広告素材のバロメーター!デジ画の日々

ストックフォトCGクリエイターのひとりごと

コンセプトカーえらくエグ過ぎないか?

日産のコンセプトカーXmotion(クロスモーション)
日産のコンセプトカー:Xmotion(クロスモーション)

現在アメリカデトロイトで開催中の自動車の祭典『デトロイトショー』に注目が集まっています。皆さんの中にも大いなる車好きさんもかなり居る事でしょう。テトロイトといえばアメリカが誇る自動車産業の発祥の地でありそこから時代を経ながら歴史に名をはせる名車が数知れず登場した所謂『車の聖地』と言える場所です。

ここ最近はカーライフの思考急変から衰退が顕著の中失業者が溢れかつての繁栄は影を潜めつつありますが、疲弊に苦しむご当地有権者の多くがあのトランプ大統領を誕生させ今に至ります。半島情勢に関わる外交の混迷もそうですが、さてこの地の繁栄を取り戻せるのか彼のその営業畑の手腕が試されていると言えます。

都市の衰退はともかく何しろショー自体は大人気のようで世界中から名だたる自動車メーカー達が革新的な新技術を引っさげ今後の生き残りを賭けての競い合いに真っ向から挑んでいる事が伺えます。今年特に力を注いでいるのが言わずと知れた『自動運転技術』でしょう。人工知能(AI)を有する先進メカニズムによって近い将来人は単なる乗客となりバスやタクシーのように車が指令通り勝手に目的地を定めて所定の位置まで運んでくれる、それも安全確実に。

私が生きている間の残り20年程度でそれは完成すると思われますが、それこそ今の若年組の未来社会はどうなっているのか想像するだけで興奮してきます。流石にブレードランナーばりの空飛ぶ自動車は難しいかも知れませんが、いずれ新次元の原理を発見する学者が現れて確立される事を思えば決してそれは映画のような夢物語ではないでしょう。

トヨタのコンセプトカーLF-1 Limitless
トヨタのコンセプトカー:レクサスLF-1 Limitless

前置きが長くなって恐縮ですが、ところで各社から電撃的に発表される今回のコンセプトカーを見て率直にどう感じますか。あくまで素人でそれほど車に詳しくない私の勝手な本音を言わせて頂くとすれば、「困ったな」の連続です。何はともあれコンセプトカーですからどんなデザインだろうが新技術だろうが構わない訳で、これが次期市販車として投入されれば販売されるその国の国民性に照らして具体的なデザインに昇華していくだろうと想像できます。

なのでこの一台を見て幻滅することもない訳ですが、ただ各社とも相当な偏りは感じました。科学の進歩に於いて着想→絵コンテ→設計→成形→試作→完成までが極めて時短で済む事から思いもよらぬ遊び心満載のコンセプトカーが今年は特に多いように感じます。

だからでしょうか、何か馴染まないのです。確かにその時々のブームとか流行り的な何かがそうさせるのでしょう。中でもLEDライトの進化は目覚ましく一つが僅か1センチ程度のライトを巧みにかつ多彩に組み合わせた異次元デザインを可能にしました。その結果もはや車のフロントマスクとは思えぬ異様とさえ感じる貌(かお)がここかしこに伺え、「もう何でもあり」的な破天荒さに相当圧倒されます。

大方これに近い形で市場に出る車もあるでしょうから私としてはやや心配な部分はあります。起動系や居住性などの中身はいいとしても外観はやはり購買意欲をそそる上での命なのでそんな『遊び過ぎ』が時代錯誤であってはいけません。エグすぎは禁物と言っておきましょうか。

それともうひとつ気になったのは展示される大ぶりな車体です。あたかも事前に言い合わせたように各社デカい車が多い事。従来であれば3ナンバークラスでV6V8にも見紛うほどに大型車が会場その中央に鎮座している事が分かります。もしもこの製品が市販(近日販売予定・販売中)される場合の価格ですが、有名ブランドからして200万円台はまずないでしょう。殆どの車が安くても400万円、高い物だと数千万円に上るであろうと普通に思えたのです。

つまりメーカーは大口顧客(富裕層狙い)が売る上での今回のひとつの方向性ではないでしょうか。「我が社はこれだけ高い先進技術を搭載しています。でもちょっとお高いですが。」と言わんばかり。いずれはその価格も下がって大衆車への搭載も視野にはあるでしょうが、どの時代でもお金持ちが最初に使ってくれない事には次が始まらないので致し方ない向きはあります。

