デジ画の日々 NEXT

ストックフォト素材の企画制作:DEGIGA.JP公式ブログ

新型肺炎の脅威は新たなフェーズへ

新素材の予告画像


感染の終息見えず>
中国湖北省武漢市で稀にみる凄まじい感染力を以って突如出現した新型コロナウイルス(COVID-19)の他国への拡散度合いがいよいよ甚大極まりない次なるフェーズへと突き進んでいます。すでに感染者は64000人を超え死者も1400人に達した今、もはやこれは疑いようのない国際社会をも巻き込んだパンデミック事案と言えるでしょう。

我が国日本でも分かっているだけでおよそ170名強の方が感染しうち高齢女性一人が亡くなりました。最も懸念されるのが3次4次感染者の登場です。沖縄、北海道、和歌山、愛知、神奈川、東京そして千葉で広範に日本人同士の感染が起こり始めているようなのでほんの数日あまりで一気にその拡大は無尽に広がるやも知れません。もうとっくに各々保菌者の追跡調査はままならず一体誰が誰とどこで伝播し合っていてもおかしくない状況です。

特に今後大都市においては目下壊滅状態にある武漢市同様の異様な騒ぎになるのは確実であり多くのビジネス現場は徐々にその運営を妨げられていくと思われます。今朝ほども写真業界専門サイト各所の速報で毎年恒例のカメラ機材の祭典であるあの『CPプラス』の今年の開催が感染抑止を目的に中止に追い込まれたようです。

新たにタクシーの運転手、医療従事者(医師)と受診者一人に感染、また千葉県在住の若い感染者については所謂スーパースプレッダー(一人で感染を拡大させる人物)の可能性もあり感染後10日余りの行動半径は途方もない広さになる訳で、その人が電車やバス等の交通機関をほぼ毎日頻繁に乗り継ぐなどして東京都内に入り込んでいたとすれば、考えただけでゾッとしてきます。

更に当然その間に受診もしていると思われ新型肺炎と診断されるまでにどこの病院で診てもらったのか、その都度平然と待合室にいれば普通に考えても感染拡大はもはや膨大としか言えません。そんな窮地の状況にあっても未だ日本政府(現政権)は呑気に「重症者の抑制に全力を挙げる」と何としても経済の低迷を避けたい思惑の安倍首相のコメントは此の期に及んでとどのつまり浅はかさを通り越して無頓着。


戒厳令が布かれるかも>
この調子では概ね国内は大感染の嵐が吹き荒みます。東京など大都市圏各所で感染が蔓延するならば医療体制は短期で崩壊、あの武漢市を遥かに上回る桁違いの壊滅的な数千万人規模の感染者を生み出し伴って途方もない多くの死者が出るのは明らかです。市街地の商店街はシャッターを閉じて閑散とし至る所の大小様々飲食業小売業への打撃は計り知れません。合わせて物が販売されなければ自ずと紐つく工場の製造ラインと物流のほぼ全てがストップします。

スポーツや芸能関連のイベント、各種集会は上述の通り諸々中止が相次ぎアミューズメント系施設も閉園閉館、旺盛であるべき経済活動に非情なまでの未曾有の大打撃をもたらす公算は高いです。今夏予定の東京オリパラ開催が危ぶまれるどころかある時点から人の移動が極端に制限される事態も起こりうる中、民放に多く登場する感染症に詳しいとされる専門家のコメントを聞くにつれ何れの方も声を揃えるように「このコロナウイルスも一般のインフルエンザに近く闇雲に恐れる必要はありません。日頃からうがい手洗い外出時のマスク着用この3点セットさえしっかり習慣化していれば心配ないと思います」で一見すると国民の危機意識を恣意的に逸らし誤魔化しているようにも映ります。

つまりは御用学者的ないつものご都合論理を振りかざし現政権の運用におもねた無責任発言と、私は理解します。今のマスメディアの殆どが安倍政権にこれだけ忖度する理由は我が身(業界)に降りかかる火の粉災いをかわしたい意図が有り有りです。個人的にはこの安倍晋三という人物は思想の偏り甚だしく専ら危ない性格の持ち主で独裁思考の強いところがあります。

周りを固める人材も大部分がイエスマンでありひとたび反論すればかの籠池さん夫妻のように強引に理由を作り出して服役に追い込む事などお茶の子さいさいでしょう。思えば彼はかつての強権だった岸首相の孫であり流石に血は争えません。国会論戦も案の定『桜を見る会』『IR汚職』『文書改ざんと破棄』に集中した与野党攻防が来る日も来る日も続いていますがそうこうしている間にも新型肺炎は凄まじい速度で感染範囲を広げる様相です。

