デジ画の日々 NEXT

ストックフォト素材の企画制作:DEGIGA.JP公式ブログ

食い合いの果てにストックフォトで生き残れる奴は居ない

freedom予告第一弾
→DEGIGA.JPサイト


あのFREEDOM待望のパート2>
前々回の当ブログ後半に書きましたが本日は次期新作の予告編第一弾をご紹介したいと思います。上掲画像は入り乱れるネットワークの線に包まれるかのような一人の人物、無数に蔓延る情報社会にまさに翻弄される今の私たちを表しているという風に捉える事も出来るでしょうし、また複雑な迄の電脳世界のようでもあります。

当画像素材の他にも様々なテーマをバリエーション豊かに展開する次期新作ですが、こちらは前回6月に正式公開されて契約代理店数社にて既に販売されている『FREEDOMsession』そのパート2となります。今回も少なからず実写素材を含みますが、最新動画素材でタイトル『揺らめきギャラリー・みなも』の取材の合間に撮影された静止画であるため撮影カットは僅か、全体としては概ねCGコンテンツ一色という雰囲気になるかと思います。

そして現在ですが早くもパート3を制作しておりましてこちらについても正式公開が待たれるところです。合わせて是非ご期待ください。面白いもので最近は別の案件でネットをググっていてたまたまヒントを貰うとか勿論テレビCMもそうですし巷で見つける印刷物からも結構な頻度でインスピレーションを抱く機会は多い気がします。

今回の企画のように一つのテーマに囚われないという環境はその都度の発想の転換が早く『ピン』と来て躊躇なくすぐさま作業に入れる点これを今の私のマイブーム、閃きの源に違いありません。ストックフォト制作を始めた頃の純粋にモノを作るあの感覚が実に心地よくもあり、かつての初心を呼び覚まします。


付加価値の底上げに活路>
言わば素材のための素材を作ってはそれらを組み合わせる作業は結構手間がかかり時間も要します。私の場合専ら3DCGを駆使している関係でレンダリング(画像生成)という工程を経るのでそれだけで時に数時間となれば自ずと費用対効果即ち自身の人件費ほか電気代やらパソコン自体への負荷はエラく掛かっている筈です。

今のこの暑さの中ですと夜中の作業中の過熱抑制のためその間延々とエアコンは掛けっぱなしでありそれがバッチレンダリング(データ数点をまとめて自動作業させる)では全完了まで丸一日(24時間超)というのもザラに起こります。パソコン本体の調子も心配ですが繋がる作品保存に使う外部ディスクの故障は致命的なので都度バックアップは欠かせません。

ストックフォトで遠征撮影される方は結構おられると思いますが自家用車利用、はたまた公共交通機関など現地到着までのその旅費は決して安くはありません。特に北海道を車でめぐる取材では茨城県大洗港発着のフェリー往復(車と運転手)がおよそ7万円、仮に2週間の滞在なら給油や食事を節約しても5、6万は出て行きます。以前旅先でうっかり側溝に車輪を落としてしまい左前輪シャフトが破損、旭川市内のディーラーに部品注文して治るまでに一週間、別途8万円が飛んでいった苦い経験もしました。

つまり何が言いたいかと言うと、誰にとってもそれだけ手間暇費用がかかっている作品でありそこに見合った対価を受け取りたい、ただその一言に尽きます。今だと当たり前にサブスクなんチャラマイクロ価格でお安いの何のと猫も杓子も経費節減、その煽りが行き着くところ単に制作者を苦しめるだけであり中には割りが合わず廃業に追い込まれた方は数知れず、代理店の中抜き上等、お客は安く済んでニンマリ。


代理店の良心を信じて>
売値が安価であればその分数を売ってもらわなければ制作費用の捻出どころか普通に生活すら出来ないのです。お金持ちのボンボンであれば仕事半分趣味半分でたとえ大赤字でも「楽しい」とか言って不平不満はないのでしょう。副業解禁と謳われて久しい訳ですが他に本業ある暇つぶしにわかプロでようやく成り立つ業界に小さく収まっているとすれば広告や報道を広く扱う業態としてあまりにも寂しい限りです。