今の日本国内に投入される多くの市販車をみても価格帯が正直高いです。ハイブリット系等のエコ車では20万円以上割高、合わせて安全装備が過剰でそれだけで更に最低でも10万円は上乗せされています。軽自動車などでも150万〜200万円クラスの高額設定が当たり前に幅を利かせていますしそこを出来るだけ安く買おうとすれば装備が赤ら様に貧弱になり結局その上のタイプかオプション利用を促される現状です。

BMWのEV車:新型i3
BMWのEV車:新型 i3

以前は180万円クラスであったマツダロードスターや各社がこぞって200万円前後に設定していたファミリーワゴンも上質こそあれ今や200万円台後半〜400万円超と破格の高額設定になってしまいました。上掲のBMWが新たに投入予定のEV車が見た目軽サイズほどでなんと580万円〜もします。材料や中身は大して違いはなくてもブランドでこんなに変わってくるのかと怒りがこみ上げます。またこれを喜んで買うユーザーがいる事にも驚きですが、まあこんなんでよくも商売が成り立つものだと感心します。

何しろ外車は当面の維持費も含め実質の倍だと思っていた方がいいでしょうね。市場を見渡せば兎に角手頃でそれなりに選びがいのある車種がなくなったなと恨み節も出ますが、高額設定の先で得た儲けは世界市場の開拓や次世代向け開発、巨大な内部保留とかに止めどなく注がれていくのでしょうしそのおこぼれが内需を満遍なく潤す事などまず敵いません。

金持ち相手もそこそこにと願いたい。


degiga


このエントリーをはてなブックマークに追加

公式ブログ『デジ画の日々』のページデザインを変更しました。

ブログデザイン変更


前回デザイン変更してもうかれこれ一年以上になりますが、2018年も始まった事なのでいっその事イメージをガラッと変えてみようかと考えました。既にお越しいただいて突然の様変わりに「あれ?」と驚かれた方がいらっしゃるかと思いますが間違いなく『デジ画の日々』ですのでご安心ください。今『ガラッと』と言いましたがご覧の通りぱっと見はそれほど変わったようには感じさせないように心がけています。

それでは実際に何が変わったかと申しますとひとつの大きな点は最上部ヘッダー部の画像が消えたところでしょうか。実は変更時のテンプレートを色々とカスタマイズしていてどうにもこうにも画像貼り付けが出来ないのでした。つまりは元々画像を貼り付けるようには設計されていなかったという事ですね。

多くのプロ関係者で言えば勿論オフィシャルブログには完全オリジナルデザインを求めると思いますししっかり業者さんに依頼して大方強力で定番なワードプレス利用での構築なんでしょう。まあ現状わたくしの立場上そこまでこだわる理由も無いので、どこかに気の利いたテンプレートは無いかとその辺の出待ちという感じでいました。

最近になって丁度年明けのタイミングにそれなりに使えそうなタイプを見つけたので使ってみたという程度でしょうか(無料)。前回デザインの悪い面が結構な部分改善されている点が決め手となりました。以下に解説いたします。

まず上掲画像の赤枠丸1をこ覧ください。HOME、INDEXそして虫眼鏡があります。HOMEはブログ最新記事に戻るボタン、INDEXはこれまで書いた記事全てがすだれ状に出てくるボタンになります。虫眼鏡は何か気になるキーワードを基に過去ページが呼び出されるという仕組みらしいです。便利ですが殆ど使う機会はないかも知れませんが。

そして丸2ですが、このオウンドメディア(ブログ)と同時進行して更新もそれなりに頻繁なSNSページにジャンプするボタンになります。当SNS特にfacebookページとTwitterは新たに更新されたこちらのブログ記事を巡る形で広報している場合が多いので先に更新済み最新ブログを読まれた方についてはわざわざそちらに飛ぶ必要はないと思いますが、状況でたまに別途更新もあるのでフォローなど頂ければ幸いです。

ただInstagramに関しては若干違っていて、これまで制作してきましたストックフォト画像をメインに最近撮影されたプライベート写真等も含めその都度私の思いの丈を込めた『一言』を添えた投稿を1点ずつほぼ毎日行っています。写真の勉強とまでは言えるものでもありませんが、それなりに工夫の種にはなるだろうと思いますのでよろしければ是非こちらもフォローしてもらえると嬉しいです。