日本が本意として目指したい新境地『フロンティア』はさて何処に存在するのでしょうか。ここしばらくの急速なグローバリズムに翻弄される国民にこの先どんな試練が待ち受けているのでしょうか。未来を照らす希望の光は未だ雲の中です。


新作素材の公開間近>
上掲画像は次期新作の素材の中から抜粋したものです。定番的な光のバックグラウンドを中心にグローバルとそこに付随するテクノロジーたるをメインキーワードに先進的で且つ様々に活用できるシチュエーション素材を網羅しています。以後数日で公開出来るよう準備を粛々と進めています。次回のブログ記事に何卒ご期待ください。

感染拡大が尋常でなくなったとして、さて更なる次のフェーズは一体?

→DEGIGA.JPサイトでその特異な作品群に触れてみる。

動画最新作『揺らめきギャラリー・梅』が公開

新作動画素材『揺らめきギャラリー・梅』デモリール紹介(逆光煌めき編)


→新作動画素材『揺らめきギャラリー・梅』の紹介デモ(逆光煌めき編)を視聴する。

公開!揺らめきギャラリー第2弾>
関東地域平野部は概ね好天が続いている中ご近所の庭先を伺えば僅かながら梅の花が咲き始めている事がわかります。赤ピンク色がいわゆる『紅梅』、白いのが『白梅』もちろん見ての通りですが、違いを詳細に調べるとそれなりに様々種類はあるようですし今月下旬から始まる茨城県水戸市の梅園で名だたる『水戸偕楽園』の梅まつりに出かければその品種の多さに圧倒される事でしょう。

似て非なるバラエティ豊かな由緒ある梅の花を是非ご堪能いただければと思います。という訳で、やや遅まきながら本日、丁度1年前に梅を撮影した実写動画素材『揺らめきギャラリー・梅』を公開いたしました。同紅葉素材の『揺らめきギャラリー・紅葉』に続いてこの揺らめきシリーズが第2弾になります。この後当シリーズは『桜』『新緑』他へと準備は着々と進行中ですのでそちらも何卒ご期待ください。

前作『揺らめきギャラリー・紅葉』発表時にもお話ししましたが、こちらシリーズはいわゆる手持ち撮影を主として捉えられておりその後の動画アプリによる編集にてスローモーション化、まさにタイトル通りの緩やかな動きが魅力的な作品となりました。不思議と感情移入をもたらす独特な空気感が随所に漂います。

CMやミュージックビデオ等このような効果が所々多用されている事からも使用使途及び表現価値は廃れる事なくそれなりに高いと感じます。動画カメラマンの殆どはこういった撮影の際には概ね三脚やスタビライザー、ブレ防止(ジンバル方式)のアクションカメラ、はたまた豪華なドローンを活用する場合が多いと思われますが敢えてそこに反して手持ちに拘った今回のシリーズがどこか新鮮に思えてくるのが不思議です。確かに一般にはこれを『荒削り』と悪評する意見の方もいらっしゃるでしょうが、やはり他にあまり例のない『差別化』また多用な考え方に立つ『ニッチ路線』もまた一つの有効な効果をもたらす求められるものと信じています。

カッチリと綺麗にまとめ過ぎない且つ人の目線に近いアナログチックさはより以上の感情の揺さぶりを促してくれるはずです。今作のその主張の強さが最も際立つのがゆったりとした目線移動に連動する『風』『逆光』そして随所に登場する『ソフト効果』になるでしょうか。全75クリップを有する各々バリーションそれぞれの魅力を引き出しつつ是非ともお仕事に活かしていただけるよう切望いたします。

→DEGIGA.JPサイトにて新作動画素材の『揺らめきギャラリー・梅』をチェックする。

→アマナイメージズオリジナルフリー素材の『地球』イメージをamanaimagesサイトで直接チェックする。


今、我々人類は岐路に立たされている。

タイトル『永遠・移ろいクロニクル』より


ここしばらく凄まじい変化の連続>
2020年が明け突然勃発したアメリカイラン戦争の危機ですが、今も別途親イラン派武装集団によるアメリカ大使館への散発的な攻撃があるもののどうにかその均衡は破られていませんが、そんな矢先に突如中国湖北省武漢市で発生した未知の肺炎(新型コロナウイルス)が既に世界各地に飛散し感染を広げている状況です。昨日27日時点で武漢市では概ね100人超の方が亡くなりました。

1100万人を有する商業都市武漢市に駐在する各国企業の社員の早期退去も始まりいよいよ事は重大局面を迎えようとしていますが、兎に角日本政府は後手後手でどこぞの平和主義がもたらした呑気ぶりにはほとほと呆れて開いた口が塞がりません。本日早朝ようやくその重い腰が上がったのか『指定感染症』を協議採択され来月上旬に施行されると聞きます。