どの世界でも職人は居ますしそこは地道ながらも仕事がそれなりに入って何とか生計が維持できるくらいは保証されるべきだと思っています。全世界を見渡しても『広告を意識』しつつそれなりのレベルに達した人はそれほど多くありません。私の地元茨城県内で私と同じビジュアル制作を熟せる人は私が知る限りたった10人程度、完成までの様々な過程を踏む上で必要な数ある連携アプリのそれぞれ熟知は必須、即ちクリエーターの希少種とも言えます。

そもそも中間に位置する販売代理店が7割8割をも売上から引き抜くこと自体異常であり高待遇でさえ5割は抜かれます。過去に於いては売値水準そこそこ常識的按分が提示されていた訳で誰一人騒ぐ人は居ませんでしたが売値が極限まで下がってにっちもさっちもいかないとなればそこは最悪生死(自死)の問題も孕んできます。販売代理店に作家一人を金銭面でいちいち面倒見る義理はないでしょうが、時同じく新内閣の菅総理発言に倣って今こそウィンウィンの関係を取り戻す思い切った経営改善に舵を切ってもらいたいところです。

本日はこのあたりで一旦締めさせていただきますが次回『予告第2弾』でもそこは執拗に訴えるつもりです。ストックフォト業界のみならずある種スキルを持ち合わせる私も含めほんと苦境に喘(あえ)いでいる各分野の作家(職人)さんは凄い数に上ります。突然起こったコロナ不況が多くの産業を今以て破壊し続ける中、力のある組織の良心(希望の光)を待ちたいと思います。

次回もお楽しみに。

ソニー新製品『α7C』発表

ソニーα7Cブラック
ソニーα7Cシルバー


新製品のそのベールが剥がされた>
本日午前10時、ソニーの新型カメラその全貌が明らかになりました。名付けて『α7C』だそうで、語尾のCはCompact(コンパクト)を表していると言います。前回こちらブログで身勝手に妄想を膨らませて描いたその私個人の大胆予想のおおよそ50%は当たっていたでしょうか。我ながら実に驚きです。

α6000番の形状、小型化そしてパンケーキならぬコンパクトな新開発ズームレンズ28-60mmの同時登場、やはり更なる小型化のニーズが少なくなかったという証です。ただまず大きく予想を外したのが今回が上位クラス同等のフルサイズ機であるという事です。謳い文句には「α7Ⅲを踏襲する性能」とありました。

流石に予想した5000万画素センサー搭載は厳しかったと見えこのクラスの一般的な2420万画素に落ち着いたようです。色はシルバーとブラックの2色、どちらもなかなかの渋い大人のムードを醸していますが、上部段差や左角の丸めなど見た目はあのドイツの名機ライカを意識した感も僅かに伺えます。

性能はさる事ながら最大の問題は価格です。ボディのみ21万円であり軽い気持ちで購入するにはやや難がありまたレンズキットとなると上記レンズ付属24万円はフルサイズ従来機とほぼ拮抗するレベル。私としてはAPS-C機での市場価格10万円前後を期待していたので非常に残念でなりません。例え上位機種としてもやはりこのところの物価高は反映しているのでしょう、日本人にとってはいささかお高いという印象があります。


企業が目指す高級志向顧客>
自動車産業もそうですが先日発表されたEV車のホンダeでしたか、価格451万円(最上位は495万円)という価格設定になんの躊躇なく先行予約がほんの数日で規定数をオーバーし一旦予約を締め切ったとあります。航続距離もさして良くない見た目なんとも子供じみたおもちゃ風の車に500万円とは驚きでしたが加えて一気に完売とか、それなりにがむしゃらに欲しているお金持ちはこんなご時世でさえ沢山居るという事なんでしょう。

この調子なら今後メーカーが出す新商品は業界広くどこも大方『高級志向』品に偏っていくに違いありません。コロナ禍に翻弄され軒並み業績を落とす中その挽回を一気に果たさんと皆必死であり、ちまちまと安物を数作っているどころではない訳で、ここぞとばかりに高額商品に向かうは必須と思われます。

話は若干それましたがさて、今回のソニーの新ミラーレスのどこを魅力とするのか、私自身さらっとその詳細を読んでみたものの極め付け部分は結局見当たらずじまい。高額さながらに「小さければ売れるのか?」と疑問符がつきます。一体誰が買うのか、既に上位クラスをひっかえ取っ替えで数台所持している一部ソニー信者くらいがいいところ、そんな印象です。