最後の丸3になりますが、何しろ文章が読み易くなりました。柔らかでしなやかな細ゴシック体の文字組みと文字間行間が何とも気持ちいいです。フォトンサイズも心持ち(1ポイント程度)大きくなった印象です。横幅についても前回デザインの1.5倍は広がったでしょうか。それこそ目の送りに無理がなく穏やかになった気がします。また背景色は薄いクリーム色という事で全体的に暖かく実に目に優しいです。何しろせっかく書いた文章ですので最後まで読んでもらえる環境作りは重要でしょう。

※スマホ・タブレット対応となっていますが、配列が縦一列(1カラム)構成に変わります。その際右横に半透明ボタンが出てきますので色々操作してみてください。

特徴的な上部画像がなくなった面は非常に残念ですが、でも基本ブログは「これくらいがいいのかな」とすっきりと気持ちを入れ替えて、当デザインをしばらく利用していこうと思っています。

新装開店!広告素材のバロメーター『デジ画の日々』を今後ともよろしくお願い申し上げます。


degiga


このエントリーをはてなブックマークに追加

これは使える!直リン画像素材 #045『世の中アンバランス』

タイトル『面影・追憶の果て』より


ストックフォト素材と聞けば今更ながら当然ですが、そこは使用するにあたっての目的に符合するとか利便性が求められてしかるべきものです。特に広告利用に際して各企業が世に送り出す商品をより魅力的に伝えるためにどれだけ効果が発揮できるかがストックフォト素材のセレクトの最も肝の部分ではないでしょうか。

私ごとで恐縮ですが、私の現在進行中のものも含め過去のこれまでの作品群を振り返るにつけ言葉とは裏腹に以外なほどその肝を外している素材が目立ちます。本人はいたって『広告的』と思ってその被写体にレンズを向けシャッターを切っているつもりな訳ですが、見る人が見れば「これは違うだろう」と一蹴されるに違いありません。

預け入れる代理店の担当者さんは経験上流石に目が肥えているのでセレクト時の『売れる売れない』に関しての一線はしっかり持っています。会社のそれぞれの方針もあるとは思いますが、預かり量は各代理店さんによってまちまちであり、またその内容も相当にズレが出てきます。

過去に預け入れした作品について後に各社を見比べれば、ある代理店で盛んに売れている作品だったとして反面その素材を預からなかった代理店の担当者のセレクトは失敗だったのか?と恨み節にも似た悔しさはありつつ、それでは仮にそこで預かったら確実にお客が付いたかはなんとも言えません。そもそも客層が違うからです。

しかしながら超安売り代理店が圧倒するこんなご時世ですからいちいち細かな事に拘ってセレクト作業するくらいなら、よっぽどのダメ画像以外は全部預かってこの際全てお客さんに委ねちゃってもいいのではないか、むしろその方が各方面の業界関連が集まり易く、思わぬ使い道の創出から売上アップおよびユーザーの引き止め役に有利なのではと、ふとそう思う訳です。

ましてや4Kオーバーの動画を扱うまでになって今や各社が抱えるサーバー機器の容量は桁違いであり、高が一点数MB程度の静止画などが数億点あっても大した負担にはならない筈なのです。もっと柔軟にまたそこから新たな方向性も見えて来るのではと感じますし、合わせてここしばらくの問題である売れる作家(会社組織)とそうでない貧乏作家(主に個人)の格差の解消にも貢献しそうです。




話は変わりますが皆さんは今、巷の消費環境をどうお感じになっていますか。需要と供給の関係に何か不自然さはないでしょうか。先の『格差』で言えば兎に角頻繁に物が買えて有料の多くのサービスを享受でき、毎月の借金返済にも特に困らない安定した暮らしが営める国民人口って結構少ない世の中になったと私は率直にそう思います。

昨日までそれこそ裕福三昧だった人が何かを切っ掛けに突然仕事を追われるとか、元々若い頃から自由気ままに生きてきた人がバブル崩壊を皮切りに四半世紀続くデフレ社会に翻弄されながら徐々に衰弱し生活に瀕するなんてここ数年当たり前に聞く話です。つまりお金を生んでくれる筈の消費者の居ない消費循環の極めて悪い社会がいよいよ顕著になっているのです。

物を作って宣伝しても買ってくれる人が少数では量産できず価格も高騰しターゲットは殆どがお金持ち、そのお金持ちだって自身の事業収益が競争激化と相まって不振に陥ればいずれは体力も資金も目減りしていきます。労働人口の減少と対極にある急速な老人増加に伴う度を越す国税負担は勿論数年先には若年層に多大な犠牲を強いる事は避けられない状況でしょう。