ただその遅いタイミングでは人の移動盛んに国内各地へと感染が広がっているやも知れず、いや、ほぼ確実に対処不能に陥る可能性が懸念されます。アメリカ株の好調を受けつつ日本も株価好調とありますがここ数日で一気に下げに転じているようですし、先行きの不透明感は否めません。

それどころかもしも当ウイルスの変異が強固となればもはや打つ手なしで時間の掛かるワクチン開発を待つ間に多くの国民がバタバタ倒れその犠牲になる公算は大です。水際対策も『自己申告』としているようですが、中国人のある人は解熱剤を使ってすり抜けたとSNSで豪語していて、各自の性善説を信じていてはザルでありらちが明きません。緊急事態宣言の発令も視野に入国審査の更なる徹底をお願いしたいところです。


日本政府は思考停止状態>
さあ、そうなると最悪日本経済の停滞は避けられません。まさに今、パンデミック囲い込みの失敗によって現状が長引けば特に中国を拠点に製品開発物流なりを主とする企業は軒並み操業停止に追い込まれ売り上げの低迷から規模の縮小を余儀なくされるに違いありません。それが日本国内にも波及して市場は一気に冷え込むと予想されます。

ここしばらくは割安な人件費さまざま外国資本で賄ってきた訳なので最たるお得意様の中国がこれではたまったものでなく日本は震災以来の再びのリアルデフレに突入を余儀なくされるでしょう。それどころかグローバルの動線が途切れてまさかの世界恐慌にでも発展すれば我々がどんな目に合うのか想像しただけでもヒア汗が出ます。

であるなら当然ですが生きるか死ぬかの大騒ぎで世界中が大混乱に陥るのは確実です。富裕層の逃れる居場所はなく強盗が頻発し不意を突かれて命さえ狙われる事もあるでしょうか、窃盗強奪は後を絶たず大手スーパーデパート商店を問わず食料燃料衣類総じて一気に底を尽き水道供給に支障をきたせば飲料水の確保もどうなることやら。ある時を境に巷は危険極まりないスラムと化すのです。

餓死と更なる感染者の増大が人類を滅ぼす存亡の正念場を迎えているとさえ思えてきました。理想と妄想を奏でる平和論の御託を並べる識者さん、日頃声だかに叫んでいる机上の空論はこの辺りで一旦止めにして現実としてこの危機的状況を乗り切る妙案を是非指し示して欲しいものです。


まるでディストピアな近未来映画>
『パラダイムシフト』はご存知でしょうか。世の中のこれまでの常識とされた事柄仕組み環境の殆どが180度ガラッと様変わり(転換)されると言う意味で使われる言葉です。もしもこの感染拡大の果てに世界人口が極端に減少となれば間違いなくビジネスの用法も変わらざるを得ません。逃れ得た地域への人口の一極集中も起こりうる訳なので多人種の文化の相違や宗教各々差別格差問題も同時に起こってそこから血を血で洗う大規模な紛争勃発頻発は当面間逃れないでしょう。

『世界がリセットされる』そんな壮大感すらします。果たして世界はこの危機を乗り越えられるのか否か人類各々の行動如何に掛かっていると言えます。いつもと変わらずお店でお買い物、映画やコンサート、公共交通の利用、人が大勢集まる場所は感染拡大の温床でありその場ではスーパースプレッダー(一人から多くの人に感染をもたらす人)化は誰にでも当てはまります。まずは用心しましょう。


急遽引っ越しました>
話は逸れますが、今月はこれが2回目の投稿でかなり少なめです。手前味噌で恐縮ですが、いわゆる『住居移転』に翻弄されてパソコンに向かえない日々が続いていたという理由からです。去年母が他界しその後の父独り住いに不安を感じて買って間もない中古物件を値の付く内に売り払う算段で急遽実家に戻ったという訳です。何しろ敷地は要らないものだらけでまずはそこから始め、車2台分の駐車スペースを確保、メルカリで娘のエレビを売ったり冷蔵庫など大型家電の運搬委託、ネット回線引き直しに室内の断捨離も半ば強引に推し進め各種住所変更、電気ガス水道と様々な手続き等々を経て先週ようやく一段落ついた感じです。