こんな時期こそ女性をターゲットにするべきであって男性は元々ゴッツくてデカイくらいが好みなのですから敢えて小型ザブカメラを売り込んでどうなんでしょう。当時それなりのマーケットに基づいた結論で開発が始まり短期なりにも行き着いた頃には「当初想定した客は殆ど居なかった」、にならない事を祈りたいと思います。

先日の自民党総裁選で見事勝利を飾った元官房長官の菅義偉氏が目指す日本復活の今後の手段が気になります。今月にも衆院解散が叫ばれ10月中の総選挙も囁かれる中、政局の流れによっては再びの波乱の幕あけでありその後の新政権が担う重責においては殊の外国民の将来が掛かっています。お金持ちの権力者勢力をうまく誘導しつつ下々までその恩恵が行き渡るような価値ある施策を矢継ぎ早に次々と繰り出してくれる事を切に期待するところです。

であればこの今の私にだって21万円のカメラ普通に買えるようになりますもん。本来世の中ってそうでなくちゃいけませんよね。

ソニーが更なる新型機の予告を掲示

sony-new新製品予告


ソニー新製品って今度は何だ?>
上掲画像にありますように今月15日午前10時、ソニーブランドのαシリーズの新型機(最新型)なる機種の登場を予告する書き込みが同オフィシャルサイト最上部に掲示されていました。つい先日7月でしたか、α7SⅢを発表したばかりであり続けざまそこに酷似する構造のモデルが登場というのはやや違う気もしています。

私はそれこそ専門のジャーナリストではないですし同社との繋がりも一切ありませんのであくまで予想で言わせて頂くと、多分ですがやや小振りAPS-C素子搭載α6600の後継機ではないかと考えます。もしも敢えて上記大型機であるならフルサイズ1億万画素搭載機あたりが有力です。

α7SⅢはあくまで動画撮影に特化した作りでありいくら画素数そこそこにクロップ無し4K60p対応で受光部を広めてもその目的が画素値の高密度化に頼る概ね静止画利用となれば売り先も自ずと限られると思われます。よって今時期なので他社の動向も踏まえれば必然的により高画素数1億に向かうは硬いところと言えます。

個人的には何と言っても6000番の新ミラーレス機を期待したいですがこちらにしても従来機サイズを大幅に下回るサイズと重量になるか注目しています。少なくとも一回り小さいとなればそれこそ女性でも気軽に持ち歩ける大きさであり初期セットである新開発のパンケーキ型の極薄ズームレンズがセットとなれば比較的手に取る人は多そうです。

更なる高性能化というよりもむしろ無駄でややこしい設定部分を極力省いた省電力型かつ軽量コンパクト、APS-C初とも言える思い切った4000〜5000万画素へのシフト化も考えられますが、それでも大幅なコストダウンを以って市場販売価格を10万円前後に抑えるなど他社の追随を許さないこのモデル分野をほぼ独占しようとする強かさが漂います。

何しろこのところのコロナ不景気でどの業界も一応に最終利益が殊の外大幅な下落に転じる状況を鑑みればそこに生き残りをかけるは当たり前であり、目先の利益というよりも長い目で見たコアファンの永続的獲得とその維持は欠かせません。損して得取れの精神で新たな生活様式も合間ってメーカー自体自ら変わる覚悟は今や喫緊の必須課題と言えるでしょう。

それもそんな大立ち回りができるのは日本が誇る超トップメーカーその一部であって全てに於いておんぶに抱っこ当たり前の中小企業然りましてや個人事業主には到底敵わないお金のかかる裏技であることは確かです。いや、あくまで私の予測が当たっていればの話ですが。


アマナが一大事>
話は飛びますが、あのストックフォト国内最大手と謳われる株式会社アマナはご存知かと思います。そのアマナさんが先日何と2億円の債務超過に陥ったというニュースが飛び込んできました。別登記の『アマナデザイン』を子会社化したらしくその辺も今負債に関わっていると思われます。マイナス幅は4−6月期実績が同期比マイナス22.9%まで悪化、20年12月期第2四半期(1−6月)決算で18.2億円(前年はマイナス1.1億)という赤字を計上したと記されていました。

通りで私の売上も驚くほど下がる訳です。アマナさんがそんな状態であれば当然ですがライバル他社さんにあっても大幅下落のはず、他がたまたま未上場なので単にその窮状が見えないだけでその憂き目はほぼ同等ではと思われます。ここ数年に渡って大方売上の大きいアマナさん頼みでここまで耐え忍んできた訳ですがいよいよ万事休すかも知れません。

担当者に言わせれば「それでも貴殿の売上っていい方なんですよ」...どこが!