このところの通販番組を見るにつけ得体の知れない怪しい商品を売りつける業者が目に余ります。内容から主に老人から搾取する手口が見て取れますし有名どころについても一見料金を安く見せつつも『抱き合わせ販売』をメインに売りさばく手法にそれこそ呆れ返っています。法律に抵触しないギリギリで如何に金を集めるか、心理としてそれ一点が世の中に蔓延しているからでしょうか後に摘発される詐欺まがい商法は後を絶ちません。

ストックフォト業界についても然り、あのマイクロストック関連が行う低価格販売方式の新ビジネスはそんな荒んだ世の中にあって生まれ出てきたとも言えます。いつしか健全な労働力へのそれ相応の対価還元が滞り、ずる賢い組織にばかり金が集まる仕組みを政府官僚並びに各業界トップが一丸となってそういった輩と手を切り真摯にこの先の日本を見据え何とかして欲しいものです。




本日の『これは使える!〜』は氷点下の寒い早朝にエンジンを温める自動車から立ち上る排気ガスを撮影した一枚です。タイトル『面影・追憶の果て』より抜粋しました。冬場の生活感がにじむこちらなどは広い意味で何かの目的に絶対使える筈なのです。求められていないのではなく今世間にそもそも使い道が生まれて来ない事にこそ問題があると思っています。

→DEGIGA.JPサイトでタイトル『面影・追憶の果て』をチェックする。

80〜90年代初頭であれば高い値段で確実に売れていました。それは単にバブリーでお金が有り余っていたからではなくそこに真に需要があったのです。そして利用者はその広告ないしは書籍利用でしっかり稼げていたとも言えます。当時は心も懐も柔軟であり果てなき夢も描けた時代。また再び国民みんなで『夢と希望に溢れる豊かさ』を共感しあえる世の中が訪れて欲しいそう願って止みません。


degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

『エンタの神様』番組内で利用された私のストックフォト素材はこれだ!

エンタの神様で採用


数回前(こちら)のこのブログで既にお話はさせて頂いたと思いますが、昨年暮れの特番『エンタの神様』(12月29日放送)のあの陣内智則氏『脳トレ』ネタの中で上掲画像にあります私のストックフォト素材が使用されました。以前東京浅草界隈をさまよいつつ捉えた旧派出所(跡?)なのですが、手前のA型バリーケードに『警視庁』と記されているのが地方人からすると滅多に見かけるものでなくとても奇異で興味を惹かれた一枚です。

また背後の壁と言いますか、朽ちかけた赤と白に塗り分けられた古い派出所ドアも今となってはその時代を彷彿させる歴史の変遷を感じさせます。私自身としては非常に貴重な場面に遭遇したとこの番組を見て改めてそう思った次第です。当画像を採用して頂いた関係者様には心より感謝申し上げます。

それでは「さてこの画像どこの代理店で拾ったのだろうか」と、そんな疑問がふと頭をよぎったので早速ネットをググってみることにしました。まず私のPRサイトのDEGIGA.JPの静止画カテゴリーから当素材を預かっている代理店さんを見ると2社(アフロイメージナビ)で、昨日メールで届いたアフロからの売上報告を見る限り今月分としての中には存在しておらず、残すイメージナビでの売上だったのか、それとも来月分に含まれるのか嬉しさの反面いささか困惑もしている状況です。

監視が厳しくなったとはいえ最近も稀にネット上から勝手にダウンロードして不正利用する輩もいるようなので若干ですがまさかの事態も想定はしています。今だと画像ソフトもスマホ用に簡易移植されていて文字消しやスタンプコピーに塗りつぶし色調補正も思いのままであり写真編集に精通していない一般人でも普通に出来てしまうところが厄介な時代になりました。そう言った意味から技術革新はある面に於いて恐ろしさも併せ持っているという事になります。

キー局採用でその辺が不正と分かれば私も黙ってはいません。まずは代理店に報告しその筋からテレビ局(番組担当者)そして当タレント事務所に苦情申し立てを行う事になります。その後に至っては現時点での販売代理店約款に沿った形で時に巨額の賠償請求(テレビ局には痛くもかゆくもない金額)もあり得るのでしょう。