運悪くキッチンのレンジフードが故障でファンが回らず交換に加え石油給湯器も水漏れで交換、何とも余計な費用もかかりました。一番の極め付けは両親が放置した中身の腐った漬物樽です。これがえらい数あって更に期限切れで残ったドレッシングや液体洗剤は流石に処理中気分が悪くなるほど過酷でした。その都度処分してくれていればこんな事にはならなかったと父に愚痴ると「ははは」、絶句です。そして今後はそんな父の介護が待っています。

トイレ掃除に床の清掃、医療機関への送迎、税金やなんやの払込代理と当人の終いまではまだ当分厄介が続きそうな気配です。持病はあるもののそれなりに元気なので始末が悪い、いや口が過ぎました。今回は日頃皆さんが気に掛けるストックフォト関連の話題でなく残念に思われた方も多いのではないでしょうか。取り敢えず来月からはしっかり綴ってみたいと思っていますので是非ご期待ください。

来月はCGの新作公開も予定しております。引越し作業が本格化する前の去年11月に制作してあったものです。年を越してしまいましたが致し方ありません。この上記空白を補う上で言えば短期で頑張って作っておいてほんと正解でした。それでは次回のブログをお楽しみに。

何はともあれマスク着用手洗いなどパンデミックの犠牲にならないよう何卒ご自愛ください。


→アマナ独占地球素材『地球DYNAMIC』特集をチェックしてみる。

→DEGIGA.JPサイトにて新作『永遠』スペシャルサイトをチェックする。


早くも今年一発目!心情風景第4弾『永遠(とわ)二部作』事始め

永遠-二部作完成


スタート6日目>
皆さん明けましておめでとうございます。2020年(令和2年)が遂に始まりました。お正月といえば初詣ですが、今年はここ関東一円は好天に恵まれて幸先から縁起のいいムードを感じます。昼間などは気温も軒並み上昇したことで外出された方もきっと多かったに違いありません。

私は家族で昨年同様2日にお参りに行ってきました。茨城県中央に位置する笠間稲荷といえばご存知の方もあるでしょうか、家内(交通)安全、無病息災、金運、合格祈願と様々にもっぱらジャンルも広く親しまれているお稲荷さんですが、兎に角その人出の多さには目を覆いたくなるほどです。少しゆっくり午後1時に出だしたのですがむしろ遠方からの参拝客も混じって境内は例年になくごった返し入場者順次入れ替えを指示する警備員さんはメガホン片手に懸命のアナウンスに追われていました。


戦争は勘弁して>
ほんと今年こそ私個人もそうですが日本国民全体が盛り上がってくれることが一番でありそこから上から下へとお金が注がれてまさにピケティの法則が現実となります。まずは期待しましょう。ただえらく困った懸念材料も年明け早々出始めています。先日、イランの軍司令官を含む司令塔重鎮数名がアメリカ軍の急襲に会い殺害されました。

これに対してイラン政府は怒りを露わにし『戦争』という究極の報復を予告。暗殺命令を下したトランプ大統領も「神は我々に味方する」と真っ向から戦う姿勢のようです。そこに来て同時進行的には北朝鮮の金正恩氏が年初挨拶で「核は手放さない、より強固な軍事力を推進する」と宣言。

もはや米朝協議そこそこにここに来ていよいよ非核化交渉決裂の結末に終わろうとしています。バックにはロシアと中国が控えており最強の軍事力とおよそNATO連合軍の助っ人あれど果たしてほぼアメリカ一国でどこまで立ち向かえるのか、これを機に世界中各国のいざこざが再燃し第三次世界大戦にでも発展すればそれこそ景気浮揚は夢のまた夢となり得るでしょう。

そうならないまでもストックフォト業界マーケットは今や脆弱そのものであり業界再編の動きがいつ起こっても不思議ではありませんから、仮に最悪でもその回避に向けて各社とも全力を尽くしてもらいたいものです。こちらも期待するところです。


永遠-二部作完成2


今年一発目のお披露目>
年始早々前置きが長くなりましたが、今年一発目の新作としまして今回は実写素材を公開させて頂きました。名付けて『永遠(とわ)』です。こちらのシリーズは過去から『道草』『面影』『心情』と続き計4回目にあたるタイトルになります。全般的には『心情風景』と勝手に命名していますが、実は前回作で終了を匂わせていたこともあり、さて4回目は どうしようと悩んでおりました。

既に1000カットほどを撮り切っており見ればやはり勿体無い気持ちも出てきます。となれば『商品化』は間逃れず即座に編集に至ったというところでしょうか。唯一自身が好む本来の撮影スタンスに合っている部分もあり今後も当シリーズは自然体の面持ちで追い詰めずゆるく続けようと思っています。いや、あくまでもいいショットが貯まればの話ですが。

