織と見る向きもありますが、それが国家支援となれば別です。ある程度の予算がそこに投入される形でネット操作に長けたエキスパート集団が当国の軍部と繋がっていよいよ本格的な行動に移ったとすれば、非常に危惧される事態と言わざるを得ません。

現時点でそれは単なる大企業に向けた嫌がらせもしくは「こんな事もできるぞ」と言わんばかりの脅し?として一見片付けられそうですがしかし、本当にその程度で済む話でしょうか。実はこの後にやたら厄介な事が起こるかも知れないのです。それは何か、世界中の個人法人政府のみならず全ての端末装置が乗っ取られ兼ねない脅威に晒される事です。


国家存亡の危機とすべし>
紛れもなくこの障害策動の真の狙いはそこにあります。単なる動作不具合ではなくその間隠密にオンライン上の個人情報を根こそぎ搾取している可能性があります。そしてその奪った情報から個々のアカウント情報やパスワード、各種カード情報を抜き取ったりはもはや朝飯前であり更なる脅しのネタにもできます。

以前あった事例としては忍び込ませたウィルスを発動させ一旦当該パソコン(ネット経由の周辺機器含む)をロックすると同時にその画面に「元通り復帰させたければこの口座に現金を振り込め」と脅迫文が表示されるというもの。この行為は単なる窃盗犯罪ではありません。そこで得た莫大な身代金が同盟を成す国々に渡って共に軍事力の強化を図るための資金源(兵器製造)に当てられます。北朝鮮なら核弾頭の量産と長距離ミサイル配備拡大になるのでしょう。

最大の問題で言えば今回はそれこそ現在世界数十億人が利用するSNSである事が非常に危惧されます。互いにそれもほぼ無作為に繋がるネット網にそんな関連ウィルスが仕掛けられていたりすれば投稿やらシェア行為等々を介しながら瞬く間に伝染していく事になります。アメリカ大統領であるトランプ氏すらソーシャルメディアにはハマっている訳なので必要に応じて時に機密情報キーを以って送信し合っていても決して不思議ではありませんからその隙間を伝っての最重要中枢機能への侵入は否定できません。

それはまさしくアメリカをはじめ敵対する最強国家壊滅と意に沿わない思想国の抹殺です。共産独裁国にあっては悲願でしょうしイスラム原理主義思想にあってはこれまでのテロ活動が全てを物語ります。さて今後何事もなかったように復旧するのか、それとも私のこの予想が見事的中してしまうのか予断は許しません。



こんな使い方もあり>
上掲画像は先日正式公開&販売を開始しましたCG素材の新タイトル『ウルトラ万華鏡』より抜粋した画像になります。こちらの絵図ら柄はあたかもパイプを組んで無数に積み上げら構造物にも見えます。一般の万華鏡ではこうはいきません。流石にウルトラ-万(マン)華鏡ならではの大胆な離れ業(わざ)です。

是非一度ご覧になってください。
→DEGIGA.JPサイトで『ウルトラ万華鏡』をチェックする。

※先日サイトトップページに『疑問・不安にお答えします』ボタンを追加しました。『直リンボタン』についてはこちらでもご説明しています。

FEATURE SELECT PAGEに『WATER SELECT』が追加!

water select


あえて今リベンジの万華鏡素材>
先週金曜日(3月8日)の夕方、『風変わり』?として予告しておりました新作素材『ウルトラ万華鏡』が正式公開されたましたが、もうご覧いただけましたでしょうか。ストックフォト素材で万華鏡といえばかなり古くから定番メニューとして存在していた訳ですが、確か当時そこに特化したそこそこ有名な作家さんが数名居られたかと思います。

まだインターネットが普及する前といえば代理店さんが定期発行する分厚い紙カタログが当たり前でした。そこにひときわ大きく印刷され結構目を惹いていたのが『万華鏡画像』と記憶しています。当時は「どうしたらこんな風に球体として表現できるんだろうか」と思考を巡らしたものです。

ただ最近はとんとそんな万華鏡画像は影を潜めネットカタログになってからは見掛けなくなりました。当時もそうですが一体どんな方面に利用価値を見出せていたのか実は私自身その辺がよく分からないまま今回突如思いつきで試作したのが今作の切っ掛けになったと思います。使用先が紙媒体であれば表紙活用なのでしょうし、つまりはアイキャッチ効果を狙った作品と言えます。