これが最後の命綱100万円>
実は先の政府支援であるご存知『持続化給付金』の支給審査が運良く通って待望の100万円を手に入れる事が出来ました。そんな奇跡的な投資金を今後有効な手立てとしてさて、こんな自分に何が出来るのかそしてまた残された僅かなタイムリミットの中でストックフォト業界がどこまで復調してくれるのか、土壇場である自らの試練は超低空飛行のまま続いています。

ここはそれでもやはり得意分野で頑張る以外にないと思っていまして、相変わらずですが広告との相性が比較的良いとされる『CG』、ここに注力するつもりです。既に販売代理店でのセレクト審査もほぼ完了しそんな最新作が販売目前にあります。次回ブログに於いてソニー製品ならぬ我が新作素材の予告編一発目をご披露したいと思いますので何卒ご期待ください。


→格安¥500均一画像素材発売中!

→これからの『行楽シーズン』に向けて秋素材が豊富にラインナップ!

→『秋セレクト』が面白い!


使いやすさ抜群!ストックフォト『秋』素材が豊富です。

秋素材『秋そぞろ』より抜粋


行楽シーズンに向けて>
今日から9月になりましたが例年になく暑い日は今後もしばらく続きそうです。辛うじてこの2日ほど幾分涼しさも感じられますが全ては台風の影響でありその前線の帯が東に伸びていることが挙げられます。明後日あたりからでしょうか、再び高温の予報が出ており予断は許しません。

ところで9月ともなればやはりそれは秋の入り口であることが頷けます。下旬には19日からの4連休が控えており事前に予約済み泊りがけの行楽三昧という方も多いのでしょう。ここ数ヶ月というものあの忌々しいコロナ騒ぎも何となく下火になってきた感は否めません。特に罹ってもほぼ無症状の若年層にとってはもはや過ぎ去った単なる風邪?と言う人もいる筈ですがしかし侮ってはいけません。

むしろこれから乾燥が際立つ秋から春先にかけてが猛威拡大いわゆる想像を絶する感染第2波となり得るからです。確かに過剰に恐れるものでないとは思いますが用心は肝心です。常に人の集まる場所でのソーシャルディスタンスを欠かさずマスクの着用に殺菌手洗いは今後も必要に応じて継続して欲しいところです。

さてそうと来ればやはり楽しみは先の行楽シーズンに他なりません。春夏とイベントの開催などめっきりしけ込んでその鬱憤も相当に溜まっている状況であり、コロナの感染数がここ数週間で激減に何とか結びつかないか期待はするもこればかりは世間の行動如何に掛かっている訳でその数の減少に応じた国による施策も打ち易いです。


復活の鍵はその後の政治体制>
先日の突如安倍総理の辞任によって今月中旬に行われる総裁選それまでの空白が気になりますが兎角緊急を要する案件の多いご時世にあって国政のいち早い落ち着きが求められます。今度の総理総裁が誰になるのか気をもむところですが、私個人としては石破茂氏を推します。他方多々ご批判はあるかと思いますがそれでも即ち今の自民党内を毒抜きし正常化させられるのは彼だけと思っています。

親中派と揶揄も聞きますが、今の我が国の状況を鑑みてもうそんなこと言っている場合ではありません。検査もしない減税もしない補助金も出さない国会も開かない何かと言い逃ればかりを繰り返す政権が国民にとってどれだけのストレスになっているか、まさに国難真っ只中に於いて真っ当で正直なそして国民目線を拠り所にするガラス張りの政治が求められて当然です。