私の友人でfacebook内で様々に画像を公開している方がいますが先日その『友達』間でちょっとしたトラブルがあったようです。その彼の画像をある『友達』さんが自身のプロフィールページに無許可でコピーして貼っていたというのです。何度かそれとなく苦情を入れていたにも関わらず改善(現在は削除)の兆しはなく遂に堪忍袋の緒が切れて抗議したようです。

その方は表向き軽く謝罪はするものの続けてしゃあしゃあと「だってこんなに綺麗に撮るからだよ。」と言いのけていました。そりゃあ誰だってそう言われれば怒りますよ。その『友達』さんにはきっとそれほど罪の意識はないのでしょうね。実にこの行為は犯罪なんです。私が生業とするストックフォト稼業では『権利』がいわば商売になっているシステムです。

その世界に疎いと相当な著名作家でもついつい犯してしまう可能性があります。この不正利用した方も大手メーカー請負のそれこそ結構なその筋の専門家である訳で、いくら知り合いでも返答するに当たってはもう少し真摯にきちんと謝罪するべきではないかとそう感じました。

話を戻しますが、兎に角は今後入ってくる売上報告に期待しましょうか。

→YouTube動画『ストックフォト魂(だましい)』チャンネルで上記30秒編集された動画を視聴してみる。

→DEGIGA.JPサイトで上掲素材収録タイトル『背景アンソロジー3・東京』をチェックしてみる。



degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加

遂に登場!CG素材の最新タイトル『ILLUSTONE』

CG新作『ILLUSTONE』

本日1月5日午前11時ほぼ丁度、最新作のCG画像素材『ILLUSTONE(イラストーン)』が遂に正式発表されました。理屈は兎も角も以下のリンクより直接ご確認いただければと思いますが、さて今回の新作『ILLUSTONE』の面白く奇抜な点と申しますとひとつはセル画まがいな配色を施し極めてシンプル化したところではないでしょうか。

背景色を合わせても僅か3色のみでこれだけデザイン的な表現が可能だという証明と言いますか、また原色ならではのビビッドなカラフルさが思いの外目を引くインパクトを放っています。背景は全てベタ塗り単色なので画面の延長が容易でありまた同色背景または違う色調のものとの組み合わせも色々と試せて活用の幅は一層広がるに違いありません。

主に注目されるライフシーンやビジネスイメージ等々文字乗せに十分な余白(空間)を保たせている面も去る事ながらメインであるコピー次第であらゆる場面に対応するという解釈のシンプルさ故の取り回しの良さも当新作の強みではないかと思っています。一般にこのような絵柄の場合はストックフォト素材としては数が少なくイラストレーターさんが手書きで描く素材に選択が集中しがちですが、こちらのまさに3D形状で人物がモデリングされた奥行きパース共に立体感を醸す素材を手書きする人などそうは居ないという印象を持ちます。

そのような点からも素材として極めて稀で相当なオリジナリティーを発揮しているように感じますが如何でしょうか。そしてもうひとつの利点はと言いますと、それは多くのカットでコントラストを控えめにしている事です。つまり文字をビジュアル画像と重ねて利用し易い訳です。上掲画像でもお分かりと思いますがこのような具合に文字を思い切って重ねても違和感なくマッチしてしまうところが不思議なほどです。

コントラストが強ければ文字乗せの際にどうしてもその部分は避けざるを得ず、メインビジュアルばかりが強調され過ぎてレイアウトも貧弱で重要であるコピー本来の訴求力の妨げにも繋がりかねない訳です。そのような点から今作『ILLUSTONE(イラストーン)』は飛び抜けた文字乗せエキスパートと言えるかも知れません。

この発表段階での早いタイミングはライバル他社との差別化にも大変有効かと存じますのでこの機会に何卒ご検討いただければと思います。ただ現段階で販売されている代理店さんは国内大手のイメージナビさん僅か1社という事で大変恐縮ではありますが、当新作100画像全てが預け入れられ販売されておりますので必要なカットが間違いなく入手できます。貴社のオリエン・プレゼン・ブレスト素材として是非ご活用ください。

以下リンクよりイメージナビの売り場『ILLUSTONE』まで直接ジャンプできます。
※その他代理店につきましては販売開始時に合わせて当ブログにてその都度順次お知らせして参ります。


→販売代理店『イメージナビ』サイトの『ILLUSTONE(イラストーン)』ページにジャンプする。

DEGIGA.JPサイトにてCG新作タイトル『ILLUSTONE(イラストーン)』をチェックしてみる。



degigafaceinsta_b


このエントリーをはてなブックマークに追加