万華鏡の世界には異次元的な不思議さが漂っていますからそこに花柄を投影すれば季節に絡むテーマにもって来いという事になりますしズバリ植物図鑑の表紙とか、布地パターンならアパレル系であり医療関係だと眼科ケアパンフにも使えそうです。という訳でどうでしょうか、近年稀な魅せる『万華鏡』効果を来たるプレゼン素材として是非お役立てください。

→DEGIGA.JPサイトで『ウルトラ万華鏡』をチェックする。


揺らぎと潤いの最強素材『水』>
さて今回のブログ報告は上掲画像でお分かりかと思いますが、ひとつのテーマを設けてCGと実写素材を垣根なくひとまとめにご紹介するあのコーナー、FEATURE SELECT PAGE(フィーチャーセレクトページ)に久々『Water Select(ウォーターセレクト)』が仲間入りいたしました。近作を含め計82点で構成されます。これ以外にも『水』に関する画像はまだまだそれなりに存在するのですが、他のセレクトテーマとの重複の兼ね合いからそれ以外で出来るだけ個性的なものを集めてみました。※それでも幾分重なっています。

これからいよいよ気候も穏やかに暖かさも増す中、やはりそこに『水』は外せないと思います。私に関しては季節に関係なく『水』イメージは年間を通して結構動いている人気の製品に当たり、そこはより一層の認知を図る上で急遽サイト掲載した次第です。この機会にこの新鋭『ウォータセレクト』にもご注目いただければ有り難いです。

→FEATURE SELECT PAGEで『ウォータセレクト』をチェックする。


さらに便利なサイト運営を目指して>
2013年3月に当サイトDEGIGA.JPが開設されてから早くも今年で丁度6年目を迎えました。これまで当サイトがどれほど皆さんのお役に立って来たかが皆目見当も付かないというのが正直なところです。大手企業のように来訪ファンが1日数千とか数万とかなんて夢のまた夢で、それこそそれだけの数ならとっくにウハウハ超有名ブランドになっている筈です。

もはや1億点に迫ろうという大手ストックフォト代理店が膨大に抱える在庫数にあってそこに直接飛び込んでそこそこお目当ての画像(動画)素材にそれも短時間で目星をつける作業は結構な労力の浪費過多と思われます。またキーワードを複数入れ込むと途端に検索結果が僅か数十点にまで絞られ過ぎたりと頼みの完全自動化が役立たない側面は多々見受けられもします。

徐々に新作は増えつつも個人作家運営の現時点で未だ16000点ほどの在庫量のショボさは否めませんが、それでも他所に無い面白く意外性に富んだフィーリングを刺激する稀な素材が比較的多く揃っている所謂オアシスでもありますので、ご誠意頼みで恐縮ながらひとつブックマークなど付加され時より思い出しては度々お立ち寄りいただけると有り難いです。

元々が低価格のマイクロストック素材をお探しの場合は仕方ありませんが、兎に角購入がスピーディーなブランドオリジナルの『直リンボタン』が強い武器にもなります。国内3大老舗フォトエージェンシー『アマナイメージズ』『アフロ』『イメージナビ』様をごひいきのユーザー様でしたらその利用価値は十分発揮されると思います。

今後ともDEGIGA.JPサイトのご活用を何卒宜しくお願い申し上げます。

→『直リンボタン』の利点と利用方法を確認する。(スマホ画面対応)


もはや異次元?ストックフォトCG新作『ウルトラ万華鏡』本日公開!

新登場:ウルトラ万華鏡


三次元CGが変える万華鏡の常識>
お待たせいたしました!待望の新作:タイトル『ウルトラ万華鏡』の登場です。前回の予告でまさに『風変わり』と書いた訳ですがどうでしょう意外だったですか?そうなんです。どなたもかつて一度は聞いた事覗いた事があるあの『万華鏡』画像になります。

実物ではおよそ20センチほどの円柱で感触としてはトイレットペーパーの芯の筒をやや伸ばしたような筐体で中に垂直に三面状に鏡が仕込まれ出口に光を反射透過しそうなビーズの粒が程よくケースに包まれて筒を横にゆっくり回転させる事でそれがパラパラ動きます。その粒の反射が三面鏡を通して奥行き無限な光景を映し出すという既にご存知の代物(遊び道具)です。