日頃から上に倣ってのらりくらりの菅さんが総理では正直何も変わらないと思った方が無難でバックには重鎮なる二階氏麻生氏影の安倍晋三が強かにへばり付いてその権力を盾に相も変わらず既得権益集団を最優先にするでしょう。残念ながら石破潰しは既に始まっていてあの二階幹事長の指示で党員党友票が強制排除される公算です。

概ね菅義偉氏当確と見ますがこと知れぬ虚しさを感じています。任期が安倍内閣の後塵を拝するおよそ残り1年とはいえ菅氏再任の可能性もあるので述べ5年を彼陣営に託すとはいささかどうなんでしょう。ただでさえこれから先2025年に掛けて大不況の兆しも伺える中不安は尽きません。


秋素材とくれば迷わずDEGIGA.JP
話をストックフォトに切り替えます。私ごとで恐縮ですが当DEGIGA.JPサイトには思いの外紅葉画像素材が豊富にラインナップされています。赤く染まる野山の大風景もあれば文字乗せに最適な各種色づく葉のパターンもの、上掲(杉木立の山芋)の秋を印象付ける素朴な素材のバリエーションをむしろ得意としています。

サイト内には必ずと言っていいほどの意表をつく特ダネが隠れていたりして探る楽しみは格別であり、お馴染みの『直リンボタン』活用で見つけたその時点で直接代理店にジャンプし購入もスムーズに行えます。別途テーマで集めた『デガセレ』コーナー(以下リンク参照)にあります厳選された『秋セレクト』も是非ご活用ください。


→DEGIGA.JPサイトの『デガセレ』コーナーにジャンプする。

→実写静止画素材『秋そぞろ』をチェックする。

→その他テーマ別検索ページにてお目当て素材を素早く検索する。


それと最近常設されました¥500均一安価放出素材も見逃せません。この中にもそれなりに優れた秋素材がふんだんに含まれますので合わせてご確認ください。間違いなくお値打ちです!

→破格『¥500均一素材』詳細ページにジャンプする。


より深刻度を増す我が人類の運命は如何に③ 揺らめきギャラリー『みなも』正式公開!

揺らめきギャラリー・みなも 正式公開


来た〜!揺らめき第5章>
数えて一昨年の秋から撮影をスタートしました所謂『揺らめき』シリーズですが、今回がその最終章の第5弾となります。紅葉、梅、桜、新緑、そして『みなも』と続けざまに手持ちムービーという同手法を懲りもせず繰り返してきました。うまい落とし所があったかはさておきまして兎に角はあっという間に駆け抜けた総じて丸一年半、一応の達成感が心地いいです。

総クリップ数:144点 フルHD1920*1080ピクセル スローモーション

これまでの全体を通じて言えることは『スロー表現』に徹したところです。手持ちとなれば画面にどうしても要らぬガタつきがつきものですが、それをスローモーションに変換することである程度揺れが穏やかに抑えられ、一種落ち着いたアナログ感と共にノスタルジックな印象さえ漂ってきます。また逆光で起こるハローの眩(まばゆ)さはその緩やかな動きからどこか各クリップごと物語性すら伺わせ、洒落たBGMを加えるならよりその場のニュアンス乗じて見る者を別世界へと誘(いざな)うかのようです。

揺らぎといえばやはり『みなも』は外せません。水面の動きは千差万別であり同じ動きは一つと無く常に一期一会を演出してくれます。僅かな時間であってもその繰り返しをただじっと眺めているだけで何時しか心は自然とそのウェーブの狭間へと吸い込まれ、あたかも浮いているかの如く不意に無重力感覚にさえ襲われます。実に不思議ですね。

ロケはまずさざ波寄せる海から始まりその後視点は逆光眩しい湖へと向かいます。そしてまた緑に囲まれた池畔を巡ればそこに映る緑の草木に初夏の雲、時に鳥が佇みトンボが行き交う、のどかな中に生命の息吹も感じられると思います。風情漂う水辺をゆっくり移動する遠く人の姿についてはスローモーションならではの印象的な情景描写が際立ち実に清々しいです。

→DEGIGA.JPサイト(動画カテゴリー)で『揺らめきギャラリー・みなも』をチェックする。

→YouTubeチャンネル『ストックフォト魂』にてデモリールを公開中!