皆さんもとうにうんざり気味?かも知れませんが正直タイトルは違えど結構どのシリーズも似た者同士で今作も極端な代わり映えはありません。が、一期一会といいますか絶えず被写体は変化し場所時刻も違えば季節も違い出会いと儚い別れの繰り返し、そこに引かれる思いがしっかり画面に定着されている醍醐味はむしろ不思議な魔力となって都度私に語り掛けてきます。

そこにメッセージ性が生まれ何がしかの商品としての『魅力』になればこれ幸いであり即ち自身が撮影を継続する原動力の源にも通じていると思っています。あまりに身近で素朴であるが故でしょうか、特別でないからこそより強く伝わるものがあると信じます。ぜひ一度ご覧になって吟味いただければと思います。コマが増えた分密度も増す、重要なのは取り敢えずそこなんですね。

その後も早くもCG素材に動画各種といくつかの登場を控えています。合わせてご期待ください。
本年も何卒ご注目のほどよろしくお願い申し上げます。

→DEGIGA.JPサイトスペシャルサイトで『永遠』二部作をチェックする。

→DEGIGA.JPサイトで新作『永遠・移ろいクロニクル』をチェックする。

→DEGIGA.JPサイトで新作『永遠・うたかたの如く』をチェックする。


果たして来年は何が起こるのか?『地球DYNAMIC』初披露!

amanaimages独占タイトル、地球DYNAMIC


今年の年末『好基調』?>
もうすぐクリスマス。私も記憶に残るだけでもう何度この日を迎えたでしょうか。流石に幼少の頃は時代的に現在のようなクリスマスではなかったように思いますが、サンタのプレセントも様々増えてほんと最近のお子さんは幸せですね。

さて私自身が毎度このブログで書いています『世間の景気』について、政府が示す国内の景気判断がここに来て『好基調』と聞き、いやしかし年末から新年にかけてそこは懐疑的に気になっています。製造業が概ね赤字で消費が伸びて結果プラスとは一体何が基準なんでしょうか。外から入って来るお金なくただ内需頼みでぐるぐる回っているとすればそれはかつてのバブルと同じ現象であり、何処かがこければ皆こけるというえらいリスクが常に付きまといます。

日本の貨幣価値なんぞは今や東南アジアよりも下だと言いますし海外を旅すればどこのレストランも日本の2倍近くに感じるなんて当たり前になって久しいです。それはまさしく国民の総体的な賃金の低下であり昨今の働き方改革がさらにその差を増幅していきそうな気配すら感じています。


来年ってどうよ>
ストックフォトもそうです。もはや素材価値など何処吹く風とばかりにここ数年は低価格大盛況で市場は紛れもない経費削減を謳いつつ万事解決ってな風潮。それなりに売り上げがある作家さんでさえ30%から50%ダウンでさぞピーピーしているのではないかと思われますが、少なくとも私はその中に入ります。

消費税アップ(8→10%)は実は実質25%に匹敵と分析する専門家もいていつものごまかしの手にまんまと乗った国民の将来が案じられます。かつて非正規労働の推進もそうだったように結局泣きっ面に蜂でした。今現在いい暮らしを満喫していると自負するそこのあなた、憧れのマイホームを建てたばかりのあなた、一流企業に入社できてご満悦のあなた、もはや年功序列制度などあてにできず合わせて将来もらえるはずの年金だってどうなるか。

来年はいよいよ待望の東京オリンピックが開催される訳ですが、その直前の6月末に例のポイント還元サービス(一部9月末まで延長)の多くが消滅しその10%の重みがどう国内に現れてくるのかと、むしろ見ものにも思えてきました。北朝鮮もアメリカも妙にきな臭い状況のようでこちらも不安要因の一つ、開戦にでもなれば『好基調』なんか一瞬で吹っ飛びます。

東南海トラフや富士山噴火など大型地震その他付随する自然災害の懸念も日毎増している事から、いやはや先が思いやられる人生後期か?波乱万丈劇の始まりか?掴み所のないなんとも嫌〜な気配を感じてしょうがありません。


アマナ独占!『地球DYNAMIC』本日初披露>
ところで今回ご紹介の上掲画像は既にアマナイメージズさんで販売中のCG画像素材『地球DYNAMIC』になります。一社独占販売という事から公開を躊躇しておりましたがこのようなご時世も手伝ってか『認知』は重要であり知ればどこかに勝機ありというまさにお互い様機能が働くものです。

よりリアリティを高めて制作された今回のタイトル『地球DYNAMIC』に是非ご注目頂ければ有り難いです。日の出といえば新年そして新年度、いい年になる事を期待しています。

→amanaimegesサイトにて『地球 00330』で検索!関連バリエーションもいろいろ。