その分野で有名な方(芸術家・収集家)も世界各国に結構いらっしゃるようで写真集や個展、また関連セミナーなどをネットをググれば個々確認する事ができます。


極めつけはとことんウルトラ>
今回の新作はそれを架空の三次元(3D)上に再現した訳ですが実際の万華鏡とは一味違います。ストックフォト代理店サイトを覗けば過去から現在に至るまでこの『万華鏡画像』はそれとなく様々見かけると思います。ただそちらはあくまで実写もしくはその実写画像を更にフォトショップ等の画像編集ソフトで加工されたものが大半を占めます。

改めてこの新作『ウルトラ万華鏡』をご覧頂くと分かると思いますが、一般的な万華鏡の外側への平面的な奥行きはもちろん事、球体の内部においても不思議なくらい奥行きが存在しているのです。どなたもこのような万華鏡画像を見たのはきっとこれが初めてではないかと推測しますがいかがでしょうか。

そしてもう一つの驚きは単なる従来型の絵柄模様の連続に止まらないという様式です。ここに映し出されているパーツ(被写体)ひとつ一つが十分な立体物として存在しており通常では万華鏡内に仕込む事が困難と思われるまさしく考えられない立体アイテムの芳醇な連なりとそのスケールの出来栄えに作った本人でさえ驚きは隠せません。

反射が更なる反射を呼んでの放物線はもはや四方八方へと止まるところを知らず無限のきらめきを放っていました。以下サイトへジャンプして頂きご自身の目で直接そんな意表をつくバリエーションの数々をご確認いただければと思いますが、さてそれではこの言わば『風変わり』素材をどう使うか活かすか?想像もまた万華鏡ならではの無限ループで巡ります。


後記:
我ながらタイトルに『ウルトラ』を付けるとはこちらも言葉として意表といいますか、かつて一世を風靡したあの特撮の父、円谷英二氏監修の『ウルトラシリーズ』がその想起の切っ掛けであり多分自らの年代によるものは多分に大きいですし、流石にウルトラならではの妙技と自負しております。


→DEGIGA.JPサイトにて新作『ウルトラ万華鏡』をチェックしてみる。

→DEGIGAブランド素材を色々と見て回る。

→購入に重宝なオリジナルアイテム『直リンボタン』について詳細を確かめる。


今度は風変わり? CG素材の最新作が近日公開!

新タイトルの予告画像


『風変わり』がキーワード>
ここ関東平野部は今が梅開花の最盛期と言えます。水戸偕楽園に先日半日ほど出かけてきたのですが当日(3/2土曜日)は雲ひとつ無い快晴も手伝ってか、それはそれは大勢の人出で賑わっていました。木の種類によっては既に枯れた花が目立つ一方で未だ三部咲き程度の新鮮な木々も目立っていて、撮影のタイミングとしてはまだまだチャンスはありそうですね。

さて今回は、上掲画像が示しますように前月公開したCGバックグラウンド素材『Ad STAGES』に続きまして早々更なるCGの新作を準備しております。こちらの予告編は今回はこれのみで近日いきなりの公開を予定しておりますのでご期待いただければと思います。ブログタイトルにもありますが、敢えて前置きした『風変わり』?が少し気になるところです。

私の癖(くせ)と言っては語弊がありますが、同生業の皆さんには日頃「売れるための素材制作を心がけましょう」などと頼まれもしないアドバイスをその都度勝手に投げかけている訳ですが、次期新作に関してはそこに反比例するかも知れない方向性を醸しています。いわゆる超変化球とも言える破天荒な作品だと私は思っています。

まだその詳細は明かしたくないのでこの場ではご了承いただくとして、ただそれでは「売れない素材?」と誰しもが思うでしょうか。いやそうでもないです。素材には使う側の狙いや思惑ひとつで様々利用環境が分かれるので一概に厳しいとは言い切れません。実は大手に関わらず全ての代理店さんで過去にこれに似た素材が既に存在しておりまして、なにがしかの場面でそれは確実に活用されて来たと思われます。

ともあれインパクトは絶大です。ひとつの『見せ物』としては人の目を惹く重要な役目は果たしてくれそうで結構期待しています。それでは次回の公式公開日を何卒お楽しみに! ※beginning=始まり


→DEGIGA.JPサイトにて100タイトル超のロイヤリティフリー素材をチェックする。

→DEGIGA.JPブランドオリジナル『直リンボタン』利用の贅沢なメリットとは?(スマホ対応)

→新作CGバックグラウンド素材『Ad STAGES』をチェックする。

→新緑イメージの最新タイトル『うららか』をチェックする。