→DEGIGA.JPサイト表紙が本日更新されました。


力量と差別化人間力で生き抜く>
この一連の『揺らめきシリーズ全5タイトル』をさて、どのようなシチュエーションに活用されるでしょうか。まずは何と言ってもこれから訪れる『紅葉シーズン』ですが、あれからおよそ2年振りと言われればそれまでですが、しかし殆どのビジュアル素材は撮影から数年経っている場合は多く、その撮影地が思いの外変化しないのであれば別段違和感はありません。私一人とっても代理店に預け入れて仮に20年経ったそんな素材が今に至っても普通に売れている事実があり、ストックフォトという商売は新旧にあまり関係しません。必要に応じてユーザーが欲するシーンに的確に答えてナンボの世界なのです。

途中からデジタル素材化したことでアナログ劣化がなくなり常に高品質を保つものとなりました。ただ有り難い反面誰でも手軽に修正ないしは量産できることから必然と売値が下がって無論ライバルも増え極端な売上の低下を招いている現在においては多大なデメリットも少なくありません。そこの最後の砦(とりで)即ち『差別化』で乗り切ることが最良であるに越したことはないですが、同時に力量(付加価値=人間力)または可能な限り制作カテゴリー数(得意分野)を増やす以外ないと考えます。

今自分に出来ることは今後差別化できる新たな強みを発揮できる分野はあるか、ここしばらく蔓延る厄介な新型コロナウイルスの状況は当ストックフォト業界にも暗い影を落としています。今後も倒産する企業が徐々に増えると言われる中で、その生き残った少ない市場(マーケットユーザー)により多くお目にとまるための施策は重要です。ビジュアル制作者一個人として何ができるのか模索は更に過酷さを増していきます。


GDP-27.8%楽観と悲観>
先日日本の今年度4−6月期のGDPが年率計算でなんとマイナス27.8%で戦後最悪の下落幅を示しました。つまりは一年間の国民総生産の4分の1が失われたことを意味します。年収400万円が昇給どころか300万円まで下がったと同じです。ただでさえ非正規やパート社員は多く、運良く派遣切りに会わずともただでさえ毎月ギリギリでやりくりしている人にとってはその困窮度合いの高まりは避けられないでしょう。

政府の試算によると次期第2四半期(7−9月期)はそこから16%ほどは戻すとしているようですがその予想はかなり甘い気がします。依然特効薬はなくウイルスの拡散が若者からいよいよ中高年層に移り始めている訳で既に家族内感染も各地で散見されます。司令塔となる各企業のベテラン勢が軒並み罹患すれば事業そのものがうまく進まない訳なのでほどなく事業縮小なりリストラなり、また倒産廃業のリスクも合わせてそう簡単に払拭はできないでしょう。

専門家に言わせるとその景気浮揚の是非がおよそ2ヶ月後の10月とあり余談は許しません。ウイズコロナが功を奏して想像以上の回復に繋がれば別ですが、かつての金融危機(リーマンショック)とは専ら質が違うのが玉に瑕で当時経済に及ぼす負の影響は比較的小さく済みました。今の日経平均が23000円以上をつけている現状を鑑みるに多くのお金は投資に使われ言わば貯金に回っているようなもの、今後も市場に還元されることはなく如何に実態と乖離しているかがそこに読み取れます。

いくら強いとされるIT企業が潤ったとしてもそれだけで市場が全て回る訳ではありません。自身日本のピンチはまだ当分続くと見ています。となれば広告市場への影響は今後も更に凄まじさを増すでしょうしそこにぶら下がるビジュアル素材の売れる売れないはより明確になっていきます。私のようにほぼ100%代理店頼みであれば尚更でその代理店の知名度実績の優劣に関わるは必然であり、どの代理店が結果より多くのユーザーをものにし生き残ったかで勝敗は喫します。

斜に構えて先のマイナス27.8%を敢えて言い換えれば無駄な供給過多が需要(客数)を3割近く上回ったという対比でもあり逆説的な見方として同業他社を3割減らすべしの理屈になります。もしも全四半期で改善虚しく通期マイナスなら、悍(おぞ)ましいですが国内の全事業社数763万に対して倒産190万社(中小零細が内90%)全労働人口6000万に対して失業者1500万人となり最終的には最悪ここまで行き着くかと、いやはや何とも。